伊勢丹夫売り場でみつけました。

今日の夕焼けです。
e0061699_7333528.jpg

死んでいった魂に兵士は必要ない と夫が言う。
彼の言う魂は擬人化されていない抽象であり それは純粋なものである。
人間の中に潜んでいる魂を あなたは信じているだろうか。

マリア・モンテッソリーは イタリアの教育者。
彼女は敬虔なカトリックでもある。
子供達が自分の興味を持つ物に静かに向き合っている時
精神は集中し
魂は正しい働きにもどる と言う。
集中することは 祈り ということだろうか。

生まれたての赤ん坊にも
年取って 自分のことができなくなった老人にも 魂がある。
その魂と向かい合うことが 人権を守るということなのかもしれない。
私たちは ほんとうに魂を信じているだろうか。

ある日 突然誰かを好きになる。
もしかしたら それは魂がふれあったのかもしれない。
だって たいていの場合 あなたが突然好きになった人は あなたのことをやはり好きだから。

ずっと昔東京に住んでいた。
そのうち最後の5年間は夫と結婚し その間に子供も二人生まれた。
下落合の小さな分譲マンションに住んでいた。
すると 公園のママ友達が言った。
「えーーっ あのマンション買ってるの――?
すっごい ご主人 外人でしょ?
そんな質の良い外人 どこで見つけたの?
私も どうせなら外人のほうが子供もかわいいしさー
でも いっつも私の知り合う外人って 質が悪いのよ」

夫に言った そんな質の良い外人どこでみつけたの って訊かれたよって。
夫は言った そう 伊勢丹の夫売り場でみつけました ってちゃんと答えてあげた?

もし 彼の肉体の中に魂があることを知っていたら
こんなことを 彼女は言っただろうか?
彼はモノではない。 

これは 外国人に対してだけではない。
男全般にも
自分の子供達にも
モノとして 完璧であることを望みながら
その中に存在する魂を慈しんでいない そんな気がする。

差別というよりも 魂を認識すれば 良いのだと思う。
差別用語が削除されても 一人の人間に対する敬愛の念がなければ 同じことだ。

これは anthonbergさんの 外の国から来た人 を 読んだあとに書きました。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4458036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pfgia at 2006-10-31 09:41
質の良い日本人妻は何処で売ってるんでしょう... 苦笑。互いに互いの魂を慈しむ心の存在がある人生を送るって素晴らしいことだと思います、だから今の相棒と一緒に暮らすことにしました。このエントリを読んでちょっとそのことを思い出しました、ははっ。古仏語「estrangier」が派生して西語「extranjero」になり、「外国人」と日本語訳されているだけで「異人」という訳が本来意図する言葉に近いと思います。アメリカの役所用語での非アメリカ人はalien(エイリアン)ですしね。外国人の省略で外人になったってこともありますが、差別用語だから気をつけようという動きも小さな一歩。言い方を変えたところで日本人の中にある異邦蔑視的何かって簡単には変わらないんじゃないかと思います。(って、anthonbergさんところでコメントすりゃいいんですよね、すみません。笑。)
Commented by yumiyoo at 2006-10-31 14:03 x
あまり難しい事はわかりません、深く考えすぎると、今日も息子達の食事がおそまつ君になりますので、無神経の言葉を発する人は大勢います。その人たちが深い意味も感じずに発している場合もあるのです。
永山則夫・・連続殺人魔が出版した“無知の涙”を何故か思い出しました。
無知な為の言葉もあるのでは・・?日本人は島国なので外国人に対して馴れていない
そのための言葉だったかもしれませんね、カソルラさんの感受性を敏感に感じずに発した言葉ですね。でもそれが、差別用語なのかは疑問ですね。
又長くなってTBしそうなのでやめます。自分の書きたいことが何時も後回しになっちゃてるんですよね。気になって・・・
私にも在日のお友達?がいます。たまちゃんとダックです。あ~~長くなる、又今度。
Commented by antsuan at 2006-10-31 14:07
『仏創って魂入れず』という諺が有りますが、人間の場合は大抵魂に合わせて肉体が作られていると思います。そういうちゃんとした肉体を見分けられないのはやっぱり自分自身の魂に問題が有りそうですね。しかし、伊勢丹だったらちゃんとした旦那を売ってくれそうな気もするのですが・・。(笑)
Commented by sahanji_yoko at 2006-10-31 16:25
その公園ママさんの軽いひとことに、たくさん日本人の偏見がつまってますね。外国人に対する偏見だけじゃなくて、質のいい夫=稼ぎが良い、とか。
昔、友人の1人が年収、家族構成、勤め先をチェックしながら彼氏を毎月かえてるのをみて、過去の彼氏さんたちが気の毒でした。好きな気持ちが第一じゃないのかと。しかし、彼女は伊勢丹に売ってそうな旦那をつかまえましたので、私は複雑です。しかし結婚式のスピーチ頼まれた時はこまりました。
Commented by anthonberg at 2006-10-31 18:25
TBありがとうございます。私がcazorlaさんの記事を読んで感じた事は、日本人は日本で生活していると『人間みな平等』という考えを当たり前に持てないと思いました。どこかで差別、区別がある。特に日本人以外の人に対する、区別。アジア人を低く見て、西洋人には憧れがある。また外国人と付き合っている事を自慢する人もいます。そういう心が『ハーフの子供はいいな』などに繋がるんだと思います。質がいい=高給取りという考えは今の日本を主張している気がします。お金と時間がないと、なかなか豊かな心になれない国かな?と思います。(日本にいた時どっちもなかった)
『大卒』や『安定した会社』の人と結婚しなさいと未だに言う人もいるらしく誰でもお金で苦労して欲しくないから、どうしても稼ぎと質が一緒にされて、それが良い事という考えになってしまうのかな?と思います。日本にいる外国人で会社勤めをしている人は逆に私達より給料は良い方なんじゃないかな?と思います。英会話の先生も夏休み2週間貰えるのに私より高給で、やっぱり複雑な気分になりましたよ。(苦笑)
Commented by anthonberg at 2006-10-31 18:42
あ、あと『伊勢丹』について。
実は私伊勢丹で働いていた事ありまして、いわゆるデパートでも伊勢丹はお客様から上位扱いなんですよね、質に対して。なので『質のいいご主人=伊勢丹で売っている』というコメントは面白いなと思いました。なぜ東●や西●じゃないか?こちらは百貨店ですから質より値段、量になる。ご主人がデパートか百貨店かの違いを考えて言ったのなら日本の文化を知っているのだろうなと思いました。
Commented by seilonbenkei at 2006-10-31 20:31
性同一障害の友人がいます。周りから彼と呼ばれる彼女は、泣きたい夜に何通も立て続けにメールを送ってきます。おかげで携帯の着メロがなりっぱなしです。
その友人に、cazorlaさんのこの記事を贈りたいと思います。相手は携帯ですから長文は無理なので、最後の二行だけをお借りします。

カミさんがcazorlaさんのファンになりました。cazorlaさんもすごい人だけど、ご主人もすごい。すごい人にはすごい人がつくのね、と彼女は言うのですが、すごい人にダメな人がつく場合も(以下略)

そうそう、リンク先ですが、parameter error とやらで表示できません。コメント欄からanthonbergさんを探して飛んでみました。cazorlaさんが見た世界は除いてみたと思う私です。のぞき趣味なんです(笑)
Commented by junjapon at 2006-10-31 20:37
こんにちは!  旦那様の言った言葉、面白いです、『伊勢丹・・・』(笑)おみごとです! 人を質でみてるって・・・差別でみてみえますね。なんだか可哀想、形(外見・いい仕事・お金持ちなど)しかみえなくて。

今日は悪ガキあらわれてません。昨日12時すぎだったんだけど、今日はまだ遅いのかな??
Commented by africaespa at 2006-10-31 20:37
いやー、テーマと外れてますが、旦那様の一言に惚れますねっ。
こういう一級の皮肉がさらりと言えるところ、すばらしい。
cazolraさん、毎日一緒にいて楽しいだろうなって思います。
Commented by penguinophile at 2006-11-01 01:38
「質の良い外人」という表現はすごいですね。「外人」という言葉、実は私も使いますが、こんな無神経な台詞を投げつけられたら、いっぺんで嫌いになるでしょう。いっそ開き直って「ワタクシは質の良いガイジンを探しにハロッズまで参りましたわ。オ~ホホホ!」とか言ってみましょうか?あぁ何だか書くだけでもバカバカしい。
「肉体の中にある魂の存在を慈しむ」・・・結婚生活の新人としては、胸に刻みたい重い言葉です。

本題と無関係ですが、実は下落合という地名に反応して出てきてしまいました。私の故郷は野方です(すみません、超ローカルで)。
Commented by cazorla at 2006-11-01 03:59
pfgiaさん 「異人さんにつれられて~」「舶来品」「南蛮渡来」いろんなことばがありますね。 南蛮人て明らかに差別だけど 南蛮渡来のものでございます ってうやうやしく悪代官に悪商人が差し出す時 それはすごく特別良品を意味しています。エトランジェって ボードレーヌの詩もありましたが 日本語訳 異人でした。 やはり外国人では詩になりませんもんね。 
とりあえず なにかしなくっちゃ と言う時 ことばをさわるのは スペインも日本も似ているな とは最近思うことです。
Commented by cazorla at 2006-11-01 04:04
fumiyooさん yumiyooさんになっているので どちらさんかと思いました。
無知は罪である と言う言い方もありますが 
ただ カソルラという田舎に住んで思うのは ここは今ではヨーロッパ中の人が来て住んでますがちょっと前まで ヨーロッパ内の人でさえも見たことがないくらい 島国以上に 閉塞した場所でした。 今でも 中華料理食べるためには車で1時間以上の所に行かなければなりません。 首都のマドリッドに行ったことのある人もまれ そんな場所です。でも 私は嫌な思いをしたことはないです。たまに 観光客がじろじろ見たり こんなところにまで中国人が とか言ったりしていることはありますが。 無知であっても 世界を知らなくても 正しく世界を把握して どこの国の人ともつきあえる人もいると思います。 それが礼だと思うのです。
Commented by cazorla at 2006-11-01 04:07
あんつぁん 魂にあった肉体 というのも人によってはけっこう誤解を招く言い方だと思います。 私はアンツァンのこと知ってるので だいたい意味することはわかるような気がするのですが。 肉体というより その人から出ているオーラのようなもの そういうことではないでしょうか。 品のある というのは お上品 ということではなく その人のたたずまい のことですね。 
で 奥様はどちらで やはり伊勢丹でございますか?(笑
Commented by cazorla at 2006-11-01 06:16
さはんじさん そういう人もほんとうにいるのですね。
山一証券が 倒産した時 家をさっさっと出ていった妻 夫をささえて頑張ってる妻 色んな物語がありました。 
そういうふうに選んじゃうと その点数が下がった時 どうするのでしょう。
純粋に愛だけで結婚しても 別れる場合はありますから 一方的に批判はできないのでしょうが・・・
Commented by cazorla at 2006-11-01 06:28
anthonbergさん 外国人がわざわざ遠い 日本で働いているのですから 給料は良くって当然なんだ と思います。 E★Cが午後四時間の授業で 四十五万の給料でした。 ただし 英語ネイティブ 金髪 青い目の場合です。
友人はトロント大学を卒業した才媛 フランス留学経験もあるカナダ人でしたが 韓国系のカナダ人だったので どこも彼女の希望する条件で雇ってくれませんでした。
伊勢丹は やはりセンス良いと思います。 普通のデパートでは 買いたいと思うモノに出会えないけど 唯一 いいものがあるのは 買い付けの人がちゃんと自分で海外に行ってるからなんですね。 1989年頃入社の男の子 最初は家庭用品売り場担当でしたが もしかしてご存知かも。 
うちの夫は 日本に13年住んでいたので かなり日本通です。
六本木も ディスコも 下町も 昭和公園も 奈良も 父島も
アジアの国もほとんど行っています。 行ってないのは ビルマくらい。
いつかビルマに行きたい と二人で言っております。
Commented by eaglei at 2006-11-01 06:32
「集中することは 祈り ということだろうか。」
僕も、そう思います。
そこにいる自分を感じ、命が定まる感じって最高だと思います。

このような一瞬の連続であったなら、良いのですが。
集中って、連続にはならないものです。
集中できるスイッチを自分のものにしたいです。
時にはONして、時にはOFFして・・・。


Commented by cazorla at 2006-11-01 06:33
セイロンベンケイさん 奥様も読んでくださってるんですか?
ありがとうございます。 ばかなことはかけないわ。
私が セイロンベンケイさんのことを尊敬しているのもご存知でしょうか。
その方が尊敬している奥様 最高の方なのだと思います。

最後の2行 書き殴りなので 何を書いたか今読みました。
勢いで書いていますので
セイロンベンケイさんやペケさんのように きちんと考えて書きたいと思いながら・・

Commented by cazorla at 2006-11-01 06:35
junさん 外国人の差別より 人間関係の修復みたいなの大切だな と思います。
人との関係も損得で考えるって モノ扱いですから・・・
うちの夫 なかなか良いセンスでしょ?

悪ガキ 昔みたいにユーモアのあるいたずらができなくなったようですね。
Commented by cazorla at 2006-11-01 06:37
くーまくーまさん 惚れていただいてありがと です。
面白いんですが 私もがんばっておもしろいこと言おうと なかなか大変な所もあります。 (笑) お笑いタレントの ライバル意識みたいですが・・・
Commented by cazorla at 2006-11-01 06:41
penguinophileさん ハロッズ! いいですね。 次回使います。って スペインじゃ使えないな~ 彼女 お出かけの時 シャネルのバッグだし 旦那はBMWに乗ってるし
言われた時は 頭が白くなって 何も言わなかったような あまりそのあとのこと覚えてないのです。 ただ あまりビックリしたので家に帰って報告したら その答えで 笑ってすっきりしました。

野方ですか。 おっぱいクリニックに行ってました。
西武新宿線って なかなか味のあるところがいっぱいですよね。
新井薬師とか・・ね。
Commented by cazorla at 2006-11-01 06:43
eagleiさん 集中すると あとで気持ちがよくなったりしますよね。
子供も 一心に何か作った後 すっーと きもちよさげに 笑ってたりします。
集中するって大事なことですよね。
脳の老化対策にもいいと思います。
Commented by junjapon at 2006-11-01 06:44
cazorlaさんも、おみごと!そうですね、人との関係も損・得で考えてるなんて、そうだモノ扱い同様だ。なんて、こった~・・・  今日も悪ガキきて、投げられました。ブログの方に書きましたが・・・

Cazorlaさんご夫婦、おもごと!!連発して言ってますが、いい!!素敵だ~!!
Commented by nena at 2006-11-01 07:29 x
魂で結婚したら外見は関係ないですものね。知り合ってから20キロ太った彼も魂で結婚したなら許すしかないか・・
Commented by cazorla at 2006-11-01 08:29
junさん 今 読んできました。
全く 私も読んでて 怒りました。
心から楽しいってことを知らない子が多いからそんなつまんないいたずらするのです。
その子たちも 人との関係をどうして良いかわからないんだと思う。
というより想像力がないから あまり考えないのかな?

うちの家に水の入った風船投げてた子
うちの犬が川に落ちた時 一緒に助けてくれた。
ほんとは良い子だったりするんだけど 
本人も助けたあと なんかうれしそうだった。
なにしていいかわかんないのかもね。
Commented by cazorla at 2006-11-01 08:29
ネナさん 知り合ってからって 何年くらい?
20㎏ それはネナさんのお料理がおいしすぎるからでしょう。
Commented by りろ at 2006-11-02 07:57 x
cazorlaさん、日本人の外国人に対する構えみたいなもの、不思議ですよね。確かに慣れてないと緊張するのかもしれないけど、何故、ふつうに誠実に一対一でコミュニケーションしようとしないのでしょう。ある時、多言語のグループに入っていた頃、韓国やアメリカやイタリアやいろんなところからホームステイに来た大人や子どもたちと、温泉ツアーに行ったことがありました。行った先の旅館やバスの中で、周りの日本人が外国から来た人たちにちっとも気を遣ってあげないで自分たちばかり歌ったり踊ったりしているので、「外国から来てことばがわからないところに放り込まれて誰にも気遣ってもらえなかったら不安だろう」と思って、できるだけ声をかけたりおしゃべりしたりするようにしていました。そうしたら、ある日本人から、「○○さん、ガイジン好きだね〜」と言われたのです。その時は、ビックリしました。だって、ホスト国側の人が外から来た人に気を遣ってあげるの、あたりまえじゃありませんか。自分たちが企画して呼んでおいて、ね〜。
Commented by りろ at 2006-11-02 08:09 x
それと、道で指さされて「ガイジン」呼ばわりされて、嫌な思いをしていた外国人の同僚から、よく、グチを聞かされたものでした。
それにしても、白人の人を「ガイジン」と呼びアジア系の人を「アジア系」、アフリカ系の人を「黒人」と呼ぶ、という言い分け方をしている人、いますよね。不思議だし、なんだか白人が「ガイジン」の本流で、他の人たちは本流ではないかのような差別意識を感じて、気持ち悪い。これって、やっぱり、明治時代からの西洋コンプレックスの名残なのでしょうか。
Commented by cazorla at 2006-11-03 06:34
りろさん 外人好きだね って言い方いやですよね。
私は言われたことないんだけど (私が住んで他地域は比較的国際結婚多かった)
人によっては 国際結婚していると外人が好きなの って露骨に訊いてきたりする人もいるそうです。 
あと 例え赤ちゃんでも 外人でいわれると傷つくの。
うちの娘が赤ちゃん時代 外人みたい かっわいい って良く言われてたんだけど 言ってる方は悪気はないけど すごく人恐怖症みたいになって 人が近づくと 避けたり カメラが嫌いになったりしていました。 
色を使うのも嫌よね。 だって私も黄色いって言われると やっぱり気分良くない。 だって黄色とはまた違うし。 スペインでも 何色の女の人がいいですか というアンケートがあって 怒った。 黄色 しろ 黒 茶色だって。 
Commented by りろ at 2006-11-05 08:20 x
何色の女の人がいいですか、って、それ、おそろしく無神経な野蛮な発想ですね。人間と人間が普通に魂で向き合えるようになるまで、私たちは、まだまだ、遠い道を歩いていかなくちゃいけないんだろうな〜。
それに、赤ちゃんでも外人って言われると傷つくの、わかります。それ、魂で向き合った時に出てくるコトバじゃありませんものね。好奇心で見つめる時に出てくるコトバですものね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-10-31 08:02 | 夫のことば | Trackback | Comments(29)