失敗の神秘

e0061699_1041685.jpg

世界で一番大きな花。
もともとは 小さな花が原種だったらしい。
ゴムの木も 同じ起源を持つ。
e0061699_1043165.jpg

どんな 過程を経て 小さな花が変化していくのだろう。
植物の変化には因果律がある。
しかし 人間の成長にも因果律があるのだろうか。

この可能性を人間から取り去って説明し 論じ始めると 人間自身は攻撃的になる。内的牢獄に閉じこめられるからです。自由が奪われたと感じるから暴れ出す。 現代では 人類全体にわたって攻撃性が顕著になりつつありますが 私は その因果論による人間観にたいする抵抗、防御の反応として出ていると思います。 (ミヒャエル・エンデ★エンデと語る)

先日 娘の11歳の誕生日に「はてしない物語」をプレゼントした。
週末 夢中で読んでいた。
「はてしない物語」は 失敗の物語で ある。
私たちはともすると子供達の失敗を取り除きながら育ててしまう傾向にあるのではないかと思う。
よく 走っている小さな子供に「走っちゃ だめよ。 転ぶでしょ」と声をかけるのを 耳にする。
転んで けがをし 血を流す 自由を与えずに
自由の意味は 語れない のかもしれない。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4925886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ちょっとスペイン…の昔の.. at 2007-01-15 12:36
タイトル : ころんだことがない?
(エキサイト以外のお客さま:コメント欄のパスワードは何でもお好きな文字を入れて、コメントを削除したい時にお使い下さい。) (「amikajpn のひとりごと」-HP-から転載) 最近の子供は転ぶ時に手を出すことを知らない・・・という話を聞いた。 普通なら自然に手が出て、顔などが地面にぶつかって怪我しないように支えるはずが、そうしないで、ただ(?)ころんで、顔に怪我してしまったりする・・・そうです。 ウーン、と思った。色んな理由がはあるんだろうけど、要はころんだ経験が少ないのでころび...... more
Commented by antsuan at 2007-01-15 11:51
まわりに完成されたものが沢山あるので子供たちは返って失敗を恐れてしまうなんてことがあるんじゃないかと思っています。失敗を恐れない勇気をどうやって身に付けさせるか思案中です。
Commented by seilonbenkei at 2007-01-15 12:24 x
転ばぬ先の杖も程度が必要ですね。
杖ならまだいいですが、歩行器に乗せっぱなしでは自由なんて、ね。
歩行器ってよくないそうでsね。よく知らんけど。
Commented by peque-es at 2007-01-15 12:33
「はてしない物語」は読んでないけど、児童書って面白いですよね。子供の頃の読書、ご飯の時間になっても中々止められなかった。
一気に読んでしまわずにはいられないっていうのが、読書の醍醐味だと思います。
大人の本(小説)でそういう経験をしたのって、「百年の孤独」だけ…かな?
これ、人によっては、全然読めないらしいんですが(笑)、私は最初日本語で読んだ時、中々途中で止められなくって、当時日本で会社勤めをしていたので、睡眠不足になりました。その後スペイン語でも読んだんだけど、中南米特有の言い回しとか、分からない単語とか一杯あるのに、それらをすっ飛ばしてでもどんどん読んで行ける、ストーリーの力が凄いと思います。

話が逸れてしまいましたが、「失敗」について、古~い記事ですがTBさせていただきます。昔のブログのパスワード、覚えてるかな?(笑)

それから私の目は、子供の頃は「大きい」と言われたけど、今は普通だと思う。
目にゴミが入ると、回りの目の小さい大人から、「大きい目だからゴミが入る」ってからかわれた(?)んだけど、今考えると、ゴミが入らないようにマバタキでシャットアウトするのがヘタだったのかも(笑)。
Commented by fumiyoo at 2007-01-15 21:44
そう、幾つになっても頭を打ってから本人に考えさせる事ってたいせつです。でも子供の頃と違って親は相当な覚悟が要ります。
Commented by transitroom at 2007-01-15 22:27
ラフレシア...世界一大きな花を咲かすんでしょうけど、
とんでもなく”臭い”んですってね~(@_@;

ドリアンと、どっちが臭いのか少々興味アリです(笑)
Commented by maron415 at 2007-01-15 22:38
今の子って、親から守られていることの方を選ぶのかもしれない。何かあれば、親のせいに、大人のせいにしておけばいい…(社会そのものがそうなのかもしれないけれど。)
で、親にもそのゆとりがある。
子ども時代って、少々ぐらい不遇なほうが、その子にとったらいい?
Commented by cazorla at 2007-01-16 00:17
アンツァン 思案しちゃあいけないんですよ たぶん。
ただ 失敗したあとに 一緒に失敗した原因を考える くらいしかしてあげられないと思います。 でも 末っ子ちゃんに関しては 心配ですよねー。
Commented by cazorla at 2007-01-16 00:19
セイロンベンケイさん 歩行器は 腰に悪いと言っていました。
ハイハイを十分にさせたほうがほんとうはいいのに 床とか地面をさわってその手を口にやったりするのがいやだから 歩行器使う っていうママも多いみたいです。
立つ 感覚は すごく新鮮なものだから 歩行器も悪い所ぱかりでもないと思うんですが やっぱり 自分で動く のが大事だと思います。
Commented by cazorla at 2007-01-16 00:24
ペケさん 私はリョサの世界終末戦争が 一気読みでした。
あれは すっごく おもしろかった。 宗教のことが主題なんですけどね。
それで スペインに行っちゃったんですか?
ガルシア・マルケス うまいですよね。 うますぎて原文だと まだよくわからないことがいっぱいあります。 コレラの恋 夫にこの間プレゼントされたの。 読まなくちゃ・・・でも 難しい。

トラバの記事も読ませて頂きました。 夫も四十過ぎて 免許取ったんで 最初の一週間で擦り傷つけました。 それで 覚えて 今は かなりプロに近い(プロってなんや)ですが。 失敗しない ほうが ある意味ラクだったりするんですよね。
Commented by cazorla at 2007-01-16 00:27
ふみよさん 親の覚悟って 必要になってくるんでしょうね。
友達の弟が すっごい借金かかえこんで おとうさんに泣きついたんだけど
追い出したら 三年 行方不明のままです。 
最近は弟のことを 聞いたりするのもできない状態。
でも 彼の場合は 大人になるまで 甘やかしてたなーと 思うの。
中学入試失敗して 大学入試も行く大学がないからアメリカの大学へ。
英語力はなかったのに その時点ですごく優秀になって かなり良い大学。
そして 良い就職して ご両親は喜んでたんだけど。
それでも 日本での失敗をただお金で解決したとも言えるし・・・
小さな時からの積み重ねがだいじなのでしょうか。
Commented by cazorla at 2007-01-16 00:28
トランジットルームさん すごい臭いらしいですね。
でも ドリアンは 食べ物だから
くさいと言っても この花よりまし????
Commented by cazorla at 2007-01-16 00:31
マロン・ママさん 失敗させない方が親としてもラクな方法なのかなーとも思います。
それに 親も全力で接してないような。
転んで 泣かれるより ゆっくり転ばないで 歩く
もしくは バギーのほうが ラクだったり。

若いおかあさん達って ママ友でつるむことのほうが大事だったり
て 思うのも 古ママだからかしら。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-01-15 10:20 | こども | Trackback(1) | Comments(12)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla