スペインの医療・医療ツアー

ヨーロッパ中の年金生活者が集まるスペインだが最近新しいツアーが人気らしい。
手術ツアー。
スペインは全ての手術が無料。
老人性の病気に関しても例外ではない。
先日 たまたま話したイギリス人。
かれの場合はカソルラに住んでいるのだが関節炎が痛くて イギリスの湿気のある風土ではたえられない。だから スペインに移住したのだが イギリスの医者は どうしようもない あきらめるしかないと言う答えだったそうだ。 しかし スペインの医者は 危険はあるが手術は可 ということで 現在は手術も考えている。
彼の場合はここに住んでいるわけだから 当然権利もあるわけだが
今は大量に ドイツ・イギリス・フランス・オランダなどから スペインに治療に来る。
スペイン在住の日本人なら こう思うだろう。
そんな大変な手術 すごーーーく待たなきゃいけないのに。
そう 待たなきゃいけない。
かれらは アパートを借りて 3~4ヶ月 待ちます。コスタ・デ・ソルの太陽を浴びながら。
でも またまたスペイン在住の日本人のみなさんなら 疑問を持つでしょう。
一年くらい待つ人もいるのに、 いや もっと。
でも この順番待ちは 重病者優先なのです。 緊急を要すればそちらが先になります。
すごく 痛い もう国に帰れない どうしよう~~と 老人が泣けば やはり順番リストの上位に置かれるのは間違いない。
そういうわけで スペイン在住者 国民たちの待ち時間はさらに長くなる。
バレンシア 71,000 カタルーニャ 32.000 アンダルシア 13.0000
コスタ・デ・ソルの病院では患者四人に一人が外国人。
ボランティアの通訳が二十四時間 手伝ってくれます。
Hospital GEmeral Universitario de Alicante(アリカンテの病院)では昨年 2.416人の外国人ツーリストに百万ユーロ以上を使っています。 これは 2390人のアリカンテ住人の救急外来に使われた金額より三十万ユーロ以上多い金額です。
また 臓器移植も多くの病院ツアーの人たちの目的です。
なぜなら スペインは 臓器提供者が ヨーロッパで一番多いので。 
そういえば マドリッドの大学に行っている子も殆ど大学生はドナーカードを持っていると言っていました。

しかし わざわざスペインに滞在して手術するのは まだいいほうです。
あるドイツ人は スペインに住民登録して スイスに行き 手術をし 請求書だけスペインに回した。 これはかなり悪質。

参考 España, un paraíso para los europeos en busca de operacion gratis

スペインってほんとうにいい国なんだなーと思います。
うちの母の医療も薬を含めて無料だし。
将来 彼女が 要介護になったら国は世話をする私・娘にたいして 月々お給料を払ってくれます。 
また ほんとうに重病のときは すぐに往診に来てくれます。

お向かいの奥さんは30年近く前 心臓の手術をしたのですが それ以来週に二回家政婦さんを派遣して貰えます。 手術後 5年目に赤ちゃんができたのですが このシステムのおかげで からだに負担になることなく産めたと言っています。 その息子さんも 数学の確率性を学んで今年から社会人。 おかあさん思いのいい息子さん。
たくさんの外国人の医療ツアーによって経済的に問題が起きて こういうサービスが消えてしまわないと良いのですが。
e0061699_18102046.gif

コスタ・デ・ソルの病院
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4343591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eaglei at 2006-10-15 19:10
これはすごい話です。まるで夢の中の話のよう~。
日本では考えられません。
高齢化が進む中、福祉制度が破綻する事は目に見えています。
消費税率がアップさせるかどうかの論議も活発に行なわれています。
スペインのシステムに学ぶべきことがあれば、すぐに実行して欲しい現状が日本にはあります。
日本で癌に苦しんでいる家庭のほとんどが、高額の医療費で悩んでいます。
Commented by anthonberg at 2006-10-15 20:37
父が癌で入院した時高額医療費免除というのを申請しました。知らない人が多いかもしれないし病院も教えてくれないです。父の手術代何と軽く500万円越えていました!あり得ないでしょ?2度手術したのですが次でも200万、入院費を入れたらたった4ヶ月半で1000万越えます。しかし高額医療免除で支払いは10万円代に。
治らなかったしそのまま逝っちゃったけど、お金の事は父が一番心配していたので安心していると思います。
この免除も1年だけだったはず。長引く治療と医療費にみんな苦しんでいる日本、お金さえあれば何でも出来る。いつからこうなってしまったんでしょうね…。
スペインもデンマークもそうですが福祉がしっかりしているという事は税金の使い方がはっきりされているからここまで出来るのだと思います。日本はそれが出来ていない。だからまだまだ遠い話だと感じます。
Commented by seilonbenkei at 2006-10-16 00:17
竹中のボンボンが机上の理論ゴリ押ししたせいで、福祉・医療の現場は混乱しっぱなしです。おまけにちょこちょこ小刻みに変更があるからその法令についていくだけでも大変です。
高額医療に関してもまた変更があるわけですが、それは置いといて、制度があることを教えてくれないのが日本のような気がします。で、調べるにしてもあっちの窓口こっちの窓口たらい回しにされます。元気な人ならそれもついていけますが、そういう制度が必要な方は総じて弱い人なんですね。制度の説明を理解できない方もいます。なんだか金と知識のないヤツはさっさと死ねというのが日本の行政の本音のような気がします。
それにしてもスペイン、、、すごいなぁ。
Commented by cazorla at 2006-10-16 02:50
eagleiさん スペインは遙かに日本より貧乏だし 例えば年収約三百万以下であれば税金は払ってないから かなり多くの人が税金も払ってない。それでもこれだけできるのだから日本ができないはずがないのです。
結局日本は医者がもうけすぎです。 スペインの医者はただの公務員ですから。公務員と同様もちろん休暇は長いけど普通のお給料です。
病院のシステムをもう少し考えていかないといけないですよね。
Commented by cazorla at 2006-10-16 02:55
anthonbergさん 癌ってそんなにおかねがかかるんですね。
うちの父も癌でした。 65と70で二回手術しています。 幸い 山口の土地柄か 癌が高いということも知らないままですが。 地域によっても差があるというのもなんだか・・ですよね。
幼児医療も地域によってかなり差があります。
スペインは 福祉はちゃんとしてないです。
まだ改善すべきことはいっぱいある。でも ドイツやオランダなど お金持ちの国から来られるのは困ったモノだと思います。
でも ドイツ人 なんでデンマークに行かないの?
デンマークって外国人拒否システムとかあるのかしら。
Commented by cazorla at 2006-10-16 02:57
セイロンベンケイさん だからやくざがはびこるんです。 生活保護うけているやくざがいる一方で クーラーあるから生活保護打ち切られたおばあちゃんがいたり。 スペイン医療 不満に思ってる人もいっぱいいますが・・待ち時間が長いとか・・でも こんなに外国人が来たら 待ちますよね・・ため息
Commented by obreykov at 2006-10-16 04:25
Cazorlaさん、スペインってそういう国なのですか!知りませんでした。スウェーデンはゆりかごから墓場までなんていわれていますが、税金が高い割りにあまり医療は満足できません。
第一、ちょっとした風邪くらいではなかなか看てくれないし、子供が具合悪いときなど風邪とはわかっていても「これは今はやっているかぜですよ」と言ってもらえるだけで親は安心するのに、看てもくれません。
心筋梗塞なんかの時には敏速な対応をしてくれるようですが普段の小さい病気はこの国では駄目です。

まあ、考えようによってはやたらに薬漬けをされるよりはよいのかもしれませんが。。。
Commented by cazorla at 2006-10-16 05:52
obreykovさん 問題も多くあるし基本的にお金のない国だから充分だとはいえないかもしれませんが 全て 保険でできる点は良いと思います。母の医療も無料というのは特筆すべき点です。
風邪の時 大人はなんとなくめんどうなので病院には行きませんが こどもは 学校を休んだ時一応 医師の証明が必要なので いっています。それに おっしゃるように ちょっとひと言あると 親は安心しますから。末っ子は特に病院に行くのが好きです。 気分が悪いと 病院に行けばどうにかなると思っているようです。 うちで論理的なこどもと呼んでいます。
Commented by rudy-love-111 at 2006-10-16 06:01
あらま~~~そうなんですか????
確かに病院行くと、治療費は無料ですよね。
65歳から老人医療で薬代も無料になるのは知っていましたが、お金持ちの国からそんなに大量にこの貧乏な国に来ているのですか???
スペインって不法移民も受け入れて医療保険に入れているのですよね。
毎日カナリア諸島に着くボートピープルだけではなくて、他国からの医療ツアー・・・・保険医療の財源は何って考えちゃいますが。。。。
我が家は10年~15年先の本当の老後にはどこに住もうか考えているのですが、その頃まで保険システムが崩壊していないならスペインにずっと住もうかしら???なんて考えちゃいます。
Commented by cazorla at 2006-10-16 06:26
ルディさん 私立の保険も75才以上になると入れなくなるから 住むなら早くに決めた方が。でも ずっと住むのでしたら お家は借りるより買った方が絶対良いですよ。 ビザも簡単になるし。 それに 日本に戻ろうと思った時売れば 貯金より率が良いです。
Commented by pfgia at 2006-10-16 06:34
すごいこんなことになっていたなんて... スペインって良い国だったんだなぁ... 私が知る南欧の国、たしかに社会保障は欧州だけあってメキシコとは雲泥の差、でも、公立医療施設だと何ヶ月も待たないとダメなときもあるし、結局は私立=実費が一番手っ取り早いのかなと思うこともありました。イタリアも不法移民であっても医療を受ける権利はちゃんとあります。メキシコは社会保障があってないに等しいので、色んな意味でここで子供を生んで育てることには夫婦揃って「...」です。うちの相棒の一族は大きな手術なんかの際はアメリカに行くようです。
Commented by nena at 2006-10-16 16:28 x
私の彼の祖父母も要介護でこれを子供達だけで世話すると言ったら大変です。でも、国の援助で祖父には介護用ベットと週に2日2時間ほど体を洗うのに無料で手伝ってくれます。精神的にも肉体的にもすごく助かっています。
Commented by rudy-love-111 at 2006-10-16 17:33
cazorlaさん我が家は今スペインの社会保険と、日本の保険(医療保険&生命保険)に入っているのですが、こちらでの私立の保険も必要ですか???
日本の私立の保険は海外での入院や手術費も出るのですが。
こちらの私立の保険は日本の保険とは違うのでしょうか?
やはりcazorlaさんも入っているのですか?
Commented by Moa at 2006-10-16 21:10 x
cazorlaさん、お久しぶりになってしまいした。 
私もスペインは医療が無料だと最近知りました。 海外からの手術ツアーで増加で国民への負担も問題になってきますね。 
そのドイツ人はかなりの者ですよ! 旧東側の出身かしら?
たとえ彼がDKへ来ても多分自己負担になるし、医療の質が?な気がします。

DKの無料は、国内、個人番号取得者のみって言っても間違いないと思います。 
obreykovさんがおしゃっているのと同じで、DKはいくら医療が無料でも質がいまいちです。 経費削減方針もバックにありますし。
個人的なのですが、私は慢性腎炎があって、昔スペインやイタリアへ腎生検や治療を考えた事がありました。日本や南欧に多いタイプの腎炎らしいですが、DKでは研究が進んでないのと、重症患者ではないので経過観察のみです。その医師からも問題外患者に見られて、通院を止め様かと思っている所です。 
でも、いい面をみれば先週小手術を受けて来ました。
その手術のウエティリングリストが思ったより早くまわってきた事。
昔だったら、大小係わらず3ヶ月待ちでした。
DKがいくら福祉国家って言われても、限界が来ているのではないかと思います。
Commented by violetvalley at 2006-10-16 23:25
私もスペインに住みたくなりました。イタリアも医療費無料と聞いて驚いて
いたんですが。アメリカは高すぎて、Taxは軍事費に大分回ってしまっているんだろうな・・と思うと嫌になります。
Commented by cazorla at 2006-10-17 08:47
pfgiaさん カナダも 福祉国家ではあるけど 待つのが嫌なお金持ちはやはりアメリカに行くそうですね。 スペインもよく待たなければならないそうですが なぜか このツアーの方達 しっかり手術して帰るそうです。
順番を早めるコツのようなものがあるのかもしれないです。
Commented by cazorla at 2006-10-17 08:49
ネナさん 公立の老人ホームもかなりよいそうですね。アルカラ・デ・エナレスに住んでた時近所にありました。 よくそこのお庭で子供達が遊ばせて頂いたので。 確かに 家族だけで介護って 精神的にも経済的にも大変です。 援助があるというのは ほんとうに心強いですね。
Commented by cazorla at 2006-10-17 08:55
Moaさん EUに抗議したのですが 法的に正当だそうです。
こんなのが広がったらスペイン破産です。
デンマークはそのあたりきちっとしているんですね。
当然ですよ。 スペインは 世間慣れしていないというか・・・
Moaさんも慢性腎炎なんですね。 私もです。日本にいた時は 漢方薬飲んでいたのですが。 お互い気をつけましょう。
手術後は体の調子いかがですか。
早めに順番がきてよかったですね。
これからEU全体の医療を考えていかなければならなくなるでしょうね。
Commented by cazorla at 2006-10-17 08:58
violetvalleyさん ヨーロッパは ロシアというかソ連の時代に共産党が入り込まないように 福祉は社会主義的にきちんとしています。 最近 少しずつ悪化しているのはロシアが前ほど強国ではなくなったからです。もう少しアメリカと張り合っていってほしいなと。
アメリカは確かに医療は水準は高いけど値段も高そうですね。
私立の保険みたいなのに入るのですか。
Commented by cazorla at 2006-10-17 09:08
ルディさん 日本の保険に継続して入っているんですね。
それなら私立の保険は要りませんが こっちで入ると 使った時の換金が簡単なのでは と思いました。 それから 安いかもしれません。今 ユーロ高いからどうかわかんないですが。 
一度 訊いてみたらどうでしょう? 
Commented at 2006-10-17 17:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-10-15 18:11 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(21)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla