銀行家 それとも軍人? あなたはどちらを選びますか。

ある時アンダルシアのある町で パストール銀行というのを見つけたの。
パストールって 羊飼いって意味だから なんとなく ファニーと思って
夫に 見て見て パストール銀行だって って言ったら
「ああ あれね うちの曾ぱあちゃんの銀行だ。 こんな所にまであるんだね。 ガリシアにはいっぱいあるんだけどね。 マドリッドにも ちょっとはあるよ。」
曾じいちゃんて 銀行家だったの?
て ちょっとびっくり。
曾々じいちゃんは 銀行を持っていました。
苗字がダンスだったので ダンス銀行。 Danceではないです。 村上春樹じゃないから。
Danz銀行。 でも 一人しか子供がいず 女の子だった。 これが うちの夫の曾おばあちゃん。 当時は 女の人が銀行を経営するってことはまれだったので ふさわしい人と結婚して継いでもらおうと思っていた。
でも 彼女は恋に落ちたの。
軍人と。 これが 夫の曾おじいちゃんね。
で おとうさんは 是非銀行の経営をと 頼んだんだけど
「無礼な 軍人たる者が金などさわれるか。」 と言ったかどうか
でも 基本的には そういうニュアンスで お断りしたの。
それで とうじ曾々じいさんの右腕として 働いていたパストールさんが銀行を受け継ぐことになって名前も変えたのだそうです。

スペインをわかりにくくしているのは 階級制度だと思う。
よく 日本で下流君って最近言ってるけど スペインの階級って 収入ではないのです。
銀行の頭取ではなく 軍人で通す というプライド。
そういうプライドがあって初めて防衛省の存在に繋がっていってほしいな と思います。
e0061699_0315672.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4885378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2007-01-10 09:17
ドン・キホーテ的心と云ったところでしょうか。日本の武士道精神と同じなんでしょうね。スペインがだんだん身近に思えてきました。
Commented by seilonbenkei at 2007-01-10 10:11 x
パストール銀行というのはやっぱり天に宝を貯蓄するのでしょうか?(笑)
で、曾々じいちゃんの時代はタンス貯金?なんちて。
ごめんなさい、茶化して。ついついまずギャグにする癖は落語好きのせいかしらん。

cazorlaさんゆかりの軍人さんを否定する気はありませんが、理想論を言わせてもらえれば、軍人というのは要らない職業と思っています。当然防衛庁も。ましてや省も。
祖国を「土地」と考えるのはどうもピンとこないんです。だって土地がなくなってしまえば祖国がなくなってしまうことになるし。だからその土地を守らなければならないんじゃないか!というように考えられないんです。亡国というのは、土地を失うことではないと思うのですが、現実的でないことは承知しています。

正直な気持ちを言えば、私は銀行家を選ぶでしょうね。軍人は国がなくなれば用済みだけど、金はどこの国に行っても役に立ちますもの。他所の国で祖国の誇りを持って生きるためには軍人より金!
でも、軍人魂、武士道精神、騎士道。こういったプライドは必要と思います。他者と戦うためのものではなく。
Commented by transitroom at 2007-01-10 12:21
防衛省...予算を増やしたいが為の格上げって感じですねぇ(@_@;

それにしてもパストール銀行...建屋がなんて立派なんざんしょ(゜o゜)
顧客が羊飼いさんばかりだったら笑えますけどね(^^ゞ
Commented by maron415 at 2007-01-10 15:34
イギリス貴族の軍人みたいなもの?
何か、江戸時代の武士みたいね。
でも、よく考えれば、江戸時代の武士って、生産的なこと何もしていなかったのよね。

スペインの軍人…歴史あるんでしょうね。
今の日本にない存在ですね。
Commented by miki at 2007-01-10 18:18 x
私も「羊飼い銀行」って、変なのーと思っていたけれど、
今では我が家のメインバンクはバンコ・パストールですよ♪
牧羊犬も飼ってますしねー(笑)
Commented by npura at 2007-01-10 18:19
初めまして、いつも覗き逃げしています(別名なんだかな~)m(_._)m
少し興味を持ったことがありましてお邪魔させていただきました

スペインにはまだ 階級制度 なるものが存在しているのですか?
軍人ってスペインでは階級的に上なのですか?
確かにスペイン軍は歴史的には古くから活躍していますが

よろしければ教えて下さい
ヨーロッパには一度も行ったことがありませんので勉強不足です
Commented by fumiyoo at 2007-01-11 00:01
何か、レベルが違う選択ですね。

階級制度・・・って歴然とあるのですか?

今日、京都新聞に少数民族ロマ(ジプシー)の事が書かれていました。
ロマニ・ローゼ議長は
少数派の人権を守り差別を防ぐには少数民族が例えば「ジプシーの一員」などではなく、その国で暮らす「国民」であることを一般社会に理解させることが重要だと主張する。と書かれていました。
まだまだ、人権問題がねずよく残っているんですね
ロマに対する犯罪もふえているようですね。こんな事を京都新聞で知ることになるなんて・・世界は狭い。
Commented by ぺけ at 2007-01-11 01:21 x
…ちょっと本題からずれてしまうのですが、昔のスペインの上流階級の家庭では、男の子のひとりは軍人に、女の子のひとりは修道女にした…というような事、聞いた事があります。軍、そして教会と政治経済を操る社会の上層部が結びついてたんですよね。

そしてこれは、スペイン在住のある日本人が言ってた事で、印象に残ってるんだけど…先進国のエリートたちは民間企業を目指す。それは先進国では民間企業の方が待遇がいいから。でも中南米などの後進国では、エリートは軍人になる。経済が発達していないと、民間企業に行っても余りいい暮らしはできない。スペインは後進国ではないけど、民間経済は未だ遅れている。だからスペインのエリートたちは公務員や国営企業を選ぶ…

どちらもスペインが未だECに加入してなかった頃の話です。

大阪の船場ってい、う証券取引所みたいなところ(?)に行くと、私の曾おじいちゃんの兄弟だか、何だか良く知らない人(笑)の写真が飾ってあるって聞いた事あります。「株屋さん」だったんだって。両親のどちらを辿っても、先祖は士農工商の商、です。商才はないけど(笑)。
Commented by cazorla at 2007-01-11 02:52
アンツァン ドンキホーテ まさしく。
ローマ人と日本の制度って似ているんです。
婿養子制度とか・・・
Commented by cazorla at 2007-01-11 02:57
セイロンベンケイさんが 銀行の頭取を選ぶとは思えません(笑)だって 責任重要よ。
1日で 何億って負債持つ可能性あるのよ。

国のために軍人になる人はいないの。
父親が好きだからなるんだと思う。
夫は軍人にならなかった。 父親のコネもあるし 兵役では 階級がかなり上まであがってるから
軍人になっても 苦労はなかったのにね。
で 大学三つ行って 貧乏してますが。 ただ よい奥さんに巡り会えたのね。 放浪したおかげで。 軍人になってたら会えなかったモノね。
でも 息子たちは軍人にするつもりでいる。 
そういうものかも。
Commented by cazorla at 2007-01-11 02:59
トランジットルームさん 今は お百姓さんが お金持ちだから
きっと羊飼いさんは よい お客様かも(笑)

防衛省の記事 スペインの新聞で読んで実は最初 意味がわからなかったわ。
急なことなので。
Commented by cazorla at 2007-01-11 03:02
みきさん お久しぶりです。 ほんとだKATSくん 牧羊犬だ!
Commented by cazorla at 2007-01-11 03:03
マロンママさん 軍人 騎士のなれの果て ということなんでしょうね。
自衛隊は イラクで みなさんに守ってもらっている オランダとか オーストラリアに。
にも かかわらず 予算増やす おっかしいなーと思うのです。
Commented by cazorla at 2007-01-11 03:06
なんだかなーさん eagleiさんのところで よくお見かけしていました。
コメントありがとうございます。

ヨーロッパはどの国も多かれ少なかれ身分制度は残っていると思います。
だんだん資本主義の影響で消えていっているとはいえ。
でも 下とか上 というより 自分の家族に対する誇りが強いと思います。
労働者は 労働者の誇り。
それが社会党を支えている。 でも 日本は社会党には 労働者の代表っていう気概がないと思います。
Commented by cazorla at 2007-01-11 03:10
ふみよさん ロマ民族。 国によって 状況が違うと思いますが。
スペインでは もともといたジプシーたちが だんだん社会に溶け込んできて
犯罪も減っては来ています。 でも やっぱり
たとえば ある日 ひとりのスペイン人が 車でジプシーの女の子にぶつかったの。
でも ブレーキかけたし 傷もたいしたことなかったんだけど
六発 ぶち込まれました。 6発の銃弾。
一発で死んでるのに。 こういうのは多いからなるたけ近づきません。
そして 差別しているのは ロマたちのほうよ。
世界は ロマが頂上 その下に ヨーロッパ系がいて アフリカ・アジアは 世界の底辺にいる というのが彼らの考え方。だから 学校でもモロッコの女の子をいじめたり 一人の女の子は目をえぐられたりしました。
Commented by cazorla at 2007-01-11 03:18
ペケさん 上流階級というより 中流階級では・・・と思うのですが。
スペインにもブルジョワはいたと思うけど 家制度がきついから 就職するのは 国がらみのほうが良かったんでしょうね。  夫の家は代々 軍人です。 軍人の所はだいたい 代々というのが多いみたい。 上流階級ではなくあくまで中流で。 
上流階級 修道女になってしまう 可能性はけっこう高かったみたいですね。
夫の家族には いませんが・・

Commented by ぺけ at 2007-01-11 12:27 x
確かに、ちょっと言葉が足りませんでした。「エリート」って上流階級の意味ではありません。「優秀な学生」と言い換えた方がいいかもしれません。後進国ではなかったから、中産階級の子供でも進学できる。それ程裕福でない家庭の子供でも、奨学金を貰ったり、働きながら carrera をやったっていう人、かなりいたと思います。そういう人たちが職場としてどこを選ぶかという話。そして優秀な人材が、社会のどの部分に集まっているかという話。
「上流階級-軍-教会」とは別の事を言ってます。

私の知ってる人でも、お父さんが軍人っていう人、今思いつく限りで2人いますが、ひとりは情報技術者、もうひとりはライター…cazorla さんのご主人も、軍人にはならなかったんですよね(笑)
Commented by siva at 2007-01-11 12:48 x
毎日コッソリ拝見しています。
とても勉強になります。

スペインでは職業選択の基準が『継承していくことへの誇り』なんだなってカンジました。
それって素晴らしいことだと思います。
真の豊かさは物質的なものだけではナイですよね。

Commented by cazorla at 2007-01-11 19:25
ペケさん 軍人の父を持ちながら 軍人にならなかった人って
お金儲けにはいかないみたいですね。
うちは生物学と言語学 学びました。
どっちも 金持ちにならない 学問だなーって。
Commented by cazorla at 2007-01-11 19:26
sivaさん はじめまして。 コメント ありがとうございました。
それでも 今は資本主義が入ってきて 拝金主義の人が増えています。
実は ブラックマネー 最高値は スペインらしい。
そういう問題も抱えていますが・・・・
Commented by siva at 2007-01-12 21:07 x
う~ん・・・そうなんだぁ。
個人的に、スペインの人には、あまりお金に執着して欲しくないんだけれど・・・。

私のお友達のスペイン人は31歳でジャガーとポルシェを所有しています。
civil engineer をしているのですが、建築系ってそんなに金回りいいんでしょうか?
単に実家がお金持ちなだけなのかな?

それとも、アコギな儲け方を・・・。(笑)

Commented by cazorla at 2007-01-13 07:39
sivaさん 車の種類は あんまりステイタスに関係ないんですよ。
スペインはどこに住んでるか。
たとえばマドリッドだと ビジャ・フランカとか サラマンカ地区とか。
良い車でも 中古はすごく安いです。
反対に実用車は 値段が下がらない。
だから車はその人の趣味ですね。
カソルラは 中学卒業のお祝いにBMWプレゼントしたりしています。
カルチャーのないひとが よい車に乗る傾向があります。

Commented by siva at 2007-01-13 10:58 x
cazorlaさん
有難うございます。
そうか。日本だと車の維持費だけでも結構かかるから、いい車2台持ってたら『お金あるんだな~』って思ってしまうけど、スペインはそうじゃないんですね。(笑)

中学卒業祝いがBMWってスゴイですね~!!
それはカソルラの人が裕福だからなのですか?
それともカルチャーが・・・・・?

名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-01-10 00:32 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(23)