「ほっ」と。キャンペーン

バダホス、ピアノ科学生生活


e0061699_20455380.jpg
息子が9月から住んでいるバダホス。
交通のコネクションがカソルラからだと複雑でなかなか行けない。

これはコンセルバトリオ(音大)そばの広場

e0061699_20252134.jpg

ここが学生量のある路地。
変な人がいっぱいいるようなところなんですが、警察署横なのでとりあえず安心。
息子、エンリケの先生はソ連時代のグルジア人。だから結構厳しい。
でも教えるのが本当に好きで突然全員呼び出してグループレッスンをしたり、個人的に呼び出してレッスンしてくれたり。
息子はお正月、ちょっと早めに戻ったらすぐに電話で呼び出され5日間毎日2時間レッスンをしてもらいました。

先生は学生にピアノを持たせる。学校にもピアノがあって、土日も使えるんですが、家にもないと弾く時間が少ない、そうで。

ピアノが弾けるところを借りなきゃいけない。
学生寮の二人用の部屋を一人で使用して、ピアノを置いてます。
だから倍、費用がかかります。
ピアノも借りてるし。

e0061699_20401842.jpg

e0061699_20410999.jpg
息子の寝室。



e0061699_20434479.jpg

もう一つ部屋があって、そこは物置状態。
ただ、広いだけの部屋。

毎日、9時間弾いてるらし。

先生からお呼び出しがあってグループレッスンがある日は、午後3時から夜11時まで。
一人の学生が『先生、疲れませんか?』と聞いたら、
『ああ、疲れた。お前らがちゃんと勉強しないから疲れた。もうやめる。でもお前らがよく勉強してたら疲れないから一晩中レッスンできるのになー。』


e0061699_20382563.jpg

学生量のパティオ。

とにかくいい子が多いです。

[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/25307227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おーやま at 2017-02-09 06:00 x
台所の買い物袋に入れたごみをみて、一人暮らし当初をリアルに思い出しました。

がらんとしてるんだよね。

でもエンリケ君にはピアノと仲間とあつっくるしい(笑)先生がいるんだね。
Commented by mimizu-clone at 2017-02-09 10:11
ひょえー!
一日9時間。
うちの子も吹奏楽部で毎日何時間も練習してたけど、それでも結局全国大会行きはかなわなかった。
名を成す人は、それだけ努力してるということなんだなあ。

僕のギターがいつまでたっても初心者なわけだ(納得)。

ところで、カソルラさんはどのくらい練習(以下略)
Commented by cazorla at 2017-02-09 16:16
おーやまさん

ゴミねー。捨てろよって(笑)それでもまだ袋に入れてるだけマシかと思った。床にポイ捨てじゃなくて。

先生は暑っ苦しい。確かに。昨日は午後8時に『レッスン』って電話があったらしい。
おまけに三日後までに暗譜って言われて、また必死に弾いてます。
Commented by cazorla at 2017-02-09 16:18
ミミズさん

みんなソンだけ弾いても、それでも名をなす人なんてほんのちょっとなんですよね。だから無駄かっていうとそんなことはないと思うけど。
私ね、始めた頃、10時間弾いてかたが痛くなってやりすぎはいけませんなーと思ったのです。歳だからさ。で、相変わらず初心者以下です。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2017-02-07 21:02 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(4)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla