「ほっ」と。キャンペーン

王子様 イスラエルが悪いの? 教えて。

最近 テレビを見ても新聞を見ても イスラエルの問題。
泣いてる子供の写真とか 読んでるほうは 誰が悪いの いい加減にどうの と言う話をしたり そして 少しずつ飽きてきて あまり話さなくなったり。
でも 誰も 歴史の昔 むかしの話はしない。
第一次世界大戦 オスマントルコの勢力が強かった時 イギリスは アラブとユダヤ 両方に助けを求めた。 がんばって オスマントルコをやっつけよう。 オスマントルコを負かしたら 君たちに国をあげよう。 イギリスは 永遠に自分たちが全てを支配する予定だったから 約束はだれにでもした。 
当然 あの土地は アラブのものだと思っている。
ユダヤは やっぱり自分たちの当然の権利だと思っている。

歴史はモラルで語られるべきではない。
原因と結果の絡み合いを科学として見るべきだ。

ねえ ヘンリー王子 今はおっぱいを触っている時ではありません。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4081777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eaglei at 2006-09-01 05:57
テレビアンテナがなくても、テレビはあるのですか?

日本のマスメディアは、レバノンの報道があまりに少ないです。
まるで自国のことにしか関心がないかのようです。
いつからこんなことになったのか、不思議です。

停戦前に打ち込んだイスラエルの不発弾、10万発以上もあるとか?
地雷のような役割をして、停戦後の復興を邪魔しているようです。
このような報道がちらっとあるだけです。
日本のマスコミの貧困さを嘆きます。

Commented by cazorla at 2006-09-01 06:41
eagleiさん 家にはないのですが よその家にあるのです。
ニュースはたまーに見ます。 イスラム系のニュースとか 気分が悪くなるのであまり見ないようにしています。 
たくさん ニュースがあっても 政治家の広告塔に利用されていたら意味がないし。イスラムの人の家に行くと アラブ放送がアラブの立場でほうそうされているし 色んなニュースをネットで見るのが一番正確かなとも思います。
Commented by seilonbenkei at 2006-09-01 07:18
外国にいると、戦争の見え方が日本とはちがうのでしょうね。戦争をしている国と、物理的な距離だけでも違うし。
スペインもかつては大国でした。その時代の人達にとって、世界はどう見えていたのでしょうね、そしてその時代に大国に住む異邦人の目には、その戦争がどう映っていたのでしょうね。そんなことを考えさせられます。
Commented by seilonbenkei at 2006-09-01 07:21
一冊の本を買うのに書店に4回通う。読む前からすでに熟考しているから、一冊の本から人の何倍ものものを引き出すのでしょうね。本を読むことを字を目で追うことと勘違いしている人も多いですが、読書の原点を見せてもらったように思います。
立ち読みしてるとはたきをかけられるような小さな本屋が少なくなったなぁと思うこの頃です。
Commented by antsuan at 2006-09-01 11:18
大英帝国の三枚舌が中東を混乱させているのです。それに気が付いている日本人は本当に少ない。日英同盟を止めてからの大英帝国はおかしくなり、没落の道を歩み始めたのですが、過去の栄光ばかり目をやって反省していないのですね。
Commented by ジャイママ at 2006-09-01 12:28 x
憎しみの連鎖をどこかで止めないと、いつまでもいつまでも未来永劫続く事になる。イスラエル人にとっても平和に住む場所は必要だし、ガザの人にとってもそう。皆が旨く幸せに暮らせるように『妥協点』を見つけられないのでしょうか?自己主張ばかりでは、決して問題は解決しませんよね。

なんて、久美子さんの文章を読みながら思ってたら、最後の文章でお茶吹いちゃいました^^; オチが最高です(笑)
Commented by nanatea at 2006-09-02 03:34
昨日イギリスでは、ナブルス(パレスチナ自治区)の28歳の青年が、自爆テロをテロ組織に強要され、それを逃れるためにイギリス大使館に駆け込んで「政治難民」を申請するも断られたためにイスラエルの刑務所に入ることによって一時的に身を守るっているという報道でもちきりでした。(こちらのニュースでは実名が出ていましたから身元は割れています。) おそらく彼はナブルスに帰れば裁判もなくとおりに引きずり出されて覆面をした人たちに殺され通りを引きずり回されて見せしめにされるでしょう。  そのことを考えたら悲しくなりました。
Commented by cazorla at 2006-09-02 07:27
セイロンベンケイさん こんな田舎でも結構色んな国の人が住んでいるので それぞれの考え方を聞くことができますが 同時に 色んな情報が自国語でないので 混乱してしまいます。 でもどうやら混乱しているのは私だけではないらしい。 善悪でものを見るのが普通になっている今の時代は イラクでアラブが悪だったのに 今回はいったい どっちが悪なんだ と 混乱しているようです。 
スペインも長い歴史の中でイスラム教徒と戦ってきました。 その歴史の中ではイスラムは悪になるけど イスラムにとっては キリスト教徒が悪です。 コルドバのあの美しいメスキータに キリスト像を置くなんてもってのほか と思っているに違いありません。

スペインも大国でした。 そのあとに新しい国が入ってきたのですが あとから来た国からするとスペインはいつも悪者ですね。 ポカ・ホンタスの中のあの悪者 いかにもスペイン人ですね(笑) イギリスやアメリカの歴史とスペインの歴史と両方から見ていくときっと真実に近い物が見えてくるのかもしれません。

Commented by cazorla at 2006-09-02 07:27
続き 本の選び方 師にほめていただいたようで うれしいです。
本を選んでいる時って実は結構しあわせです。 
選ぶことがすでに哲学である とたぶん毛沢東のことばだったのでしょうか。 だれのことばかわすれたのですが 選ぶときが大事なのだと 思って 子供が選んでいる時はなるたけ口を挟まないようにしています。 たまに 好きだった本を読んでほしくて買ってやったりしますが。 本を選んで新しい本の匂いにうっとりする楽しさを知ってほしいなと。 私も本を選ぶ時(滅多に買えないのでなおさら) ほんとうにしあわせなので。
Commented by cazorla at 2006-09-02 07:32
あんつぁん nanateaさんのコメントによると 自爆テロをやめて英国大使館に難民申請して断られた青年がいるそうです。 こういう人に援助してこそテロがなくなるのではないかと思うのですが・・・ やめて逃げるのも勇気だと思います。 結局 イスラエルのことにしろ イスラム圏のことにしろ イギリスだけでなく 西欧の国や日本ではよそのことでしかないのです。 
Commented by cazorla at 2006-09-02 07:35
ジャイママさん 歴史の原点にもどって イギリスも含めて どこかで妥協点にたどりつけなくては。 イギリスにもすこし 真剣に仲間入りしてほしいです。 イギリスの話題って最近 あの系列と べ夫人のこととか・・・だけだし。
Commented by cazorla at 2006-09-02 07:40
ななさん ちょっとふざけた書き方しましたが なんというか あのあたりの国っていつも戦争ばっかり・・みたいな感じ方で 全然関係ないことみたいですが 日本だって第一次世界大戦 参加してきたわけだし・・
やっぱりあの時代からみんなの問題だったはずですね。
自爆テロの方の記事 まだ読んでませんでした。 実名まで出ているのですか。 ・・・ほんとうにことばがでません。 日本でもカミカゼから逃げて和歌山の田舎に隠れた人たちがいますが それも 勇気だと思うのです。 なんとかして助けられないのでしょうか。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-09-01 02:21 | Trackback | Comments(12)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla