12個の葡萄 大晦日のスペイン

三十日は土曜日なので 市場に行って 葡萄を買わなくては!
三十一日 大晦日は 真夜中十二時の鐘の音に合わせて 12粒の葡萄を食べます。

Wikipedia Twelve Grapesの記事をどうぞ。
最初 聞いた時 こんな習慣 嘘や と思いました。
みんな当然のことのようにしているので 開国以来の習慣かと思いましたが
歴史は意外と短く 1909年よりなんですね。
12個の葡萄は 12の月を現すとも たんに 鐘の音の数にあわせているだけとも言われています。

最近では こんなものも売っています。
e0061699_7541057.jpg

一つの缶に12個の葡萄が ちゃんとむいて 種も抜いています。

新聞の記事  12個の葡萄をどう食べるかで 君がどんな人か わかる・・・。
て 唇にころがして食べる→みだら 恋人と口うつしで食べる→セクシー などですが
実際には そんな時間はございません。
ぱくぱくと食べていきます。
まれに 急いで食べて死ぬ人もいる と言われますが
それは やっぱり嘘です。

たいてい のお宅ではテレビの教会の鐘の音に合わせてたべるのですが
わが家は テレビがないので 耳をうーんとすませて 食べます。
広場に行って食べる人もいっぱいいるんだけど 寒いし たいてい三人のうち一人が眠っているので 行かない。
でも 今年は 母の家で テレビを見ることにしました。
母の家からは 教会の鐘の音も聞こえないし それに大晦日のテレビってけっこう好き。
大昔の歌手達が 絢爛豪華に総出演で 華麗な歌を歌う。
日本の演歌の歌手にすっごく似ていて 紅白歌合戦みたい。

と 言うわけで 母はきのう たのしげに買い物してました。
孫たちか゜来た時 あげるものとか。
あとは葡萄だけ 今日 市場で買います。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4816991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maron415 at 2006-12-30 14:13
<真夜中十二時の鐘の音に合わせて>新年の幸運を祈って食べるみたいですね。(違ってたらごめんね。)
除夜の鐘みたいと思ったんだけれど、よく考えると違いますね。除夜の鐘は、108の煩悩(ぼんのう)を除去するために…だものね。
なぜか、年の数だけ食べる節分の豆を思い出しました。
Commented by ぺけ at 2006-12-30 17:26 x
私、お正月に帰国することが多かったので、スペインの大晦日、実はあまり経験してないんですよ。
初めて行った時アメリカ人のフラットメイトに、こういう習慣があると教えられ、でもスペインの葡萄って皮が実にしっかりくっついてるし、種もあるし、どうやったら12粒も食べられるんだろうと思ったら、彼女は「丸ごと全部食べるのよ」…えぇっ、外国人て葡萄の種を出さないのかって思った(笑)。

でも後から分かったら、スペイン人はちゃんと種を出すんですよね。

そして前もって皮をむいて種を取っておくという事もするんだと、この葡萄の缶詰が出て来た時のコマーシャルで知りました(笑)。

日本の除夜の鐘だったら、108つ鳴る間に、充分皮をむいて種も出して食べられるのにね!(笑)

よいお年を!
Commented by cazorla at 2006-12-30 21:53
マロンママさん 鐘の音はいつもと同じ 十二時だから12回なるだけなんですが
それで年越しということで。
何々の数だけ って風習 
色々集めたらおもしろいかもしれませんね。
Commented by cazorla at 2006-12-30 21:54
ペケさん うちの息子は 皮とたねをほっぺの裏側に 12隠し持って
終わってから 取り出したりしてます。
立派な主婦は 皮とって 種とって用意するかもしれませんが
私はしませんです(笑
で できるだけ 大きいのを探して 用意します。
苦しむように。
たいへんなほど 楽しい というのが夫の持論。
みんなで苦しみましょう。

108 食べなきゃならなかったらたいへんだけどね。

良いお年を。
Commented by seilonbenkei at 2006-12-30 22:34 x
12個の葡萄、風習がおもしろいのでちょっとググってみたら、「鐘を鳴らす人もふざけているのかワインの飲み過ぎかわかりませんが、間隔がまちまちなので、なかなか合わせて食べるのが難しいのです」とありました。お国柄もあるのでしょうか、除夜の鐘の場合はかなり正確ですものね、間隔が。年内に107つ。年が明けてひとつで108つだそうですね。

こちらは一足先に新年を迎えるわけですが、この時差ってのがどうにもピンとこない私です。子どもの頃八十日間世界一周にワクワクした頃の方がピンときてたような気がします。

よいお年を!
Commented by cazorla at 2006-12-31 07:12
セイロンベンケイさん 間隔がまちまち なのは 召し上がってる方が 酔ってるからかと(笑) さすがに教会の鐘ですから 正確に毎回鳴ってます。
ただ 大晦日はこれから葡萄をたべるよーーーん ということで 最初にカンカンカンカンと たくさん鳴ります。 たぶん それと勘違いなさってるんだと思います。
一個ずつ 正確に口に運んでいきます。
息子は早食いと勘違いして六個目の鐘で完食してますが。

真夜中に一度お電話ください。
そちらの朝 一番の電話をこちらでは眠る前に受けとります。

今年はセイロンベンケイさんのおかげで楽しく過ごせました。
ありがとう。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-12-30 08:11 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(6)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla