スペインの仏壇のまわり

e0061699_3131654.jpg


先日紹介したウベダのティトのお店で買った燭台。
仏教の場にもよく合います。
母のお部屋の仏壇コーナーです。
ちーん とするもの すみません これの名前知りません。
非国民と呼んでください。
これはもちろん 日本から持ってきた物ですが
スペインにも売っています。
たぶん 飾りとして売ってるのだと思いますが。
たまに ちーんちんちんちちちーーーん とか叩いたりするのでしょうか。

Tangaroa http://www.tangaroalibros.com/では 毎日香も売っています。 マドリッドで 広告を見たこともあります。 日本香堂 がんばってますね。
e0061699_3265637.jpg

4.5ユーロでした。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4044757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakanokeiichi at 2006-08-25 05:27
お輪です。
Commented by rudy-love-111 at 2006-08-25 06:23
私も知りませんでしたよ、チーンてするの。
お輪て言うのですか。ありがとうございます一つ勉強になりました。

このお線香私もみましたよ。
シッチェスのアジアン雑貨ショップに置いてありました!
お香も一緒に。
スペインは今アジアンブームですよね。
インテリア雑貨も食器関係も、、、、
だって、お茶碗とお箸セットがどこでも買えますよ。。。。。
アメリカに居たころはジャパンタウンに行かないと無かったのに。。。。
Commented at 2006-08-25 09:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nena at 2006-08-25 15:33 x
スペインにもお仏壇セットもってきたんですね。さすがお母様!
スペインでお線香はこれはきっとお香として使うんですよね・・・。私お線香のにおいとか蚊取り線香の匂いとか好きなんです。でもいくらなんでもスペインで仏壇ないのにお線香を焚く気にはならないけど、日本人なので・・・
Commented by obreykov at 2006-08-25 15:41
お輪というのですか、私も知りませんでした。私は仏様の鐘といっておりました。
ずーと前、私の夫がオークションで見つけてきてどこかのアジアの国の大理石でできたかなり大きな仏様を私の誕生日にくれました。
今では、その仏様、十字架のペンダントとイスラム教の人たちの持っているお数珠のようなものと火の用心と書いた袋のようなものを下げていて、それこそ全ての宗教を代表している感じになっております。
こんなこと書くと宗教戦争をしているような国の人に殺されてしまいそうですが、うちでは、どんな宗教も結局は神様に続く道だからと、考えて、何かあると全ての神様に神頼みです。。。

スウェーデンのオークションは結構世界中で密かに目にとめられているようで、随分前には夫と父がとっても大きな鐘、お輪でしたっけ、を見つけて父が日本へ持って帰るとお寺の和尚さんがすばらしいと感激していらしたそうです。
そのため、実家で使っていた普通サイズのお輪を私が頂いて、我家の大きな仏様の前においてあります。
Commented by seilonbenkei at 2006-08-25 18:20
大きなやつだったら「ちーん」というより「くわーん」ですね。一休さんやな(笑)
四国八十八カ所参りをした時に、遍路用品で持鈴(じれい)というのがありました。ハンドベルみたいな形をしていて、これは「ちーん」でした。
Commented by kaoru at 2006-08-25 19:21 x
ティトさんの作った燭台、日本のよりいいですね(笑)風合いがナチュラルで仏様も心地いいかも知れませんね。ちなみに夫の実家でチーンとやる時は一回ですよ。私も非国民。名前知りません!
Commented by cazorla at 2006-08-25 23:01
なかのさん ありがとうございます。
Commented by cazorla at 2006-08-25 23:04
るでぃさん 五年前までお箸は高級なお店に置いてあったのに最近は安いお店でも売ってますね。 モロッコ人のお店で安く買えるみたいです。
アジアというか日本ブームでもあるようで 日本の特集記事をよく見ますね。
Commented by cazorla at 2006-08-25 23:04
かぎこめさん 了解しました。
Commented by cazorla at 2006-08-25 23:06
ネナさん 蚊取り線香の匂いっていいですよね。特に 縁側なんかで匂うと。 密封した石の家では あうかどうかわかりませんが。 蚊取り線香のコマーシャルも結構好きだったりします。
Commented by cazorla at 2006-08-25 23:08
obreykovさん なぜスエーデン?なんでしょうね。 趣味人が多いということでしょうか。 すぺての宗教をかかえた仏陀様 いいですね。 やはり抱えるのは仏陀でキリストさんでは合わない気がします。 仏教ってなんでも受け入れ態勢みたいなのがあるような。 ラダイ・ラマもきっとそれを見てほほえむと思います。
Commented by cazorla at 2006-08-25 23:11
セイロンベンケイさん 持鈴って言うんですね。 お遍路さんの旅は一度してみたかったんですよ。日本に置いてきた宿題はお遍路さんです。 身体を鍛えておいて 子供達が大きくなったら行ってみたいと思います。
Commented by cazorla at 2006-08-25 23:14
かえるさん 部屋全体とも 結構あうんですよ。 別に変な感じでもないです。 確かに自然素材のものは もっと仏教的だったりするかもしれません。 仏様用のお皿も少しずつそろえていきたいそうです。

ちーんとならす回数ってちゃんと意味があるそうですね。
母にも軽くちーん一回でよいのだと言われました。
全く非国民です。 
Commented by gyuopera at 2006-08-26 00:55
スペイン人の家でも、大きな家は自分のcapillaを持っていますね。私の家は仏壇や神棚は無いけれど、位牌と木彫りの仏様を置いてあります。でも鐘は無いな...直径20センチくらいの大き目のだったら、ナチュラル志向のお店にもありますね。
毎日香は、ハーブを売っているお店矢、お香を売っているところにおいてあるのを時々見ます。こちらの人は、お香として使うのでしょうね。お香はよく使っています。
Commented by cazorla at 2006-08-26 06:48
gyuさん 日本と同じで保守的な大きな家は持っているのでしょうね。
母もお香もお線香もミックスでその時の気分で使ってます。
なかなか スペイン生活を満喫しているようです。
Commented by りろ at 2006-08-26 13:02 x
おりん、って、アメリカあたりではチベッタン・ベル、と呼ばれるものとそっくりです。チベッタン・ベルは、お経を唱えるようなメロディを、コトバなしで、倍音でうなる(?)ようにしながら即興で歌って瞑想する時に、チ〜ンと合いの手を入れるように叩いたりするようです。ホーメイとかホーミーとかの歌唱法で瞑想するわけですね。それで、欧米でもおりんを売っているんじゃないでしょうか。叩いた時にいい倍音が鳴るチベッタン・ベルほど、いいそうです。
Commented by りろ at 2006-08-26 20:10 x
あ、失礼、間違いました。チベッタン・ベルは別物でした!
おりんのことは、シンギング・ボウルっていいます!
そして、倍音で歌う時の合いの手に使うだけじゃなくて、空間の浄化のためにチ〜ンと鳴らすためにも使うそうです。
Commented by cazorla at 2006-08-27 08:05
りろさん どうもありがとう。 シンキング・ボウルって言うんですね。
アメリカで絶賛チベット・チャントというCDをかったことがあります。
アメリカの人って こういうのリラックスするために聞いているんでしょうか。日本人が宗教に関係なく ゴスペルっていいな と思うみたいに。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-08-25 03:28 | アンダルシア | Trackback | Comments(19)