なんて褒めてほしい?

佐藤愛子氏のエッセイの中で 娘さんをお持ちの女性が 娘さんの日記を盗み読みして 娘の恋の行方にどきどきしている というのを読んだことがあります。 もう一度過ぎた日の淡い気持ちを思い出す。 息子となるとまた違うのかも。
息子さんをお持ちの女性のブログ 息子さんをお持ちの男性 娘さんをお持ちの男性・・・でそれぞれ感じ方が違うのだな と思う。
知人の伯母上は ある日 息子の一人暮らしのアパートを訪ねた時 洗面所に二本 歯ブラシを見つけた。 赤と青。 これは 完全に彼女のもの。 伯母上は その赤いほうの歯ブラシでトイレ掃除をして 帰ったそうである。 

うちの場合は まだ小学生なので あまり実感はない。

ある日 長女の友人であるサラがイスマエルに電話した。
イスマエルの写真は 「クリスマスの発表会」に載っています。 イスマエルはけっこうもてる男の子ですが 父親同士が友人なので うちの長女と時々お出かけをする。

話をもどして サラの電話の話。
「ねえ イスマ 一緒に映画に行かない?」
「行けない。 ちょっと 映画の日は 家族で出かけるから。」
「時間のある時 どっか行こう。」
「・・ごめん 行きたくないんだ。」
「マリア(うちの長女)とは よく出かけてるでしょう」
「うん 彼女とは 気があうし 彼女は頭がいいから話していて楽しいんだ」

それを聴いたサラ なんかすっごく満足してマリアにご報告。
「あのね マリア 、 イスマエルはあんたがかわいいから出かけてるんじゃないの。
頭がいいから話していて楽しい ただ それだけなの。」

もし 「マリアの方が かわいいから」と イスマエルが言ったら 怒り狂ったのだろうか?
でもマリアはすっかり満足して私に話してくれた。
「私のこと 頭がいいって 言ってくれた。 それでね 一緒にいて 楽しいんだって。」
彼女としては 最高の褒め言葉。 
で 母としても うふふ と嬉しい。
e0061699_19275197.jpg


かわいい とか きれい なんてたいしたことではないんだ。
「話していて楽しい」 それが一番大事。 大人になってからもね。
女の子が一緒にいて 幸せな気持ちになる男の子も そういうことがちゃんとわかる男の子。

スペインでは 十歳くらいから パボ(七面鳥)の時代 と言って 女の子たちが 知性を磨くかわりに 美貌を磨く時代に入る。 そして 母親も 本を買ってやるかわりに お洋服をしこたま買ってやる。 母親も へたに知性を磨くより かわいいまま のほうが 良い結婚ができるとしんじてる 場合が多い。(もちろん 田舎だからだけど)
そういう影響下に入らないことを願うばかりです。



長男が二歳の時だった。 オムツをはずしたばかりで トイレでおズボンを全部ぬいて 用を足していた。 息子がトイレに入ってきたとき 私は シャワーを浴びていた。(ご存知のように スペインは浴室にトイレがついている) 
息子は (眠たかったというのもあるけど)ぼわーん と私をみつめて
おちんちんを触りだした。 そして 静かに眠りについた。
浴室の床にごろーんと おちんちんを触りながら。
こんな思い出を持つ 息子が恋人など連れてきたら キッ となるのかしら?
e0061699_19213072.jpg

息子は 永遠の恋人?
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4814186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fumiyoo at 2006-12-29 21:10
息子を持つ母親です。ここだけの話ですが、私もよく、長男に来たラブレターを読みました。青春を謳歌している男の子と女の子の手紙はドキドキします。とっても正直でみずみずしいの。読んでいてこっちが恥ずかしいぐらい女の子が我々の時代より積極的。息子がうぶに見えて可愛かったです。そのうち、だんだん付き合う人も変わっていきました。息子は結構、話した方でその頃は「お互いに影響し合い、高めていけるような女性が良い」とも言ってました。又時間がたって最近は如何考えているか分かりませんが、旦那は「結構古い男に育てたはずや、だから女の子に対しても結構古い要求をするはずや!」と言う。私はそんな風に育てたつもりは無いけれど、旦那の「わな」にはまってしまったか?とも思いました。
Commented by fumiyoo at 2006-12-29 21:11
ハブラシを捨てるおばさんの気持ちはわかりませんが、ある日一人暮らしをしていた息子の部屋に行ったとき玄関先に女の子がつくった「お弁当」がおいてありました。
「こんなトコ置いておいたら傷むよ」と言いましたが気にも留めませんでした。「あぁ、終わったんだなぁ」と思いホッとしたのを覚えています・・・家族ぐるもで家の息子に良くしてくれていたので、ヒョットして婿に行くのかと・・そんなバカなと後で息子に言われましたが・・・二十歳の時でした。
上の子はイロイロ面白いエピソードがあるのですが、私のプログでは書けません。ばれるとヤバイので。

ではまた・・・
Commented by fumiyoo at 2006-12-29 21:38
あっ、思い出しました。22か3の頃「優しい子と活発でおもろい子がいて、どちらと付き合うのが自分にむいているのかが分からん、活発な子は遊んでて楽しいけれど、一緒にいるにはおとなしいこの方が良い様にも思うし・・」と悩んでいt頃がありました。
今はどっちかに結果はでたのかしら?
まだ迷いながら付き合っていました。「おんな」何て分かってない時代・・・
今は少しは大人になってるのかなぁ・・・
いい年なので、「結論がでた女性しか連れてくるな」とお達しが出てるので24歳の時の彼女が最後の家に連れてきた子でした。
それ以来は親は分かりません・・でもこの方が気が楽でいいです。
Commented by transitroom at 2006-12-29 21:58
あら...お嬢様、はにかみ具合がとってもキュートでんなぁ(^◇^)
バボ(七面鳥)の時代とは例えようが凄いですねぇ(゜o゜)
七面鳥である以上...将来は丸焼き(爆)になっちゃうんでしょうけど、
親としては複雑な気持ちなんでしょうね...(^^ゞ
Commented by seilonbenkei at 2006-12-29 23:24 x
娘を嫁には出したくない父親です(笑)
ジャニーズ系の誰それが、、、とか口にするものの、それは友達と話を合わすためとやらで、イケメンには余り興味を示さないので正直ホッとしています。もてる男ってのは女に対して努力しないとか言いますし。その点私はすっっっっっごく努力しましたよ。

>「女に不自由したことがない」とおっしゃるのが よくわかります。 うふふ
そんなこと言った覚えありましぇーん。
イヤミとしか思えん。きらいっ。
Commented by cazorla at 2006-12-30 00:59
ふみよさん やっぱり息子さんのこととなると語る口調が熱いです。
隠れブログつくりましょう。
グーとかで。
Commented by cazorla at 2006-12-30 01:01
トランジットルームさん パボの時代 なんか聴くと納得することば。
実に丸焼きになっちゃいますね(笑)
カナリアとして育てているのに~
Commented by cazorla at 2006-12-30 01:08
セイロンベンケイさん 意外ともてる男って イケメンではない というのが私の持論です。 殿山泰治氏 すっごいもててたそうです。 もちろん努力もあったのかもしれないですが。 ハンサムボーイって 最初から女が引くのか もててない。
女も超美人が なかなか彼氏作れなくて 殿山泰治系にいっちゃうとか。

>「女に不自由したことがない」とおっしゃるのが よくわかります。
おっしゃってます。 記事の中にも書いてるはず。
早速 しらべなくちゃ。
重箱の隅 私 ちゃんとファイルしてあるんですから!
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-12-29 19:28 | こども | Trackback | Comments(8)