妊娠と認定されないまま出産

El Paisの見出しでは 妊娠としらずに赤ちゃんを産む になってたんですが
いくらなんでもそんなアホな人はいません。
読んでみると 本人は 妊娠だと思っていたのに 女医さんが 「更年期障害 ガスがたくさんおなかにある」などの治療しかしてくれなかったのだそうです。 ひどい。
その後 お医者さんを変えて またもや女医さんですが 更年期障害 と言われたのだそうです。 女の人なのに 女の人の気持ちを汲んであげなかったんて。
結局 お産は家で。
Griselda Navarroさん 42才 チリ人 スペインのアルカラ・デ・エナレス在住。
私が昔住んでいた所です。
私の場合は3番目をアルカラ・デ・エナレスで産んだのですが 私自身は妊娠だとは思わず 体調が悪くて相談に行ったのです。 すると すぐに 妊娠しているといわれ その可能性は薄いです と答えると まあとりあえず検査をしなさいといわれました。 さすが 国境のない医師団スペイン支部長アンヘル・ペレス。 運の良いことに私の主治医は アンヘル・ペレス 国境のない医師団スペイン支部長でした。
妊娠の検査なんてあっというまに終わるのですから このGriselda Navarroさん本人が妊娠って言ってるんだから 気が済むようにしてあげればよかったのに。

最近 女性の思いこみの激しい人が多いな と スペインにいて思います。
たぶん 急成長のフェミニストのせい?
小児科の先生が 以前女医さんだったんですが 末っ子小さいのは からだを押してみて 固すぎるからとおっしゃる。 うちは夫も子供時代小さい方だったし 両親ともに まあ大きい方なのでいっこうに心配していないのですが 小児科医さん 心配しろって ・・・やれやれ。
カソルラに引っ越してきて 小児科の先生も替わって 丈夫で筋肉質(だから固いのです。)で なにも心配はありません と言われました。

学校の先生もね ちょっとヒステリックに 悪い点ばかりあげる。
年取った女の先生のほうが ゆったりと悪い点も いいこととして見てくれる。
「あなた 字が雑です。だめです。」て 言われるより 「頭の回転がはやいから 早く書きたいのね。でも ゆっくりきれいに書くと 先生も読みやすい」という感じで指導している先生にあたるとほっとします。  私もついヒステリックに怒ることがあるので 反省ですが。



e0061699_7194159.jpg


でも 無事産まれてよかった。
ただ たくさんお薬を飲まされていたので 赤ちゃんもぼーっとしているそうです。
これから この一年の嫌なことの分 何倍も幸せになってほしいです。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4395800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by peque-es at 2006-10-22 12:02
日本じゃ、出産中(?)に意識を失った女性が、何十箇所もの病院に診療拒否されて、結局脳内出血か何かで死亡してしまったというのがニュースになってます。
お医者さんてどこでも、ほんとに個人差がありますね。Medicos sin frontera の先生が主治医だったなんて、cazorla さん、ラッキーですね。私は婦人科の検診では、女医さんは避けるようにしてました。同性なのになんで?って思うような人に、一度当ってしまったから…記事の女医さんたち、本人が更年期障害だったのかしらん…???
Commented by miuka1978 at 2006-10-22 20:29
驚きのニュースですね。お薬を飲んでたのにもかかわらず無事になんの障害もなく赤ちゃんが生まれたなんてとっても喜ばしいですね。
国境のない医師団、たしかレティシア王妃の姉妹のどちらかも医師団に所属されてるとか。。
でも、どこの国でもお医者さんの対応は同じなのですね。
教育と医療、これから子供を産みたいと思ってる私には真剣に考えなきゃならないテーマです。
Commented by eaglei at 2006-10-22 21:29
チリの方は、無事に産まれて良かったですね。
ほんと、何倍も幸せになって欲しい~です。

思いこみの激しい脳は、早く老化します。
逆に、相手の良いところを見てあげて話ができる人は、賢い人ですね。
そういった人に巡り会うと、ホッとします。
自らもそうありたいと思います。
Commented by seilonbenkei at 2006-10-22 22:58
カミさんは腕の良い女医さんにあたって、その方は今では本も出している有名な先生様になってしまいました。もう与薬してもおいそれとは診てもらえないそうです。
年取った学校の先生の例、同感です。そういう風に他者と接することができればと思いますが、私はイラチなのでわりとすぐぶち切れます。ヨガでもやるかな。
今日のコメントはつけにくかった。権利の記事も。
Commented by anthonberg at 2006-10-23 01:58
驚く話ですね。今は薬局で買える妊娠検査薬もあるしすぐに妊娠とわかると思いますし病院では体調が悪いと言えばいくら妊娠の可能性が低いと言っても尿検査でとりあえず妊娠を疑うのは当然だと思っていたのですが、その街の女医さんの治療はまだまだそこまで進歩していないのでしょうか?彼女が40歳過ぎていたから、体格が良いから勝手な想像だったのでしょうか?何だか凄く単純な検査をしないで判断されるのって不思議です。
実は私も下腹部痛で病院に行ったら検査もせず性病だと言われました。実際は子宮内膜症でしたが後で別の病院で検査したのです。見た目で判断される治療程辛い事ないですよね。
ところでcazorlaさん、『妊娠の可能性が薄い』のに妊娠していたなんてマリア様みたいです♪計算していないのに出来た子は親が本当に愛し合ったからだと母に聞きました。大人になってから子供にその事伝えると感動すると思います。私は父が亡くなる時に聞いたので号泣しましたよ。
Commented by ivydesousa at 2006-10-23 02:12
この話題、今の私には深刻に響きます。今週できれば婦人科を予約しようとしているので。妊娠は恐らくしてないのですが・・・。
外国で病院に行くのは初めてなのと、たぶん色々検査することになるので、かなり緊張してます。
信じられないニュースですね。42歳ならまだ子供が出来てもおかしくない年齢だと思いますが。初産だったのでしょうか。
赤ちゃん無事生まれてよかったけど、もしも間違った投薬のお陰で障害が出たら、ちゃんと補償してもらえるのかでしょうか。
Commented by tabikuma at 2006-10-23 03:50
信じられません。やっぱり。
妊娠検査薬なんて、一瞬のことじゃないですか。
なぜ調べてあげなかったんでしょう。
本人が納得するようにしてあげないのでしょう。
そういえば、私が妊娠した時、気持ち悪くなるのが早かったのですが、先生に、そういう時は双子の可能性が高いと言われたんですよね(@グラナダ)。初めてのことで、「双子かぁぁ」と驚いてた私とは裏腹に、メールで知らせた日本の友人に「医者が調べもしないで、そんな迷信的なことを言うなんて、スペインの医療はおそるべきだのう」と言われました。確かにそうですよね。すばらしい先生もたくさんいますが、当たり外れがありすぎる気がします。
赤ちゃんもボーっとしてるというのは、一時的なものであることを願います。
Commented by moranita at 2006-10-23 04:14 x
私もこの出産騒動、ニュースで見ました。ニュースでも「妊娠としらずに赤ちゃんを産む」と言われてましたので、夫婦揃って、「そんなアホな!!胎動はどぅ考えてたんや??」等と不思議に思ってたのですが、
そぅいう事だったのですねぇ。。。母親はちゃんと妊娠して自分の体に命が宿っている事に気付いていた事、ホッとしました。。。
ホント、2回も誤診って、どぅなってるんだろう?そして、この母親も2回目の病院に行く前に妊娠検査薬でも買ってどぅして調べて持っていかなかったんだろう?
赤ちゃんが無事に産まれてきてホントに良かった!元気に育って欲しいですね!
Commented by cazorla at 2006-10-23 07:32
ペケさん 私も意識失いそうになったことがありますから 人ごとにおもえません。 そんなこともあったんですね。 ほんとに お医者さんは当たりはずれがありますね。女医さんでもきっといい人もいっぱいいるのでしょうが・・
でも かりに妊娠でないとしても本人がそう思うなら してあげれば 本人も納得するのに。 病気って お医者さんとの相互理解で 軽くも重くもなると思うのです。 
いくつくらいの女医さんだったんでしょうね~
Commented by cazorla at 2006-10-23 07:35
miukaさん お医者さんはずれると・・ですね。
カソルラくらい田舎になると お医者さんって 昔ながらの お医者さんです。て 意味不明ですが ほら 医は仁術って言われた頃のあの雰囲気。 私自身はけっこうお医者さん運は今の所良いのですが。
教育も なかなか問題です。夫とも今日話した所。 大学は留学させようか とか夫は言ってるけど 留学先がはたしていいものか・・ 考えちゃうんですよね。
Commented by cazorla at 2006-10-23 07:37
eagleiさん 思いこみの激しい人は脳も老化するのですね?
なるほど 柔軟性がないのですから当然ですね。
思いこみの激しい人って 幸せもとりのがしてしまうタイプのような気がします。
Commented by cazorla at 2006-10-23 07:41
セイロンベンケイさん よい女医さんにあたるってやはりラッキーですよね。 出産も できれば同性のほうが 話しやすいこともあると思うし 第一にリラックスできます。 良いお医者さんなので有名になったんですね。 娘が フルートの夏期講習に行った時 1日1時間のヨガの時間があったそうです。 フルート演奏〓ヨガなんだなー と納得しました。
Commented by cazorla at 2006-10-23 07:46
anthonbergさん 検査薬も薬局で簡単に手にはいるし 私もそこの住人ですぐに検査してもらったのでこの事件はびっくりしました。 同性のお医者さんが この人に赤ちゃんができるはずがない と思いこんじゃったんでしょうね。 だって スペインでは五十すぎで産む人もそんなにめずらしいわけではないので。 更年期だって 普通は45以上って言われてるのに。
性病って判断するのは 変ですよね。
ちゃんと 検査してから 言うべきだと思うけど 中にはアジア系=売春とか思ってる人とかいるのでしょうか。

赤ちゃんのこと そうですね。 だからってわけでもないのですが マリアとつけました。 違う名前も考えていたのですが産まれた時 なんとなくそうしたくて。 余計なモノのなにもついていない マリアです。
Commented by cazorla at 2006-10-23 07:48
アイビーさん 最初に行くの すごく不安ですね。
私は 日本で経験ありだったので まあこんな感じ というのがだいたいわかってたけど。それでも やっばり 病院に行く時って不安です。
検査薬で一度試してみてはどうでしょう。 わかっていたら その方向で 病院にも行けるし・・・。身体に気をつけて。
Commented by cazorla at 2006-10-23 07:52
くーまくーまさん 医学部の子ってけっこう理系でない子が多いんですよね スペインの場合。 適正で入る部分も多いからかな。 そのくせ 文章も書けない(夫 談。 夫は 文章書けるかどうかに厳しい。ちなみに弁護士も アクセント記号忘れる人が多いそうです。)
だから けっこうそのお医者さんも 信じてたりして。ていうか 双子良く産まれるから そういうこと言って当たったことが多いとか。
も少し 論理的で・・と言いたくなる時がありますね。 
Commented by cazorla at 2006-10-23 07:54
moranitaさん 本人気づかないわけないですもんね。 動いてるって言って それはガスです て言ってる医者。 なんやねん・・です。
moranitaさんは お医者さんいかがですか。
もうすぐ出産ですね。
助産婦さんは力強く たくましく ひょいっと 取りあげてくれるので 出産は 安心して臨んでくださいね。
Commented by りろ at 2006-10-23 14:39 x
これは、はっきりとした医療過誤ですよね。こういう事件が起きた時、スペインでは訴訟問題にならないのですか?それと、病院では、もう少しで医療過誤になりそうなニアミスが起きたときのケースを持ち寄って勉強会をしたりは、しないんでしょうか。
Commented by ジャイママ at 2006-10-24 04:07 x
凄い話ですねー。胎動とかあるだろし、妊娠の検査なんて簡単なのにねぇ・・。何でしてくれなかったんだろう。高齢出産なんだから、リスクとかも有っただろうに、知らないってあなオソロシ・・・。これが私なら、巨大児が股裂けで産まれて死んでいたなぁ~・・・ぞくっ。
Commented by cazorla at 2006-10-24 07:28
りろさん この事件ではないのですが 何年か前 女医さんが精神的に問題があって という事件がありました。 今回の事件もちょっとへんですよね。だって 普通生理がなかったら 妊娠検査一応するでしょうに。
訴訟というか この場合は新聞社も乗り出しているので そちらの方向に行くと思います。
Commented by cazorla at 2006-10-24 07:30
ジャイママさん この方一年間ほんとにつらかったでしょうね。
私だって もしそんな場合死んじゃいますよ 病院でも死にそうな目に遭うのに。。お互い 何で胎児が育ちすぎるのか・・へその緒通してたくさん栄養とっちゃうんですね。
Commented by nena at 2006-10-25 19:23 x
私も思うのですが、一度どこかの医者がその症状に対して結論を出してしまうと、他の医師にセグンダ オピニオンを求めても口をそろえてしまう気がします。あえて自分の仲間の決断に異論はしない。そんな気がします。
でも無事の健康な子供が生まれてよかった。
Commented by cazorla at 2006-10-26 07:50
ネナさん 気の狂った女医さんの事件おぼえてますか?
彼女のこと みんな変だと思ってたんだけど
おとうさんが 政治家だか コミュニダッデマドリッドの高位の人だかで
だれも言えなかったんでしょ?
公立というのはそういう点があるから
自分でもしっかりしとかなくては・・と思います。
ほんとにこの赤ちゃん 無事で良かったですよね。
でも 苦痛に対してなんらかの形で謝罪しようとはするのでしょうかね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-10-22 07:44 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(22)