「ほっ」と。キャンペーン

東中野発スペイン行き

ずいぶん昔のことになりますが 東中野に住んでいました。
東中野というのは新宿と中野の間 各駅停車の黄色い電車だけが止まるところです。
最近は少し 高いビルができたりしているのかもしれませんが当時は 低めのアパートと ちょっと変わったレストラン そしてプロレタリアート文学の主催する文学学校 それからたまーにマニアックな映画館があるそんな町でした。
そう言う場所というのは住んでる人たちもいかにも昔からの純文学世界に出てくるような人たちで 私の通っていた歯医者さんとお医者さんはほんとうに優しいいい人でした。 仕事柄もう少しお金持ちになってもよさそうなのにがたがたの診療所でいつもお金がなさそうなのでした。 東中野から少し行くとそこは北新宿。 北新宿は 大久保とか 昔はお金持ちのお屋敷街でしたが 当時から沢山 移民が住んでいました。たいていが不法移民なのか 健康保険を持っていない人たち。 私の行く 歯医者さんとお医者さんは彼らを秘密で診察していたのです。 歯医者さんは いつも タイ語と中国語を勉強していました。 全然儲からない患者さんなのに 診察をスムーズにするために 熱心でした。
 健康保険の点数はほかの患者に適当にうわのせすればなんとか損はしないですむようでした。 それは違法ですが 違法だからと言って病の人を目の前にして帰すわけにはいかなかったのです。
 以前に スペインの違法滞在者のための保険証のことを書いたら 違法滞在者をみとめるということか という質問をいただきました。 違法滞在者をみとめるわけではないけど 実際にそこにいて 病であれば 診察せざるおえません。 スペインはほとんどの病院が公立なので 「秘密」で診察するわけにはいかないのです。 日本の場合 法を犯しているのは医者個人です。 どちらにしてもだれかが 移民の病をなおさなければならない。 それならば 医者に法を犯させるより国がシステムを少しやわらげれば済むはずです。
世界を善と悪に分けるて考えるのは簡単な物の見方です。
でも 善と悪に分けると 矛盾が沢山でてきて 善を追求するために その矛盾を無視してしまう場合があります。 

話は変わりますがよく女性誌のアンケートなんかで 「夫が浮気したらどうしますか」というのに対して「許せない」という答えをする女の人がいますが 許すとか許さないと言う問題ではないのではないかと思うのです。 たぶん 契約違反だから それは「悪」なのかもしれない。 でも 許すも許さないも ないと思うのです。 
今日はネットで BBCのビデオを見ていたのですが アメリカ兵がイラクの普通の人たち 女の人や赤ちゃんを殺した その惨殺死体を見てしまって どういうふうに何を書いて良いのかわからなくて だらだら書いてしまいました。  たぶん 彼らも「許せなかった」のだと思います。怒りがとんでもない方向に飛んでいってしまった。 
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4145325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2006-09-13 11:21
「酔いどれ天使」みたいなお医者さんって昔は普通にいましたよね。父もオンリーさんとかテキ屋の親分とか違法者(悪者?)をずいぶんと診てあげていました。最近の助産婦行為を看護師がしていた問題も国がシステムをがんじがらめにしているから起きる問題ですね。つまり、より人間性の高い規範を軸にするべきなのだと思います。もちろん世界は法治社会すら実現していないのですが法治社会が最終目的ではないと思うのです。
Commented by miuka1978 at 2006-09-13 13:50
今日の朝日新聞に、カナリア諸島における不法移民の問題が国際欄に
取り上げれれていました。
いつも彼とはこの話で議論になりますよ。
いったい国籍って、人種ってなんだろうって。不法不法ってそれで
ひとくくりにしたら簡単ですけど、、、実際そういう不法移民の安い労働力でスペインの市場も維持できたのではないか?というスペイン国内の
声があるみたいですね。彼のお兄さんも共働きでリッチな暮らししています。でも子供はベビーシッターのペルー人でした。
いまそういう構図が普通にあるみたいですね。
Commented by anthonberg at 2006-09-13 15:11
関係ないけど私は荻窪と吉祥寺に住んでいたのですよ!←勿論20歳過ぎてからだけど。
確かに中野の辺りには外国人がたくさんいると思います。日本にはたくさんの不法滞在がいると感じていました。
私は前に疑問に思って友達とこういう話をした事がありますが、みんな想像でしか話せない事だったのですっきりしました。
ヨーロッパには黄色のカードがあってそれが日本の『健康保険証』代わりだと思いますが共通だと思います。それがあればどの国でも無料で診てもらえます。不法滞在の人は持っていないんでしょうね。
デンマークは家庭医制なので、医者によって事情を言うと診てくれない人もいると思いますが、お金を払えば誰でもOK。お金がないなら…あとは医者の判断でしょうね。
Commented by obreykov at 2006-09-13 20:23
Cazorlaさん、東中野ですか!私は練馬に住んでいたので、西武池袋線の利用だけでなく結構うちのすぐそばにあるバス停から中野行きに乗って、中央線で新宿や東京などへ出るバターンもありました。
とっても懐かしくなりました。
中野って、本当に面白いところでしたね。今はどうなっているのかしら。
国籍やら不法滞在やら、スウェーデンでも色々と身近に問題を見ていますが、人間として、向かい合うなら、病を持っている人に対し、不法滞在だからといって放って置くわけには行きませんよね。
Commented by seilonbenkei at 2006-09-14 00:38
東京での私の活動拠点は主に高田馬場でしたが、高円寺と吉祥寺はお気に入りの町でした。音楽系の町だったからです。特に高円寺は、私の思春期に大きな影響を与えた拓郎ゆかりの町でもありますので好きでした。で、足を伸ばして中野ブロードウェイのクラシックなんかにも。懐かしいですね。
確固たる信念のある人ほど、物事を善と悪に分けて考える傾向が強いですね、、、って書いて、ブログのネタが頭にふっと・・・。明日書こう(笑)
Commented by Sanae at 2006-09-14 01:45 x
私も東京に出てすぐの時は大久保通り沿いに住んでいました。東中野と中野、丸の内線など、どれを使ってもイマイチ遠かったです。新宿からも良く歩いて帰ってました。大久保界隈の裏通りには当時も外国人女性が立っていましたよ…。BOX東中野でスパイク・リーのGet on the Bus を見ました。スパイク・リーもとうとうBOX東中野かぁ・・・と思ってしまいました。(笑)懐かしいです。
Commented by cazorla at 2006-09-14 07:57
アンツァン て 赤髭先生の息子さんだったんですね。 
中島みゆきのおとうさんもお医者さんで貧乏な人たちがお金でなく大根を診療費がわりに持ってきていたそうです。 たとえ弱冠矛盾があってもそこに存在している人たちが最低限の生活が出来るシステムは必要ですね。 なにごともそれは生活のための目的ではなく手段にしかすぎない ということを忘れないようにしたいです。
Commented by cazorla at 2006-09-14 08:01
miukaさん 外国人が入ることによって おっしゃるように ペルー人のシッターさんが働いたりしている。 今までスペイン人で 特に技術のないひとが働いていた場所に もっと低い賃金の外国人が入る。一番喜んでるのは 雇用主たちですね。 外国人が来ることで 職を失ったり 仕事の条件が悪くなった人たちが 差別を始める。 フランスはすでに20年前からその図が出来ていた。 スペインもか とちょっとがっかりしています。
ほんとうは 外国に行かなくても生活できるように 各国の援助を持ってすべきなのだと思います。
Commented by cazorla at 2006-09-14 08:04
anthonbergさん 不法滞在の人もカード 不法滞在用の社会保険カードを持っています。 だから病院は無料です。 うちの母 不法滞在ではないのですが 年金所得者で アジア系という例は少ないのでこのカードを作ってもらいました。 (笑) 前例がないといろいろややこしいです。 
Commented by cazorla at 2006-09-14 08:06
obreykovさん そのバス知っています。 当時つきあっていた人が練馬に住んでましたから。そのバス使ってました。 中野で食事をして 別れる そう言う週末でした。 なんか 書いていて涙が出そうです。 中野の東京らしくないあのしっとりした空気 バスが行ってしまうのを見ていました。
Commented by cazorla at 2006-09-14 08:07
セイロンベンケイさん 高円寺には パンクのための美容院があって有名でした。 簾がかかっていて なかなかしっとりした日本建築の美容室からパンクのおにいちゃんが出てくる。 ・・まさか パンクだったわけではないですよね。
Commented by cazorla at 2006-09-14 08:08
さなえさん 近くにいらしたんですね。 でもきっとそのころは私の結婚生活 下落合編がはじまったころかしら? ポレポレ座のインカ・コーラ飲んだことありますか。
Commented by eaglei at 2006-09-15 05:45
立派なお医者さんているんですよね。
お金に関係なく働いて、尊敬します。
医療制度改革、日本はこれからが大事な時にきています。
日本中、大きな議論を起こさないといけません。

いつも橙色の電車に乗っていたので、東中野は通過してました。

Commented by cazorla at 2006-09-16 07:40
eagleiさんも中央線沿いだったんですか? 新宿で乗り換えたり 中野で乗り換えたりしてましたから もしかしたら 電車の中でご一緒したことがあるかもしれないですね。

医療制度ですが 介護保険 もう少し考えた方が良いと思います。
父も結局払っていて手続きせず そのまま使うこともなく亡くなりましたから。
Commented by eaglei at 2006-09-16 19:48
僕が生まれ育ったのは、東京の郊外の日野です。
八王子の一つ手前です。
もしかして、瞳を交わしかもしれませんね~♪
Commented by cazorla at 2006-09-17 05:50
eagleiさん そうですね。 もしかして 私の密かなあこがれの人だったりして。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-09-13 09:01 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(16)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla