私の本棚 ★永平寺へ 行こう。

クリスマスはもうじき。  の記事の中で フランスのカードを紹介したら そのバッグの本棚を見て 
「棚の本が高さを揃えて置かれてないのが気になる私。背表紙を向こう向けて突っ込んでるのとかも。けっこうこういうの神経質。」という コメント頂いたので・・・
で背表紙を向こう向けて て・・・ 私 けっこう無頓着だけどそれはしないぜ と思ったら これでした。
e0061699_0132658.jpg

こういう作りになってるから 背表紙もなにもないのよ。
経典でございます。
e0061699_0134265.jpg

隠れ仏教徒なの(笑)

ファンシーダンスが映画化された時 永平寺に行きました。
別に ファンシーダンスを見て てわけではなく
ちょうど 相部屋の女の子が教えてくれたの。
女の子達は雲水ウォッチング 楽しんでたけど(美形揃い)
男の方たちは ひとりは浮気がばれそうで逃げてきたおっちゃん
とか 会社の というか社長の方針で来た新入社員たち。
男の方達はけっこうつらそうでした。

問い合わせ・申込み
大本山 永平寺 参禅係           
総受所 電話0776-63-3102  
〒910-12 福井県吉田郡永平寺町志比
ホームページ 禅の里 永平寺へようこそ3泊4日 9000円
 教本2冊と日常雑費、着物・ハカマの洗濯代2400円

当時は一泊八百円で 洗濯代など無料でしたが・・・
一週間ほど滞在しました。
個人的には ああいう食事が好きなので 楽しかった。
最後の日に 特別な部屋を見せて貰えます。


うちの夫も 本の大きさを合わせて置くのが好きですが
私は私の分類がありまして・・・・
て いいわけっぽいけど
時々夫が 分類してくれるんだけど 大きさのみあわせるので すごい不便。
e0061699_0293771.jpg

一冊 さかさまに置いてる! でもこの本最近読んでないから だれかがさわったの!
e0061699_0295523.jpg

文庫だけは夫が置いたままにしました。 カバーがないのが多いのは 文庫本ってちいさいから子供達が 遊ぶのにちょうどいい大きさ。 
英日辞典が消えちゃった。
アルバロが一時期気に入ってたのは知ってるけど。
英日辞典 やっぱりないと不便・・・
とりあえず英西辞典使ってるけど。
西日辞典は5枚ほど 破かれてなくなってますが 今のところ不便を感じたことはありません。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4723187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from フランス生活社情報 at 2007-09-03 16:22
タイトル : フランス生活社
フランス生活社に関する様々な情報のご紹介です。... more
Commented by obreykov at 2006-12-13 02:01
Cazorlaさん、ご無沙汰しています。なんだかやたらと物理的にも精神的にも忙しくてあまりPCに座っていられなかったのです。

それにしてもCazorlaさんの表紙、とっても素敵!
これって本当にスペインらしい白壁に花のあしらいですよね。私、始めてスペインにいったとき、この風景と壁に飾られているお皿に大感激しました。

我家でも増え続ける本の整理に追いつかないときもしばしば。特に日本の本は毎年日本人補習学校で本のバザーがあるので、寄付をしてバザーに出すのですが、それ以上の本を購入してしまうので、増えるのみ。。。
整理のつかない本が紙袋に入ったままです。。。
でも、外国にいると日本の本は貴重品ですよね。
Commented by eaglei at 2006-12-13 05:53
本棚を見るって、すっごく興味があります。
読まれている本は、多岐にわたっていますね。
もっとアップで見たい~、特に文庫のが~(笑)

「大阪ことばの特徴」なんてあるんですね。

Commented by ivydesousa at 2006-12-13 06:58
私はキリスト教徒ですが、哲学的には洋物より仏教が一番好きです。とくに般若心経。
源氏物語も平家物語も、昔の本は基本的に仏教の教えが根本にあって、やっぱり日本人の生活や価値観にはスッと入ってくる感じ。
和辻哲郎なんかは、キリスト教・イスラム教・ユダヤ教は砂漠の宗教で、仏教は湿地帯の宗教なんて言ってた気がしますが、雨が降って、草木が芽生えて、色が変わって、死んでいくということを身近に感じるというのは、やはり恵まれた土地条件で、比較的穏やかな人生観が育まれるのかもしれません。
Commented by りろ at 2006-12-13 08:33 x
cazorlaさん、「英日辞典」って言い方、おもしろい、と思いました。英語、日本語、なのだから、確かにそれで間違いないのですよね。でも、日本では、慣習的に、「英和辞典」って言いますよね。日本語、ヤマトコトバばかりでできているわけじゃないのに。
Commented by りろ at 2006-12-13 08:41 x
本棚は、左脳内のデータベース構造の投影ですよね。どういうキーワードでこのデータベースを検索できるようにしてあるかは、個人によって違いますから、他の人に本を並べ替えられてしまうと、困りますよね。
Commented by cazorla at 2006-12-13 08:48
obreykovさん こんにちは。 お忙しそうですね。 いつもどうされているかなーと思っています。
本は 最近は増えなくなったのですが(送ってくれていた母がこっちに来たので)やっぱりやすやすと捨てられないし だんだんぼろぼろになるし ハードカバーの良質の本は問題ないんですがだんだん黄色くなってしまう本。 あと 辞書はよく使うし ことばがだんだん古くなるので新しいのがほしいな と思ってます。
Commented by cazorla at 2006-12-13 08:51
eagleiさん 本棚って 実はけっこう恥ずかしいですよね。
特に文庫。文庫だと 実は密かに読みたかった でも あえて買うほどでは というのがあって それが大きな声では言えないが的ほんだったりしますから。(ちょっと意味不明)
大阪ことば・・・の本は 留学生の中国人が書いています。
なかなか面白い本です。 大阪ことばの構造とか言い回し スペイン語にけっこう似てるんですよ。
Commented by cazorla at 2006-12-13 08:54
アイビーさん 仏教って 哲学的なところも強いから キリスト教徒でも 仏教の本を読んでも 違和感っていうか 気持ちの悪さっていうか ちょっと説明できないんですが拒否反応なく読めるところがあると思います。
友人がかなり大きなお寺の娘だったんですが
カトリックになって
それでも 仏教の本を読んだり 両立(?)してます。
Commented by cazorla at 2006-12-13 08:57
りろさん 日西 確かに 私書きながら変な気はしてたんです。
でも 今持ってる辞書 表紙にスペイン語表記しかないのでこの和西って言葉が出てきませんでした。
>どういうキーワードでこのデータベースを検索できるようにしてあるかは、個人によって違いますから

その通り!パチパチパチ
キーワードといえるほど 立派な分類ではないですが
やはり 動かされると困ります。
Commented by maron415 at 2006-12-13 13:45
サイトの件ありがとうございました。
私には、その程度の英語力しかないのです。
本棚のぞくのって、その人の頭の中のぞいている気分ですね。
残念ながら、知っている本はありませんでしたが…

別の話ですが
ライフログの「羊男のクリスマス」懐かしいですね。
村上春樹さん、このころのは読んでいました。
Commented by sahanji_yoko at 2006-12-13 13:47
私も『大阪ことばの特徴』に反応。今度、さがしてみようかな。
本棚ってその人の内面がけっこうでますよね。私は一時期池波正太郎にはまってしまって、友人にオヤジとよばれていました。
Commented by honn623 at 2006-12-13 14:06
けっこう本の帯、付けておくほうなんですね。
私は読むときにすべて引っ剥がして読むので、帯は捨ててしまいます。
人の本棚って、あけすけに見ることがないので、おもしろいですね。
あんまりジーッと見たら悪いかな、と思ってしまいます。
その点ネットなら、「ふぅ~ん、ふんふん」。
Commented by cazorla at 2006-12-13 15:32
さはんじさん 池波正太郎が よく 原美術館の甘味処であんみつ食べてるという情報をゲットした時 さっそく 原美術館の甘味処に通いました。
はなことかのグルメ記事はどうでもよかったのですが
こういう着流しのかっこいい 作家の行く 甘味処ってなんかひかれるでしょ?
Commented by cazorla at 2006-12-13 15:35
honnさん
> あんまりジーッと見たら悪いかな、と思ってしまいます
一番仲良しの女の子が最初に 私の部屋に来た時
「本棚 見てもいい?」と訊いたのが とっても新鮮でした。
この人 好きだなーと思ったのです。
そういう感覚って 実は本が好きじゃないとないのかも・・・
honnさん 同じ感覚でうれしくなりました。
Commented by cazorla at 2006-12-13 20:54 x
maronさん こんにちは
羊男のクリスマス なぜか子供達も好き。佐々木マキって好きです。
本棚って その人の名刺がわりになるかもしれないですね。
Commented by seilonbenkei at 2006-12-13 22:22 x
コメントを見ながら思うのですが、本当に皆さん本好きなんですねー。
私は本に折り目をつけるのは嫌いです。汚すのも嫌いです。帯を取るなんてとんでもない。
だから、きれいなままで置いておきたいから読みません。
好きな人のイメージは崩したくないから、ガラスケースに入れて飾っておきます(笑)

実は我が家にも般若心経あります。義母が信心深いので、門前の小僧です。昔創価学会の人にむりやり集会に引っ張り出されていたので法華経もほぼ覚えています。実を言うと仏教はきらいじゃありません。というか、宗教はおもしろい。
でもキリスト狂の方は仏教の題目が「滅びへ~滅びへ~」と聞こえるそうです。
Commented by もにか at 2006-12-13 23:14 x
私は必要最小限の本しか手元におかない!と決意して、古本屋に300冊ちかくいっきに売り払ったことがあります。受け取った金額は¥3150でした。いま自分の部屋の本棚の2/3はマンガで占められてる。ううっお恥ずかしい…でもマンガは日本が世界に誇れる文化だからいいんだい!他人の本棚は見ていて楽しいですよね。
Commented by Sanae at 2006-12-14 06:00 x
私も本の大きさでは分類しないですね~。しいて言えばジャンル別かな~。…とは言いつつ、実は数年前から、本は読み終わったらどんどん売るなりあげるなり処分してしまっているので、手持ちはあんまりありません。中身重視。なーんて言っていると、どの本なのか、誰が書いたものなのか、記憶はミックスされていきますが…(^^;
Commented by cazorla at 2006-12-14 10:06
セイロンベンケイさん ギャテイギャテイハラギャテイ
仏陀好きです。
夫との一番の議論が午後のお茶はイエスとゴーダマ どっちと一緒がいいか でした。
そんなしょうもない議論しました。
Commented by cazorla at 2006-12-14 10:07
もにかさん うちも引っ越しが多いのでその度に・・・
かなしいです。  初版本は意外と高価になってます。
でも 知らないと2足三文で買い取られちゃう。
まんがを学ぶ人もヨーロッパ増えてます。
Commented by cazorla at 2006-12-14 10:09
さなえさん どうしても捨てられない本 というのが年とともに増えちゃって・・
ほんとは あっさり生活が良いのですが。
時々 元・彼にあげたあの本が読みたい とか思っちゃうの~
悟りからほど遠いです。
Commented by fumiyoo at 2006-12-14 21:09 x
すごーい本・本・本・日本語もご主人は読めるんですね。
Commented by fumiyoo at 2006-12-14 21:32 x
永平寺、14歳の時に一回、旦那と結婚してから一回行きました。あのトイレ下のほうがきれいな水が流れていましたね、すごーく深くてきれいでした。でも、一週間もいるなんて・・やっぱり時間が違うね。何故こんなに忙しい自分のしたい事も出来ない人生を歩いているのかなぁ・・・選んだはずなのに・・どこかでボタンを掛け間違えたか・・・旦那もきっと思っている・・・「家」が日本では高すぎるわ~~ローン・ローンだったもんね。
ごめん、関係なかったね。愚痴ってしまったわ。疲れてま~す。
Commented by cazorla at 2006-12-15 23:59
ふみよさん うちの夫は 日本語 そんなに読めません。 だから 分類が飛んでもなくなるのです。

色々悩んでいた時に一週間 いや悩んでなかったかも・・・
とにかくお年頃に行きました。
お疲れ様。 今 一番忙しい時期ですね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-12-13 00:34 | お家の中 | Trackback(1) | Comments(24)