日本のことを知っていますか

スペインのことを書くに当たって良く思うのは私たちは日本のことをどの程度知っているだろうかということです。 日本に住んでいても スペインに住んでからとは年齢的にも違うし同じ状況が設定されるわけではないから比べるのがすごく難しい。 たとえば 日本には邦人として住んでいるのだから外国人としての生活はわからない。 日本に住んでいる ビザを持っている外国人 永住権を持っている外国人は 日本から外に出るとき再入国(リエントリー)税を払わなければならない。 在日韓国人も同様。 移民局まで行って五千円くらい払う。 移民局が開いてるときに行かなくてはならないから当然普通の時間に働いている人は特別に休みをもらうか遅刻するかして勤務時間中に行く。 これってめんどくさいし なんでお金払わなければならないの?と思ってしまう。 リエントリー払っている国っていくつあるのだろう。
なぜこういうことを書き始めたかというと 偶然 羊水検査をスペインで受けるかどうか迷っている人の記事を読んだから。 私は三人とも高齢出産で 上の二人は日本(東京)で産んだ。 二人目の時はもともと日赤病院で働いていたお医者さんだったので 羊水検査をしますか と訊かれた。 高齢だし ダウン症の子供が生まれる可能性ははっきり言って普通よりはかなり高いです。 日本ではたぶんちゃんと羊水検査ができるのは そんなに多くの病院ではないらしい。 少なくとも小さな普通の産院では無理。 費用が十六万円。 小さな針を刺して 羊水を取り出し 染色体を検査する。 もしも針が胎児にあたったら 脳に傷を付ける可能性があるし 流産になる可能性もある。 だからかなりの技術を持った助産婦さんが必要だ。 結局 迷ったあげく 十六万円は わが家の家計ではかなり無理だという結論に達した。たとえダウンとわかっても産んでしまうだろうし それはそれて゜しょうがない。 ただ ダウン症というのは きちんとした対応を知ってきちんと育てれば 普通の子供と同じように育てられるので できれば妊娠中にダウン症児であるならば それについて勉強していた方が 良いと言うことだった。 確かに産まれてしまってからでは勉強する暇がないだろう。
そう言う意味で スペインでは というよりヨーロッパでは 高齢の場合など可能性があると思われる場合は必ず 羊水検査を行う。 費用は無料だ。 スペインの場合 カトリックだからかもしれないが ダウン症だとわかって中絶する人は少ないらしい。 きちんと決心して ダウン症の子供の育て方を勉強する というのは すごい精神力ではないだろうか。
そういうわけで 私は三人目はスペインで妊娠したので喜んで 羊水検査をしてもらった。 三人目なのでやはり準備はきちんとすべきだと思ったのだ。 
針を刺したとたんに 突然胎児が動いた。 その時助産婦さんが言った「待って。 頭がこっちに来たから 針はそのままにしていて。」 そして胎児に向かってあやすように話しかけながらそっと私のお腹を動かし 胎児の位置を変えてしまった。 見事な物である。 おなじ 助産婦さんが産まれるときも取り出してくれたのだが あっという間で 分娩室滞在時間はたった十五分だった。 
私は日本での経験があったから この羊水検査の件はすごく感謝したのだけれど たぶんいきなり初めての妊娠がスペインで 羊水検査を勧められたら ビックリしてショックだっただろうと思う。 どうか スペインの病院を信頼して 気持ちの良い妊婦生活を送ってもらいたいものです。スペインは子供をだいじにしているから少なくとも子供に関することはきちんとしていると思いますよ。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/2479577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 名古屋の夜を彷徨う≪らん.. at 2006-02-03 09:11
タイトル : 無事に・・・
前回は1ヶ月生理がズレました。 まぁ、 精神的にやられていたのが原因なんだけど・・・。 & お腹がゆるんでトイレとお友達だった・・・(泣) でも、 おっさんと連絡が取れるようになったら、 ちゃんと生理が来て、 & お腹がゆるんだのも治った!!の!!!!! なぁ~んてわかりやすくて、 単純な身体なんだろう???って なるなると話していた矢先・・・、 アフォ~な友達が今、 中絶の為に入院していて、 あぁ~でもない、 ...... more
Commented by naolicu at 2006-01-15 19:00
羊水検査の詳細、初めて知りました。検査を受けるということは結果を覚悟するとイコールなのですね。万が一の場合、受け入れられるほど強い精神力が自分にあるのか疑問です。(こちらの人達は自分の現在を受け入れる能力が日本人よりも高いと思うのですが)
cazorlaさん、精神力強いと思います。
Commented by cazorla at 2006-01-16 02:28
naolicuさん ありがとうございます。 やっぱり丸高なので 可能性は考えましたね。 その場合どうするか。 子供 の存在は違う麺から物を見ることを教えてくれました。
そしてスペインでの生活は自分のことは自分で処理するしかないと言うこと しんどいことも多いですが
Commented by ネナ at 2006-01-16 04:50 x
日本で羊水検査がそんなに高いとは知りませんでした。確かにスペインは高齢出産多いですね。自分の母親くらいの年齢で初産は20代後半結構います。スペインの医療事情、賛否両論ありますがこの件はよいですね。
Commented by inariwan3 at 2006-01-16 19:41
こんばんは!はじめまして!
訪問、ありがとうございました♪
ボクにとってお二人目のスペインブロガーさんです♡
よろしくおねがいしまっす!

ちと、男にはきつい話題でしたが…orz
Commented by cazorla at 2006-01-17 00:44
ネナさん 五十で産む人もそんなに珍しくないですね。 私は日本とスペインで産んでみて お金の問題も差し引いても スペインの産科の方が好きでした。 たまたまアルカラ・デ・エナーレスが良かったのかもしれませんが あまり待たせられることもなく 一度かなりしんどいときは 直ぐに往診に来てもらいました。 
手術などでおくれがあったり そう言う問題もありますけど・・
Commented by cazorla at 2006-01-17 00:50
inariwanさん はじめまして。 素敵な写真家さんのおこしです。
いきなりきつかったですね。 懲りずにまたいらしてくださいね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-01-15 08:37 | スペイン 文化 言葉 | Trackback(1) | Comments(6)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla