つばめが巣立つと本格的な夏

これはうちの暖炉なんですが 扉付きです。 火起こしのど素人の私にも 簡単に火がおこせます。 夏の間は閉めたままにしておくと 風の強い日に 煙突から何かが落ちてくることもありません。 もちろん 煙突のふたも閉められるんですが 開けたままにしているのです。
e0061699_20191065.jpg

夏の間 扉を開けることは滅多にありません。でも今日はなんとなく火の匂いをかいだような気がしてあけたのです。 もしかしたら子供達が 火遊びをして 暖炉に火のついた紙を入れたかもしれないので。 なんとそこにつばめがいて。 びっくりして思わず叫んでしまいました。つばめって意外と大きいし それにそんなところにいたら 死体かもと思ってしまったし それに鳥はちょっと苦手。 時々うちの犬も鳥の死体を口にくわえて持ってきてくれるし・・
でも そのつばめ 生きていたのです。 煙突から落ちてすぐだったみたい。

どうして 火の匂いがするような気がしたのでしょう?つばめくんが SOSのサインを送ってたのでしょうか。もし開けていなかったら 冬になって死体を見つけるところでした。
e0061699_20241685.jpg

さっそく 飛ばしてあげました。
よろこんで飛んでいきました。 つばめって 足がすごく弱い動物で ちゃんとまともに歩けないんですよね。だから 飛べるように高いところに連れて行って 1・2の3で 飛ばしてあげる。 
わが家の屋根にはたくさんつばめの巣があるらしい。
それぞれの地域で煙突の形は決められています。
やっぱり風景の一部ですから。
カソルラの煙突はこんな形。小さな屋根が付いているのでそこの下あたりに 巣をつくってるらしい。
e0061699_2029091.jpg

たぶん 育ったつばめがうっかり落ちたのでしょう。
暑さが厳しくなると つばめは北に向かいます。
そして本格的な冬になる前にまた南下してアフリカに行き 春先にスペインに戻ってきます。
日本でもそろそろ巣立ちの季節ですね。

暑くっても ハエン地方のおじさまたちは こうやって工事をながめながらおしゃべりするのが大好きです。 アンダルシアの中でも特にハエンの特徴。 バルに行くよりどこかにもたれかかって 食事時以外は立っています。
e0061699_21195497.jpg
e0061699_212098.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/3818615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 村人生活 @ スペイン at 2006-07-17 04:39
タイトル : 暖炉の形 
つばめが巣立つと本格的な夏でうちの暖炉の写真出したら nanateaさんから「暖炉の上にテレビらしきものが見えるのですが、熱が伝わったりしないのでしょうか」というコメント頂いて 最初 どこにテレビが と思ったのですが なるほどあれをテレビだと思われた方もいるかも ともういちど ここに暖炉の写真出します。 このテレビに見えるかもしれない物 これが暖炉です。 元々大きかったのを小さいのに変えて 火を起こすところを全面的に市販の鉄製品にしました。 古い物はれんがの手工事品ですが。 その方が火起こしの素人に...... more
Commented by JUDY-THE-PIG at 2006-07-15 22:25
こんばんは。暖炉があるのですね☆うわ~、素敵。

ヨーロッパは、昔からの景観を大事にしているところに魅力を感じます。
Commented by cazorla at 2006-07-15 23:37
JUDYさん こんばんは このあたりは山の中なので皆暖炉があります。
経済的なので。 お台所も薪という方 薪オープンでパンを焼くパン屋さんも。 うちの家はもともと4倍くらいの大きさの暖炉だったのですが 小さく作り替えました。 もともと 暖炉でお料理もしていたんです。
ソーセージを直火で焼くと美味しいです。
Commented by seilonbenkei at 2006-07-15 23:40
写真のスペインの町並みを見ていると、ツバメが王子の元に帰っていきそうな、一瞬そう思いました。空を飛びながら、一軒一軒ツバメがのぞいているような。
義母が入院している病室から、ツバメが飛ぶのが見えます。きっとすぐ近くの軒先にでも巣を作っているのでしょう。でも、cazorlaさんが言われるように、そろそろ旅立ちの季節ですね。ばぁちゃんも今日退院の話が出ました。入院してから4ヶ月ですからあたりまえです。元気で退院ならいいのですがねぇ・・・。
Commented by cazorla at 2006-07-16 00:23
seilonbenkeiさん まだお元気ではないのに退院ですか?でも お家に帰りたいでしょうね。 病院生活は味気ないですから。私もかなり長い間入退院を繰り返していた時期があります。 父も病院ではかなり辛い思いをしました。 首の所の血管がつまっていて血が頭に行かない時は完全にボケ老人なのですが 血がいくと正気にもどるのです。でも看護婦さん達には24時間ボケ老人扱いですから 辛くて。 手術したら一ヶ月で退院と言われていたのに病院で亡くなりました。 人間は希望が見いだせなくなると死んでしまうのかなと思いました。 お義母様 家に帰られて家族といっしょにいて希望を持たれるといいですね。 気持ちの良い日々をすごされることが一番ですね。
Commented by マンボ at 2006-07-16 00:40 x
きっと、つばめの念力で「助けて・・」という思いが
カソルラさんに届いたんでしょうね。暖炉があるのは
冬、本当いいですね。私の家にもいつか暖炉を置くのが
希望なんですよ。セビージャの冬は湿気て冷え込む
ので・・・。本当は床も木にしたいんですけども、将来の
夢ですね。
Commented by cazorla at 2006-07-16 02:22
マンボさん 木の床は そりが激しくなるからお勧めではないと言われました。 それでも木の床にする場合は一度グリスを貼った後 その上から貼ると良いそうです。 うちはバンドッサなんですが 冷たくならないし 夏は暑くならないので好きです。 暖炉は 気分的に暖かくなりますね。
火を見ていると。 シュタイナー教育って 別に実行してるわけではないけど火と木と土と水 大事な物は一応押さえてますね。
Commented by nanatea at 2006-07-16 22:26
暖炉の上にテレビらしきものが見えるのですが、熱が伝わったりしないのでしょうか?  イギリスも暖炉ありますよー!ずいぶん形が違うんだ~と興味深く拝見しました。ちなみにうちは使用回数ゼロです(笑)
Commented by cazorla at 2006-07-16 23:26
nanateaさん テレビではなくあれが暖炉なんです。 暖炉の下に薪を入れる場所を作ってるんですよ。 これは私たちがデザインしました。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-07-15 21:20 | カソルラ | Trackback(1) | Comments(8)