「ほっ」と。キャンペーン

バラハス空港テロ事件

マドリッドのバラハス空港に ETA[スペイン・バスク地方の民族組織ETA(Euskadi Ta Askatasuna)]が爆弾をしかけました。
爆弾をしかけたことは前もって通知したので ほとんどの人が逃げたのですが
たまたま その放送を聞いていなかった人が亡くなりました。
一人はエクアドール人。 恋人を迎えに来て 友達が中に迎えに入ってる間 うっかり車の中で眠ってしまって 放送を聴けなかったのです。

ターミナル4の4階建てのたてものが崩れ落ち 作業をしている消防士たちも
大晦日 鐘の音に合わせて 葡萄を食べています。 (ただ おめでとう と言って シャンパンをぬくのは自粛しました。)
e0061699_22295260.jpg
e0061699_2230722.jpg

感極まって 抱き合う消防士。
e0061699_22302316.jpg

マドリッドでは 大晦日も テロリズム反対デモが繰り広げられました。


Excite エキサイト : 国際ニュース

正月そうそう こういう記事は書きたくなかったのですが
亡くなられた方のご冥福を祈って。
バスク ナショナリズムについては また書きたいと思ってます。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4831808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miuka1978 at 2007-01-01 23:38
cazorlaさん、新年あけましておめでとうございます。
昨年はブログを通じてではありますが、お知り合いになれてうれしかったです。
この事件、、cazorlaさんのブログを読むまで知りませんでした。。。
非常に驚きました。。ご冥福をお祈り申し上げます。
バスクのことは私自身まだまだ何もしらないことだらけなのです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by もにか at 2007-01-01 23:47 x
cazorlaさん、Feliz Ano Nuevo!
この事件、日本では年末年始のTV特番にまぎれてろくに報道されませんでした。
USとかヨーロッパ主要国ならもっと派手に報道されたと思う。人命の重さに変わりはないのにね。bomberosになにげにイケメンがいるとこがスペインらしいかな?今年も世界中できなくさい事件が起こるだろうけど、それに立ち向かう全ての消防士救命士レスキュートッキューのみなさんの無事を祈ります。
Commented by pfgia at 2007-01-02 01:09
明けましておめでとうございます、昨年だったでしょうかETAってテロ行為放棄宣言をしたと記憶していますけど... スペイン国内の恒久平和の道のりはまだまだ長いのでしょうか。とても残念なニュースでした。今年も宜しくお願いします。
Commented by cazorla at 2007-01-02 05:06
miukaさん あけましておめでとうございます。
せっかくの年末 クリスマスのバケーションなのに
サパテーロの政策が良くなかったということでしょうか。

ETAの問題は 少しずつ 縮小されていた と思っていたのに。
話し合いの前にこの爆弾。
これで 二度めです。
ためいき・・

今年もよろしく!
今年はスペインに引っ越しですか。
Commented by cazorla at 2007-01-02 05:09
もにかさん 右翼とETAが重なりそうで こわかった?とか。
でも スペインのニュースはあまりいきませんね。
テロリズム事件はできるなら報道して 行った方がいいと思いますが
イケメン  おもわず もう一度 写真を見直してしまいました(笑)

フセイン 早々と 葬ったのでそのリアクションが必ずある と思います。

日本の 「美しい国」教育の行方も気になりますが


今年もよろしくお願いします。
Commented by cazorla at 2007-01-02 05:11
pfgiaさん あけましておめでとうございます。
 ETAの話し合いまえの 爆弾事件 これで2度目ですから
政府も少しは学習してほしい。

忘れた頃に・・・やってくるですね
まったく

今年は パンダ君がますます元気でかわいくなられることでしょう。
楽しみにしています。
今年もよろしくお願いします。
Commented by りろ at 2007-01-02 13:18 x
cazorlaさん、あけましておめでとうございます。
こちらでcazorlaさんとおつきあいさせていただけるようになって、大変楽しい思いをさせていただけるようになり、感謝しております。今年もよろしくお願いいたします。
さて。テロリズム。悲しいですね。テロを起こさざるを得ないところまで来た背景には気の毒な点もたくさんありますけれども、テロは決して解決に近づくための手段とはなり得ないのですから。ただ、多くの人が傷つくだけなのですから。それを、一人でも多くの人たちが、学んでいって欲しいものですね。テロリズムじたいが制度となり、習慣となって、そこから出るに出られない人たちを生み出している、ということこそ、一人ひとりが自分で考えて前向きな行動を個別に起こすことができるはずの自由や、すでに充分に満たされていることを感謝とともに味わえるはずの自由を、をみずからが奪い続けている、ということなのですしね。
私たちは、常に、愛にもとづいて、心を開いて新しく自由で前向きな行動を選択し続けていける人間でありたいものです。
今年も良い年になりますように。
Commented by cazorla at 2007-01-02 18:35
りろさん 大江健三郎のセブンティーンって どうやって一人の男の子が右翼になっていくか と言う小説ですが
まさしく そんな感じで ETAに入るのだろうか と思います。
爆弾というのも一つの麻薬みたいなものなんでしょうか。
実際 逮捕される若者たちを見ると
必ずしもバスク人ではなかったりするのです。
軽い爆弾投げは 北のほうで日常的らしいし。
もとETAの人が 書いた本。 ナショナリズムのメランコリー。
まさしくメランコリックな気持ちが右翼に傾いていくのだと思います。

りろさんのコメントのおかげで 不足な部分 また 掘り下げなければならない部分が見えてきます。今年もよろしくお願いします。
Commented by enmt_es at 2007-01-04 00:33
cazorlaさん、あけましておめでとうございます。
今年もカソルラさんのブログで色々なお話を読ませて頂くのが楽しみです。
未知の世界のお話ばかりで、毎日このページをワクワクしながら開いています。
テロがあった時ビルバオに居たのですが、ビルバオの人たちは我関せず、
といった印象でした。
新聞に、「バスク人はETAの暴力的行動とバスク独立は別のものだと考えている」と
書いてありましたが、もしバスク政府が裏でこの活動を容認していたら怖いな~
(スパイ小説の読みすぎでしょうか)なんて思ってしまいます。
カソルラさんのバスクナショナリズムの見解、是非読ませて頂きたいです。
では今年もどうぞ宜しくお願いいたします☆
Commented by cazorla at 2007-01-05 06:08
メルコさん あけましておめでとうございます。
時として ナショナリズムって 自国の歴史をひもとかず 狂信的な気持ちだけが
一人歩きしている場合もあると思います。
日本の人たちも同じ。海外にすむ と日本はよかった って言う人が多いけど
外国人として住む日本が本当に 外国人として住むスペインよりよいか 
私はそういう比べ方をしないと フェアじゃないと思うの。
難民対策も移民受け入れもしていない日本という国について
私たちは何を知っているだろう。
それと 同様に 今 バスクはバスク語をっていっても
バスク語は人工的に作ったことばでしょ?
私の友人のおかあさんは バスク人で 一地方のバスク語を話すけど
この「正統バスク語」まったく理解できないそうです。
じゃあ バスクとは 一体何か・・・
この疑問に行き当たる。 それは日本の場合も同じ。
もちろん 日本語はみなわかるけどね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-01-01 22:39 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(10)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla