祈り 

年末のお茶の時間 の記事でご紹介した友人。 わが 恋の教師ですが
彼女のことばでいちばん心に残っているのが
「刹那的恋と 永遠の恋がある。
永遠に続く 刹那的 恋 もあれば 
一瞬にして終わる 永遠の恋 がある。
できることなら たとえ 一瞬で荒れ 永遠の恋をする相手に会いたい。」
これを聞いた時弱冠 21才。 意味は全然わからなかったけど
刹那的な恋は苦しい。
それは 相手がどんなに優しく どんなに愛してくれても 永遠の恋とは言えない場合。
こちらもどんなに愛し そこには ほかの夾雑物がなくとも
どんなに強く愛し合おうと 永遠とはいえない恋がある。
おだやかな しあわせな 刹那的な恋は あまりにしあわせなために 心も体も 壊してしまう。


永遠の人に会うには 人生はあまりに短い。(ミラン・クンデラ 不滅より)


生物学者 ベイトソンの著書 「天使のおそれ」の扉にある詩。


神よ、

変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気を
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を。

God grant me the serenity
to accept the things I cannot change;
courage to change the things I can;
and wisdom to know the difference.

Living one day at a time;
Enjoying one moment at a time;
Accepting hardships as the pathway to peace;
Taking, as He did, this sinful world
as it is, not as I would have it;
Trusting that He will make all things right
if I surrender to His Will;
That I may be reasonably happy in this life
and supremely happy with Him
Forever in the next.
Amen.

--Reinhold Niebuhr


それは恋だけではなく そこにある真実をみつめなければならない と言うことなのだと思う。
永遠は ここにありますと 年取った 神話学者は 心臓の少し下を押さえた。
Feliz año nuevo. Que seaís felices y paseís bien.
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4819183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2006-12-30 22:06
恋は人を老いさせない秘薬、それが永遠と云うものか。その秘薬があるからこそこの世を楽しむ事が出来る、ただそれだけの事なのか。そんなことは僕には分からない。そんなことは詩人に任せておけばいい。

詩人堀口大學の向かいの家に住んでまた新しい年を迎えます。cazorlaさんのおかげで楽しい一年でした。有り難う御座います。どうかよいお年をお迎え下さい。
Commented by seilonbenkei at 2006-12-30 22:35 x
>それは恋だけではなく そこにある真実をみつめなければならない と言うことなのだと思う。
そこにしかない真実というものがありますよね。その人にしかわからない真実。その人しか必要としない真実。それが生きていく力になると私は思っています。

>永遠は ここにありますと 年取った 神話学者は 心臓の少し下を押さえた。
長渕剛がガンジスという唄の中で同じことを歌っています。それを言ったのはインドの年老いた老婆。

antsuanさんが最近?やけにかっこいい。
今、写真を思い出してちょっと自分を安心させてみた。
Commented by asake at 2006-12-30 23:27 x
ここに来るといつも暖かな気持ちになれて嬉しいです。

恋はいつも喜びと対峙する寂しさそしてこの起伏が自分を成長させてくれた気が
します。
cazorlaさんやさしい時間ありがとうございました。
どうか良い年をお迎えくださいね。来年もよろしくお願いします。
Commented by もにか at 2006-12-31 01:34 x
ベイトソンの著書の詩は、アルコール依存症のミーティングでもみんなで暗唱しますね。日本人には「上なる存在」に身をゆだねる、ってのがピンと来ないみたいですけど。
>>変えることのできないものについては、それを受けいれるだけの冷静さを<<
これはまだ自分には備わってないようです。来年は身につけたい。
では良いお年を。××
Commented by gyuopera at 2006-12-31 02:53
ウ~ん、難しいテーマですねぇ。一時的に恋は永遠、と思っても、それは錯覚なのではないかしら。恋自体が情熱とごっちゃにされやすい。愛は永遠だと思う、というより不変だと思うけれど、恋は・・・別のことのように思います。
愛は、奪うものではなくて、与えるもの。この世にもっと愛が満ち満ちていたら・・・・と願わずに入られません。
よいお年をお迎えください。
Commented by cazorla at 2006-12-31 07:14
あんつぁん ゲーテは 四十の時に旅をしたイタリアで恋に落ちました。
そして 彼女と結婚します。
彼女はゲーテにとって初めての女性。
ベッドには 我が愛するベッドの天使 と彫られていたそうです。
人間って いつ恋に落ちるかわかりません。
若いうちは これが恋かも と思いますが
恋なんてそうそうあるものではないのかもしれません。
Commented by cazorla at 2006-12-31 07:19
セイロンベンケイさん その神話学者は とても年を取った人でした。
たぶん いつか 永遠を感じる時が来るのだと 彼を見ながら思ったのでした。
永遠というのは 自分がその場で感じない限りはわからないものなのかもしれません。
ことばで どんなに 説明してもらっても
その時がくるのを待たなければならないのでしょう。
耳をすます 静謐の中にいる時 それだけが真実なんだと思います。

なーんて まじめに話してると またいじめっ子発言ね。
セイロンベンケイさんの お若い時の写真は見ましたけど 現在の写真は見てませんので 公平ではないわ。 あんつぁんって とってもスイートなお顔だって 男の方だから お気づきにならないのね。
Commented by cazorla at 2006-12-31 07:20
asekaさん こちらこそ今年 後半のまだ短いおつきあいですが ほんとうにありがとうございました。 これからもよろしくお願いします。
Commented by cazorla at 2006-12-31 07:32
もにかさん いろんな所で暗唱される詩のようですね。
ググってみてびっくりしました。
ベイトソンは 生物学者なので 物の見方のひとつとして この詩を引用されているのだと思いますが。 世界を見る方法 まっすぐと ニヒリズムに陥ることなく 見つめていきたいと思います。 自分の魂を鑑みて。 
Commented by cazorla at 2006-12-31 08:13
gyuさん
永遠に続く 刹那的 恋 もあれば 
一瞬にして終わる 永遠の恋 がある

永平寺の雲水たちは道元に恋してます。
と 思います。
あれは愛ではなく恋です。 
デズモンド・モリスが 毎日 恋に落ちよう
そうすれば 毎日 彼を愛し続ける と言っています。

私は 12年間 夫に恋し続けています。
恋し続ける人と一緒にいれて 幸せです。

来年もよろしくお願いします。

Commented by operaholic at 2006-12-31 10:14 x
最近コメントしないでこっそり楽しませていただくことが多くて・・・
cazorlaさんのブログを読ませていただいて
それをきっかけに色々思い出します。
ひとりでこっそりと、心の中で・・・

来年もお邪魔しますね。
良いお年を!
Commented by りろ at 2006-12-31 14:06 x
cazorlaさん、ここ数年のことなのですけれども、50歳前後の友人たち、それもバツイチだったり夫と死に別れたりした人たちが、突然、自由な恋と性に目覚めてしまうケースが続いて、驚かされていた私です。恋はもちろんいくつでもできるけど、性については、それまでその人たちがどんなに貧しい性しか体験してきていなかったのかを知った時、ギョッとしました。彼女たちのかつての結婚生活があまり幸せなものでなかったことは知っていたけれども。そんなのは20代で極めつくしておくもんでしょ、と思っていた私が、若い時期にそういう体験に恵まれる人ばかりではないのだ、と知った時、ああ、なんて人生のプログラムは人さまざまなんだろう、と、あらためて驚いたことでした。いくつになっても、私たちの目の前には、あらゆる可能性が開かれているのであって、そういう可能性に対して常に心を開いていかなければいけないんだな、と思ったのでした。
Commented by りろ at 2006-12-31 14:06 x
ちなみに、私は、今のダンナと永遠の恋に落ちているんだと思うなあ。障害者になってしまった彼を、できるだけ大切にして一緒に生きていきたいし。毎日ベタベタしてるし。ただ、年齢差が大きいので、彼が先に逝ってしまった場合、その後の私がどうなるかは、わかりませんけどね。
Commented by りろ at 2006-12-31 14:13 x
そういえば、最近、あるところで、愛とニーズとは違うのだ、というコトバを読みました。愛は惜しみなく与えるけれども、ニーズは、相手に執着し、依存し、相手なしではいられない、と思ってしまうこと。そして、愛とニーズが重なることもあるけれども、ニーズは愛ではない、ということです。
私はダンナを愛しているのだけど、彼に対するニーズがゼロかといったら、そうではないなあ、と思います。もっと成熟したら、ニーズなしに、ただ愛する、ということができるほどに、豊かで満たされた人間になりたいなあ、と思います。

あと10時間弱で新年が明けますね。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を。
Commented by luna at 2006-12-31 17:12 x
たった2日間、その間もお互い仕事で一緒にいられる時間が限られていたのですが。私は生まれて初めて「恋に落ちる」という経験をしました。相手は目を背けてしまうほどのオーラを持っている人で、彼にとっては束の間の冗談だったのかもしれません。人気があるし、バイだと言う噂も。でも、それ以来彼ほど魅力的な人にはやはり出会えず。。理想を実現したような人に会ってしまうと、なかなか忘れられません(苦笑)
Commented by cazorla at 2006-12-31 21:28
operaholicさん 来年こそは 編み物がんばりたいと思います。
来年もよろしくお願いします。
日本でミスドにも行きたい。

ありがとうございました。
良いお年を。
Commented by cazorla at 2006-12-31 21:35
りろさん 今年は 色々教えて頂いてありがとうこざいました。
来年も たくさん 教えてください。

人生はいろんな出会い できごとが
ただひとつを目指していると思います。
耳をすませぱ 何をめざしているか
わかる そんな気がすることもあります。

良いお年を。
Commented by cazorla at 2006-12-31 21:37
るなさん 素敵な出会いをされたんですね。
一瞬のことでも
そんな気持ちになれるって 幸せなことです。
ただ 毎日がつづき
胸がはりさけそうになることをさけて
それを幸せというのは
ちょっと違うと思うのです。

来年もよろしくお願いします。
Commented by eaglei at 2006-12-31 21:59
永遠の恋は、相手の幸せを祈ることでしょうか~。
深い祈りは、伝わり、現実となりますね!

死んでも、望めば再び巡り会えると信んじます。
だから、永遠ですね。

今年は、いつもありがとうございました。
素晴らしい年を、お迎え下さい。

Commented by cazorla at 2007-01-01 00:02
eagleiさん 楽しい話題をたくさんありがとうございました。
来年も 楽しく語らいましょう。
良いお年をお迎えください。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-12-30 19:59 | おすすめのもの | Trackback | Comments(20)