三人三様

「12個の葡萄 大晦日のスペイン」の記事で紹介したように 教会の鐘の音にあわせて 12個の葡萄を食べるのですが 3人の子供達 あいかわらず それぞれの個性で食べていて微笑ましかった。

長男 二歳の時から 鐘の音と対決している。
今年も 六個目の鐘で 全部たべて 勝った! 
と 叫んでいる。 現在 八歳。 まだ 理解していない。

長女 11才に1月になります。
「あーら どきどきしちゃう~」といいながら食べてます。
ごーーーん と鳴る時に ご で口にいれ ん で 種を出すという正確さを
保たなければならない と頑なにに信じて。

次男 現在五歳ですが 末っ子のせいか幼い。
昨日も眠そうにしていたのでもうねんねしたら と言っても
「葡萄が食べたい」 と言っているので もうちゃんと食べるかなーと
思っていたら 12の鐘が鳴り出した時 剥き始めて
結局二個食べました。
長男と 性格が全然違う。

私は上手です。
ゆっくり 種も出しながら頂いてます。
母は 12個口にいれて さっと走って台所に行っちゃった。
葡萄デビューでございました。

e0061699_5371096.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4833368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by obreykov at 2007-01-02 06:24
Cazorlaさん、明けましておめでとうございます。お母さまをはじめ、御家族の皆様の健康と幸せを心からお祈りしています。
どこにも色々な習慣があるのですね。12個のぶどうの話は始めて聞きました。
年越し蕎麦のようなものでしょうか。。。うちではブルガリアの習慣を取って、福引入りのチーズパイを新年を迎えたときにいただいています。
今年もどうぞよろしくおねがいします。
Commented by fumiyoo at 2007-01-02 09:51
3人の可愛さがぶどうを通して出ていますね。兄弟は性格が違うけれどさかのぼれば父、母を細かく分析すれば、どちらかの癖をミックスして出来ているような気がします。
だから、各局どんな事でも、受け入れやすいし、分かってくる。「親子どんぶり」です。

今日は朝から旦那が「BUDDY GUY」のCDを2枚携帯用プレイヤーに入れて散歩に行きました。ご機嫌です。
私は今から「おせち」もって姉の所へ行ってきます。
Commented by cazorla at 2007-01-02 18:38
obreykovさん あけましておめでとうございます。
スペインでは それに似たものを1月6日に頂きます。
小さな瀬戸物のお人形かなにかが 入っていて それにあたると いいことがある
でも そのケーキのお金は 払わなくてはいけない。
たいていの場合 子供にあたるようにしているので 払う というのは だんだん割愛されていますが。
一人っ子だと こどもにあたるように ケーキ屋さんに マークしといてもらうらしいのですが うちは 三人なのでまあ適当に。 娘はずっと このマスコットのコレクションをしています。

今年もどうぞよろしくお願いします。
Commented by cazorla at 2007-01-02 18:41
ふみよさん 両親だけではなく 私の両親または 夫の両親の 血を受け継いでるんだなと思わせられる物。 隔世遺伝みたいなものを感じる時もあります。
なんにしても だから 憎たらしいのにかわいかったりするのですね。

京都のお正月 私も散歩したいです。
私もあとで 母のところへ 出かけます。
気軽に出かけられる 親族の家ができてよかった。

名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-01-02 05:46 | こども | Trackback | Comments(4)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla