卒業式の季節

長男の卒業式でした。
コンセルバトリオ プロフェショナルの卒業式。
学校のサロンで。
この建物は戦前お中学校。
中学校にはチャペルがありました。
病院にもありました。
チャペルは聖歌隊が入ったリスrので音の反響が良いのです。

e0061699_06553000.jpg


e0061699_06541134.jpg

ピアノ科の生徒たち。
30人入学して卒業できるのはわずか6人。

e0061699_07010275.jpg
卒業の時は長いマフラーくらいの大きさの布の授受があります。
これをbeca ベカと呼びます。
奨学金と同じです。
それは、もともとすべての大学は教会が運営していましたが、教会が与えるもの
という意味だからです。

e0061699_06554286.jpg


e0061699_06555484.jpg

またここで弾く日が来るでしょう。
招待されたピアニストとして。

これから受験です。


[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/24449531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2016-06-11 10:27
日本と違って卒業するのは難しいのですね。
本当におめでとうございます。

思い起こせば、カソルラさんのブログにお邪魔するキッカケとなったのは、今迄卒業式に国旗掲揚をしていた息子のスペイン修道会系のカトリック小学校が突然にそういう行事をやめたことから、スペインの学校行事を知るためでした。
Commented by おーやま at 2016-06-11 21:16 x
おめでとう!エンリケ君。
日本の高校生、こんなタキシード 持ってないよね。
建物も素敵で正装が引き立ちます。
Commented by Liebe at 2016-06-12 09:39 x
エンリケ君、卒業おめでとう!
なんて美しい卒業式なんだろ。。。。
Commented by naozoom at 2016-06-12 19:29
長男のご卒業、おめでとうございます。
素直にかっこええですね。
Commented by leona at 2016-06-12 23:09 x
ご卒業、おめでとうございます!
ウチの娘もこの間、卒業式でした~。
同い年だったんですね。
お互い、早く子供達の進路が決まってホッとしたいですね。
Commented by cazorla at 2016-06-13 04:18
> あんつぁっん

中学の時に入るから、高校を科学とかに行って卒業する人もいるのですけどね。幼稚園の時から小学校卒業まで同じメンバーで過ごすのですが、その中で卒業できた男の子はエンリケともう一人だけでした。中にはもう働いてる人もいます。田舎だから、畑があれば家の人はその方がいいと思ってる場合も多いです。でも、ちょっと前まで一緒に遊んでいたのにねーって、ちょっと寂しい感じがします。
Commented by cazorla at 2016-06-13 04:19
> おーやまさん

サラで買ったのです。(だから安いんだけど)かなり若い時から着るから、ある程度の年齢になると着るのが上手になるんでしょうね。
ありがとう。
Commented by cazorla at 2016-06-13 04:25
> Liebeさん

ありがとう。演奏もあったり、長い式だったけど、良い思い出になりました。
Commented by cazorla at 2016-06-13 04:27
> naozoomさん

ありがとうございます。もう少し、ゆったりしたジャケットの方がいいかなーって思うんですけど。実はなんでこんなん着るん?って思いました。本人はずっと買ってくれってうるさくって、でもみんな着てるんで実は驚いてます。
Commented by cazorla at 2016-06-13 04:28
> leonaさん

これからですよね。自分の行きたいところに行けるといいんですが。本当、同い年だったんですね。一度お会いしたいですね。子供連れで。
Commented by kyotachan at 2016-06-13 20:12
ご卒業、おめでとうございます!
スペインは「式」があるのね~。そのことにびーっくり。
こちらは「式」と呼ぶものは葬式と結婚式くらいのもので学校関係に「式」のつくものは一切ありません。なんとなくはじまってなんとなく終わる。最初はこころもとなかったけどすっかり慣れて今ではきちんとした場所に並ぶ自信がありません。
いい男だなー。この年で蝶ネクタイが似合うとは!
Commented by cazorla at 2016-06-13 22:38
> kyotachanさん

大学だけあったんだけど、たぶんねーハイスクールミュージックとかああいうアメリカ映画の影響じゃないかと。夫のときはサラマンカ大学だけあのヒロヒロの布をかけていたとか言ってた。式なんてめんどーだよね。だいたい、ああいうところで話す人の話って結婚式についで退屈。
自分の中でプランがあって絶対蝶ネクタイだって。いまどき蝶ネクタイかって思ったら、みんな蝶ネクタイしてた。なんででしょうね。死ぬほど暑かったみたいよ。
Commented by Mehreenkhan at 2016-06-14 13:34
ご長男さん、ご卒業おめでとうございます。
タキシードすごく決まっていますよ。
30人中6人だけしか卒業できないなんて、その中に入るなんてすばらしいですね。
これからの活躍を楽しみにしていますよぉ♪
Commented by bantelner at 2016-06-15 06:35
お坊ちゃん、ご卒業おめでとうございます。
30人居たのが卒業時には6人とは、その厳しき中に残られて素晴らしいです!
黒一点ですね!?
タキシードも似合って、カッコいいです~。

お坊ちゃんの高校は、音楽高校という認識で正しいですか?
これから受験なのですね。
大変ですが、どうか頑張って下さい!
Commented by anohiwa at 2016-06-15 20:41
おめでとうございます。
日本と違って、入るよりも、卒業の方が大変だと聞きました。
これからも 頑張らないといけないのかな?
カソルラさんも、大変だったでしょうね ^^)
Commented by tamagoneko at 2016-06-15 21:15
ご卒業、おめでとうございます
卒業が狭き門だと真剣度も違ってきますよね
素晴らしいです!

蝶ネクタイはこだわりだすと楽しいらしいですね(オケの男性陣情報)
「蝶」の大きさとかタイの細さとか、女性陣にはチンプンカンプンでしたが(苦笑)

「受験生の母」は洋の東西、学問のジャンルを問わず大変だと思います
cazorlaさまも頑張って下さいね☆
Commented by cazorla at 2016-06-16 02:44
>めひりんさん

ありがとうございます。女の子の方が選ぶ時楽しかった。(長女の時)音大になるともう音楽に集中ですが、特に中学時代は学校の勉強との両立がやっぱり大変なんですよね。息子も中学四年間は結構大変でした。高校は温楽コースを選んだので、高校の教科は英語、国語、科学、体育、哲学、スペインの歴史だけになったのでかなり時間をかけてピアノが弾けました。
Commented by cazorla at 2016-06-16 02:56
> bantelnerさん

田舎なんで音楽高校そのものはないんですが、コンセルバトリーに通ってるんで、必須科目だけとって間時間は家に帰ってピアノを弾くという生活をしていました。必須科目は6教科で、1日2、3時間だけ授業でした。
受験も大学より大変です。大学は(国立)共通試験が各地域であって、その点数で行きたい大学を決めるんですが、コンセルバトリーは行きたいコンセルバトリーに行って受験するので同じ日に試験があると、できないし、北に行き、南に行き、と動き回ります。

ありがとうございます。日曜日から旅行です。(受験の)
Commented by cazorla at 2016-06-16 02:59
> anohiwaさん

入ってからもドロップアウトする人が結構多いんです。点数によって奨学金が多くなったり少なくなったり。だから結構みんな勉強に打ち込んでます。私、ドロップアウトしそうなんです。。。
Commented by cazorla at 2016-06-16 03:06
> tamagonekoさん

蝶ネクタイって大阪の食倒れのおっちゃんのイメージの私は、えっ、蝶ネクタイが欲しいの?と結構びっくりしたんですが、手品師みたいになるのではとかいろいろ考えたけど、結構全員蝶ネクタイなんでびっくり。やっぱりそれって音楽の世界の共通の好みなんでしょうかね、これから蝶ネクタイのこだわりが出てきたりするのかしら。
受験生の母、二度目です。美術高校の先生をしている友人が(日本で日本人です)アート系は努力が報われないことが多いから神経質になって攻撃的になるけどなんでも受け止めてあげなきゃって言ってました。だから、我慢してます。大変ですよね。暗譜してもいつもちゃんと弾けても、ここぞって時に間違えるかもしれないし、審査する人と趣味が合わない場合もあるし。母親はただ祈ることしかできないし。
Commented by mamoei at 2016-06-16 08:59
エンリケくん、ご卒業生おめでとうございます!

アットホーム中、とても厳かさを感じます。
エンリケくんの笑顔がいつにも増して輝いて見えます。

前途洋々という言葉がピッタリの若者ですね!
これからもいっぱい幸あれ!!
Commented by tamagoneko at 2016-06-16 20:50
普段見る蝶ネクタイって手品師とか漫才師とか綾小路きみまろ・・・といった所ですよね〜
まずどこで買うんだろう?って思いますもの(笑)
蝶ネクタイや礼服、不思議な事に年齢に関係なく、オケ歴が長い人ほど似合っています・・・
色も黒と白とシルバーが基本セットらしいです
ピアニストならカマーバンドとセットでカラフルなのを着用しているのを見た事があります
エンリケ君、ワインレッドとか似合いそう^^

ZARAでタキシード(スーツ?礼服?)を売っているのですね!
Commented by cazorla at 2016-06-17 18:26
> マモエさん

ありがとうございます。
式はそれぞれの学科(ピアノ科、絃楽器。木管楽器、金管楽器、ギター)の四人が演奏したんですが、ピアノ代表で弾いて、ちょっと失敗してしまって、着慣れないものを着ているので。。。
かえってそれでリラックスして笑ってるみたいです。
週末から旅行です。受験の。私はいっぱい写真撮ってきます。
Commented by cazorla at 2016-06-17 18:30
> tamagonekoさん

カマーバンドつけろって夫に言われたんだけど、誰もつけないからやだって。個性の時代なのに子供達って結構人の目をきにするんですよね。かっこいいのに。ワインレッド、いいですね。そのうち納得させます。
サラで卒業パーティ用に比較的安価で売ってます。高校生のにきび面がジーパンで来て選んでます。ジャケットが大体60ユーロくらいです。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2016-06-11 07:07 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(24)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla