フィスラーのお鍋

今日 目が覚めたら目に涙がいっぱいたまっていた。
夢を見たのか?
しばらく考える。
そんなに悲しい夢を見た覚えはない。
そう言えば 昔の恋人と世間話をしている夢を見た。
幸せか と訊いて
子供の話などしていた
すごく平和で どちらかがどちらかをののしることもなく。
それはとても幸せな静かな夢だった。
彼からもらった物を今も大切にしている。
それはフィスラーの鍋だ。
今ではイワタニが提携しているようなのできっと全国で買えるのだと思う。
当時 伊勢丹でドイツからの輸入品を扱っていた。

もう20年くらい前の話である。
初めてもらったお給料で何か買ってくれると彼は言った。
そして 彼はこれを選んだ。
フィスラーの 一番大きな寸胴鍋。 たしか二万五千円だった。
「ほんとうは 世界で一番高価な宝石を君にあげたい。
ちゃちなアクセサリーなんて 君に似合わないから。
でも 僕のお給料では それは無理だから
世界で一番高価な 鍋をプレゼントするよ。」

当時はそのどでかい鍋は 一人暮らしの台所を占領しすぎていた。
それでも それで作るおでんはおいしく よく狭い一人暮らしの家に みんなで集まった。
みんなで逗子マリーナで過ごす日は 車にその鍋を入れて出発した。
(注 三十人くらいで集まっていたので雑魚寝をしていた。 そう言う週末であって 全然優雅な週末ではない。)

今でも 本当に重宝している。
長女の赤ちゃん時代は その中でかくれんぼもした。
大量のコシード(スペインのポトフー))を作る時も スパゲティを茹でる時も
そしてそのあと買った フィスラーの小さい鍋達
これは 御飯をほんとうに美味しく焚いてくれる。
スペインではコルト・イングレスで扱っています。

彼も みんなを招待する時は相変わらず私が教えてあげたパエリアを作っていると 風の噂に聞いた。 しばらくあっていないので 逢いたいと思っているのかもしれない。
最後に逢ったのは彼の結婚式の後のパーティでだった。
e0061699_7194841.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4207540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from さはんじの茶飯事 at 2006-09-26 18:49
タイトル : 四角い卵焼きのアレ
お料理をする、という行為はいろんな思い出にむすびつく。 よく、「あの曲をきくと、当時つきあってた恋人をおもいだす」みたいなコメント、ラジオでききます。あれといっしょかな。 料理は味もにおいもあって、動作もつくから思い出に直結。 で、タイトルの。 厚焼き卵を焼く四角いの、あれは鍋でいいの?卵焼き機というの? 私はあれにロマンを感じますね。いつだったか、4月頃にNHKで「料理の基本」(城戸崎愛先生だったか)で『卵焼きはフライパンで、フライがえしでもできるのよ』とやってたけど、私はあんなのみと...... more
Commented by antsuan at 2006-09-25 07:42
えーーっ!? 逗子マリの会員制マンションでも持っていたんですか?もしかしてそれがワシントニア館だったらニアミスがあったかも。
涙を隠し味にするとほろ苦くなるんですね。
Commented by cazorla at 2006-09-25 08:06
アンツァン グループのうちのだれかの勤めていた会社が 福祉施設として持っていたんだと思います。  ちゃんと持っていないので いつも行けるわけではなく 押さえた週にその3LDKの所に三十人近くで行って雑魚寝してました。 だから 全然 優雅な週末ではなかったです。 でも 朝 海を見ながらの散歩は楽しかった。

でも2LDKで 女の子部屋 男の子部屋に別れていたような。 記憶が定かではないです。 すごく寝心地悪くていつも 起きていました。 朝ひとりで散歩してました。
Commented by antsuan at 2006-09-25 09:17
実はあそこの会員権を持っているのです。私も友人と遅くまで飲み明かしていました。最近は全然利用していなくて、たまに親戚が来た時に使っている程度です。
実用的なものをうまくプレゼント出来たら本当に良い想い出になりますね。
Commented by seilonbenkei at 2006-09-25 12:23
一人暮らしのcazorlaさんの心を占領してたわけかぁ。で、きっと、その彼から得たものは今も重宝してるわけかぁ。
思い出はそんなふうに現実という鍋の中で煮込まれていくのでしょうね。
煮込んでしまえば形もなくなるもうすぐできあがり♪新井由美。荒井!

それにしても、、、世の中狭いね!antsuanと逗子追う。
Commented by sagimon at 2006-09-25 15:15 x
お鍋のプレゼント素敵ですね。うちの一番大きなお鍋もフィスラーで大活躍しています。弱火で使っても熱伝導率がいいから大丈夫と分かっていても、ついつい強火にしたくなる私。
取っ手を熱くしては母に怒られております。
cazorlaさんのお鍋とはちがって、素敵な思い出はつまっていないのですが、私も大好きなアイテムです♪
Commented by junjapon at 2006-09-25 16:51
おはようございます! ず~と愛着のある物素敵です!1つのものを長~い時間つかわれてきてるものに憧れます。私も愛着のあるもの何でも大事にず~~と使っていきたいです!お手入れにも注意ですね!
Commented by neco-z at 2006-09-25 17:09
昔の大好きだった彼の夢を見ると、その朝はこころがし~んとします。スローモーションみたいに。たまにはそういう気分もステキです。
Commented by nena at 2006-09-25 17:20 x
昔の恋人との思い出。いいですね。私も昔の彼からもらった時計まだ使っています。彼との思い出も懐かしいけど、愛着でてしまって捨てられない。昔の恋人との思い出って私も若かったもの~。思い出は年を取らない、だからよいのよ。
Commented by anthonberg at 2006-09-25 17:27
鍋をプレゼントしてくれるなんてちょっと変わっていて素敵ですね。きっと彼氏さんも素敵な人だったのでしょう。別れた人でも懐かしむ事が出来るって素晴らしいと思います。
私は13歳の時に好きだった先輩と数年後に会った時に超ナンパ男に変わっていてがっかりしてから思い出は良いところでとどめて置こうと思いました。
なぜか私の別れた相手はみんなその後がっかりするくらいの男になっていた。(>_<)
ちゃちなアクセサリーは似合わないなんていいですねー!!
高価なものが似合わないんだから自分の身分に合ったものを身につけろと言われた事がある私。全然思い出が違い過ぎる!
Commented by miki3998 at 2006-09-25 20:30
家も圧力鍋がフィスラーです。毎日活躍していますよ。鰯の梅煮、スペアリブ、ブリ大根・・・安い、美味い、速い・・・が取り得のシンプル料理ばかりですが。骨まで食べられて、味がしみこんでいて、体にも優しい料理は、道具が大切!かな?(笑)
Commented by greenagain at 2006-09-26 01:32
最近のcazorlaさんは、しっとりした内容の記事が多いですね。
上質のカステラのような食感です。お酒がよく沁みた美味しいカステラ♪
Commented by Sanae at 2006-09-26 04:41 x
TBありがとうございます(^^)フィスラーのお鍋、初めて知りました。ヨーロッパには優れた調理鍋がたくさんありますね。わが家は小さいル・クルーゼを愛用していますが、これもそういえば夫からのプレゼントでした。海外出張などでたまっていたクレジットカードのポイント、美味しいものを作ってくれるならと、全部たった1個のお鍋に変えちゃった。宝石は流行りや好み、年齢による似合うに合わないなどがありますものね…。お鍋なら、ずっとつきあっていかれます♪
Commented by pfgia at 2006-09-26 05:00
今朝、酷い夢を見て泣きながら目を覚ましました。しかも、昔の恋人でもなく「今の相棒が愛人と一緒に住んでいて息子を私から取り上げた...」テレノベラ並みのストーリー構成でした、苦笑。そして、偶然にも今鍋を探していて入籍お祝いにフィスラーの鍋買ってもらおうかと思ってるんです。今日、百貨店で見てきたばかりです。オーブンOKな鍋ライン、圧力鍋等々来月中旬まで15%割引だしフィスラーに決めます。なんという偶然、笑。(って、こじつけてますね。すみません。)
Commented by eaglei at 2006-09-26 06:23
鍋を贈る、意外な発想ですね。
長く使ってくれているから、彼も鍋も満足していますね。
思い出してくれたこと、彼は喜んでいるでしょう~。

Commented by cazorla at 2006-09-26 06:38
セイロンベンケイさん こういうコメントってさらさらさらって書くんですか?
実はすごく考えていて さりげない文豪の貫禄なのでしょうか。
いつもコメントありがとうございます。 新井でなく荒井
Commented by cazorla at 2006-09-26 06:41
junjaponさん 主婦失格ですがけっこう鍋磨きは好きです。
たわし類もこったりしてます。 食洗機で かなり高温 お鍋コースに入れて洗えば簡単に取れる汚れも 窓の外を見ながらごりごりしています。
洋服も 15年以上前の物もざらです。
なんか経済的な 奴だ と我ながら思います。
Commented by cazorla at 2006-09-26 06:41
ねこぜさん たまーに そう言う夢で現実逃避も楽しいですね。
Commented by cazorla at 2006-09-26 06:43
ネナさん もらった物を見て 嫌な気持ちにならない別れ方をしているというのは幸せですね。 ひとつひとつの時代が 今の「魅力」ですね(にこっ)
Commented by cazorla at 2006-09-26 06:45
anthonbergさん 13才の時のあこがれの人なら変わるでしょうね~
私も会ってみたい。 きっと道であっても気づかないかも ですね。
私は 地味な人 年下の人が多いので いばっていました。
失礼なこと言ったら 怒られそうで 我慢していたんだと思います。
Commented by cazorla at 2006-09-26 06:47
mikiさん いいお鍋で煮た物 材料は安くてもおいしくできますね。
スペイン料理はお豆の煮たものが多いので 重宝してます。
お豆 根菜類は 長寿の秘訣ですね。
Commented by cazorla at 2006-09-26 06:49
greenagainさん ありがとうございます。
セイロンベンケイ大先生の影響なのです。
先生の文章がかっこよくて。
絵が上手だったら greenagainさんを師と仰がせて頂けるのに・・
Commented by cazorla at 2006-09-26 06:53
さなえさん コシードの作り方 ほかのページにもあるのですが サナエさんのが一番どこに住んでいても気軽に作れそうな感じで それに参考書籍の紹介もされているので トラックバックさせていただきました。
無断でごめんなさい。
さなえさんの料理のブログは ちょっとそそられて こういうの今日しようかなーと思ってしまいますね。 
フランス製のお鍋ですね。 お台所のものって大切だと思います。
家の中でも一番デザインに凝ったのは お台所でした。
毎日 一番長く 仕事する場所ですものね。
Commented by cazorla at 2006-09-26 06:55
pfgiaさん フィスラーは焦げ付きも取れやすいし 何年使っても 品質が変わらずお勧めです。 偶然ですね。 泣きながら目が覚めちゃったんですね(笑) 私もたまにその手の夢を見ます。 そのあと 怒ったりしてます。 夫に罪はないのに・・・
Commented by cazorla at 2006-09-26 06:58
eagleiさん ちょっと変わり者でした。だから気が合ってたんですね。
彼自身も料理好き。 彼のお母さんも料理好きだったので。
今はすごく良い父親になっているようです。
Commented by cazorla at 2006-09-26 07:41
sagimonさん 御飯とか余熱で がーんと炊けちゃうんですよね。
ご近所のドイツ人の家には 展示場のように全ての賞品がびっかぴっかに磨かれておいています。 旦那様のコレクションだそうです。
Commented by fumiyoo at 2006-09-26 15:04
遠い昔彼の部屋のタイルばりの使い込まれた台所に立ったもののふやかしたままの切り干し大根をそのままにして帰るはめになってしまった出来事をcazolaさんのフィスラーの鍋のお話を聞いて思い出しました。
あの切り干し大根はどうなったのでしょう・・・
Commented by cazorla at 2006-09-28 08:32
fumiyooさん その時けんかしちゃったんでしょうか?
切り干し大根がパンになってしまったんですね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-09-25 07:25 | 思い出 | Trackback(1) | Comments(27)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla