「ほっ」と。キャンペーン

レインツリーを聞きながら

その本は 山積みにされていた。
その時はまだ文庫ではなくて ハードカバーだった。
1982年だったのだろうか。
そう それは山積みにされていた。
83年に読売文学賞受賞とウィッキーに出ているから
そのころかもしれない。 山積みしているのだから。
それは その頃 ベストセラーだったのだろうか。
86年に 文庫になっているから きっとそれ以前のはず。
その本の表紙の女性が 私をいつも呼んでいた。
本屋に入るたびに そう思っていた。
その頃 多分 池袋の西武の本屋か 芳林堂だかで ラテン文学の本を探しに行くと必ず目に入っていた。
買いたいという気持ちもあった。
でも ハードカバーであるから それなりの値段。
それだけ払うのなら ラテンアメリカ文学の本が欲しい。
そういうわけで 結局 雨の木を聴く女たち を買わなかった。

そして すっかり 忘れてしまっていた。

どうしても欲しい本だったわけではない。
ただ 本が私を呼ぶのだ。

本が私に言う。
あなたは 『私』を読むべきなのだと。

1996年 私は母になった。
実は あれだけ本が好きだったにもかかわらず 1992年頃から すっかり本を読まなくなった。
多い時は 日曜日 1日だけで 5冊呼んでいた。
そんな私が 本を読む気力がなくなっていた。
多分 年齢のせいもあったのだろう。
新しい知識にどんな意味があるのか そういう疑問。
30歳を過ぎた独身の女が抱えているもの。
多分 そういうことなんだと思う。
母になった途端 また 本を読みたいという気持ちが溢れてきた。
なんというか 生真面目な言い方をすれば良い母になりたい という気持ち。
いや そういうのでもない。
ただ 赤ん坊の成長は 私を未来に向かわせてくれた。
そういうのでもないか。
授乳の時は 赤ちゃんの顔を見ながらしてくださいと
保健所の方に言われた。
はい はい と返事をしながら 実は授乳しながら 本を読んでいた。
本に対する情熱がまた燃え上がった。
新宿図書館に行っては 5冊しっかり抱え込んで帰ってきて
ただ ひたすら本を読んでいた。
本屋にも 通った。

そして またもや 出会った大江健三郎。
どういう経緯でその本を手に取ったのか覚えていない。
ただ 自然に その本は 私のところにやってきた。
どうしても 読まなくてはならない本として。



大江健三郎と武満徹の対談集である。
私は現在 コンセルバトリーの学生であるのだけれど 全く 音楽に疎くて
『雨の木(レイン・ツリー)』が 武満徹の作品の名前だということを知らなかった。
この本を読んで初めて知ったのです。

この本を 何度読んだだろう。
手に取った数は 百を超える。
ああ あれは どこに書いていたっけ?
そう思いながら ページをめくった。
この本は 私にとって 育児書だった。
長女を育てている時も
長男を育てている時も
何度 この本に助けを求めたことか。
子供というのはオペラだ。
ある時は ソプラノがアリアを歌う。
バリトンが静かにそれに答える。
テノールが叫ぶ。

私はオペラを作っている。
そう思いながら育児をした。
育児は オペラの作曲に似ている。
今 まだ 到底 オペラなんていうレベルではないが (もちろん)
作曲のクラスで ソナタを作っている。
作りながら思う。 やっぱり 子育ては オペラだと。

そう思いながら この本を何度もなんども読んだ。
読みながら 『雨の木を聴く女たち』を読むべきだったと思った。
どうせなら 日本にいる時にそう思うべきだった。
『オペラをつくる』読み始めて 20年目に急に読みたくなったのだ。
それで Tちゃんが 日本から遊びに来る時 何が欲しいか聞かれたので 迷わず
『雨の木を聴く女たち」を頼んだ。

そうだ 読むべき本だったのだ と思った。
不思議な宿命みたいなものを感じる。

それが去年の5月。

夏が過ぎて 9月に息子は高校最後の学年になった。
ピアノを続ける彼は 受験の準備を始めた。
作品は ベートーベンのOP2。 古典主義の作品
ドビュッシーの半音階のためのエチュード
ショパン スケルツォ。

もう一曲が 見つからない。
何にしよう。

先生は 彼のそのまた先生に聞いた。
マルタ サバレッタ。
ラローチャの 第一弟子。
『最後の曲は タケミツのレインツリー』

この時 世界が繋がった。
なぜ 1982年 私は特別に好きだったわけでもない大江健三郎の本に執着したか。
本屋に行くたびに 買いたいという気持ちを抑えなくてはならなかったか。
なぜ あんなに欲しかったのか。

未来はあなたに語りかけて来るのだ いつでも。
ただ 静かに耳をすませば きっと聞こえてくる。
過去 現在 未来とつながっているのではなく
世界は あなたの周りを ゆったりと螺旋状に 動いている。
まるで 世界が 抱きしめたいと思っているように。

e0061699_08362761.jpg

レインツリー
「『雨の樹』というのは、夜なかに驟雨があると、翌日は昼すぎまでその茂りの全体から滴をしたたらせて、雨を降らせるようだから。他の木はすぐ乾いてしまうのに、指の腹くらいの小さい葉をびっしりとつけているので、その葉に水滴をためこんでいられるのよ。頭がいい木でしょう」



[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/24396882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-05-21 16:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mimizu-clone at 2016-05-21 20:04
いや~、カソルラ節や~。
こういう文章、書きたいな~。

カソルラさんが一日一日を大事に生きてきてることがわかります。
いいかげんな人生を送ってきた人にこれは書けない。

喩えに出していいかどうかわからないけど、中島みゆきの歌みたいなものを感じました。
車で夜の道を走っている時に、中島みゆきの歌にいきなり人生の扉をこじ開けられる時がある、そんな感じ。
いい文章っていうのは、他人の扉をこじ開けます。
あるいは、ドアの下の隙間から文字を流し込んできます。
その人の言葉から逃げられない。
対峙させられてしまう他に道がない。

そんな記事だなと思います。
Commented by cazorla at 2016-05-22 21:24
> 鍵コメさん

ありがとう。 あなたのこと 抱きしめたい。
それは あなたのためじゃなく 私のために。

昨日 コメ読んで どう答えていいのか わからなかった。

ただ 抱きしめる。

ぎゅっ
Commented by cazorla at 2016-05-22 21:27
> ミミズさん

ミミズさんに言われると くすぐったく嬉しいです。
ありがとう。
こんな 長いの読んでいただいて。
中島みゆき 好きだし。

書いていてよかったと思います。
もともとブログ始めたのは自分だけど 本当に書く ってことを始めたのは
セイロンベンケイさんのおかげです。
Commented by おーやま at 2016-05-22 22:43 x
最近 武満徹さんの名前もラジオ越しに良く聞くようになって。
でもレインツリーって曲の名前だったんですね。

私の回りでも螺旋状に世界が繋がり始めてるかも。

大江健三郎のレインツリーを聴く女達 
読んで、ないと思う。

授乳しながら読書。それはできなさそう。
なんというか、一人になってどっぷり本の世界に入れないなら
読みたくないって思いそう。育児書ならともかく、文学は特に。

育児書として読んだのは オペラを作る の方?
それだったら私も読んでみたいな。
Commented by アンジー at 2016-05-23 00:28 x
☆ こんばんは~☆

カソルラさんと同い年だから… 私22才 の時 何してたんだろう? って思いましたよ… その頃は あんまり 本屋さんへは 行かなかったような…

何だかすっごく… レインツリーの本が読みたく 曲が 聴きたくなりましたよ♪

どんな長文でも 講釈でも どんどんたれて! くださいよ!! 自分に 似た匂いがして? 大好きですから (*^o^*)
Commented by アンジー at 2016-05-23 00:41 x
そえそう… 私も 子ども生まれてから 本が読みたくなって… 授乳しながらではなく… ベッドに 寝かしつけてから せっせと 宮尾登美子なんて 読んでたような…

中島みゆきさんも 大好きです ♪ 息子さんの受験うまくいくと いいのにねぇ (*^o^*)
Commented by cazorla at 2016-05-23 02:29
おーやまさん

正確には ピアノ曲はレインツリー スケッチで これはパーカッションと何かの組み合わせの曲で」その前の段階がピアノ曲です。 和声法無視だけど 聞いていて 眠れてしまういい曲です。 ドビュッシーの最後の方の曲をベースにした曲もいいです。 フルートとヴィオラとハープ。 両方聞くと なんか納得する。

ほら マリアは 左能と右能 代わり番こに使う赤ん坊で眠らなかったから 授乳していると木以外は 遊んでやらなきゃならなくて 唯一 読めたのが 授乳の時だったんですよ。

いかにも大江健三郎の小説 という感じです。 いいのか 悪いのか 好きなのか 嫌いなのかさえわからない。でも 人として大江は 好きです。

今 静かな生活 映画を観始めました。 まだ 見終わってないけど
Commented by cazorla at 2016-05-23 02:32
アンジーさん

22才のなんたらって歌 ありましたよね。 カラオケとかでよく人々が歌っていた。
22才って 一般的には 社会人になる最初の年で 背広の人になるって感じなんでしょうか。読んだ本を 書き留めておけばよかったと思います。
すんごい 感動した本があって。
ボクサーの話で 電車で読んでたんだけど 泣いて泣いて 顔あげられないから 駅についても降りられなくて ずっと乗っていたという。 あれは誰の小説だったんだろう。 アメリカ人の作家だったのは確かなんですよ。

『息子のこと』ありがとうございます。
Commented at 2016-05-23 08:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by おーやま at 2016-05-23 22:51 x
今日ね、さっそくレインツリーという武満徹の曲を探したら
マリンバという楽器のしかなくて。
でも無調音楽の、現代音楽らしいいい曲だった。
ピアノも現代音楽な感じ?レインツリースケッチ で見つかるかやってみよう。
Commented by cazorla at 2016-05-24 15:26
鍵コメさん

謝らないで。 嬉しかったです。
それを言いたいんだけど どう伝えていいかわからなくて。
下手なこと書いたら もう来てもらえなくなるかもしれないし。
私 時として いや しょっちゅうかな? 鈍感なところがあって。

ありがとう。

また 書き込んでください。 どんなことでも。
Commented by cazorla at 2016-05-24 15:36
> おーやまさん

https://www.youtube.com/watch?v=i5ydB09qHyk

ここで聴けます。
現代音楽って眠れないものが多いけど
これは聴きながら眠れます。
Commented at 2016-05-24 19:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sheri-sheri at 2016-05-25 21:31
今晩は。ご無沙汰してしまいました。素敵なエッセーを読ませていただいたような心持です。そしてしみじみ思います。ふと何か、やり残しているようなどうしても心残りのような気になってしかたがないような・・そんなことを想わせる時間がありますね。それは何か、自分の深いところからささやきかけ誘っているのかもしれません。そんな想いに耳を傾けることが自分らしく生きていけることなのかもしれませんね。・・
Commented by おーやま at 2016-05-26 22:12 x
聴けた。うん いい曲だね。
家でこんなのが聴こえてきたら美術館のカフェでコーヒー飲んでる気分になれる。
Commented by cazorla at 2016-05-26 23:14
>鍵コメさん

わかる!!昔 糸井重里が豚を可愛いと思ってる人が『豚に真珠』を最高の褒め言葉と思って使ってしまう場合というのを書いていた。 それ読んで『豚に真珠」はさすがに使わないけど、これによく似たことをしてしまってる自分とか考えてしまいました。
コメント、 待ってます。 
Commented by cazorla at 2016-05-26 23:16
> sheri-sheriさん

お久しぶりです。 私も半世紀以上生きてしまいましたから、これからやり残しのないようにしていきたいなーと思ってます。 できるだけ優しくしたい。。と思ってるんだけど、できない。 って 今 ちょっと息子とやりあったからずれまくりのこと書いてます。 自分の欲望って言葉はちょっと強すぎますが、 したいって思ったらきっとしなくちゃいけないことなんですよね、きっと。
Commented by cazorla at 2016-05-26 23:21
> おーやまさん

コンセルバトリオの隣が職業安定所なんだけど そこに行ったらピアノが聴こえて、なんだここいい音楽かけてるなーって思ったら コンセルバトリオで先生が練習していただけでした。
でも ピアノのあるところに殺風景な事務所を置くといいよね。どこでも音楽が聞こえる環境だと。 
Commented at 2016-05-26 23:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cazorla at 2016-05-27 01:34
> 鍵コメさん

私 どこかでそれされてたことがあります。 えっと禁止ワードが含まれているため ってメッセージが出まいした。 で 試しに こんにちは だけかいたら それも。 えええ 『こんにちは』もかい?ってびっくりしたんですが。 その次にHNを変えたらメッセージ遅れました。禁止ワードがカソルラだったんですよ。 ちょっとショックでしたが。 私は鍵コメさんがコメントくださるの楽しみにしています。 で エキサイトではそれできないと思います。 あれは確か FCの機能だと。 エキサイトは英字半文字はダメっていうのはあります。よく分からない変なサイトへの誘導だったりするので。 時々 調子が悪くてコメント遅れない時もあるので、気にしない方がいいと思います。鍵コメさんのコメって明るくて前向きで楽しみにしてます。他の人もきっとそうですよ。
Commented by sheri-sheri at 2016-05-28 15:28
そう思います。やはり自分のことを後回しにしていると必ずあとになって自分が苦しくなって・・ひどい場合は体調を崩す時も。やはり、したいことはする方が良いですね。そして元気でいれば心も明るく結果、周りの人にも穏やかにいれますね。・・
Commented by cazorla at 2016-05-30 02:33
> sheri-sheriさん

母はよく我慢しちゃダメって言います。母は全く我慢しない人。笑 それで人生通してきたって羨ましい限りですが。彼女くらい全く我慢しないで生きるのは現実問題としてはかなり難しいけどやっぱり後でこんなにやってきたのに。。。ってうだうだ言うくらいなら我慢しないほうがいいし。そして自分が元気でいるっていうのが一番大事ですね。主婦が寝込んだら大変なんだから、今日はあんたたちが我慢しなさいって、息子に言います。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2016-05-21 08:39 | 思うこと | Trackback | Comments(23)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla