日本の恥と言われた思い出

1990年に初めてスペイン旅行をした。
地球の歩き方が流行っていた時期。
地球の歩き方が地球の転び方と呼ばれていた頃。
HISが格安旅行券を売り出して、私もそこでアエロフロート航空で出かけた。
トイレットペーパーが分厚くてほとんどオーブンペーパーのようだった。
ソ連の飛行機。
座席の通路が狭くて、ソ連人のスチュワーデスさんが通るたびに肩を少し内側に入れなくてはならなかった。
日本人スチュワーデスと全く違う、大雑把な対応。
機内食に関しては何も覚えてない。
不思議なくらい何も記憶に残っていない。

周りには日本人がたくさんいて、どのくらい旅行するの?とかいろいろ話していた。

当時は、まだ飛行機で喫煙できていた。
どちらかといえば、喫煙者の方が禁煙者より幅を効かせていた時代だ。
禁煙席を選んだが、私の一つ前の席は喫煙席。
ほとんど禁煙席の意味がない。

旅行前に風邪をひいていた。
なんとか、熱も治り、咳も止まっていたのだが、前方から流れる煙で咳がまた出始めた。
下手をすると、咳が止まらなくなる可能性もある。

こういう時、普通はどうするのだろう?

私はスチュワーデスさんに相談した。
席を替えることが可能かどうか、とにかく酷いほど咳がで始めた。
スチュワーデスは前の席に座っているグループに話した。
彼らはスペイン人だった。

そのあと、彼らはタバコを後ろの別スペースまで行って吸うようになった。
おかげで咳も止まった。
スチュワーデスさんが、飲み物をひっきりなしに持ってきてくれる。
毛布を持ってきて、くれる。
飴を持ってきてくれる。
そうやって、やっと落ち着いたとき、周りの空気が変わっていることに気づいた。

「日本の恥だ。」
と誰かが言った。
それが私に向けて言われているのか、すぐにはわからなかった。
「非国民」と誰かが言った。
「信じられない!」ともう一人が言った。
そしていくつかのののしりの声を聞いて、それから日本人乗客たちは誰も私と口をきかなかった。

マドリッドに到着して、スペイン人たちが口々に体に気をつけて旅行するようにと言ってくれた。
タバコを吸う人も吸わない人も、みんなが口々に挨拶して、軽くハグをしてくれて、別れた。
スチュワーデスさんも、体に気をつけて、良い旅になりますようにと言ってくれた。
日本人乗客たちだけが、私を冷たい目で見ていた。

私はずっとこのことが心に引っかかったまま過ごしてきた。
もう30年近く昔のことだ。

引っかかっている。そして答えが見つからない。
夫に話してみた。

「それはね、日本人は我慢しなくてはいけないと思っている。
特に相手が欧米人だとなおさら我慢して何かをいうのはタブー。
僕はなんてたって、10年以上日本の外務省で働いてるからそういうことはよくわかる。
君は日本人なのに本当に日本人の心を理解できないね。」
そう言って夫は笑った。

我慢しないから日本人の恥?
やっぱり相変わらずわかっていません。
無駄な我慢は何の解決にもならないと言われて育ったので、やっぱりわからないまま歳をとって言ってます。
幸いなことにスペインに住んでいるので、あまり問題も起きないで誰かに怒られたりしないままに。

e0061699_06224298.jpg
写真は最近のマルタ島行きの飛行機


[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/26107191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-10-18 18:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by liebe at 2017-10-19 09:48 x
読み進めていって、何故cazorlaさんが非難されているのか全くわかりまでんでした。旦那様の言葉でやっと理解できたけど( 周りの日本人の心理がね )。私もcazorlaさんと同じ事すると思う。だから「変わってるひと」扱いされてるのかもしれないね^ ^
本当に我慢はいけないね。私、お母様の言葉、前に読んでから自分に言い聞かせてるの。
我慢してる姿なんて誰も幸せにしないと思う。我慢と嘘は同じで、最初は「 これくらいなら 」なんて思っても次々増えて最後には取り返しがつかないくらい大きな我慢や嘘に育ってしまうし、周りもにも感染すると思うの。
といっても、我慢が美徳の国。私の思い、通じないんだけどね。。。。。



Commented by cazorla at 2017-10-21 07:11
鍵コメさん

コメしにくい記事にコメントありがとうございます。
うん、私もまだよくわからない気持ちが残っています。アエロフロートだから、団体ではなく、小グルーブの人もいるけど、JTBとかそういうのではなく、自分たちで旅行計画してる人たち。で、結構隣に座ってた人なんて高校の体育の先生みたいで、爽やかな青年がそのまま30越しましたって感じの人だったんです。(その時まだ私は20代)。本当にいい人に思えたし、最初は話してたんだけど。だからなおさらわからないんです。
今もそうなのかな。今は私も結構歳いってから、同情してくれるんだろうか。

世界中歩いていてもあんまりよくわかってない人もいるし、ずっと同じところに住んで、どこにも行かなくても世界をよく把握してる人もいっぱいいますね。この時の旅行で、駅で、太宰を読んでる男の子二人見たんだけど、スペイン人のおばちゃんには愛想が良くて飴あげて話しかけたりしてるんでスペイン語が結構できるのかなと思って(当時私全くわからなかった)、電車のこと質問したら素っ気なく、ゴミみたいに扱われた。(それ以来太宰読んでる人が嫌い。これは偏見)。

うーん、よくわかんなくなってきた。私もまたまらないのでまた今度。
Commented by cazorla at 2017-10-21 07:17
liebeさん

わーい、おかえりなさい。
久しぶりです。

やっぱり変わってる人扱いなのね。私もよく日本では空気が読めない人だし、変わり者だし、浮いてることも多く、同じ言葉を使ってるのに理解し合えないという場面によく出くわしました。いきなり怒られたりね。失礼なと怒鳴られたり。まあ、たまに自分でもこれは失礼だったかと反省してますが。

そう、我慢はよくないと思う。相手に対してもね。ある時、我慢が頂点に達して怒り狂ったら相手は理解できないだろうし。少なくとも、こういうことで我慢しているっていうべき。というか、多分私のこと我慢してる人、我慢していた人っていっぱいいただろうし、黙って去って行くより、説明してほしいな。説明してくれると自分なりに考えて改善策も打てる。もし自分に難点があるなら変更もできるんだけど。
Commented at 2017-10-21 17:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cazorla at 2017-10-21 20:02
鍵コメさん

きっとこれ読んで変と思わない人の方が多数派なんでしょうね。なんでそんなこともわからないんだなんて思われたりして。
白豪主義で日本人は名誉白人になってましたよね。それちょっと勘違いしてないか?って思いました。だって名誉白人って白人が上だけど日本人はお金持っているからとりあえず名誉白人って名前だけつけてやるけど、所詮カラードだって言われてるようなもんでしょ? それってやっぱり差別じゃない?と思うんですけど。あとアフロアメリカンなんてアジア系を差別している、そういうことが頭にない日本人って多いです。中国人と一緒にして欲しくないという日本人って、差別がなんだかわかってないと思います。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2017-10-13 06:23 | 思うこと | Trackback | Comments(6)