ワールドカップ フランス負けちゃいましたね。

基本的には サッカー詳しくないし あえて私が書くことでもないのでサッカーの事は書いたことないのですが 密かに大好きだったジダン 最後の試合と言うことで フランスを応援していたのに負けてしまったので。 プレイとしてはフランスの方が遙かによい動きだったと思います。イタリアは守り 守りで少し退屈な試合。 ワールドカップはどうしても守りにはいるから試合としてはつまらないとサッカー好きの友人は申します。 
あと十分で終わるという時にジダン レッドカードもらっちゃいました。
イタリア選手の言葉に怒って頭付き。
もう最後だし 我慢も限界さ と言う感じだったのでしょうか。
なんとなくジダン 正義の人って感じしませんか?
男の人としてみるとセクシーさに欠けるかもしれないけど で 私の好みはゲンズブールのような小汚く生活破綻者的な人が好きなんだけど(別に夫は破綻者ではないんだけど だから知り合って二年くらい全く興味なかったの・余談です。) 

ジダンの公式サイトの右側の写真 にっこり笑ってる とっても素敵です。 デモ絶対恋愛関係にならないの こういう人とは。 
ジダンの写真がたくさん見られるページもあります。

フランスのル・モンド誌 インターネットですが スペインチームはガキンチョ集団なんて書いてあったのですが フランスの新聞や雑誌はいつも意地悪な書き方をするからむっと来てしまう。 そしてそういうあんたんとこのチームはお年寄り集団ちがうの と言いたくなるのだけど それはおいといて 今回の試合も最後の方年長者の人々が ちょっと辛くなって交代したりしたけど 彼らにとっても最後の試合 決勝まで行ってよかった。
e0061699_6532859.jpg

e0061699_641371.jpg

ジダン25歳の時
e0061699_641378.jpg

ジダンも移民の子だったのですがこの奥さんも ドイツ系移民だそうです。
基本的にはフランスチーム 移民だらけですよね。
フランスの国 と言うのが移民の国だし イブ・シモン シャガール ゲンズブール みんな移民だったり移民の息子だったりします。 代々フランス人ってサルトルくらいしか思いつかないんですが・・・それは私の勉強不足。 でも 移民があまり 社会に融合してないと思います。 こんなに活躍しているにもかかわらず。 一番危険なのは アラブ系 中国系 と固まって住んでいて 公立校は地域によって ほとんどがイスラム教徒だったり 中国人だったり アフリカ系移民だったりして授業にならないと パリで教師をしていた友人が言っておりました。 その点スイスは 色んな国出身の移民とスイス人が楽しく公立校に言っているとか・・・彼女スイス人なので 自分の国のことをよく言いたいということを一応さっぴいても フランスはかなり問題抱えていそうだなということは想像できます。

今日はだらだらとお茶を飲みながら話しているような感じの文章になりました。
ちなみにジダンはスペインに永住するそうで 偶然会わないかしら どきどき。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/3786721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 村人生活 @ スペイン at 2006-07-11 08:13
タイトル : 外人として住むと言うこと 夫の場合
負けてしまったフランスの選手 ジダン(2,012点)がベスト選手に選ばれました。 二位・三位はイタリア選手Fabio Cannavaro(1,977点) Andrea Pirlo(715点)。 決勝でマテラッツィが何を言ったか? 会長が二人を呼んで質問しましたが 二人とも口をつぐんだまま。 ブラジルの専門家が 口元を何度も繰り返し見たのと 他の選手たちに質問して 彼の家族のことと 彼の両親の国であるアルジェリアについて ののしられていたことがわかりました。 汚いテロリスト野郎 イスラム野郎 ...... more
Commented by nanatea at 2006-07-10 07:57
ジダンはスペインに移住なんですね~。 私はイタリア系の友人が多いのでイタリア応援(ほぼ強制)してました。 イギリスも別の理由で移民問題が根深いかなぁと思うことあります。 偶然ジダンに会ったらレポートお待ちしてます♪ 
Commented by luna at 2006-07-10 16:42 x
cazorlaさん、こんにちは!私は日本在住なので寝ぼけながらこの決勝戦を見ていましたが...ジダンの頭突きで一気に目が覚めました。個人的にイタリアを応援していたものの、退場後に去って行く後ろ姿を見たら切なくなってしまいました。ファンも、勿論彼自身もこんな終わり方じゃ終われないんじゃないかと思って(><)

でもでも!ファンではないですが、私もスペイン旅行中にばったり会っちゃうかも~っとわくわくしちゃいます。ふふふ♪
Commented by kakuichi at 2006-07-10 20:34 x
cazorlaさん,おはようございます。
私の怠けブログに来ていただいてありがとうございました。

ジダンの頭突きは私もショックでした。

ちなみに、ヨハン・クライフもバルセロナ在住です。古っ。

Commented by seilonbenkei at 2006-07-10 22:39
サッカーに興味のない人間なのでコメントのしようがないので歌います 
♪いつか忘れていった~ そんなジダンの空箱
Commented by cazorla at 2006-07-11 01:25
nanateaさん イギリスはひとつの学校で六十以上の言語を母語にしている生徒がいると言うのを読みました。 ただ英語圏てもともと外国人に英語を教えるという点ではかなり進んでますよね。
たとえば 家ではじぶんの国の言葉で話して ベイシックな部分の言語能力を育てる と言う指導 こういう学校のフォローがきちんとしているらしい ということをお聞きしました。
でも 移民が増えすぎて困る問題もたくさんあると思います。 ほんとうはまず移民しなくてもすむ国造りができるように 各国で援助できればいいなと思います。たとえばアフリカなら潅漑設備を充実していくだけでもずいぶん違ってきますよね。 スペインでも最近移民が増えて 移民への援助が多すぎと貧民層が反発しそれが差別に結びついたりしているんです。そういう連鎖をとかなくてはと思います。
Commented by cazorla at 2006-07-11 01:27
lunaさん ファンでなくても心をとらえちゃうジダンて素敵ですよね。
Commented by cazorla at 2006-07-11 01:42
kakuichiさん うわさによるとマドリッド四十五℃とか
暑そうですね。 結構サッカー選手に限らず スペイン移住しちゃう人もおおいですよね。 
Commented by cazorla at 2006-07-11 01:45
seilonbenkeiさん ぱちぱちぱち これはどんなメロディでしょうか?
是非 実際にお聞きしたいです(笑
Commented by eaglei at 2006-07-11 06:18
僕はジダンの行為に、ショックでした。残念ですし、許されないと思いました。たとえどんな言葉を吐かれようと、暴力で応じるのはあまりにも愚か過ぎます。

世界の子ども達が見ていることを、知っているのでしょうか?
ほんと残念です。
cazorlaさんはファンなのに、こんな意見でごめんなさい。
僕の素直な印象なのです。


Commented by cazorla at 2006-07-11 06:50
eagleiさん ジダンは移民でした。 フランスで移民。 彼の人生のつらさって言うのは 想像を絶すると思うんです。 彼自身も何を言われたかは 言いません。言いたくもないのでしょう。 でも彼にとってアルジェリアと母親のことを言われたらそれはがまんできないでしょう。
彼がなぜスペインを永住の地に選んだか・・・
私は子供達にどんなことがあっても 誰かの母親の悪口は言ってはいけない とこの場面を見て 教えました。 移民の女がみんな売春をしているなんてとんでもないです。
新宿に住んでる時コロンビア人のお母さんがいました。とてもきれいな人で彼女の美しいスペイン語は知性あふれ とても素敵な人なのに 公園のお母さん達は 元売春婦だと言っていたのです。こういう人たちを私はゆるしません。
Commented by neco-z at 2006-07-12 21:23
あー、ジダンの髪がふっさふさ~!新しい魅力発見!
フランスチームで代々フランス人という人はいるのかしら?誰?
頭突きは紛れもない暴力で、それを認めるわけではないけれど、それがきっかけで言葉の暴力が発覚。いくら相手を挑発させるためのものであっても、これって問題外ではないでしょうか。ジダンはレッドカード・退場で罰を受けたのだし、もしメディアでいわれている通りの内容だったら、マテも当然罰せられるべき、とジダンびいきは思うのですが。
Commented by cazorla at 2006-07-13 08:37
neco-zさん マテさん 今は最初に始めたのはジダンだと言ってるそうですね。 デモ元々シャツ引っ張りまくってたのはあんたでしょう といいたいです。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-07-10 06:55 | スペインの新聞から | Trackback(1) | Comments(12)