キスの仕方


スペインの挨拶の仕方。
ベソ つまり キスを 会った時 紹介された時 に します。
この習慣が きらいっ な場合 スペインの生活は結構辛いものになるかもしれません。
右頬 左頰の順に軽くつけて チュッ チュッ と軽く音を出します。
スペイン語表記だと mua mua。
この習慣は フランスから来たのだそうです。
確かに ちょっとキュートな習慣。
スペインに3年留学で来ていたTちゃんは この習慣をとても気に入っていました。
どんな美男子でも 触り放題。
おいおい 触り放題ってわけでは。。。
で こんなおっさんとは したくないっと思った場合 『私 日本人だから
そういうことはちょっと。。。。』
と言って断っていたとか。 

で このベソ キスの仕方にもちゃんとしきたりみたいなものがありまして。。こほん。
親しさによって 近づき方が違う。
ほっぺも あまり親しくない場合 0.01mmくらい離しておく。 そんな気持ち。
で 親しい場合はウーーーンと べったり くっついて しっかり音を立てる。
でも 唇を押し付けるわけではありません。

普通はね。

子供には ブチュってキスしてもらったりするけど。

イギリスには この習慣がないんですよね? 多分。
だからかな? ブチュって ほっぺにしてくれます。
そういうもんだと思い込んでるんだと思う。
カソルラ村は イギリス人が多くて 彼らは 基本的には ある種のコミュニティを作っていて 彼らだけの生活を楽しんでいるんですが それでも 町で出会うと 自然に挨拶して
その際 ブチュって キスされます。
たまに真っ赤な口紅が 残ったりします。


フランスから この習慣が伝わってきた時は 男女は あくまで 家族のみだったそうですが
今では 男女間でも 少しずつ男同士でも だんだん 習慣の範囲が広がっています。
毎日 日に何度も 誰かと接して キスをしてると だんだん 人との距離の取り方が上手くなるのではないかと思います。
どういう風に触るべきか 心得てるような気がします。

日本では お互いに触らないようにしているくせに レジで並んでいたり
電車に乗るときに 背中を平気で触ります。
そういうのが 個人的にあまり好きではなかったんですが ここでは そういうことが少ない。
触ることによって反対に触らないことを学ぶ。
例えば 私の日本在住日本人の友人が働いてる会社で 上司(男)が しょっちゅう 肩を触る。
それがすごく不愉快で セクハラだという。
本人ももしかしたら 触ってるという意識が少ないのかもしれません。
良い上司でありたいと思ってるだけかもしれない。

あとよく思うのは 例えば 息子しかいない家庭で 可愛いお嫁さんが来て挨拶する。
軽く 頰を重ねて ちゅっ ってする。
お父さん きっと嬉しいだろうな。

いい習慣だと思います。

これと関係あるのかないのかわからないのですが ここでは 性的犯罪が少ないと思います。
12年前にカソルラに引っ越してきた時 村の話題になっていたのが
そして 未だに語り継がれているのが スコットランド人猥褻行為で逮捕のニュース。
スコットランド人は 高齢で 当時でもすでに退職してここに住んで 子供達に英語を教えていました。
その女の子を膝に乗せて ちょっとだけ お尻のほっぺのところを触ってしまって
それで逮捕されたと。
小さい女の子だったら そういうことしちゃうかも って気もするけど
女の子が不愉快に感じたらしい。
でも それはさて置き その話題が未だに残っている。
そのくらいに 性犯罪、 特に 幼女に関する性犯罪が 少ないってことなんでしょう。

スペインでは ほっぺに二回だけですが ロシアでは 6回。
未だにそうなのか どなたかご存知でしたら 教えてください。
6回って なんとなく難しそう。
でも 世界でいちばん キスをする国らしい。
男性同士でもキスをする。

歴史に残るキス。
ソビエト連邦のブレジネフと東ドイツ(まだ ベルリンの壁があった時代)ホネッカーのキス。
e0061699_01363299.jpg

キスの本家 フランスは 何回キスをするのでしょうか。
e0061699_01372017.jpg
フランスでは何回キスをしなくちゃならないの?という記事から お借りした地図です。
赤いところが4回。
ほぼ 二回?
フランス在住のきょうたちゃんおーやまさんは 何回してるのか 聞いてみたいところです。

映画『ジャッカルの日』で アメリカ人暗殺者が ドゴール大統領を暗殺しようとしていた場面。 ウィッキーペディアから 引用
ジャッカルは松葉杖に偽装した狙撃銃を組み立て、大統領を暗殺すべく狙撃を行うも、勲章の授与とキスのために屈んだ瞬間であった為に、弾丸はド・ゴールの頭に命中する事無く路上に着弾(フランスの慣例に疎かったのか、パブリックな式典の場で相手にキスをする習慣に馴染みが無い人物、と推測される)

キスの習慣のおかげで 命拾いした大統領。

やっぱり なかなか素敵な習慣ではないかと思います。

mua mua

ちなみに うちの母は 孫にキスされるのが大好き。
特に 17歳になってハンサムになった長男にされると嬉しいみたい。



追記 フランス在住おーやまさんが ウズベキスタンに住んでいた頃の挨拶について書いています。










[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/24359888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyotachan at 2016-05-07 03:25
フランス語では「ビズ」。わたしの地域は二回。たまーにほかの土地からやってきた人が「ぼくのところは三回だから」「四回だから」と言い訳して何度もしようとする。ほんとうに?と思う。
わたしもビズを話題にしようとしていたのでちょっとびっくり。こんな便利な地図があるなんて。北にいくほど回数が増える傾向にあるのね。ここいらでは夏の暑い時期には「汗をかいてあまりにもあなたに失礼だから」とビズをしない人がいます。寒いとやっぱりたくさんくっつきたくなるのかしら。
Commented by cazorla at 2016-05-07 04:23
> きょうたちゃん

ビズっていうと 小さな可愛い唇想像しちゃう。
ここからキスになったのかなぁ。
可愛い人には何度もしたくなって そういう時 そんなこと言うのかしらね。
カソルラ在住フランス人は リル出身なんだけど 聞いてみよう。

ぜひ 書いて。 
本家本元のビズ。
Commented by antsuan at 2016-05-07 06:51
「ジャッカルの日」、読みましたよ。

この習慣は確かに人との距離の取り方の勉強になるでしょうね。
小学生の頃、フォークダンスで女の子と手を組むのに胸をドキドキさせちゃってから、こういう勉強も苦手の一つでした。

でも、欧州で難民の受け入れが進むと、この風習は宗教問題がからんでくるので、別な意味で差別を助長することにもなるのではないかと気になります。
Commented by cazorla at 2016-05-07 07:25
あんつぁん

うーーーん どうして 難民が来たらこの習慣が宗教に絡むのか わからないのですが。
イスラムの人も キスしてますよ。 mua muaって。 宗教超えて 民族超えて みんなで キスしてます。 イスラムの国の人たちは 同じ国同士でもするし 外国人ともするし。
だから 差別どころか これが介在されて より しっくりとお互いを人間として感じ合うのではないでしょうか。
Commented by liebe at 2016-05-07 12:54 x
挨拶のキス。初めてハワイに行った時、空港の出口にアロハシャツをきて、小錦さんみたいな現地の男性が笑顔で出迎えてくれた時。
彼がレイを持って私にプレゼントってかけてくれて、その後に彼の分厚い唇でブチュ~~って両頬にキス。
そんなの初めてで、ビックリというかショックで旅の始まりはしばらく不機嫌になりました(笑)
あれから30年も経過してるののに、忘れてないの。温度も感触も(笑)

今は、触れ合う挨拶好きです。
Commented by helebore at 2016-05-07 16:18
わたしはビズ好きです。特に小さな子供なんかほんとに可愛くて、日本語を習いに来ている6歳の女の子は本当にほっぺにチュってしてくれるの。
大人同士でもけっこう好き。なんか人間的な、普遍的なものに触れることが出来るような気がする。
ガール(南)に住んでた時は4回だったよ。地図では3回のようだけど。アルザスに来たら2回。ニースは2回だったな。南の方が多いのかと思ってたけど北の方が多いのねー。
シュタイナー関係の人はビズしないで握手の人が多いよ。ちょっとドイツ人っぽいのかな。私も男の人にはたいてい握手。あとハグを、心を込めて1回だけする、という人もいたな。どんな人なのか見極めが難しいよね。
Commented by antsuan at 2016-05-07 17:41
「イランのスター女優、レイラ・ハタミさんが映画の祭典で有名なカンヌ国際映画祭で、彼女はこの映画祭の最高責任者である83歳のジル・ヤコブ氏に笑顔で挨拶代りに頬にキスをしたばかりに、母国でバッシング受けている」という、記事を目にしたことがあって、やっぱりイスラム教の国はそういう挨拶はしないんだと思っていましたので、カソルラさんの証言にビックリしています。
Commented by おーやま at 2016-05-07 18:46 x
かそるらのフランス人はリール(lille)出身?うちから30分よ 北出身のお仲間よ。
Rosultっていう村に友達住んでるって言っておいて。
いい人なら遊びにきてもらってもオッケー 笑

えービスですね。私は日本から来た身なので自分の主張はせずに相手にあわせてますよ。4回の人には4回、2回の人には2回と。4回よりは断然2回の方が多い。
よく忘れちゃうんだけどね。その人が何回だったか。

アメリカ人やカナダ人は握手はあってもキスは挨拶としてしないと思う。
面白いよね。
フレンドリーな国の人たちが、距離が遠くて
フレンドリーではない国の人たちが(フランスね。スペインは違うね)
初対面からほっぺとほっぺをくっつけちゃう。

冷えきっちゃうところをなんとかあったかくしようとう努力なのか?

男同士は握手が多くて、ほっぺもするけど少ない。

かそるらさんとこの子たちはビズに抵抗なかった?小さい頃。
うちは父親にやられまくってるのに、学校で友達とと言うと
とくにあいのあだけど、体が固くなっている。
Commented by mimizu-clone at 2016-05-07 22:58
カソルラさんの記事の意図には納得できます。
納得できるけど僕は日本人過ぎるのか、こっぱずかしい。
なんか、、、あまりの文化の違いはついていけません。
ハグでも恥ずかしいのに。
北欧の人たちはそういう習慣ありませんよね?
Commented by cazorla at 2016-05-08 03:06
> liebeさん

見知らぬ小錦は怖いかも 笑
どうせなら 美形の方 とかね。
というか やっぱり 女性がいいよね。 フラダンス踊りそうな
赤い花をつけた。 私たちが小さいとき流行った歌 あったでしょ?
そういう人がレイをかけてきたら 男も女も喜ぶのでは。。。
男性がでへへへの顔になる?
こういうのは研究が必要ですよね。

相手の習慣とか いろいろと。

でも親しい間柄では 親と子供なんか特に スキンシップ 大事ですね。
Commented by cazorla at 2016-05-08 03:12
> heleboreさん

やっぱり 4回のところ 実在してるのね。 夫が 4回なんて そんな面倒なことって言ってるけど ほらねほらねって言ってやります。 4回となるとかなり心を込めちゃいますね。
今日は 小学生時代知っていた女の子が 大学生になってて 歩いてるのにばったり会って
綺麗になったねーって言って キスして 嬉しかった。 小学校のときは そんなに親しかったわけでもないし(小さい子供だからねー) ちょっと小生意気な子だったし うちの子供とも学年違いだったのに。

握手だけか ハグか キスをどんな感じ 強くか淡くか 何回か
軽く会釈すれば済む日本だと 楽といえば楽だけど
そうやって相手をしっかり見極める訓練みたいなのができるのかもしれません。

親しくもないけど たまに道である人が ちょっと会わないでいる時期を過ぎてまたあったら近づいて キスして どうしてた?なんて聞いてくれると嬉しいですよね。

Commented by cazorla at 2016-05-08 03:17
> あんつぁん

スペインでも (記事に書いたように)以前は 男女間は家族のみだったんです。
やっぱり 公人として立つ場合 自分の位置とか 考えたほうがいいかなと。
おまけに 83歳の男性。 だとすると 自分から っていうのは あんまりよくないかもしれない。 メルケルが サルコジのキスを拒否したのも 一つには サルコジは その行為によって自分が 上の立場だって表現したかったからかもしれない。 メルケル批判が多かったけど サルコジも 相手がドイツ人だっていうこと 女性であるということ そして首相だということを鑑みて いきなりキスするというのは やめたほうがよかったかもしれないですね。
相手を見る 相手の希望すること そういうのが大事だと思います。
Commented by cazorla at 2016-05-08 03:27
> おーやまさん

フランス人友人は ハンサムで良い人です。年齢は 多分おーやまさんくらい。

日本人は そういうのフレキシブルよね。相手に合わせる。
カソルラに来る というか 家を持ってる アメリカ人は キスしてる。
やっぱり ローマにあってはローマ人に。。。えっとなんだっけ。
で 彼と キスすると ああ 私たちは 他のところで知り合ったらこういう交流はないなーっておかしくなる。
そうねー ちょっとでも暖かくね。 キスの習慣って なるたけ平等にっていうフランスの意思が入ってるのかなー?とも思う。 にもかかわらず その瞬間 どっちが目上か 計算してしまう で どっちが委ねるほうか 考える。 あと 全く同位置にある人だって実感したり。 そんなんことない? 
でも やっぱり本当に4回って人もいるんだよね。
エンリケに言っとく。
2回の場合 ちゅっ うん ちゅっ (うんは休み)だけど
4回だと 速く たっ うん たっ うん たっ うん たっなのか
それとも たっ うん たっ 1小節 たっ うん たっなのか。
ビデオとかないのかな? ここに住んだら こういう風に挨拶してくださいっていうような。
Commented by cazorla at 2016-05-08 03:37
> mimizu-cloneさん

ロシアが6回キスするくらいだから ロシアの周り 元ソ連だったところはするのかな?
ポーランド イタリア オランダ ベルギーはするそうです。
イギリス は 人による。
でも スペインに住んでるとしてます。
ドイツは 地域によってするところもあるらしいです。
北欧はどうなんでしょうね。 
スエーデンは相槌も打っちゃいけないそうだから なんか すごく文化が違うような氣がする。
でも 多分 ファミリーではしてると思う。
韓国も中国もファミリーでは するでしょ?
スペインに留学できてる人たち 男性は 結構受け入れ難しいみたいですね。
女の子はだいたい 楽しむようになってくるけど。

なれるとこんな 素敵な習慣はない と思えるようになるのにね。
奥様のこと ハグしてくださいね。
女の人は そういうの好きです。
Commented by cazorla at 2016-05-08 03:40
> おーやまさん

子供達のこと書いてなかった。
エンリケは 父エンリケのお母さんの姉妹達のキスが受け入れられず。
大きなマーブルチョコの箱を見せられて キスしたらあげると言われ 大泣きして
キスしないで チョコをもらった。
10歳くらいまでは 嫌がってたけど 今では キスしまくり男になりました。
マリアは あいつは外面いいから 最初から 問題なしでした。
アルバロは 唯一スペイン生まれ。
近所の赤ちゃん (しかし可愛い好み)にキスしまくり。
でも 男子二人は未だに おばはんとは嫌だと言っておる。
Commented by おーやま at 2016-05-08 18:42 x
お父さんの姉妹だから おばさんか。ちょっと遠いのかな、キスするには。
でも ひとそれぞれだね。しかも変わる。
私に会ってもキスしてくれるんだろうね。(念押し)
アイデンティティはアルバロが一番 スペインが強い?

私たちがおっちゃんは ちょっとなーと言うように、若い子は
おばちゃんかあ しょうがないなーって思ってるんだ。
悲しいけどじゃあ強要しちゃ行けないよね。
でも 男性は私たちがアジア人だと、ためらいを見せたり、握手に切り替えてくれる人もいるよ。

確かに 友達の友達にに道で偶然会って まったく面識がないのに
顔を近づけられるとちょっと疑問がわく。
あるていど関係ができて、ビズしたいと思う気持ちが出る前に
義務的にする必要はないよね。
でも難しい。
初対面でもビズしたいと思うぐらい感じのいい人もいるし
何度会っても、あまり気が乗らない人もいるかもしれないから。
Commented by おーやま at 2016-05-08 18:46 x
お父さんのお母さんだから おばあちゃんの姉妹か!
なんていう関係になるのか.. それはさらに遠い親戚だ。
Commented by cazorla at 2016-05-08 19:26
> おーやまさん

おまけに当時1歳のエンリケは日本で生まれてまだ日本に住んでいたから。
でもですねー なぜか金髪が好きで 新宿に住んでたオーストラリア人の女の子 3歳を押し倒してキスしたんですねー。 日本に住んでたら オームの人みたいに 六本木の金髪バーに行ったかも 笑 おばあさんの姉妹だから 血も遠いし 歳も遠い。 

アルバロは スペインに生まれたけど なぜか 醤油が好き。
相撲が好き。
正座して ばあばとテレビを見る。
エンリケは 顔は 日本人だけど ある部分 親父を追い越せって思ってるから
一生懸命 スペイン人になろうとしてるかも。 食べ物趣味は 完璧 スペイン人。

もちろん おーやまさんにはキスします。
何回がいい?
Commented by おーやま at 2016-05-09 06:00 x
じゃあ 二回でお願い。
四回だと たったったったと 一息つかずにせわしないからね。
四回やるぞーって思ってるからかハイスピード。
Commented by cazorla at 2016-05-09 14:36
> おーやまさん

キツツキのキス。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2016-05-07 01:53 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(20)