ビルバオ・グッゲンハイム美術館

ビルバオはスペインの北部バスク地方にある都市。もともと工業の街で港が栄えていたのですが産業が停滞して使われていない港そばの土地を利用して美術館を作りました。
アメリカのグッゲンハイム財団の美術館の分館の一つ。
これができたおかげでビルバオに来る観光客が増えて、グッゲンハイム効果とか呼ばれているらしいです。

e0061699_07411722.jpg
一番有名なのがパピーです。
Jeff Koons(ジェフ・クーンズ)の作品。
花で作っているので季節で色が変わるそうです。
息子、頭を撫ぜ撫ぜしている写真を撮って欲しいと。

e0061699_07293341.jpg

こういう感じで撮りました。
e0061699_07090760.jpg



デカイのです。


e0061699_07251832.jpg
ジェフ・クーンズの他の作品。


アンディ・ウォーホルの作品展がありました。

e0061699_07290499.jpg


e0061699_07281386.jpg


e0061699_07291934.jpg


美術館に息子を連れて行ったのは10年ぶりくらいです。
ピアニスト目指してるのですから少しは教養を身につけて欲しいと。
結構楽しかったらしくまた美術館に行きたいと言ってました。


e0061699_07275627.jpg

本を読むコーナー。

e0061699_07190834.jpg
六本木にもある蜘蛛の作品。


建物の内部はこのビデオでご覧になれます。





美術館はスペインの12の宝物の一つに選ばれているんですが(2007年)、他にも素敵なものがスペインにはあるだろうというのが正直な私の意見です。確かに観光客がたくさん来てますが。
美術が好きで来ているというよりもやっぱりスペインくんだりまで来たからには見なくてはいけないという感じで来てる人が多いような感じです。私個人は現代美術が好きなのでマドリッドのレイナソフィア美術館によく行くのですが、なんとなく雰囲気が違います。美術が好きで行ってる人が作品を愛しながら歩いていることによって建物全体に醸し出される空気がない。

観光地に行ってる、そんなん感じがずっとあってあまり好きな美術館ではありませんでした。

バスク地方の彫刻家ホルヘ・オテイサはバスクの美術の伝統に対する侮辱だと言って美術館建設に反対したそうです。そして自分の作品を美術館に展示することを拒否し、隣の州ナバラに寄付しました。(ウィッキーペディアによる。)

駐車場が2時間だけしか使えないのも不満でした。大きな建物にある作品を2時間で見終わりなさいってこと?図書館もありますし、お店だってあります。だから2時間って短いと思います。駐車場に車を置くときに車のナンバーを入力するので一旦出てもう一度入れ直すということもできません。

e0061699_07435427.jpg
『空虚な構造』(Construcción Vacia)

これはサンセバスチャンにあるホルヘ・オテイサの作品です。



[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/24607747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by TAKE○△ at 2016-08-21 11:34 x
パピーですか。そう言えば青森の十和田市現代美術館にも似たようなのが
ありましたね。フラワーホースってやつ、韓国のアーティストだったかな。
たまに美術館を見るのも良いですよね。
Commented by cazorla at 2016-08-21 21:33
> TAKE○△さん

菊人形ってあるじゃないですか?これはそれを真似てるんじゃないかと思いました。もともと日本のものかなーって。青森のは韓国ですか?

たまに美術館いいですよね。都会のいいところは美術館があることかなと思います。カソルラにいるとなかなか行けません。

名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2016-08-21 08:18 | アンダルシア以外の街 | Trackback | Comments(2)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla