リナ・レッホス 

午後8時 カソルラ山脈のリナ・レッホスでピクニック。
一番涼しく気持ちの良い時間。
e0061699_71276.jpg
e0061699_714415.jpg

いつもトミージョ(タイム)が咲いているところにこういう花がたくさん咲いてました。
そして トミージョはほかの所に移動していた。

そして夜になって カソルラの村の夜景がよく見える見晴台に行ったら 急に車が動かなくなった。 バッテリーが切れてしまったらしい。 歩いて帰るとして何㎞あるのだろう・・と少し心細くなっていた時たまたま通りがかった人にバッテリーを繋げてもらって 何とかうごかして帰ってきました。 なんだかいつも 誰かに助けてもらってる。 
偶然が多すぎると批判される映画があるけど そう言う意味では わたしの生活もリアリティの
ない映画のようだ。 心からねがうときっと叶うと信じてるから。 でも 宝くじはあたりません。

でも世の中の人って 誰かのために 全然得にならなくても 働いている。
人間って だれかに喜んでもらうのが嬉しいんだよね。
いいことしたあとは気持ちいいもの。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/3935700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 三つのドングリ at 2006-08-05 07:22
タイトル : 写真嫌い
長女が最近気が向いた時しか写真を撮らせない。 十才と七ヶ月 微妙な時なのかしら。 わたしがふにゃふにゃの筋肉のない女の子だったから ガンガン鍛えて キン肉マンにしてしまった。 病気がちの人生なんてつまらな... more
Commented by gyuopera at 2006-08-05 15:54
人の幸せって、自分がどのくらい、ほかの人に何かしてあげられるか、と言うことかな、って思います。ここの人の本当に親切なのにはびっくりするくらいですね。一般の日本人はそこまでできないかも、と思うこともよくあります。
このとげとげの花、エリンギウム・ギガン手ウム、よく山に咲いてますね。きれいだけれど、ちょっと採っては来れないですね。tomillo(タイム)は採ってきてお料理に使ったりするけれど、春の花だから今はもう無いかもしれませんね。
Commented by cazorla at 2006-08-05 16:24 x
gyuさん 本当に親切ですよね。 やはり信仰なのでしょうか。
gyuさん 良くお名前ご存知ですね。 今年は乾燥しているからこの花が増えているのでしょうか。 この花固くて 踏むとすごくいたいんですよね。 ここは昨年はトミージョがたくさん咲いていたのです。 カソルラはトミージョ秋まで咲いていますよ。 トミージョ 外の所に移動していました。 ラベンダーは もっと高いところに行くと咲いています。 山なので春の時期が長いようですね。
Commented by anna1127 at 2006-08-05 17:15
素敵なところでピクニックされたんですね。うらやましいです。
でも人生ってうまくできてる気がします。
絶対になんらかの形で出口がありますものね。
そういう意味で、私の生活だってリアリティにかけてます。
ただ、宝くじにはcazorlaさんと同じであたりません(笑)
Commented by cazorla at 2006-08-06 02:28
annaさん ここはいつも来る所なんです。
松の木の多いスペインの山の中で雑木林のあるところで秋になると色も変わりますよ。
Commented by eaglei at 2006-08-06 07:58
同感です。誰かに喜んでもらうって、本当に気持ち良いですね~!
gyuoperaさんが言うように、そこにこそ自分の幸せがあると思えるほどです。
そうなのでしょう!

車のバッテリーは2年経てば、交換しています。
どんな使い方をしても、容量が半分ぐらいに落ちますから。
大阪に来るまでは、自動車用バッテリーの事業部にいたんですよ。
Commented by cazorla at 2006-08-06 08:39
eagleiさん こんにちは
機械に詳しいんでしょうね。 私たちは基本的に車初級者で 全く考えておりませんでした。 でも もし山にいる時に起きたら・・と思うとぞっとします。 
Commented by neco-z at 2006-08-07 05:48
人生って偶然で出来上がっていくみたいだし、偶然なんてないみたいだし。いつも軽い、突然の思いつきでもって何かを始めて、今です。
なんで私、スペインにいるのかしらってよく思う(笑)。ぜーんぜん興味なかったのに。ころころ転がってたらたどり着いた...みたいなかんじです。
Commented by cazorla at 2006-08-07 08:59
neco-zさんは 絶対運命を呪ったりしないタイプですね。
こんな感じかなーって なんでも受け入れて たぶん想像では華奢なからだで でもしっかり 受け入れて それでも時々想像の世界にいる そんな感じをいつも想像してます。
Commented by neco-z at 2006-08-07 20:36
残念ながら、ご想像とはまったくちがいまして...(爆)
運命、人並みに(という基準はどこに?)呪いますよ~。そんな自分がイヤで、たいがいのことは受け入れようと意識的に自分を洗脳しているんですけど、難しいこともいっぱいです。
そーれーにー、華奢なからだではございません~(涙)。たしかに10年前は華奢でしたが、現在は最高体重記録を日々更新しているようなありさまです。日本を離れて10キロ増えましたから(号泣)
あまりにもすてきに想像していただいたのですが、現実とのギャップに恥ずかしくなってしまいましたので、再度のコメントです~。
Commented by cazorla at 2006-08-08 12:57
neco-zさん スペインに住んでると十キロくらいは軽く増えちゃいますね。  いつか お会いできるといいですね。 マドリッドに住んでた時はハーフのお友達がいたんですが 今は 全然いないので。 もう少し大きくなったら 海と山 いっしょにキャンプに参加できると良いですね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-08-05 07:09 | カソルラ | Trackback(1) | Comments(10)