フセイン 死刑執行  まだ続く 戦争

羊飼いの息子 サダム・フセインの死刑執行。
You Tubeでは カテゴリー エンターテイメントだ。
それは あまりにふざけすぎでしょう。
この死刑執行が あまりに 市民操作そのものなので

テロの犯人はフセインではなかった。
もちろん 独裁者であった。ただ 死刑執行に市民操作の意図を感じることに
不快感がある と言いたいだけです。

You Tube 死刑執行人の一人が携帯で動画を写してる。
El Pais La ejecución de Sadam

新たにまたほかのビデオがインターネット上に
el Pais  フセイン死刑執行ビデオ 2


e0061699_0465220.jpg


El Mund ★ Sadam 1937-2006

流れとしてはイラクの留置所で ばかばかしい写真を撮っている米兵と同じ。
次に何が起きるか。
怖いと思う。

追加
[ハバナ 1日 ロイター] キューバ外務省は1日、イラクのフセイン元大統領の処刑が「占領者による暗殺」だとして米国を非難するとともに、イラク戦争の終結を求めた。共産党の機関紙グランマに掲載された声明で述べた。

 声明では、前月30日に執行された同元大統領の死刑について「内戦を引き起こされ、何百万人もの市民が犠牲を強いられた国で起きた、政治上の愚かな行為であり違法行為」だと非難。「占領者(米国)による暗殺」だとの見方を示した。

 その上で「何千人もの米国の若者たちが戦争で死ぬことも止めるべきときだ」としている。


追加 合衆国は さらに 三万人の兵士をイラクに送ることに決めた。
さらい 米国の若者たちも犠牲になる。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4837177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fumiyoo at 2007-01-03 08:31
年末に「少数の支配者に多くの人達が何故従うのか」・・という実験をしていました。
強い電気ショックを与える人とショックを受ける人に分けて、初めは命令を受けた人は嫌がるのですが段々スイッチを入れていく、一度も完全拒否しないで結局「命令」どうりスイッチを入れ続ける。そして、「笑い」が生まれてくる。相手が「う~~う~」と否って嫌がっているのに「笑い」が生まれてくる。スイッチをもはや戸惑うことなく入れ続け、笑いながら入れ続ける、相手は「う~う~」と悲鳴を上げているのに、命令に従順にやり遂げる。
こんな実験でした。

死刑執行に市民操作の意図を感じること・・・これはすごく簡単な事なのでしょう。
世界中で「操作」の縄は張り巡らされていると思います。
危険な時代に入ってきています。
Commented by fumiyoo at 2007-01-03 08:31
ヨーロッパはもう長い事厳しい時代に入っていると聞きます。日本だけがこんな状態・・正当な技術に対する正当な評価も無い。仕事というものに本来の「楽しみ」を見出せずにお金の為だけに働くのは「人間らしい労働」ではないと思います。それは、ロボットでも出来るのですから、そんな仕事が増えて、能力のある人がその能力を発揮できずにいる「くすぶった時代」・・我々はそんな時代を行き抜かねばならない。「支配」を受けずに。
せめて次の時代を生きる子供達には「仕事の喜び」を感じる仕事についてほしいと思います。

Commented by カオル at 2007-01-03 09:05 x
年末にフセイン死刑執行のニュースを聞いた時、やはり死刑という刑罰にはやりきれない思いがしました。どんな悪人に対してでも
殺していいとは思えない。モラルを手放した人々の集まりって恐ろしい。
Commented by cazorla at 2007-01-03 10:20
ふみよさん 成田紛争に入ってる人たちから 電話があるとき いつも偽名で 暗号のような話し方をしなければなりませんでした。 今から20年前。 盗聴されてた。
だれだか はっきりすると その人の家に いやがらせがある。
それは だれのしわざでしょうか。
戦時中ににげおおせた詩人のおっちゃんの手紙が いまだに開封されて届くのは
なぜだろう。
私たちは 自由の国に住んでいるという幻想を捨てて 自分たちの目で見る訓練をしなければならないんだ と思いました。

夫がカソルラに引っ越してきた時 オリーブ畑で働いたのだけど
きつい仕事にもかかわらず 楽しく過ごせたと言っていました。
人間が働く というのは そういうことなんだと思います。
オリーブ畑での作業も 工場の作業も 単調な作業にはちがいないのに
オリーブ畑の作業には 人間的なものが ある。
土の匂い 太陽 その他。
そして 人間関係。

仕事の喜び を感じる 仕事。 
に ついてほしいですね。
Commented by cazorla at 2007-01-03 10:22
かおるさん あけましておめでとう。
新年早々くらい記事ですが
コメントありがとう。
かおるさんも 不快感感じてたんですね。
すごく 急いでる感じも すべてが 違法行為だったと感じます。

まず イラクの問題を解決すべきなのでは
と思いました。
Commented by asake at 2007-01-04 11:08 x
私もびっくりしました。独裁者であっても結局4つの罪なる物を追求している米に対して
ひとつだけが裁かれ後の3つの罪もそのままそして僅か4日目で処刑なんて
本当に後に続くテロが恐いです。
米も9・11の犠牲者を越える犠牲者を出している今のイラクへの攻撃そしてそれ以上の犠牲になってるテロや攻撃されている国民恐いですね。本当に恐いと思います。

Commented by transitroom at 2007-01-04 19:48
フセインのニュースは、ヒマラヤの山奥へも伝わってきましたよ(゜o゜)
でも村人は皆、無関心そのもの...だって年末年始でしたから(^^ゞ
まあ、世の中そんなもんなんかなぁ...(@_@;
Commented by cazorla at 2007-01-05 06:10
asakeさん どうしても年末に処理したかったんでしょうね。
あと これから イギリス政府も問題をかかえることになるでしょう。
ビン・ラディンの問題は アメリカでは忘れたことになっているのかしら?

このフセイン死刑のリアクションのために 
また米兵が大量に イラクに送り込まれました。
Commented by cazorla at 2007-01-05 06:12
トランジットルームさん ヒマラヤの山奥って どんなニュースソースで伝わってきたんでしょう? 
無関心っていうのは すごく素直な反応ですよね。
実は フセインのニュースって 
よそ事って言う感覚が一番おおいかな
と思います。
でも フセイン自身のことより
この死刑によって起こりうることが やっぱり 問題ですね。
Commented by pfgia at 2007-01-06 02:03
テロを先導したのはフセインではありませんでした... 色んなことがうやむやなまま戦争が始まりまだ続いています、「戦争」じゃないですよね。イラクに兵を送った時点でアメリカの迷走は続いています、どう収拾をつけるのでしょうか... フセインは多くの人の命を奪いましたけどこんな形であっけなくこの世を去ってしまったことにこれでよかったのかと疑問です。
Commented by cazorla at 2007-01-06 06:06
pfgiaさん もう少しきちんとアメリカがしたことも話し合うべきだったのでは
と 思ってしまうのですよね。
アメリカ合衆国 国民の80%が 9.11はフセインがした と思っている。
そして イラクは 原子爆弾を持っていたと思っている。
なんだ これ と思いました。
けっきょく 原爆は持ってなかったわけで これは どうするんだろうと。
戦争を始めた理由がことごとくずれるんだから。
Commented by 怒れる老人 at 2007-01-12 23:48 x
フセインがイランと戦ったのは原理主義がアラブの世界にはびこるのを防ぐためだった。サウジに石油権益を持つ米国は当然フセインを支持して、炭素菌やサリンを与えた。それをフセインは自国の独立を危うくするイランの後ろ盾を持つシーア派や独立のためにはアルカイダを囲って破壊もじさないクルドなどの弾圧に使った。かれは米国のためにも戦ったわけで、そんな彼をアルカイダと手を結んでいるとして攻撃した米国は恩知らずだ。米国人にメールしてやりました。自国の独立を妨害する者を排除して悪いというなら、米国の南北戦争は南部の独立を阻止するために徹底的に南部を破壊したことを正当化出来ないと。確かにフセインは自国民に責任はあるが、死刑に値するとは思いません。ましてや米国はむしろ彼に感謝すべきだった。神に抹殺されるべきはブッシュではないかと思います。
Commented by cazorla at 2007-01-13 07:34
怒れる老人さん コメントありがとうございます。
政治音痴の私でもイランとの戦争のことがあるので
今回のことは完全に合衆国の利権が一人歩きした結果と思いました。
アメリカ国民も まったく このあたり理解していないのでしょうね。
ブッシュは内政に重きを置いているなあという感じですね。
八割の国民はフセインが9.11の犯人だと思ってますから。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-01-03 00:50 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(13)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla