「ほっ」と。キャンペーン

暖炉の形

つばめが巣立つと本格的な夏でうちの暖炉の写真出したら nanateaさんから「暖炉の上にテレビらしきものが見えるのですが、熱が伝わったりしないのでしょうか」というコメント頂いて 最初 どこにテレビが と思ったのですが なるほどあれをテレビだと思われた方もいるかも ともういちど ここに暖炉の写真出します。 このテレビに見えるかもしれない物 これが暖炉です。
元々大きかったのを小さいのに変えて 火を起こすところを全面的に市販の鉄製品にしました。 古い物はれんがの手工事品ですが。 その方が火起こしの素人にはラクです。
ガラスの扉があるとその下の空気穴を開けたり閉めたりして ふいごのように使って火を調節できます。 で その下の nanateaさんが暖炉だと思ったのは 薪を置くために作ったところです。
 



これをご覧になって これがスペインの典型的な暖炉と思われた方もいらっしゃるかも と思い 色んな暖炉アップしました。
e0061699_1142324.jpg

e0061699_1143294.jpg
e0061699_1143198.jpg

e0061699_1144930.jpg

この暖炉は鉄で風情に欠けるのですが下の図のように 暖房機に暖かい空気を送って ほかの部屋を暖め そして 水を温め シャワーにするという画期的に省エネタイプなんです。
e0061699_11443275.jpg
e0061699_1144488.jpg

そしてこんな現代的デザインの暖炉もあります。
次回は 友人宅の暖炉レポートもしてみたいと思いますが 暑いので 冬になってから。
今日の記事だけでも暑かったですね。
でも 中にはニュージーランドで どんな暖炉にしようかな と考えてくださってる方もいるかもしれないですね。

でも 事実を伝えるのは難しいですね。
うちの家を見ても典型的スペインの生活を見ることはできないし 私が間違って解釈して嘘を伝えることもあるし 間違ってないけど 間違って解釈されたり。

ずいぶん昔2年間スペインに住んでいた友人が突然夫に 「スペイン人って犬の肉 食べますね!」と自信たっぷりに言うので 「いや 僕の知る限りでは普通には食べてないよ」と答えると 「だってスーパーで普通に犬の肉 カルネ・デ・ペロ 売ってましたよ」 「いやーーそれはね 犬に食べさせるための肉だよ。 闘牛なんかで死んだり 年取った乳牛とか 固くて食べられない肉をやすく 犬用に売っているんだ。」
「えっ どどどうしよーーーーー 友達みーーーーーんなにスペイン人は犬肉食べるって言っちゃいましたよ。」

これはセイロンベンケイさんの 象をさわる のTBとして書いたのですが でもTBとして セイロンベンケイさんの文章の深みに対してバランスが取れないのにTBしては失礼だと 後で思い 下の文章を続けたのですが 長いだけで深みに欠けます

人間には感情がある。 事実を見る時に時としてセンチメンタルな感情をかぶせながら見てしまう。 だから反対に言えばセンチメンタルな部分を必要以上に揺さぶるものを信じないようにしている。 ETAというグループがある。 バスクのナショナリストのグループでテロ行為を繰り返している。 そのETAの元メンバーが 過ぎ去りし日々のことを書いている。 メランコリーとナショナリズム。 これは 三島由紀夫の「田園の憂鬱」を思い出させる。 メランコリックな感情は その切なさ故に 自己の正当性を思考することなしに受諾する。 
9.11のあと テレビでは イスラム教徒を扱った番組が多かった。その多くは たとえば不義密通をした女性を穴の中にすわらせ みんなで石をなげつけるというものだった。 頭を白い布で覆った女性が 最後には倒れる。 その同じ映像を何度も何度も繰り返すのだ。
それは映像だから 事実かもしれない。しかし切り抜かれた事実は イスラムに対する嫌悪を増大するために 利用されているだけだ。 イスラム教徒の女性を助けてあげなければならない。その言葉にこめられた優越感が私はどうしても好きになれない。 助けようとする前に彼女たちに近づくべきだと思う。 理解しなければならない。 しなければならないのは 「頭に布を置くのは間違いだから それをはずして 改宗しなさい。」ということではない。 もう少し乾いた感情が必要だと思う。 
子供が百円硬貨を飲み込んだ。顔がドンドン青くなっていく。そのときに「かわいそうに」と思うだけでは死ぬだけだ。 足をつかみ逆さにして 背中を叩く。 ある公園て゛しりあったママさんが言った。彼女はおろおろしているだけ でも彼女の姉がいきなり足をつかみ逆さにした。子供は助かった。にもかかわらず彼女は姉のことを怒っている。 大事な息子の足をつかんで逆さにしたからだ。 
なぜ日本は 敗戦の後 急成長したのか。 国民が優秀だったから? 石油がなく搾取するモノは何もなかったから アジアの入り口としての位置的なものにアメリカの興味があったからだ。今 インドが急成長している。 アメリカの天敵中国とのアジアの中でのバランスを取っていくのはインドだから。
スペインにはアルメリアという砂漠地帯がある。 昔はスペインで一番貧しい地域だった。 ほとんどの人が移民したり出稼ぎをした。今 潅漑設備とビニールハウスで 収穫が増えた。 今まで 何も栽培したことのない土地なので 豊かだ。冬に売られている野菜類のほとんどが アルメリア産。 今では 反対にビニールハウスで働く移民がやってくるほどだ。
アフリカにも潅漑設備が入ったらどれだけかわっていくだろう。
しかし 経済成長を誰も実は望んでいない。 この地球は 全ての人間が アメリカの中流以上の生活ができるようにはなっていない。 ナイキの工場で働く小さな貧しい手が必要だし わがままな日本の子供達が美味しく魚を食べるために骨を抜く作業をする中国人の手が必要だからだ。 
エチオピアに行った友人が言う。 貧しいと言われているエチオピアには貧乏な人がいない。 これは例えば 私の住んでいるハエンでも言える。ハエンは貧しい地域だ。工業もないし観光も特に盛んなわけではない。 しかしここにも貧しい人はいない。 オリーブを持ち 豚を持ち ほしいモノはそこそこ変える生活をしている。
矛盾してるが これは真実だ。
真実は見つめなければならない。 覚悟が必要だ。
もしも地球全体が今より貧しくなったら そこには貧乏な人はいなくなる。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/3827185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from コジマ電気 電気のことな.. at 2006-07-20 21:18
タイトル : 省エネ家電をかしこく選ぶ
家電を新しく買ったり、買い換えたりするとき、安さだけで選んでいませんか? 安くても、長く使うことを考えると、省エネ性能の高い製品のほうが断然おトクです!... more
Commented by nanatea at 2006-07-17 11:49 x
申し訳ないです~。 わざわざエントリーにあげていただいてグラシアス!です。 ほんとなんであれをテレビだと思ったのか・・・自分でもよくわからないのですが思い込んでました(TT)
Commented by cazorla at 2006-07-17 11:54
nanateaさん いえいえこちらこそグラシアス!です
私自身の思いこみも激しいので 説明不足だったと思います。
住んでる場所で目にしてるものが基準になるのて゛ 当然 同じ写真でも違うように見てるのですね。 そう言う風に見えることもあるのかと新鮮な驚きでした。
Commented at 2006-07-17 12:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by transitroom at 2006-07-17 14:10
なるほど! たしかに暖炉のない生活を送っている僕らには
暖炉なんだかテレビなんだか判らないかも?(^◇^)

暖炉のある生活...って憧れちゃいますけど、
”薪”はホームセンターとかで調達しているんですかねぇ(?_?)

それにしても暖炉シャワー...熱湯が出てきそう...(@_@;
Commented by seilonbenkei at 2006-07-17 17:47
例えば日本はアジアに対して「いろいろしてあげた」と考えてる人は多いようです。しかし当時の日本にと手それは日本に必要なものであって、それを経済援助のように考えるのは間違いでしょう。ましてや日本がそれをしてあげなければその国は何もできなかったなどと考えるのは相手国に対する侮辱だと思います。
アメリカもまた日本と同じで、なかなかその大国意識から脱却できないようですね。北朝鮮の言う「インドには何も言わないくせに」は子どもの理屈ですが、しかし心情的にはとても理解できます。、、、っていうか、これで記事書けちゃうなぁ(笑)
Commented by peque-es at 2006-07-17 22:34
私マドリッドで最後の9年間、1寝室しかないのに暖炉の付いてる apartamento に住んでたんです。集中暖房だったので「要らない」んですが、でも季節の合間などに時々火をいれました。その写真(デジタルではない)を引っ張り出してTBしようかと思ったんだけど、記事の後半を読むと大変深いことが書かれていて…
先日の記事のコメントにもありましたが、誤解のきっかけってほんとに些細な事ですね。ちょっとした文法解釈の間違いとか…でもその誤解を、「自分は誤解してない」という思い込みが更に大きくしてしまう。自分の国はヨソの国よりも豊かだと思い込み、進んでいると思い込み、だから助けてあげてるんだと思い込む。違う視点で見て考えるということが、いかに難しいか、その難しさにも気が付いてない人もいっぱいいる…んー、ちょっと暖炉でTBはやめときます?(笑)
Commented by cazorla at 2006-07-18 08:09
鍵コメ様 立ち寄ってくださってありがとうございました。
どうぞ ゆっくりとお休みになって お大事になさってください。 またお話しをお聞きできる日を楽しみにしています。
Commented by cazorla at 2006-07-18 08:12
transitroomさん うちの場合は山に行って拾ってますが 日本だと山を持っている方に頼んで 切らせて頂いてる方も多いようです。たまには山も木を少し切った方が良いらしいので。 先日読んだ記事によると日本の山は200%の植樹状況で少し切って 日本古来の家を造った方が良いと書いてました。 最近日本の木材 輸入が多いですモノね。
Commented by cazorla at 2006-07-18 08:15
selonbenkeiさん 私も心情的には理解できます(笑
インドは明らかに核持参なのに そのままですね。 イラクは持っていなかったのに・・  でもアメリカの60%の人が イラクは持っていたと信じてる層ですが・・・
Commented by cazorla at 2006-07-18 08:19
pequeさん でも暖炉の写真は見たいです。 マドリッドのどのあたりに住んでいたのですか。 アパルトメントで暖炉つきというのは魅力的ですね。 おまけにマドリッドですから。 こちらは台所も薪というお家も結構あります。 すてき と言う感じで暖炉なのではなくけち というだけなのですが・・・
以前 プログをやっている方が遊びに来て 私が案内したのですがそのあとブログを見たら説明したことと全然違ってて ほんとうに説明するってむずかしいです。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-07-17 11:46 | お家の中 | Trackback(1) | Comments(10)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla