あなたに会いたくて。。

それは別に慰めるために言ったわけではなかった。
なんとなくそう言ってしまって、言ってしまった後にそう言ったことが実は本当のことだと思った。
受験の結果が出た夕暮れ。
結果が喜ばしい結果ではなかったから、その次の受験の用意の後に一休みして、
お台所で軽食を取っている息子に言った言葉。
『実はずっと会いたいと思ってたんだ。』
ー誰に会いたかったの?
『君に会いたかったんだよ。』
ーいつも会ってるじゃない?
『30年前からずっと会いたかったんだよ。』
ー変なの。僕は30年前は存在しなかったんだから会いたいなんて思うなんて不可能だよ。
『30年前から会いたかったんだ。ずっと。思い描いてた。もしかしたらその前に会ったことがあったかもしれない。だって時間が過去から未来に続くなんて誰が決めた?誰も知らないことがいっぱいある。もしかしたら君がある日私に会いに来てたかもしれない。そしてその瞬間のある一筋の光の間に君が私を捕まえたんだ。そして私はずっと君に会いたいと思った。だから君は私が30年間待ち続けた人。』

それは真実だった。
ずっと会いたいと思っていた人がそこにいた。
会いたいと思っていたらきっと会えるよね。

私に会うために生まれてきた人に、ありがとう。

e0061699_06153717.jpg

ずいぶん昔のことになるけれど、ある女性がいた。いつも綺麗に日焼けしていた、
その時私は20代後半で、その私にとっては彼女はそこそこ『おばさん』カテゴリーだった。多分40代だったと思う。子供はいなかった。ひたすら夫の話をする人。夫をひたすら愛してる人。夫という人はピアニストであり作曲家だったそうだ。私はなんとなく顔を知ってるだけだった。いい感じで年をとってるなと思った。私の友達が親しくしていた。その女性が当然亡くなった。癌だった。その数ヶ月前に元気そうな姿を見ていたから驚いた。友人がお葬式に行った。彼女の夫がひたすら泣きながらピアノを弾く、そういうお葬式だったと友人が私に言った。それはなんとなく衝撃的なことだった。私はそのお葬式に行ったわけでもないのになぜかその映像が私の頭の中にあって、泣きながら弾くショパンのノクトゥルノが聞こえてくるようだった。そして、私のお葬式で泣きながらピアノを弾く人を想像した。ピアノを弾く男の人と結婚したいとちょっと思ったけどそんなことはうまくいくはずがない。恋に落ちる前にピアノが弾けますかとは聞けないのだから。そして私は私のお葬式でピアノを弾いている男の人の映像を封印した。忘れてしまっていた。息子は豪傑タイプの金太郎のような男の子だったのでピアノを弾くようになるなんて考えたこともなかった。ピアノが弾きたいと言った時も、ふーんてなもんだった。ある日、ふと
また思い出してしまったのだ。でも、その話は多分息子にはしないだろう。死んだ後に泣きながらピアノを弾くだろうか。弾いてくれたらいいなと思う。





[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/24496619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by liebe at 2016-07-01 11:48 x
約束していたんだと思う。絶対。また一緒に楽しもうって。
何度も"あ、これ覚えてる" ってことがあるし。
その時の温度、匂い、言葉、全部覚えてるのね。初めてなのに。
時間が過去から未来へ流れてるなんて決まってないと、私も思うの。

貴女のために、泣かないで、微笑んで弾けるくらい
思いを尽くせる時間を共に過ごせたらいいね。


Commented by おーやま at 2016-07-02 03:55 x
あるね。
何の気なしにふと口をついて出た事が、深い意味をはらんでいたって。

お葬式に泣きながらピアノ、美しい光景が浮かんできます。
Commented by アンジー at 2016-07-02 07:48 x
☆ おはようございます ☆


でもまあ… よく考えると 子どもって 私に 会いたくって 生まれてくるわけ! ですよね~


きっと息子さんは お葬式を そういうのに するかどうかは 分からないけれど…

ピアノを弾きながら なくなったお母さん思い出し 泣く って 思います… 亡くなって すぐには 日に何回も そのいち 日に一回 週に一回 月に一回… なんて具合に なると 思いますよ~


先に亡くなる予定!? の こちらとしては そうやって私を 偲んで欲しい! ですよね~ そろそろ終活を 視野に入れておかないと? いけないお年頃 なんでしょうねかねお互いに…
Commented by cazorla at 2016-07-03 06:49
> liebeさん

例えば、お母さんが早くに死んで生まれ変わって娘としてそこにいるってこともあり得るんだよね。そう思うとなんか嬉しくなる。いつかもう一度会えるかもしれないって。いろんな人に。きっとね。ありがとう。いつも優しいコメント。
Commented by cazorla at 2016-07-03 06:56
> おーやまさん

ね、あるでしょ?なんでこんなこと言ってるんだ私 なんて思いながら後から自分で考えたりね。
滅多に人を羨ましいなんて思わないんだけど、いいなーと思った。うちの母はシャルルボワイエの奥さんがひどく羨ましいそうで。奥さんが亡くなってすぐ自殺したんだって。シャルルボワイエ。母 長生きしたから(笑)
Commented by cazorla at 2016-07-03 06:58
> アンジーさん

そうですね。会いたくて生まれてくるんですよね。お腹の中にいて、ずっと声を聞いていて。鶏のヒナが生まれてから親の声がわかって、それで後をずっと追うんだそうです。絶対母親を間違えない。声をずっと聞いてるんですね。そういうこと考えるとなんて素敵な関係なんだって思います。
Commented by hanaco at 2016-07-06 13:55 x
腱鞘炎で、しばらく弾けてないピアノ。
急に弾きたくなった、弾いてきます。

涙もろいな、私。
Commented by cazorla at 2016-07-08 01:04
> hanacoさん

読んでくださってありがとう。独り言だけどいいやと思って書いた記事。共鳴してくれて本当に嬉しい。ピアノ、かなりの腕前なんでしょうね。いいな
Commented by mamoei at 2016-07-08 22:50
こんばんは。

朝も来て読ませていただいたけれど。

「ロング・グッドバイ」もなかなか進まない私だけれど、cazorlaさんの気持ちは、ググッとわかるんです。

cazorlaさん、ハグ!
Commented by anohiwa at 2016-07-13 16:35
この記事を読むのは、、、、、何回目かな?

カソルラさんって、すごいなぁ~~~~ って思って、コメントも書けなかったよ。


私は、、、、、長女かな? ずっと会いたくて会いたくてようやく会えたのは。
ある事で悩み苦しんでいた時『ママ、私は、ママを幸せにするために産まれてきたんだよ。だから、幸せになって欲しい』って言われ それまでの自分が情けなくて、娘を思いっきり抱きしめた事があります。
Commented by cazorla at 2016-07-17 12:44
> マモエさん

おはようございます。

ハグ ありがとうございます。

ロング・グッドバイ、ハードボイルドですもの。進まないですよね。うっかり語ってしまいました。進まない本も何年もしてからふと読んでみたり、ってことになってくれればいいなと思います。

ハグのお返し。ギュッ

Commented by cazorla at 2016-07-17 12:46
> anohiwaさん

おはようございます。
ありがとう。
子供って不思議ですよね。でもいいな。お嬢様にそんなこと言われて。心温まるお話をありがとう。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2016-07-01 06:45 | 思うこと | Trackback | Comments(12)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla