母の年金生活

母は来年四月に出来上がるマンションに引っ越しますがそれまでは賃貸のマンションに住んでます。 スペインは 一般的に賃貸を探すのが難しいのですが カソルラは特に 物件が少ないです。 ほとんどの人が持ち家で またカソルラは避暑地ということで 1日貸しのところが多いからです。 夏はずっと貸して その他の季節は自分たちで使ったり しばらくそうやって売ったり。 ですから 賃貸の所を探すのは大変でした。 私はちょっと古めの風情のあるところ すごくスペインらしい家 暖炉のあるところ みたいなのが 良いのではないかと思ったのですが 夫が古い家は どんな問題を持っているかわからないし 自分の持ち物でなかったら 修理したりするのが少し複雑になるので新しい方がいい ということで新築のところを借りました。 木の窓も 慣れてないと開け閉めが大変かもしれません。

ここが母の借りている家具付きのマンション。
メゾネットタイプ 二階2寝室 バスルーム 一階 居間 台所 トイレ + ガレージ トランクルーム トランクルームにとりあえず 日本から持ってきた物を収納しています。
ちょっと家具がチープなんですが 子供達が遊びに行くのであまり良い家具の所はかえってこまります。

e0061699_340485.jpg
e0061699_3404935.jpg
e0061699_341773.jpg
e0061699_3412158.jpg
e0061699_3413519.jpg

生活費は 母一人での生活 孫のおやつ代込み 帰国費用等のための貯金別でだいたい12万くらいだと思います。 まだ 住み始めて 色々買ったりしているので はっきりした数字は出てきませんが。

スペインは持ち家が多いと書きましたが これは フランコの政策の結果です。
共産主義にならないように プロテクシオン・オフィシアルという 公団住宅のようなピソ(マンション)を沢山作ったのです。  フランコは独裁者でしたし フランコの時代より今の方が遙かに雰囲気はいいのですが 独裁者とはいえ したこと全てが「悪」だったわけではありません。
スペインでは6人に一人の割合でセカンドハウスを所持してます。
これはヨーロッパの中では 高い比率です。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4133987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 旅行情報 Gメン at 2006-09-22 18:10
タイトル : トランクケース
トランクケース.絶対便利なキャリーバッグ!なつバカンス御用達!トラッド感のあるデニム素材がおしゃれなボストンバッグ... more
Tracked from 新築 マンション at 2006-09-23 11:04
タイトル : 新築マンション 納得のファーストステップ
新築マンション購入の流れを押える 頭金もたまったし、いよいよ具体的に新築マンション探しを!というときに、いきなり新聞の折込広告で見つけた新築マンションのモデルルームに行く前に。ちょっとお待ちください・・・... more
Tracked from 不動産・マンション・アパ.. at 2006-10-02 19:20
タイトル : 不動産・マンション・アパート・住宅の賃貸・仲介業の完全オ..
不動産・マンション・アパート・住宅の賃貸・仲介業の完全オススメ情報... more
Tracked from us identity .. at 2013-03-06 10:01
タイトル : us identity people search
母の年金生活 : 村人生活@ スペイン... more
Tracked from cell phone l.. at 2013-03-10 03:49
タイトル : cell phone lookup
母の年金生活 : 村人生活@ スペイン... more
Tracked from reverse cell.. at 2013-03-10 19:24
タイトル : reverse cell phone lookup
母の年金生活 : 村人生活@ スペイン... more
Tracked from reverse phon.. at 2013-03-10 21:17
タイトル : reverse phone number search uk
母の年金生活 : 村人生活@ スペイン... more
Commented by miki3998 at 2006-09-11 05:20
おはようございます。北鎌倉は朝から雷が鳴っています。不気味な赤い空、今にも雨が降ってきそうですよ~。

 おかあさま、素敵ですね~。日本人離れしたお顔立ち、これなら市場でも堂堂とお買い物なさっていそうです。(笑)
 うちの両親も年金暮らしですが、いま二人で賃貸マンションで暮らすとなると、やっていけないと思います。田舎でもう持ち家なのと、物価が安いのとで、なんとか孫にも小遣いをあげられるのだとか・・・。日本での住宅費は他国に比べて本当に高いんですよね。
 老後は主人と暮らしてゆけるかしら・・・もうすぐそこまでやってきている現実です。
Commented by eaglei at 2006-09-11 06:13
広くていいですね~。
日本の住環境は、コストが高くて豊かでありません。
電気製品とか車だけ生産性が良くて、ほかはコスト高です。
だから世界の中で生産性が90位ぐらいのお粗末な社会になっています。
海外のお住まいを知るとつくづく感じます。

お母様と子供達全部の写真、はじめて見ました。
素敵な家族ですね~♪


Commented by cazorla at 2006-09-11 08:05
mikiさん 昨日 こちらも雷でした。 こんなに離れているのに不思議。 まるで同じ雲みたい。 
日本人離れ は 単に年取って痩せているからです。 素敵と素敵な人にコメント頂いたと伝えておきます。 きっと 喜びます(笑
日本の住宅高かったのに 母の家はずいぶん前からすると安くなってました。 それでちょっとがっかりしたみたいです。 地域によって 上がったところと下がったところと。 日本も 地方の小さい村にドンドン住むようになると もっと住みやすくなるのではないかと思います。
mikiさんのように お花の先生をなさってるような方でも 色々お考えになってるのですね。 お子様達が 独立したら どうぞ沢山旅行してこちらにもいらしてくださいね。
Commented by cazorla at 2006-09-11 08:08
eagleiさん 娘はふざけておかしな顔をしています。 (笑
スペインも不動産がかなり上がってます。 カソルラは海のない田舎なのでまだ安いのですが 首都のマドリッドは 東京よりむしろ高いかもしれないくらい。 お給料は日本よりずっと下なのに。 どこの国も資本主義が強化されると本当に大変です。 今は貧富の差がどんどんできています。
Commented by nena at 2006-09-11 15:47 x
確かに別荘を所持している人は意外によく聞きます。(自分達の年代ではなくその両親が所持している)例えば、祖父母が住んでいた家をそのまま別荘として所持しているとか、30年前に買ったとか、30年前は本当に家特に別荘として使う都市から離れた家は本当に安かったんだそう。
lenta antiguaですごいピソに住んでいる人もよく聞きます。
Commented by antsuan at 2006-09-11 16:14
日本も後十五年ぐらいすると、みんなセカンドハウスが持てるようになりますよ。だってすごい少子化ですから。で、年寄は外国暮らしで居なくなっちゃうとすると、すごい住みやすい社会になるかも。
Commented by cazorla at 2006-09-11 17:47
nenaさん 五年前でもそれなりに安かったし 十年前はさらに 三十年前 みんな現金で家を買っていましたね。 ローンなんて組む人ほとんどいなかったのに。今は 高くなって・・・ 東京のマンション買う代わりにスペインでお屋敷でも買っておけば良かったと思う今日この頃です。
Commented by cazorla at 2006-09-11 17:49
あんつぁん 確かに一人っ子だから 家は親のものをちょうだいできますね。 田舎の子と東京の子の貧富の差がもっと激しくなる。 ←この間母の家を売って実感。 田舎で 昔はそれなりに都会だったので 今の三倍くらいの値段でした。スペインはどんどん ヨーロッパ各国の方が老後の家を買うのでドンドン値上がりしてます。 こちらは住みにくくなりそうです。
Commented by anna1127 at 2006-09-11 18:53
お母さまかわいらしい人ですね。
これじゃあみんながお母様を気にかけてくれるのも当然だわ!
孫も家に来てくれるなんて幸せなことですよね。
Commented by seilonbenkei at 2006-09-11 19:46
キッチンに立たれてるのがお母様?
家のふんいきのせいもあるのでしょうが、ずいぶん洒落た方ですね。芦屋のご婦人のような。あたりまえのようにスペイン語を話されそうな感じです。日本語で押し通すようにはとても(笑)
cazorlaさんからは上品なフンイキがあふれていますが、やっぱりそういうお家柄なのでしょうか。
あたりまえですが、お子さんがハーフですねぇ。
Commented by anthonberg at 2006-09-11 21:20
職業柄のせいか、私は高齢者を見ると笑顔が出てしまいます。とってもすてきなお母様!抱きしめたくなってしまいます。
まだまだ元気なお母様でしょうが、きっと歩いていたら声かけたくなりますね。
ところでキッチンの下の丸い機械は洗濯機?キッチンの下にあるの?と思ってしまいました。
アパートの広さも十分だと思いますし、仮住まいでも良い感じ。
お母様幸せだと思いますよ。
子供達、元気そうですね!!パワーありそう!
Commented by neco-z at 2006-09-11 21:53
6人に1人がセカンドハウス持ちなんだぁ...確かにまわりにいっぱいいます。でもやっぱり、若い人で自力で買った人じゃなく、親のとか、随分前に家を買って、ローンが終わったからと言う人ばかり。住宅高騰で、貧富の差、ぐっと開いた感じがありますね。いやー、寂しい限り(笑)。
お母様、とてもモダンで上品なかんじの方ですね!早くご自身のPISO、完成するといいですね。それにしても生活費12万(家賃込みですよね)は安いっ。
Commented by rudy-love-111 at 2006-09-11 23:38
おかあさま本当にモダンな方でお元気そうですね。
にしても、、、、neco-zさんじゃないけど生活費12万は安い!!
シッチェスでは家賃に消えてしまいます~~~~
こちらとにかく住居費、生活費はバルセロナよりも高いです。。。。
ユーロもこちらに来たときには128円くらいだったのに、今では150円弱・・・・悲しいです。。。。。
日本の円に頑張ってもらいたいですよね、お母様も。

3人のお子さん達、美男美女さんで先が楽しみですね(*^_^*)
Commented by miuka1978 at 2006-09-12 01:36
cazorlaさんのお子様&お母様とてもほのぼのしてて見ていてあったかくなりました。
6人に1人はセカンドハウスの意味なんとなくわかります。
彼の両親もセカンドハウスを購入してるし、、、すごーーいお金持ちではないんですけど、、それを日本で友人に話したら「お金持ちだね~~」ってだいたいそんな意見ですよ。。それにしてもユーロどうなるんでしょうか。。私が移住始める頃がものすごくピークなような気がしてなりません。。。 リンク貼らせていただいきました。事後承諾ですみません。。
今後とも宜しくお願い致します。
Commented by cazorla at 2006-09-12 06:28
annaさん とんちんかんなので 日本語環境ではめちゃおかしい人です。 スペインだと変な人なのか単に外人なのかわからなくなってお得かも です。 孫たちも バアバの家に行くとお菓子があるので まんぞく。
Commented by cazorla at 2006-09-12 06:30
セイロンベンケイさん ほめすぎです。 私のことまで上品だなんて どたどたのおばさんですから。 よく髪の毛とかすの忘れて外に出ようとして家族に注意されます。 はい ハーフですね。でもけっこう ハーフのわりには薄目の顔で 日本にいてもそんなに違和感ないんですよ。
Commented by cazorla at 2006-09-12 06:33
anthonbergさん 台所が家事室 という感じで 台所に洗濯機のあるところは多いです。 洗濯室のある家もありますが それはファミリータイプ。  広さの割にはきちんと必要なところは必要な広さがあって 設計は好きです。 ちょっとながめはそんなによくないのですが。
Commented by cazorla at 2006-09-12 06:38
ルディさん バルセロナやマドリッドは ちょっと前でも 二十万超えるところばかりでしたよね。 マドリッドに引っ越した時満足できるピソ (五年前で おまけに アルカラって郊外都市で)15万以上だったので買うことにしました。 もし 二十万くらい払ってるのであれば絶対購入した方がお得だと思います。 うちの母のピソも もうすでに四百万くらいあがりました。
出来上がった時点で売っても もうかっちゃいますよ。
Commented by cazorla at 2006-09-12 06:41
miukaさん アリカンテのアパート 十年前からすると5倍以上の値上げ。当時買ってる人って けっこう普通の人だったんですよね。 今は・・・
まず ドイツ・イギリスの定年退職者がガンガン買うので 値上げしてもドンドン売れてるんですね。
Commented by cazorla at 2006-09-12 07:15
ねこぜさん 貧富の差はドンドン広がってますね。 たぶん資本主義という意味では 日本より本格的に資本主義だと思います。日本は 企業を通した社会主義といわれていますから 格差はそんなに広がらなかった(今になって広がりつつありますが) カソルラはセカンドどころか デッシモの人もいるくらいです。

母は未亡人ですから 遺族年金しかいただいてません。 日本で 十二万くらいの遺族年金で生活されてる方はたくさんいます。 おばあさんひとりでは買う物もありませんし。 母は陶器が好きなので月に一回百ユーロくらい買います。 薬もただだし 外食するわけでもないので。
Commented by obreykov at 2006-09-13 07:10
Cazolraさん、この頃忙しくて、ブログの読み逃げをしておりました。お母さまの第二の人生、本当に羨ましい限りです。いつまでもお元気で、楽しいスペイン生活をしていただきたいですね。
孫に囲まれての生活は何よりだと思います。
うちの両親はこちらに来たら年金生活がどうなるか、などを調べていた時期もありますが、可能だということがわかったとたんに、真剣にこちらに移住することは考えなくなってしまいました。
今はなんとか元気で、ほとんど毎年3ヶ月くらい来ておりますが、親には何時までも元気でいてもらいたいものですね。
Commented by cazorla at 2006-09-13 07:54
obreykovさん 父が健在の時は たとえ二人とも年を取っていてもそんなに心配はしなかったのですが やはり一人になったとたんとっても心配になりました。 やはり何かあった時外に知らせることができなくなったからです。 母もやはりその点は怖いと思ったのでしょう。 スペインへの引っ越しは すんなりと用意し始めました。
ご両親いつまでもお二人でお元気でいられますよう心からお祈りしています。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-09-11 04:45 | スペイン年金生活 | Trackback(7) | Comments(22)