ヒコクミンの帰国

島田雅彦が「ヒコクミン入門」を書いたのはいつだっただろう。
東中野に住んでいた時 ふだんはしょぼくれた文学学校の前に長蛇の列ができたことがあった。 それもかわい子ちゃん系の女の子たち。
島田雅彦先生講演会だった。
1986年くらいだったから 彼もまだ25か6。
ハンサムだったよね。
ついその本を買ってしまったのも 自分のことを非国民だと思っていたからか 単に島田雅彦がハンサムだったのか おぼえてないけど。

帰国して 入国する時 私はいかにも非国民面をさげているのかどうか
よく質問を受ける。
2005年2月 は 特にひどかった。
というのも 麻薬犬といわれる ゴールデンリトリバーがすりすりしてきたのだ。
でも 麻薬犬ってもっと 攻撃的なんではないの?
テレビで見る分には 麻薬中毒患者のように はあはあいいながら 荷物にかみついてくるけど
その関西空港の犬は 嬉しそうにすりすりしてきたんだ。

「こちらで 質問と検査をさせていただいてもよろしいでしょうか。」と ことばだけ丁寧に 係の男の子が言う。 
まず 第一の質問が笑えた。
何種類かの 麻薬系の植物を栽培している人の絵と 葉っぱの絵を見せて この中で育てている物はありますか? というのだ。
学校の授業で使うようなきちんとした絵。 
それを持っている 宮様のご学友みたいなタイプの男の子。
「ないです。」
「でも よーーく 見てください。 覚えのある葉っぱはないですか?」
で 実は15時間 飛行機に乗ってきたあとなので かなりむっとした。
「私が麻薬を持っているかどうかは 身体を調べればすむことですね。
私も疲れているのでできれば すぐにでも終わらせたいのでさっさと荷物なり 身体なりお調べになってはいかがでしょうか。」
「はい でも規則で一応 この葉っぱのことを訊かなくてはならないのです。」
「仮に 私がその葉っぱを育てていたとします。
でも 私はスペインに住んでます。 それはスペインの管轄であって あなた方にはなんの関係もないと思うのです。 今 私が持っているかどうか それだけでしょ?
仕事があまりにもないので退屈しのぎでなさっているのでしたら 私としては かなり迷惑です。」

少ない荷物でアメリカに入国しようとした方はご存知だと思うが 一般に 荷物の少ない日本人は疑われる。 それは たぶん 日本入国にもあてはまるのかもしれない。

それでやっと 荷物の検査に入った。 荷物は少ないのですぐに終わると思った。
そして 下着の中などを調べる。
歯みがきチューブの中までは調べなかった。
「このくらいの使いかけだと ほとんど入らないのでしらへないんです。」と ご学友君が言う。
「あら 最近は以前の一万分の1の量まで 濃縮できるんですよ ごぞんじないの?」
と つい 意地悪虫が動き出して 目の中をじっと覗く。
不安になって 目が左右にきょときょと動く。
ヴァキ゜ナの中は調べなかった。
インドではそこまで調べる。
サリーを着た大柄な女性が 有無を言わず 指を入れる。
その 無感情がこわい。
日本人の女の子の中には泣いちゃった子もいた。
それは1988年。 今は もうそんなことはしないのかもしれない。
インドではそんなに嫌な気持ちにはならなかった。
外国人なのだから その国の事情というのがある。
ただ やはりアジア系だけ 扱いが違うのは どうかな とは思ったが。

「どうしてヴァギナの中は調べないの?
もしかしたら持っているかもしれないのよ。
あなた達の 麻薬犬を信頼しているのだったら 徹底して調べないと
結局逃してしまうことになるのではないかしら。」
「まあ そうなんですが・・・・しかし・・・」
「マニュアルにない。 ですか?」

かなり意地悪なおばさんである。
1時間で 無罪放免。
告白すると 新幹線で脱糞した。 家にたどりつくまで 気付かなかった。
ショックだったのだ 犯人扱いされたのが。
私は小心者なのである。
一週間の滞在のうち 3日をベッドですごした。
最後に父と会った帰国であった。 もう少し 気持ちよくすごせたら良かったのに。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4796326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りろ at 2006-12-26 09:50 x
うわ、cazorlaさん、こわい思いをされたんですね。
ミッドナイト・エクスプレスという映画を思い出しました。どこかで誰かに荷物の中に麻薬を入れられていたりしなくて、よかったですね……。それにしても、なんで犬が反応したのでしょう。
ところで、私の昔々の彼氏、あのハッパを、一株だけ、庭で冗談半分に育てていました。オウムのエサとして売られている麻の実から。25年以上前のことですけど。そうです。当時も違法行為です。まあ、そういう時代でした。諏訪優やその他のビートニクに影響を受けたいろんな詩人なんかが、ハッパを合法化しようなんて運動をして朗読会をやったりしてました。
Commented by りろ at 2006-12-26 09:55 x
ソフトドラッグについては、いろんな意見があるでしょうが、私は、日本では合法化されなくて良かった、と思っています。依存症の対象になりやすいようなものは、奨励しないほうがいいに決まっています。脳の働きに良くないフラッシュバックなどの後遺症を残すこともありますしね。ハードドラッグ依存への入り口にもなるし。まあ、医療的な目的で使うのが許可されるべきなのかどうかは、また別問題でしょうが。
Commented by りろ at 2006-12-26 10:07 x
アメリカでは、こういう絵本まで作られたりしているみたいです。
"It's Just a Plant"
http://www.justaplant.com/story/
つまり、使うかどうかは個人の選択であり責任だという考え。
私は、こういう依存性の強いもの、なおかつ、脳を損なうリスクの強いものは、自己選択で使うか使わないか選べなくなってしまうタイプの人たちも多いのだから、禁止しておいたほうがいい、という考えです。でも、じゃあ、アルコールやタバコはどうなのか、というと、これまた、難しい。アルコールやタバコの依存症、一般に感がえられているより、はるかに怖ろしいものですからね。
でも、cazorlaさんがここで問題にしているのは、「取り調べが無神経でイヤな思いをした」ということですよね。日本では、こういう時、少しでも容疑をかけられると、人として敬意を払ってもらえなくなる。マニュアル通りに処理すべき「モノ」であるかのように扱われてしまうのでしょう。cazorlaさんがイヤな思いはしなかったとおっしゃるインドの取り調べとは、どこがどう違っていたのでしょうね。
Commented by sahanji_yoko at 2006-12-26 11:18
日本入国で一度、荷物しらべられたことがあります。スウェーデンに住む友人を訪問した帰りで一人だったのと、やたら荷物が多かったのと。全部防寒具です!と言い張りましたが。(11月でそうとう寒かったし)
機内で知り合ったスウェーデン人男性は、質問攻めになってました。彼がいうには、毎回だって。外国人で荷物が少ないから。
あの係員のつめたーい視線が忘れられない。
Commented by transitroom at 2006-12-26 12:08
僕も帰国時には、ほぼ100%の確立で所持品検査は受けますね(@_@;
まあ旅行客にしては荷物が少ないってのが災いしているのだとは思いますが...

以前、成田でこんな質問を受けた事がありますよ

「どこかヤバイとこへは行ってませんか?」

なんちゅ~ストレートな質問なんざんしょ(爆)
Commented by りろ at 2006-12-26 12:16 x
そういえば、高校生の時、海外での子どもの夏期学校から帰ってきて(ええ、親の趣味で生かせてもらいました。笑)、子どもながらにオミヤゲをいっぱい買ってきて、スーツケースを引きずりながら、税関のところで「ああ、重かった!」とつぶやいたら、係官に、「そんなに重いって、何入ってるのっ」と冷たく言われたことがあります……。
Commented by りろ at 2006-12-26 12:20 x
ところで、何かの容疑で(ええ、誤認でも)留置場に入れられてしまうと、日本では、当人が外部に連絡を取ることができませんよね。昔、外国人の同僚の知り合いが、夜、パジャマ姿で、外国人登録証を持たずに自販機でタバコを買いに出た時、運悪く職務質問され、登録証を持参していなかったがために留置場に入れられた、という話を聞いたことがあります。そのことを、職場などに連絡できなかったので、釈放された暁に会社に行ってみたら、無断欠勤ということで、クビになっていたそうです。きっと、「やっぱり外国人は無責任でアテにならん」と思われたのでしょうね。
Commented by maron415 at 2006-12-26 14:18
そのわんこ、なんでよってきたのかな。
嬉しそうにすりすりしてきた…ってこれ完全になでなでして♪だよね。
デレビなんかでは、もっとすごいところに隠していますね。
わんこ、それもわかるのかな。

観光客に頼んで、運んでもらうっていうのも聞きますね。

買う人がいるから売るのか、金になると売る人がいるから買うのか…
日本でも、簡単に、若い子が買うっていうので、問題になっています。
Commented by kazemachi-maigo at 2006-12-26 16:03
私も、荷物は思いっきり少ないほうですが(デイパックひとつで1ヶ月でも1年でも旅します)、調べられません。
昔、パスポートにいっぱい入出国印のある人は怪しまれると言われましたが、ヨーロッパでは「押して、押して!」と頼まないと押してくれなかったです。

ただ、フランスで見た映画では、トルコでお土産屋から買った置物を盗掘品だと指摘され、収監されたアメリカ人女性の話があり、その女性は結局アメリカ大使館に知り合いがいて容疑が晴れたのですが、大使館員と知り合いになっとかなきゃならん、と思いました。

しかし、すごいです。
私なら、身体を調べると言われた時点で、触れられる前から失神してます。
Commented by fumiyoo at 2006-12-26 16:03
hawaiiでも、アジア系の人はひつこいぐらい調べるんですって、私に友達は2世と結婚してて、アメリカに30年以上もいるのにやっぱ差別?があるんでしょうね。彼女は日本国籍は持ったままですが・・

うちの旦那なら、青のままユータウンして帰ってしまいそう。だから海外は行きたがらない。・・・・・むずかしい人・・・・
Commented by seilonbenkei at 2006-12-26 23:27 x
十数年前ですが、バークレーに行きました。車いすの友人と一緒に行ったせいかほとんどフリーパスでした。
エジプトも行きましたがこちらも嫌な思いはしませんでした。

災難でしたね。
私バイク盗で引っ張られたことあるんで、cazorlaさんの場合とは全然違いますけど少しだけくやしい気持ちわかるような。だってバイク盗に関しては無実ですから。バイク盗に関しては。
塀の中の二週間をほとんど喘息で伏せってたのは案外ショックだったからかもしれません。
Commented by ぺけ at 2006-12-27 00:47 x
私は善人顔なのか(笑)、今までトランク開けられたことがない。尤もインドにも、中南米にもアジアも、そしてアフリカも行った事もない…アメリカも大昔にハワイだけだし…要は世界の殆どの国に行った事ないんですね。

通訳をしていた時の友達で、中南米でスペイン語を勉強した人、風貌もちょっとメキシカンというか…そして何よりも、当時の日本人には珍しかった(今でも?)口ひげを生やしてたんですが、中南米から帰って来ると、「いつも必ず開けられる」と言ってました。

麻薬犬はただの犬として、犬好きの cazorla さんにすり寄って来たのか? そんなじゃ仕事にならないと思いますが…

最近は生ハムなどの持込防止のために、麻薬じゃなくて「肉類」を嗅ぎつける犬を空港に置くとかいう話があって…私、犬が大好きなので、寄って来られたら困る…(笑)

でも日本人、本当にマニュアル外の対応ができないですね。日常生活でもイライラする事いっぱいあるけど、私、cazorla さんのような威勢のいい啖呵は切れない(笑)

思ってもみない嫌疑をかけられ、人にそういう風に見られたというショックとか後味の悪さのようなもの、中々消えないですよね。
Commented by cazorla at 2006-12-27 05:49
りろさん スペインでもまだ合法化はされていません。
やはり ハードにうつる可能性もありますから。ただ 売買は禁じられていますが 吸うこと自体は禁止されていないので 北ヨーロッパの人たちが持ってきて吸っています。
だから ディスコによってはそういう雰囲気になっていたり その中にはいってひそかに売買したり もちろん 大量に移動している事件が多いので ディスコの小さな売買は見て見ぬふりです。

インドと日本の違い。 一つは 日本はやはり自分の国だから。ヨーロッパはだいたい なんの質問もなく入れる。 荷物を見たり ということもない。
それから 丁寧なことばでつまらない質問をする。
1時間は疲れます。 長旅で 来ているし 罪を犯したら ビザがなくなるので ヨーロッパ コムニタリオ(家族ビザ)の人はまず そういうことはしない とヨーロッパでは 思われている。
インドは やはり外国人だからしょうがない それにわずか5分です。 取り調べ。
つまらない質問もなし。
Commented by cazorla at 2006-12-27 05:54
さはんじさん スエーデンの人でも 質問攻めにされるんですね。
ヨーロッパの人って ドラッグやる人が多いと思ってるから?
やっぱり気持ちよく 旅行したいですよね。
Commented by cazorla at 2006-12-27 05:55
トランジットルームさん やばい所・・・ダイレクトですね(笑)
あんまりダイレクトに聴かれると つい はい とか言いたくなりませんか?(笑

トランジットルームさんも みかけが非国民? お仲間ですね。
Commented by cazorla at 2006-12-27 05:58
りろさん 一応 私も外国人でカードはつねに持っていなくてはならないことになってるけど やっぱり持ってないこともありますね。
パジャマで いきなり って かわいそう。
いくらなんでも そう言う時はわすれちゃいますよ。
その時を狙っていたら 留置場 外国人だらけになっちゃう。
Commented by cazorla at 2006-12-27 06:01
マロン・ママさん そうかわいいわんちゃんだったの。
うちにもわんこがいるから その匂いに反応したのかなーって。
ひとつひとつ調べて おかしいわねーって 言ってました。
そんなに確信していたのかしら。

渋谷あたりは多いです。
今はもっとかも。
Commented by cazorla at 2006-12-27 22:00
風待ちさん すっとした美人なんでしょ フン(笑)どうせ 私は悪人面です(笑
スチュワーデスさんによると関空 はるかに厳しいそうです。
やはり やくざの町のそのそぱだからでしょうか。

失神する・・・ やっぱり その雰囲気がだいじかも。 私も次回からは 失神する という心持ちで。
Commented by cazorla at 2006-12-27 22:01
ふみよさん ヨーロッパ入国は 比較的楽だと思います。 日本人パスポートの場合。
アメリカ合衆国は 結婚ピサ゜も大変だし 私の友人も三時間 面接だったそう。
かなり英語力ないとたいへんですね 三時間話し続けるの。
Commented by cazorla at 2006-12-27 22:04
セイロンベンケイさん 二週間の留置場はきびしいですね。
要人だったら 有罪確実でもすぐに弁護士が来て 出して貰えるのにね。
無罪はどうやって 証明できたのですか。
Commented by cazorla at 2006-12-27 22:07
ペケさん 生ハムとか厳しいみたいですね。
まだ解禁になる前は 個人的に食べる分をこっそり持ってくるくらい大丈夫だったのに。
やはり 企業が はいってる?
おいしいほんまもんのスペインハムもってこられたら困るかも。
スペインの肉屋さんによると 日本に持って行ってるのはイベリコではないらしい。
規制がEUほど厳しくないので イベリコとして売ってる。 でもあの値段だと元が取れないはず・・・だそうで。

話はちがいますが ぺけさん 日本の入国でひっかからないのね。
しょっちゅう帰らないと 私の場合ひっかかります。
やっぱり悪人顔? 丸顔なのに!
Commented by seilonbenkei at 2006-12-27 22:52 x
>無罪はどうやって 証明できたのですか。
審判結果は不処分ですが、前歴は残っています。
ちなみに留置所は二晩です。後は練馬鑑別所。
こんなこと正確に言ってもしかたないのですが、私の中で苦い思い出であると同時に、ある意味では楽しかった思い出でもあるのが困ったことで(笑)

>丸顔なのに!
細面だと想像してたのに。
Commented by cazorla at 2006-12-27 22:55
セイロンベンケイさん 細面がお好み?
うわーん 残念。

苦いけど楽しかった そういうのあります。 年をおいていくとますます楽しいが増えたり。
Commented by kazemachi-maigo at 2006-12-28 16:01
>風待ちさん すっとした美人なんでしょ 

どうせ見えないんだから、そういうことにしておきたいんですけど、良心の呵責が(笑)。
私が姿かたちで見逃されたとしたら、たぶんのほほんとしていてとてもそんな知恵(身体の奥深く隠すような)がまわりそうに見えなかった、または、下手に関わらないほうがいいと直感的に感じた(笑)かのいずれかだと推測します。

細面って悪人顔なの?
Commented by cazorla at 2006-12-29 00:57
風待ちさん 細面 悪人顔ではないけど
丸顔って マヌケ顔だから(私ね) あんまり悪人ではないかなーって。

オランダ経由だったからかも。
オランダ 薬使用多いから・・・・
と 思いたい。 私の風貌が原因?
Commented by obreykov at 2006-12-29 07:00
Cazorlaさん、随分いやな思いなさったのですね。私も何度もあちらこちら行き来していますが、いまだかつて、そんな検査に引っかかったことはありません。但し、子供と帰国したとき、いつもはパパも一緒だったのですが、そのときは私と子供だけで、私が日本のパスポートなのに、子供はスウェーデンのパスポートで、関空で、日本の国籍もあるのなら日本のパスポートも持っていなくてはならないだの何だのカンだのといわれたことはあります。
共産国のころのブルガリアの税関を通るときは結構ドキドキしました。今回夏にパパのみ1週間残って私たちだけブルガリアから出るときはパパの承諾書が無いから子供は出国させられないと何だのカンだの言われました。子供はブルガリアのパスポート持っていないのに。。。
全くお役所仕事には頭に来ることばかりですね。
Commented by cazorla at 2006-12-29 18:15
obreykovさん 
>私が日本のパスポートなのに、子供はスウェーデンのパスポートで、関空で、日本の国籍もあるのなら日本のパスポートも持っていなくてはならないだの何だのカンだのといわれたことはあります。
これ 私もあります。
それで せめて戸籍謄本もってこい といわれ
戸籍謄本なんて 写真も載っていないし それを持っているのと持ってないのでどうちがうんだと思って むっとしました。
ほんとうに めんどくさいこと 多いですね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-12-26 08:27 | 思い出 | Trackback | Comments(27)