「ほっ」と。キャンペーン

鏡に向かってつぶやいた

祖母はかなりきれいな人だったそうだ。
ちょっとブーな祖父が一目ぼれして結婚を申し込んだ。
明治時代に祖母は出戻りにもかかわらず かなり良い条件で再婚した。
祖父母には 2人の男の子と四人の女の子ができた。
息子たちは 母親に似て美形。
一般的には 女の子は父親に似るという。 しかしそれでも 4人のうち2人はかなりきれい。そして 1人は あでやかに生まれた。
母はそのあでやかな人だった。 顔そのものよりも なんとなく雰囲気できれいな人と感じさせてくれる人であった。
私は残念ながら 母にも祖母にも似なかった。
きれいとはご冗談にも言えない。

母は いつも帽子をかぶり レースの手袋をしていた。
朝 五時にゴミを出す時も きちんとお化粧をし 髪を整え それなりのかっこうで出ていった。 もやしのおみそ汁の朝は 朝三時に起きて ひげを一本一本取る。 だから すごく 仕事をしてるのに 端から見ると 何もしていないように見える。 母はそんな人であった。 
小さな時 道で会う人に つまり うちの父を知らない人に「お嬢さんは おとうさん似ですね。」と 良く言われた。 そういう言い方は 特に悪い表現ではない。 ただ 母親をきれい と思っている娘には 『母親に全然似てない。 かわいくないね。 かわいそうに』という風に聞こえる。 そして そういう意味でもあるのだと思う。
母が 年を取ってあでやかさにかげりが出てくると すぐにみんなに親子でよく似ていらっしゃる と言われるようになったから。

娘にも似ていない。 子供達はハーフであるから それなりにかわいいし。
だから 先日 セイロンベンケイさんに 部分的に似ているとコメント頂いて うれしかった。 だれにも似ていない鬼っ子は 実はこういうことに弱い。

ただ 母に感謝しているのは 毎日 私にかわいい と言ってくれたこと。
あなたみたいなタイプは大きくなると信じられないくらいきれいになるのよ と言って育ててくれた。 残念ながら大きくなっても何も変わらなかったのだが そういうことばは魔法である。

先日 好きな人に『好き好き光線』を放つ という話を書いたが
いつもかわいい と言われて育った子は きれいではなくても 『私はきれい』光線を放つのかもしれない。 
こんな私を 世界でいちばんかわいくて魅力的と 感じてくれる人がいつも一人かならずそばにいてくれる。 それは 母親の娘にかけた魔法のおかげだと思う。
友人で 私から見るとほんとうにきれいなのに コンプレックスの固まりの子がいる。 
お姉さんとおかあさんが 美人だし おかあさんは毎日 あなたはブスだから 大きくなったらママが手術のお金出してあげる と言って育った。

褒めて育てる というのは 色んな意味で大事だと思う。
決して傲慢にはならないと思う。
ただ 最後の最後のところで 支えていく自信になるのだと思う。
それは幸せになるための魔法でもある。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4936689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2007-01-16 19:30
お母様の目で見たcazorlaさんが本当の姿で、cazorlaさんの見る鏡が歪んでいたんでしょう。(笑) でも母親の言葉は子供にとって本当に魔法だと思います。
Commented by pfgia at 2007-01-17 04:28
お母様と一緒に旅行に行かれ際のショット、「上品な女性だな」というのが私の印象です。昔の日本女性が兼ね備えていた内から輝く美しさ、今の私達には欠けてる気がします。
先日、相棒の従妹が言ってました。「いつもいつも可愛い、可愛いして、褒め殺して育てても子供のためにならない」と、私からしたら彼女も典型的褒め殺しラテンママなんですけどね。でも、自信を持って生きて行って欲しいから、ちょっとだけラテンママの褒め上手なところを見習いたいと思います。
Commented by cazorla at 2007-01-17 06:46
アンツァン 優しい コメ ありがとう。
褒めるって なんでも大事だと思います。
ポジティブになると思うし ね。
Commented by cazorla at 2007-01-17 06:48
pfgiaさん スペインのママ なんだか 大事にしすぎって言う所もありますね。
そんなに寒くないのにたくさん着て 雪だるま状態で ころころ転がっていきそうになったり。 
日本の半袖で冬をすごさせる保育園なんて 見たらびっくりしそうです。
Commented by りろ at 2007-01-17 15:56 x
cazorlaさん、褒める、って、本当に大切ですよね。どんな人間関係でもそうでしょう。
人は、社交的な場で楽しげに会話をしている時、10分間に平均2〜3個のウソをつくそうです。つまり、自分を自慢したい気持ちだとか、相手に対して拒絶したい気持ちや批判的な感想が思い浮かんだとしても、あえてそれは口にしない、というのも一種のウソですから。でも、それは当たり前のことですよね。イヤなことに気持ちをフォーカスしたり、イヤなことを言い合ったら、お互いイヤな気持ちになって、現実の関係もイヤなほうに動いていきますものね。
けれど、いいことを言い合えば、お互い、さらに自己イメージが良くなって、自分はさらに良い人間になろうとし、良いほうへと物事が動いていく。それが、人間の自己尊厳の気持ちのはたらきというものだと思います。
子育てや親しい人間との間では、特にそうですよね。大切な人に自分の良さを認められることがどれだけ重要なことか。
Commented by りろ at 2007-01-17 15:56 x
ただ、ある本によると、一般に「褒める」というけれど、それは、時として、相手が自分に都合良く動いてくれた時に「褒める」というふうに、相手をコントロールしたいという欲に基づいていることがある。だから、「褒める」というよりも、「祝福する」というのが本当なのだ、と。つまり、こちらの意図や欲とは関係なく、その人の魂の持って生まれた素晴らしい可能性や本来の意図がこの三次元の人間界ですこやかに花開き「自己実現」してくるのを「祝福する」のがいいのだ、というのです。
確かに、私の母は無邪気だけれども白々しい褒め方を一所懸命にする人で、子どもを自分の理想に合わせてコントロールしたがっているのが透けて見えるので(一方的な誤解にもとづく強烈な罰といつもセットでしたしね)、私はとてもイヤだったのですよね。
その子本来の良さを見極めて祝福する、ということが、大事ですよね。
Commented by seilonbenkei at 2007-01-17 18:40 x
全然話が違うようで通じる部分もありそうな(どっちやねん)ですが、私の教団の牧師はかなり高給です。公務員高校教諭レベル。でも、宣教師さんが言いました。大学を出て、その上神学校まで出てることからすれば安いでしょう?
欧米人の評価眼っていうのかな、そんなものを感じました。スペイン人だったらまず G君にたいする同情ってところに。日本って丁稚奉公の悪い面がいまだに根強く残ってる気が。いい面は廃れちゃってるのにね。
Commented by cazorla at 2007-01-18 02:46
りろさん 祝福するってほんとうにいいことばですね。
それと できるだけ 良い部分を見るようにして 自然に褒めるってきっと大事なんでしょうね。良い部分を見るようにして ・・だと 嘘ではなく 本気になりますものね。
娘もりろさんみたいにするどいので みすかされるような ほめ方はしないように気をつけます。
Commented by cazorla at 2007-01-18 02:51
セイロンベンケイさん 牧師さんって 職業的には 二十四時間牧師でもあるわけですから そういう職業であれば 高校教諭レベルでも安いですよね。 
教団によってもお給料って 違うのですね。 て 今まで牧師さんのお給料について考えたこともなかったです。
人間の想像力ってほんとうに限られてるなーって思います。
自分で経験したり見たりしないとなかなか考えがそっちにいかないんですよね。
Commented by moranita at 2007-01-18 09:09 x
お久しぶりです。娘も2ヶ月が過ぎてだいぶ表情が出てきて可愛くなってきましたよ~。(^-^)
時々、ロムってたのですが、このタイトルの文章にはちょっとグっとくるものがありました。とぃうのも・・・。
今日、旦那と娘をベビーカーに乗せて買い物していたら、丁度入り口付近で数台のベビーカーが出口を塞いで、ゴタゴタしてる最中に、(私達は出る方向にいたのですが)入り口から入ってきた同年代のスペイン人の女性が私達の娘を覗き込んで、「Que horroroso,!Que cara tan fea!」って言ったんです・・・。信じられないでしょ!!驚きましたよ!他人の子供をつかまえてそんな事言うか!?今日まで私達夫婦はなんの疑いもなく娘を可愛いと思っていたので、ハッキリ言ってショックでした。
でも、そぅですよね!私達が娘を可愛いと育ててあげればきっと娘も『私は綺麗』光線を放ってくれますよね(^-^)この文章読んで元気出てきました。
Commented by sahanji_yoko at 2007-01-18 13:23
いつか、私が母になったら(なれたら)ほめまくるのダ!と決心。
↑moranitaさんのコメントみてびっくり。彼女の目が歪んでます!

私のいとこで普通の少年がいるんですが、父親の仕事でアメリカに引っ越して、モデルにスカウトされたそうです。言葉もわからなくて引っ込み思案だったのが、キッズモデルコンテストでグランプリとったとたん、明るい性格になったって。自信がつくってすごい。
Commented by cazorla at 2007-01-19 06:18
moranitaさん それほんと? いくらなんでも って思いました。
だって 写真みたけど すっごいかわいいじゃない。
おまけに ママは美人なんだからハーフっていう理由だけじゃなくかわいくなるはず。
それ きっと嫌がらせよね。
どうぞ そんな嫌な人のことは気にせず・・・
彼も一緒だったの? ぶんなぐってやりたかったでしょうね。
Commented by cazorla at 2007-01-19 06:21
さはんじさん 見た目なんてどうでもいい って言うのもひとつの真理だけど
すてきに見えるひと っていますよね。
女優さんとか見てても 顔そのものより
その人の自信みたいなもの 大事かなって。
見た目より内容だけど 内容も含めて 見た目を輝かせるどりょくって やっぱり大切だと思います。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-01-16 19:07 | こども | Trackback | Comments(13)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla