カタルーニャ独立の真実

カタルーニャの独立問題が話題になっています。
カタルーニャがあげている利益を、怠け者のアンダルシアやなんの取り柄もないエストレマドゥーラが使っているなんて言って。独立にメリットはあるのかといえば、もちろんないに決まってます。なぜ、カタルーニャが利益があるかといえば、地理的なメリット。それはヨーロッパへの窓口担っているから、プロドゥクトがバルセロナを通って行く。そこで利益があげられる。ただ、それはスペインのカタルーニャだから。

カタルーニャが独立するにあたって、銀行がまず退いた。
バルセロナを本拠地にし、マークだってカタルーニャ出身のミロがデザインしているカイシャが退いた。
だいたい、ユーロを使わなくなったら銀行はものすごい損害を被る。
スペイン人がみんな食べてるパンのメーカー、「ビンボー」
チョコレートドリンク「コラカオ」(確かコルドバに移転)
そして、水道局がマドリッドに移転。
もちろん、移転の意味は、ライセンスを移転するだけで、現在はそれだけの話。
ただ、全ての税金がカタルーニャの外に行く。

カタルーニャの企業は市民戦争のときだってフランコを維持した。
それは、カタルーニャだけでは、メリットがないことがわかってるから。
そして、今もそういう考えは続いている。

そもそも大阪が独立したとして、メリットはあるか?
ってそれだけ考えてもわかると思う。
じゃあなぜ独立?

2017年になぜカタルーニャは独立しなくてはいけなかったのか。
なぜ、それが2017年だったのか。

それはアンドラに関係がある。

アンドラは税金がかからないから高級車はアンドーラで買うといいらしい。アンドラはそういう特殊な場所。
モナコ、スイス、ジブラルタルと同じように匿名の銀行口座が作れる。
誰にも知られず。
アンドラ公国(アンドラこうこく)、通称アンドラは、ヨーロッパ西部ピレネー山脈中にある立憲君主制国家フランススペインに挟まれたミニ国家であり、フランス大統領とスペインのウルヘル司教の2名による共同大公を元首とする。首都アンドラ・ラ・ベリャ
アンドラは税金がかからないから高級車はアンドーラで買うといいらしい。アンドラはそういう特殊な場所。
モナコ、スイス、ジブラルタルと同じように匿名の銀行口座が作れる。
誰にも知られず。
なおアンドラは、国際決済機関のクリアストリームに16の匿名口座を開いていた。
(WikipediaWikipedia)

ところがEUに意向もあり、フランスとスペインはアンドラの銀行に口座の開示を迫った。
そして来年、アンドラにある銀行は開示する。
さあ、大変、開示されたら闇のお金のルートが見えてくる。
そう思った人たちが、どうしたか。

独立。
独立したら安全圏。
アンドラの口座で開示義務があるのはフランス国籍の人とスペイン国籍の人の口座だけ。

独立運動のリーダーは自分の利益、個人の利益しか考えてなかった。
そして、今、カタルーニャはかなり困った状態になっている。
観光だって30パーセント減少、たった15日で。

独立運動は一体なんだったんだろう。

例えば、闘牛問題を見てもカタルーニャ独立運動はどこかおかしいと思える。
カタルーニャは、闘牛を禁止した。
私自身は闘牛は好きでもなんでもないけれど。
闘牛が「スペイン」の文化でカタルーニャのものではないということが一つの理由。
しかし、それは本当?

実は闘牛というのは地中海の文化。
だからもちろんフランスでも地中海地方では闘牛場がある。

今年の9月にフランスであった闘牛の一場面。
アニマリストが飛び込んできて、闘牛士を攻撃した。
そのあと、アニマリストは取り押さえられ、フランス国家が演奏され人々は歌い始める。

フランスはなんて美しい国なのだろうと思う。
もちろんたまに宗教に関してやりすぎでは?と感じることはある。
それでもフランスはしっかりと筋が通っている。
正しいということにブレがない。



ずいぶん昔、サルコジが大統領に選ばれた時に、フランス人は別にサルコジが好きじゃないけど、現実派なんだとある新聞記者が書いていた。理想主義に騙されない。
ちゃんと何がメリットか見極める。
理想主義者のことばに丸め込まれて、困った選択はしない、それがフランスなんだ。
隣の芝生かもしれないけれど。
ただ、こんな風に国歌が歌えるフランス人がちょっと羨ましい。

e0061699_08080871.jpg
などと言っていたら、息子が「僕もスペインの国歌を歌いたいんだけど、ほら、スペインの国歌って歌詞がないんだもん」とほざく。



[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/26123764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2017-10-21 13:44
なるほどね。「アラブの春」でリビアの中央銀行が巨大金融資本家の手に落ちたように、この独立騒ぎは、アンドラ公国を手に入れる為に、巨大金融資本家がけしかけたとも考えられますね。

スペイン国歌って歌詞が無いのですか? だったらカソルラさん歌詞を書いてあげて下さい。とっても好い機会じゃないですか。
Commented by cazorla at 2017-10-21 19:55
あんつぁん、アンドラ公国は常にフランスとスペイン(スペインの場合名目)が治めていて誰も手にできないんです。巨大なお金を持ってる政治家がけしかけたようですよ。

君が代ももう少しトーンが低いと歌いやすいんですけどね。(笑)
Commented by liebe at 2017-10-22 09:53 x
カタルーニャの独立、そうだったんですか。。。
国政って、一部の裕福層=資本家達の思惑で営まれているんだなって、悲しいけど そう思います。

フランス国歌、胸が熱くなる時があります。かっこいいですよ。フランス国歌=フランス革命でしょ?
"フランス革命が掲げた自由・平等・博愛の精神は、民主主義の土台となった" と言われてるもの、フランス人それは誇れますよね。

ブログね、いつも拝読してましたが、今年は熱中症で倒れたり( クルマのクーラーが灼熱の中故障してね。。。その時に )で体も頭も上手く稼働できずにいたもので 読むだけでした。食べれなくなって、5kgも痩せてフラフラでした。涼しくなって( というか雪降りそうです)元気になってきたので、またお邪魔しますね^ ^


Commented by cazorla at 2017-10-24 17:41
liebeさん

車の中にいると水分が足りなくなるの、わかります。スペインは蜃気楼も見えるくらいだし。大変だったんですね。もう大丈夫?

フランス人ってはっきりしてるでしょ? ナポレオンは皇帝になってちょっとアリリ?って感じでしたが、市民レベルでは素敵な国です。ちゃんと理想ではなく、リアリティのあるものの見方をしなくちゃダメだなと思います。なんかね、インドとかでリキシャに騙されないようにしてるくせに、オレオレ詐欺で何千万も騙されるような人が多い。インドでは騙されたっていいんです。そんなの大したことじゃないし、家で子供たちが美味しいお菓子を買ってもらえるかもしれない。でも、政治家とか資本家、詐欺師には騙されちゃダメなんです。
Commented by おーやま at 2017-10-27 00:39 x
ま そんな舞台裏が?
ちっせー男だな。リーダーさん。

また選挙でカタルーニャの議員が選ばれるってイーニゴが言っていたけど。
アンチ独立が勝つだろうと。

そう言えばフランスの地方の呼び名が変更された時
カタルーニャ地方のフランス人は強く反対していたらしい。
カタルーニャらしい呼び名じゃなくなったから。

フランスのカタルーニャ人も民族意識は強いものがある。
Commented by cazorla at 2017-11-01 17:24
おーやまさん

で、今は逃げてベルギー。
フランスだとあっという間に捕まるから。
ベルギーは、カタルーニャみたいな独立主義の政党が力持ってるからね。
でもベルギー、あんな小さい国で独立って、すごいよね。
Commented by おーやま at 2017-11-01 23:16 x
聞いた聞いた。ベルギーってそういえば数年前、オランダ語圏とフランス語圏で別れるとかどうとか
あったなあ。
今はフランス語圏から独立しようという政党が力を持っている?それともその逆?

思春期の恋愛って経験なくて。
あんなに辛いこと好んでやってるの、みんな。
まじ ボロボロになるよ....
Commented by cazorla at 2017-11-02 02:18
おーやまさん

主はフランス語圏なんだけど、オランダ圏の方の支えがないと政府が成り立たないらしい。
井上ひさしの吉里吉里人の世界だ。

私も思春期的恋愛は結構年取ってから。確かにボロボロになるけど、まあ、それも楽しかったなーって思える時が来る、、、と思う。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2017-10-21 08:09 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(8)