スペイン貧乏旅行記 ①

1990年 1月から三ヶ月初めてのスペイン旅行をしました。
旅行予算は 飛行機代は別にして20万円。
当時はまだまだスペインは安かったのですが それでも かなりぎりぎりの貧乏旅行でした。 
覚えている範囲で スペイン旅行記をまとめていきたいと思います。

なぜ スペインに行ったかと言うと その時当時の恋人が (オレンジジュースを誘ってくれた人です。 彼と八年つきあっていたので実は私は 元・恋人の数って少ない) 卒業旅行で アメリカに行ってしまうので その間 すごく淋しかった。 私はやわな女でございます。
だからって 一緒にアメリカに行きたいともあまり思わなかったし 留学している友達とか弟に会いに行くのだから たまには一人で行くのもいいだろうと。 それで 私がスペインに行き 10日ほど スペインで一緒に遊ぼうということになりました。
マドリッドで待ち合わせです。
彼は12月から アメリカに行っていたので 1月の再会は一ヶ月ぶり。
マドリッド到着は 十時すぎだったのだけど 七時くらいから 空港で 飛行機の到着のお知らせテーブルががちゃがちゃと文字を変えるのをずっと見ていたそうです。

スペインに行くにあたって 2週間で 頭にスペイン語基礎を詰め込みました。
旅行する時は一応現地のことばを ある程度頭につめこむことにしています。
インドに行った時も もちろんインドはいろんなことばがあるけど とりあえず ヒンズー語を 頭に詰め込んででかけました。
特に 料理の名前なんかは 必須です。
英語のメニューのない所の方が 絶対安くて おいしいから。
それから 値切る時の決まり文句。
ホテルの条件を聞く。
道を訊く。
スペイン語の本専門のお店に行って 一番薄くて 安い本を一冊買いました。
作者はスペイン人。 名前は忘れましたが 旅行用あんちょこではなく 基礎のくせに最初からスペインの習慣は みたいな簡単なエッセイ。 全部で24ページを丸暗記です。
私は基本的に 語学の才能はないほうなのですが スペイン語は それだけで 三ヶ月 かなり色んな人とコミュニケーションがとれたので 自分にあってるのだな とおもいました。
やはり 自分にあう言語ってあるのだと思います。

最初のスペインで一番の印象は 年を取った男性達の元気の良さです。
公園で ちょっと一休みしていると 少し離れた所に列ができます。
一人ずつ 現れては 片膝をたてて なにかまくし立てます。
まだまだ語学力がなかったので 全部は理解できなかったのですが その前に読んでいた典型的なお誘い文句に似ていたので わかりました。
「あなたの国は今 暗いだろう。
だって 太陽のように美しいあなたがここにいるから…」
というようなことを言ったあと お茶などに誘ってくれるのです。
お断りすると 次の人が来ます。
また 作り話してんでしょう と思われてしまいますが 16年前は ほんとにそうだったんです。
それに私もまだちょっとかわいかったし。
日本の女の子がひとりで 旅行しているのもまだ珍しかったのかもしれません。

それから 一度歩いていたら 胸をいきなりさわられました。
私は怒り狂って 殴ろうと思い 追いかけました。
今 考えるとそういうのは危ないのですが 若気のいたりです。
すると しばらくすると おじいさんがどうしたの?と訊いてくるので 訳を話して あの男をおいかけているのだ というと それは大変 と言って 一緒に 走り始めます。
私たちが二人で走っているとまた別のおじいさんが来て・・・
と言う具合にふと気づくと三十人近いおじいさんが一緒に走っています。
あまり 走って 心臓発作でも 起こされても困るので 殴るのはあきらめました。
それで のども渇いたのでみんなでバルに行って 冷たい物を飲みながら少し話したりしました。
おじいさんたち目をきらきらさせて訊いてきます。
「で どうゆーふうにさわったの? こーゆーふうに触ったの?」
こらこら 触るなよ!

というような スペイン旅行に絶対やくにたちそうもないスペイン旅行記をつづっていきたいと思います。 つづく

e0061699_8541227.jpg

おまけです。
バレンシアで会ったフランス人水兵さん。
これも若気のいたりです。 別にハンサムでもなんでもないんだけど わっフランス人海軍♪てだけで 写真撮らせて~ なんて言ってる私。 
でも おいしくて安いレストランも フランス人の水兵さんってよく知ってます。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4495799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by horaice at 2006-11-06 11:26
cazorlaさんって面白すぎっ!!って失礼しました~;-p 魅力がいっぱいですね。
どこかに行く前に、その国の言葉を覚えていくというのは、その国の人に対する礼儀のような気がします。cazorlaさんのそういう 人の気持ちに対する敬意があり 努力するところ尊敬します☆
私はぶっつけ本番なことが多いので・・・愛嬌程度に言葉を身に付けるようにしていますが~言葉を知っていると その土地の人とも 話せないときより、いっきに近くなれたりしますよね。
フランス人。cazorlaさん流石目の付け所がいいですね。お兄さんのポーズもなかなか;-D
Commented by luna at 2006-11-06 11:58 x
30人近いおじいさんが一緒に走って・・・すごい。優しい。そしてまるでコントみたいに面白い(笑)私もスペインを一人でふらふらと旅していた時、優しい人達にたくさん出会いました。当時は(というか今も幼稚園児並ですが)挨拶と簡単な言葉しか話せなかったけれど、本当にスペイン語を学び始めたすぐの頃でどんどん覚えていくのがわかり、会話出来るのが楽しくて仕方なかったんです。
その後スペインでは嫌なことも経験しましたが、やはり最初の頃の印象がすごく良くて温かくって、だから今も好きで居続けられるのかもしれません。それにしても通りすがりに胸を触るなんて失礼な男!!!
Commented by transitroom at 2006-11-06 12:16
あはは(^◇^) 懐かしき思い出ですねぇ♪
それにしても30人もの人に追いかけられちゃ、犯人もビックリですよね(^^ゞ
そんな光景を1度見てみたいかも?(笑)
Commented by miki3998 at 2006-11-06 17:55
次から次へと、話題が尽きませんね。cazorlaさんのブログ、ただのブログにしておくにはもったいないわあ~。つまらない小説を読むより、ずっと面白いです。benkeiさんと、風待ちさんと3人で何か出来そうですね。最近、コメントを入れるのもはばかれます。私はボキャブラリーが貧困な上に、素直すぎて(?)話をストレートにしか捉えられません。深く読むのが苦手なんです。(笑)

  オマケのお写真、てっきりご主人かと思いました。おまけなんて失礼ですよね・・・。   やっぱり、単純な私!
Commented by junjapon at 2006-11-06 18:13
すごい勉強していかれたなんて!私も12・13年前スペインへ一人旅しましたが、簡単な挨拶程度で、初海外って事もありワクワク・ドキドキ感がすっごくあったものの何にも考えずぶら~~りとでかけました。それだから、お金ぼられたりするわけだ?? おじさん達団結力すごいですね。今度の旅ブログも楽しみだ~~(笑)
Commented by seilonbenkei at 2006-11-06 23:39
2週間でひとつの語学の基礎を頭にたたき込める人が私は語学の才能がないなんて言うとイヤミにしか聞こえないわけですが(笑)しかも「まだまだ語学力がなかったので 全部は理解できなかったのですが」って、、、「全部は」ってやっぱりイヤミだ(^^) 
でも、やっぱりcazorlaさんはあのお母様の子どもです。「間違いない!俺の思いこみ!」(わかんないだろうな、これ)

さて、cazorlaさんの胸をさわりたくなった男の気持ちがなんとなくわかる気もしますが、私がそうする場合はいきなりじゃなくてお願いすることにします。殴られるのは嫌だから。
にしても、いつものcazorlaさんの記事じゃないような・・・。続きが楽しみだ。
Commented by cazorla at 2006-11-07 00:25
horaiceさん 一番の理由は おいしいものを安く食べたいから現地のことばを覚えるんだけどね(食いしん坊なので)でも やはり 人とつながれるし 少しことばがわかったほうが楽しいですね。 
この旅行でフランス人の見分け方も学びました。
フランス人って ボンジュールって 外国で声かけられるとすごい嬉しいみたい。
Commented by cazorla at 2006-11-07 00:29
るなさん 嫌なこともたしかにありますね たまーに。でも 第一印象って大事ですよね。 これはたぶん人にも言えることかも。 いい思い出があると 少しくらい嫌なことがあっても とりあえずがまんしとこ と思いますものね。
母音がはっきりしているから 日本人には発音が簡単でスペイン語は覚えやすいです。
英語圏の人は あいうえおがちょっとなまっちゃって
ブエノス・ディアスも ボーナス・ディアスみたいになっちゃう。
Commented by cazorla at 2006-11-07 00:30
トランジットルームさん マラソン大会 老人組みたいでしたよ。
捕まえられないと知ってか たまにこっちをみたりしてるの 嫌な奴!
でも なかなか楽しい思い出です。
Commented by cazorla at 2006-11-07 00:34
mikiさん ネタがなくなると 過去をほじくりだします。
これが若者にできない 技(わざといえるか??)です。
Commented by cazorla at 2006-11-07 00:35
junさん 初海外がスペインだったんですね?
なぜ スペインに行こうと思われたのですか?
その時はほかの国にも行かれたのですか。
ほぼ 同じ時期ですね。
その旅行が 今 スペインに住むことに繋がっていったのですか。
Commented by cazorla at 2006-11-07 00:40
セイロンベンケイさん  ほんとうに 語学力 ないんです。英語もまともにしゃべられないし。 フランス語も ちょびかじりだし。 スペイン語 あいうえおがはっきりしていてローマ字読みなんで 入り口はらくなんですよ。
スペイン語はっきり発音するから性格にあってるかも しれないです・・・

>胸をさわりたくなった男の気持ちがなんとなくわかる気もしますが て?
見たら絶対頼む気もうせます。
第一あの時よりさらにさがって(なんでおたおた説明してるんだ私??)
Commented at 2006-11-07 02:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junjapon at 2006-11-07 02:34
13年前、実家にある某テ-マ・パークでちょうどオ-プンした時私もそこで働いてて主人と知り、それでスペイン行ってみたい、主人の育った所みてみたいそれだけです(笑)  ほんと同じ時期位ですね(笑)初めて行った時はイベリア航空を使ったので成田から行きました。スペインへは遠距離時期もあったので、かれこれ18回往復してました。なのにマイルを全く知らず貯めてません、おバカです。スペインはサラマンカまで行きましたが、北の方行った事ないのでいつか旅したいですね~!
Commented by anthonberg at 2006-11-07 02:36
スペイン語がはっきりしているのは日本人には有り難いですが、巻き舌がありますよね!あれが出来ないとスペイン語がクリア出来ないと思いますので私は挫折しました、って言うか覚えようと思った事もないんですが。(苦笑)
知らない言語だからかもしれませんが、凄い早口だと思います。
旅行に行って『何で外国人に向かってそんなスピードで話すんだ!』と思うくらいだだだーっと話すので参りました。
胸を触る人ってどこの国にもいるんですね。私は尻でした。cazorlaさんはグラマーそうなイメージです。私の場合胸はなさ過ぎて誰も触る気ないんだと思います。(爆)
Commented by pfgia at 2006-11-07 02:39
スペインの男性、たしかに元気良いですね、笑。私がスペインへ行って感銘を受けたのが「女性」でした、年齢、既婚/未婚に関係なく女性として生きているなと... 結婚して子供が出来たから120%母親だけになっちゃうなんてことはないのかなって... 自分もそうありたいと思うようになりました。スペイン旅行記楽しみですね。そうそう、ジャクソン・ポロックの作品に最高値がついたことにうちの相棒は怒ってましたけど、市場は彼の意見とは違ったようですね、笑。
Commented by eaglei at 2006-11-07 06:10
スペインのおじさん、おじいさん、ほんと元気やあ~。
まるで、コマーシャルにしたい記事です。
おもろ~!

昔あった香水のコマーシャルを思い出します。
Commented by りろ at 2006-11-07 07:04 x
cazorlaさん、いくら薄い本でも一冊暗記してしまうなんて、やっぱりすごいです。動機づけがはっきりしていなければ、できないワザですよね。私は19歳の頃、エルサルバドル(内戦前)に学生旅行で行って、そこでスペイン語の現在形のいくつかの表現を習い、店で値切るくらいまではできるようになったけど、帰国後、勉強を続けようと思ったのに、旅行中の天にも昇るような楽しさに匹敵するほどの動機づけを失って、続かなくなってしまいました。コトバって、誰に、何のために、何を伝えたいがために覚えるのかが、いちばん大事なのでしょうね。赤ちゃんがコトバを覚えて使い出すのを見てても。
Commented by cazorla at 2006-11-07 18:33
鍵コメさん みなさんそれぞれ 運命の地みたいなのがあるのでしょうね。
ここに住むことになるなんて私も考えてみませんでした。
Commented by cazorla at 2006-11-07 18:35
junさん あのころはイベリアありましたよね。
長女が赤ちゃんの時 イベリアに乗ったのですが
子供のことに関してはやっぱりイベリアが一番です。
オモチャとかかわいいオムツとか
アサファタも すごく優しいし。
でも ちょっと高いのですよね。
Commented by cazorla at 2006-11-07 18:37
anthonbergさん 言語ってあうあわない やっぱりあるのですよね。
私は 聞き取りに関しては スペイン語は最初からスムーズで 簡単やん
と思ったの。でも その後ちゃんと勉強しはじめたら
やっぱり難しかった・・・。
それぞれの言語で うらにある文化とか ニュアンスとか わかんないと難しいですよね。 デン語はさらに難しそうですね。
Commented by cazorla at 2006-11-07 18:40
pfgiaさん 五十以上のセニョーラスがかわいいピンクのビキニで 日光浴したりしてますよね。 彼女たちとの会話って楽しい。

絵を買った人 メキシコの人ですね。
メキシコでは有名な方なんですか。
超お金持ちですね。
Commented by cazorla at 2006-11-07 18:42
eagleiさん コマーシャル・・・・つくれそうですね。
シリーズ化もできそうです(笑))

香水のコマーシャル おぼえてないです。
いつごろのでしょうか。
5年以内だとやっぱり見ている可能性ないです。
フランス風コミカルですね。
Commented by cazorla at 2006-11-07 18:43
りろさん やっぱりせっかく三ヶ月放浪なので 少しは なにか話したいと思いました。
カード作って 暗記したの。まるで受験生みたいに。
たまに そうやって集中して脳みそ使うのって気持ちいい。
大人になって 点数とか関係なくなると その気持ちよさがわかるんですね。
エル・サルバドルに行かれたんですね。
その時のこと また お話ししてくださいね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-11-06 08:40 | 思い出 | Trackback | Comments(24)