セグラ Segura de la Sierra  安全な街

e0061699_7553320.jpg

ハエンの北西に位置するセグラ。 セキュリティという意味の村です。
こんなに高い所にあって 城も大きいし まず安全ということでしょうか。
まわりは オリーブ畑。 あの山のてっぺんにある村です。
人口1171人
マドリッドに近いので マドリッド住民のセカンドハウスが多いです。
スーパーはなく お肉屋さんと 八百屋さん たばこ屋さん レストランが数軒 そんなかんじ。
でも いわゆる過疎村の雰囲気ではなく きちんと 修復されたきれいな村です。
ヨーロッパ各国からも観光客が来ています。
最近はお城を巡る旅というのも流行らしいです。

e0061699_7554922.jpg

少し近づいてみます。
e0061699_756585.jpg

村の入り口には セグラ出身の詩人 ホルヘ・マンリケの像。
詩人にして兵士。 兵士にして詩人。 スペイン版二宮金次郎的?
e0061699_864454.jpg

城の上から見た村の様子。
この小さな村でこの礼拝堂の大きさ。 かつては重要なポイントだったのが想像されます。
e0061699_7562717.jpg

城はかなり高い位置にあるのですが この岩山を軽々と走る野生のやぎを発見。
普通は人間にあまり近づかないのに うちの子供達にちょっと触って 行ってしまいました。
うちの子達も この岩山をかなり軽々と登っていたために 同類だと思ってちょっと挨拶したのでしょうか。
e0061699_7564722.jpg

あまりに静かだったので 旗が風ではためくたびに音をたてていました。
旗って音がするんだ と初めて思ったので・・・
旗はスペインの旗ではなく EUの青い旗でしたが。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4470940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by horaice at 2006-11-02 11:46
旗の音がこちらまで伝わってきました。カソルラさんの言葉の力ってすごいですね。
スペイン版二宮金次郎・・・立ち方が面白いです。右手は、武器をいつでも取り出せるようにしているのか、ただ腰に手を当てているのだけでしょうか??
オリーブ畑と礼拝堂の写真、見るとスペインに行きたくなりましたぁ><スペインって'村'が沢山あるのですね。
Commented by marshM at 2006-11-02 19:30
グラナダからマラガに行くバスの車窓から、
同じ様な街の風景を何度か見かけました。
時間があったら途中下車したくなる様な風景。
こういった街、たくさんあるそうですね。

リンクありがとうございました。
こちらからもリンクしました。
Commented by seilonbenkei at 2006-11-02 22:36
最後の写真、縦横を間違えてるわけじゃないですよね?
鹿、、、落下状態。これ見て馬で駆け下りた義経ってすごい無謀な奴の気が・・・。
私が最近スペインスペインっていうおかげで我が家はちょっとスペインブームで、新聞に折り込みで入る旅行のパンフレットとかを皆で見てため息ついています。こういう写真を見るとますます行きたくなるなぁ。cazorlaさんと同じ世界が私にも見えるかな。
Commented by cazorla at 2006-11-03 06:56
horaiceさんのコメントで 本を持ってない方の手をじっと見たら やっぱり 武器に手をやっているのでしょうね。
二宮金次郎の 勤労と勉学 とおなじで 武器と本が テーマなのかもしれないですね。 旗は きっと昔はどこでも音を立てていたんでしょうね。
Commented by cazorla at 2006-11-03 06:58
marshMさん バスで旅行するのは楽しいですよね。
アンダルシアは特に 電車の通ってないなにげない村がきれいだったりします。
人も 素朴だし お土産やではない 普通の工芸品店があったり

リンクありがとうございます。
Commented by cazorla at 2006-11-03 07:00
セイロンベンケイさん 自分でも 間違っているのではと 思ったくらいです。
義経もすごいけど 馬もすごいですよね。
ぜひ あそびにいらしてくださいね。
今度少しずつ 16年前の一人旅の旅行記も書いていきたいと思います。
殆ど覚えてないのですが・・・
資料は母に送った手紙です。
Commented by eaglei at 2006-11-03 11:18
まるで映画の世界ですね。タイムマシーンで中世に戻ったように感じます。
水道は、電気は、電話線は? どうしているのか、気になります(笑)
Commented by cazorla at 2006-11-03 18:48
eagleiさん このまま映画撮影してもおかしくないかもしれないですね。
少なくとも戦前の雰囲気にはどこでもなるのではないでしょうか。
歩いていると ほんとにタイムスリップした気になります。
Commented by transitroom at 2006-11-05 21:51
山の上の方に集落を造るってのは、異民族からの”防衛”手段でもあるらしいですね(゜o゜)
中東あたりの古い村にも、結構残っていたりしますよ♪
Commented by cazorla at 2006-11-06 03:23
トランジットルームさん やはり 見晴らしがいいと 安心感が違うんですね。
でも 建築素材を持っていくのはたいへんだったでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-11-02 08:13 | アンダルシア | Trackback | Comments(10)