「日本死ね」について書こうと思っていたことをやっと書きました。

昨年の流行語大賞か何かになった「保育園落ちた、日本死ね。」というフレーズ。
ちょっと前にこれを書いた人の文章を読みました。
赤ちゃんができた時点で、ワンランク上の新しい家に引っ越したそうで、それで、そのプランは全部、子供を保育園に預けて働いて得た収入を見込んでいたそうなんですが、
世代の違いもあるかもしれないけど、見通しがちょっと甘かったということでしょうか。

前回の記事で、マリアが生まれてちょっと貧乏で内職していたことを書いたのですが、若干貧乏は覚悟しておくべきだったのかなと。でも、私は貧乏であっても生活を素敵にするには、衣食住ではまず「住」を大事にしたいなと思い、かなり無理して、マンションを買いました。それぞれにライフスタイルがありますから、どれがベストだとは言えないし、それぞれが一番大事だと思うものにお金をかければいいと思います。

でも、とりあえず、私は家がそこそこ綺麗であることが大事だなと思っていました。昭和天皇の妹さんの写真を「暮らしの手帳」という雑誌で見たことがあります。かなり貧乏で、生活保護ギリギリくらいのという説明がきでしたが、子供達は妹さんの作ったみつゾロ絵の半ズボンのスーツを着てきちんと正座をしている写真でした。これを見たときに、思い出したのが「風と共に去りぬ」で、落ちぶれたスカーレットオハラがカーテンを使ってドレスをつくる場面です。贅沢に育った人たちは、「あるべき状態」にする技術を持っているのだなと感動しました。私は全く洋裁などしません。マリアが赤ちゃんの時、服を何枚か作ったくらいで、スーツなどとてもじゃないけれど作れない。天皇家に育った人が、作れてしまうのに。

いや、ちょっとずれてしまいましたが、貧乏でも貧乏くさくない生活ができることが大事なんだと思います。
保育園落ちて、働けなくても、ワンランク上の家に住むのは可能だと思ったから、こういうことを買いているのです。専業主婦がいるのといないのとでは、(つまり共働きかワンインカムかの場合ですが)生活費にものすごく差ができます。主婦はお金をかけなくてもガラスープなど作ってグツグツとブーケガルニがたっぷりの美味しい料理を時間をかけて作ります。主婦は、会社で働くほど、靴や衣装が必要ではないし、交際費も抑えられるし。だから、ワンインカムになってもそんなに大変じゃないのではないかなと思います。

でも、その一方で私は三鷹で保育園に落ちたために自治体を訴えた人は支持します。
四人めが生まれて、保育園に入れてもらえなかったので、自治体を起訴したニュース。日本死ねという代わりに、行動に移したのは、立派だと思います。それに四人も子供がいたら無条件に保育園に入れる、というのが普通であるというのが、私は健全だと思ってます。そうじゃないと、誰もわんさか子供を作らない。作りたくても作れない。
戦時中は子供をたくさん産むことが、国益だと言われていましたが、普段の平和な国でもやはり国益だと思います。一人の老人を支える就労者たちがいないと社会保障も全て壊れてしまう。

だらだら無意味に活気ましたが、「死ね」なんて言わないで、解決する方向に歩いていきたいなということです。



[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/25678845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-04-08 15:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cazorla at 2017-04-09 07:56
> 鍵コメさん

うん、わかります。ただね、「死ね」の人は彼女の書いたものを読むとやっぱり人生設計甘いと思ってしまったんですよ。
行政はそれぞれの状態を考えて、シングルマザー、子沢山、世話をしなくてはいけない老人の家族がいるなど、条件に基づいて保育園に入る順番とかあるといいですね。でも、今って少子化なのにやはり保育園が不足しているんですね。マリアが赤ちゃんのとき、新宿では(新宿だからかも)普通に入りたければ入れるという状態でした。韓国の人もフィリピンの人も同様に入ってた。後、自営業の人は収入が適当にごまかせるというか、必要経費をかなり多めにつけて、保育園料は無料だと。今、53,000円もするんですか?補助があって?それだと、かなり収入がある様な人でないとかなり難しいですよね。で、シングルマザーで53000円というのは、持ち家に住んでるとか色々な条件のもと?友人が20年前シングルマザーだったからやはり無料で保育園に入れていたので、シングルマザーでも色々なのかなと。それとも現在はシングルマザーでも無料にならない?20年の間に状況が変わったんでしょうか。子供は減っているはずなのに、保育園が足りないのはやはり保育園の数も減っているのでしょうね。

Commented at 2017-04-09 17:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cazorla at 2017-04-17 08:34
> 鍵コメさん

私の知人は多かったですよ、無料の人。税制度が結構テクニックさえあればスルーできるシステムなのでその辺りをきちっとやっておけば、無料も可能だとご近所さんに教えてもらいました。その方は下落合に住んでいて、自営業の人なんですが、確定申告で赤字になってるんだそうです。例えば、「給料」ではなく「謝礼」という名前でお金をもらうと必要経費はいくらでも申告できるのだそうです。必要経費が謝礼を上回ることも可能。そんなの不可能でしょ?実際に赤字だと生活が機能しない。あと、国立市はシングルマザーは無条件で無料だったそうで、私の友人は離婚と同時に国立に引っ越しました。住居費も援助されてたし。多分、貧困とかより、テクニックの問題ではないかと思う。

ただ、私が言いたいのは、この「死ね」と言った人、妊娠した時点でワンランクアップの家に引っ越したという記述があって、それは見通しが甘いと思ったのね。キャリアを積みたいのか、贅沢をしたいのかちゃんと考えるべきだと思う。これまた、友人の話で恐縮ですが、友人はキャリアを積みたいから赤ちゃんができても働きたいと考えて、保育園がダメだったので、シッターさん頼んで月20万だか、よく覚えてないけれど、自分の給料以上に払ってました。


名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2017-04-08 08:15 | 思うこと | Trackback | Comments(4)