「ほっ」と。キャンペーン

夕陽を見ながら

e0061699_01161956.jpg

時々 というかしょっちゅう、自分が無能だなーって思って

自己嫌悪。


夕陽見ないといけないんですよー。 知ってました?
脳波が正常になるんだって。
夕陽見ないと狂うんだって。
悪い気持ちがにょきにょき出てきて
悪いことしたーーいって。

なんであの人が?みたいな記事ってあるじゃないですか?
やっぱりね、夕陽見なきゃいけないんです。
スペインは9時過ぎに見えるからいいけど
日本は早い時間ですよね。
会社に勤めていると見ない。

ちょっと仕事の手を休んで見ましょうね。
私も自己嫌悪に陥らないようにしますから。


e0061699_01163244.jpg


こういう時間帯って、家も一呼吸してるように感じませんか?
ああ、1日終わったなーって。

とにかく
気持ちが落ち込んでも、家に帰ってお風呂に入って。
そしてお布団に入る。

朝になったら元気になってるかもしれないし。


e0061699_01165253.jpg

野の花です。
可愛いでしょ?
名前は知りません。


[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/24411654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アンジー at 2016-05-27 07:20 x
☆ おはようございます ☆


へーっ そうなんや~ 夕日をね~ ♪ 何でもよく 知ってられますね (*^o^*) 何が何が 無能だなんて…


あの~ そのお花… 野っぱらに 生えてるの? このあたりの 花農家さんが 育ててられる金魚草じゃないかな…
ひとつひとつよーく 見ると かわいい 金魚みたいに見えませんか!?


ちなみに 私のストレスは アクリルたわしの 編みめが きれいに 絡めとってくれますよ~ 2色使って 細編みで かわいく馬さんや豚さんや いろいろ編んでまーす ♪~θ(^0^ )
だいのオトナ (笑) ですから ストレスも 当然自己処理?! してますよ

本日も ありがとうございました(*^o^*)
Commented by cazorla at 2016-05-27 10:27
アンジーさん

金魚草より ちょっと大きめ。ホウセンカみたいに茎が太いんです。
でねー 金魚草って名前可愛いでしょ? それをスペインでは ネズミって呼ぶんです。
強くて 種が飛んできて 突然咲くから。子沢山。 でも 可愛いのに名前が可愛くない。

アクリルたわしですか。 馬とか豚ってご自分でデザインされるの? いいな。 アンジーさん、 そういうの書いて写真も撮ってブログ始めてください。
お願いします。
Commented by mamoei at 2016-05-27 14:08
こんにちは。

そうなんですか!
私も見ます!!
家が呼吸している、わかります、私も同じこと感じていました。
米子では、夕陽よく見ましたね。
広島では、まだ一度も見ていません。

今日は、オバマ大統領が広島平和公園記念公園に来ます。
せっかく広島に居るので、今行っています。
Commented by cazorla at 2016-05-27 19:45
マモエさん

やっぱり!? 家って呼吸しますよね。 で、誰も住まなくなると滅びていくんです。
人が住んでる方が汚れるけど、家は命を持ってる感じがします。

オバマさんというか、アメリカ大統領がやっと来るんですね。
やっと。
Commented by tamagoneko at 2016-05-27 21:08
以前務めていた会社の工場が阿蘇にあって、外輪山の向こうに沈む夕陽を見る度に「何やってんだろ?私」とよく思っていました
同僚達とそれを「我に返る」と表現していたのだけど、あながち間違ってなかったのですね(苦笑)

お花、私も金魚草の親戚かと思いました
こちらでは薔薇が終わって紫陽花が咲き始めました
そろそろ梅雨です・・・
Commented by cazorla at 2016-05-28 06:41
> tamagonekoさん

やっぱり体とか脳があるべき状態に戻るってことなんでしょうか。
夕日の中を家に帰る光景って、自分の中の原風景っていうのかな?そういうのがありますね。

紫陽花って、絶対学校で折り紙で作りませんでしたか? あと挿し木。あれを絶対していて、ほぼ全国民が挿し木の知識を持っている。それって素敵なことだと思います。だから私ね、よく川で綺麗だなと思ったら、枝を切って挿し木するんです。

梅雨ですね。母が梅干を漬けていたのを思い出します。
梅干のツボが懐かしい。
Commented by sheri-sheri at 2016-05-28 15:32
今日も素敵なお話、そしてお写真に感動しました。素敵です。自然の力で活かされているんですね。人間はね。脳が正常になるなんんてね。朝陽はあびなきゃ・・とは認識していましたが、夕日もね。・・一日の終わりに、癒しがおとずれるのかもしれませんね。それが脳がリセットされるのかも。・・・お花は、ほんと金魚草によく似ていますね。可愛らしく愛らしいですね。鳳仙花も好きですが。
Commented by anohiwa at 2016-05-29 09:21
自然の中に沈む夕日って、素敵ですね。
ウチからだと、ビルの間に沈んでいくけど、それでも大丈夫なのかな? ^^)
Commented by おーやま at 2016-05-29 22:21 x
緯度のせいか、夕日がピンク色。優しい色ですね。
それが白い壁に映って。
日本はもっと赤が強い気がします。

プレゼント選びが上手くて、心に残る文章が書けるかそるらさんが
自己嫌悪になる理由 ないと思うけどなー。
Commented by cazorla at 2016-05-30 02:37
> sheri-sheriさん

今年はみかん(犬です)が来てくれたおかげで、例年よりずっとたくさんお花を見た気がします。自然とのつながりが密になったんですね。夕日もうっかりすると見そびれますが、みかんを日があるうちに連れ出そうって思うと帰り道に夕日が見られます。生き物のいる生活ってやっぱりいいなー。ああ 昔は子供達を公園に連れて行って夕日を見ていました。もっと小さい時、私がもっと小さい時は、帰り道で。夕日を見る思い出ってやっぱり幸せかも。寂しい思い出であってもやっぱり幸せな、胸にしみる感じがありますね。
Commented by cazorla at 2016-05-30 02:37
> anohiwaさん

もちろん、もちろん。ビルの間でも大丈夫です。
Commented by cazorla at 2016-05-30 02:42
> おーやまさん

やっぱり湿気が関係するらしいですよ。特に朝日は真っ赤でしょ?日本。
東中野で一人暮らししていたアパートは東向きの窓で、びっくりするような朝日が見えました。
スペインは朝日はますますない。夕日の時間は少し湿気があるけど、朝はスッキリしてから、赤とかにならなくて、少しずつ明るくなる感じ。

私ってねー、すごいつまんないことしたりするの。そういうことは書かないけど、バカだからさー。おーやまさんは素敵よ。ウズベキスタンに一人で行く なんてことしてないもの。 結局。なんとなく、通ってきた、そんな感じがする。 何にも自慢できるものないしねー。
Commented by liebe at 2016-05-30 19:15 x
お花、ルピナス?私の家の近くの山にも咲いてる。今が全盛期。お花に謝りつつ、3本摘んできました。丘の斜面一面がルピナスになると、すごく綺麗ですよね。
サンゲージングって言わなかった?太陽見るの。私、1か月やったことありますよ。朝日と夕日を見つめるの。思い込みかもしれないけど、気持ちが切り替わった。
人間、太陽を見ないと絶対に駄目になると思う、私も。
Commented by cazorla at 2016-05-31 08:48
> liebeさん

ルビナス、ググってみました。なんてカラフルで綺麗なんでしょう。同じ仲間の花なのかな?この花、もう少し地味目だけど、もしかしたら同じ種類なのかもしれませんね。

サンゲージングっていうの? 三十年くらい前に新聞で見て、なるほど〜って思ったの。
日本は日の入り早いから、オフィスで働いてると見ることができないなーって。
だから、ちょっとイライラしたりするのかなーって思ってずっと心の片隅にこの知識がしまわれてます。

日本の朝日はすごいよね。
真っ赤なルビーがポーンと浮かんでる。
お天道様信仰が生まれるはずだと。
お天道様が見てるっていうのは私たちの原点だと思います。
Commented by おーやま at 2016-05-31 22:21 x
私 ウズに行った時バックには思いっきり大きい物がついてましたよ。
保証があった 笑 だから行ったのよ、独身30の女。守られてたし。
そこいくと インドに一人旅のほうがずっとフリー。

つまんないこと いいのいいの。生きてる間にいろんなことしたらいい!

レモン風味の緑茶、すこーしだけお砂糖入れたら正解だった。
渋みがマイルドになってレモンが引き立ったよ。
おいしゅうございます。

かそるらさんが落ちてる時の写真や記事も味わい深い。
それにありつけるから
まんざら悪い事でもない。
Commented by cazorla at 2016-06-01 16:27
> おーやまさん

周りがすごいって思ってることも意外と本人は軽く行動しちゃうんだろうね。
うちの母が78歳でスペインに来るって決心も本人は大したことじゃなかったように。
でもね、ウズベキスタンで働いてたって、子供たちはすんごく自慢なんじゃないかな?
特にもう少し大きくなったらそう感じると思う。

結局、マリア、ポーランドに行くことにしました。エラスムスの留学。
ベルギーからも受け入れOKのお手紙頂いたんだけど、先生を知っていて好きな先生だったってことと、物価が安いということ。(親としては金銭問題が結構重要だった)
今。日本でポーランドの陶器がブームなんだって?
ショパンの学校もあるから、エンリケ(息子)もちょっと行ってみたがってる。

ふむふむ、私も砂糖入れて飲んでみる。 
テベルデって最初、日本茶想定してたから。ちょっとだったけど、
別物として飲むと美味しいよね。
Commented by Mehreenkhan at 2016-06-01 22:52
こんにちは。
夕陽をみないとダメなんですね。今見てないかもーーです"(-""-)"
小学生の頃に6校時目が終わる授業の時が音楽の時間で、陽が暮れるのをボーッと見るのが好きでした。って、授業を聞いていなかっただけなんですが^^;
でも、おっしゃられるように確かに陽が暮れる時間帯って、家や木々たちも今日もお疲れ~って言っている感じですよね。
はぁ、私もきれいな夕陽を見るようにしてみます。
Commented by cazorla at 2016-06-02 08:56
メヒリンさん こんにちは。
マレーシアって なんとなく夕日が綺麗なんじゃないかって勝手に想像しちゃいます。

音楽の時間にって 科目まで覚えてるというのがすごい。それは、しっかりと心に残ってる夕日なんですね。夕日見るときっとリラックスしますよ。
私のよく覚えてる夕日は、
6歳の時に母と叔母が十年ひとむかしねーなんて話してるのを聞いて、十年前の自分のいなかった世界を想像して強くなって、じっと空を見ていたら夕日が赤くなってきて、世界の大きさに震えた っていうと大げさですが、その時夕日を見たなーって覚えてます。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2016-05-27 01:23 | カソルラ | Trackback | Comments(18)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla