いじめ?差別?

ビッグブラザーっていうテレビ番組。 オランダが最初だったと思うけど ひとつの家に何人かが住んでいて それをテレビで映していって 視聴者が投票していって人気のないひとから去っていく?というような番組? スペインでも二年くらい前に流行ったと思う。 
で その番組の中で インド系の女優が差別を受けているということで話題になってます。
で テレビ局側は「文化的、階級的衝突はあったが、人種差別的なものではない。」と言ってたんだけど とうとう番組打ち切りになるよう。
e0061699_1882625.jpg

e0061699_18161946.jpg

beaty v bigot


Big Brother 公式サイト

人種差別云々というより こういう番組の存在が つまり 世界が 下品で攻撃的になっていってる ということなんだと思う。 

イギリス在住 ケニヤ生まれのインド系女性監督の映画。
ベッカムに恋して(2002) - goo 映画

e0061699_18231728.jpg

アメリカの人種差別の映画だと 移民たちが ひどい生活をしていて差別されて それでも頑張って人生を切り開いていくというようなのが多いのではないかと思うけど 人種差別って 別に成功すれば解決していく問題でもないと思う という感じのこの映画はお勧めです。
人種差別といっても それだけがあるわけではなく 女性差別があったり 宗教差別があったり 人種間の仲間内のおきてみたいなものがあったり シンプルではない。
差別だって逆差別的なものもある。 たとえば ジプシー(ロマ族)は差別民ていうけど 彼らはアジア系 すっごい差別しているし。
で この映画ですが インド系移民 とってもインドな ゴージャスな生活している。
スペインでも イスラム系の人の家に行くと ここはスルタンかっ! と思うような家に住んでいる。 
イギリスなんか 特に 貧乏な人の生活レベルってすごく低い(らしい)。
その一方で貧乏な移民には援助があるし 貧乏ではない移民はゴージャスな生活だし・・・
差別に含有するものって 複雑だと思います。

世界が攻撃的になっていってるのは 失敗の神秘でも書いたけど もう一度エンデのことばを紹介したいと思います。
この可能性を人間から取り去って説明し 論じ始めると 人間自身は攻撃的になる。内的牢獄に閉じこめられるからです。自由が奪われたと感じるから暴れ出す。 現代では 人類全体にわたって攻撃性が顕著になりつつありますが 私は その因果論による人間観にたいする抵抗、防御の反応として出ていると思います。 (ミヒャエル・エンデ★エンデと語る)


e0061699_1835423.jpg

Big Brotherに出ている Shilpa Shetty 。
そういえば 空港でもインド系の方がたくさん働いていた。 



BEAUTY V BIGOT
CELEBRITY BIGOT BROTHER: DAY 14 Spineless TV chiefs still won't act as Jade racism hits new low for Shilpa
By Nicola Methven, Tv Editor, And Stewart Maclean
THE disgraceful racist bullying of Big Brother's Shilpa Shetty reached a new low yesterday as Jade Goody told her to "go back to the slums".
And two-faced Danielle Lloyd said the actress should "F*** off home" before sidling up to her in quiet and declaring: "I don't want to argue with you."
The shocking treatment came as Channel 4 bosses AGAIN refused to step in to stop the bullying - while a million extra viewers tuned in. Complaints to TV watchdogs rose to 21,000 and Tony Blair and Gordon Brown and Indian politicians waded into the row.
The bitterness inside the BB house intensified after Jade - who is up for eviction against Shilpa tomorrow - laid into the Bollywood star and accused her of lying about buying an Oxo cube.

She hissed: "I f***ing hate liars, don't lie over something stupid.

"You're not some princess in f***ing Neverland. You're not some princess here. You're a normal housemate like everybody else. Everybody else.

"Go back to the slums and find out what real life is about lady. "You're so far up your own a**e you can smell your own s***. You're a liar and a fake."


Shilpa, 31, told 23-year-old Jade she needed elocution lessons, before fleeing to the bedroom.


Sniggering Danielle - who once fronted an anti-bullying campaign - said to Jade: "That was f***ing fantastic, I loved it. I think she should f*** off home.


"Does that mean I need elocution lessons because she can't understand what I f***ing say? She can't even speak English properly anyway."


Incredibly, C4 bosses claimed the outrageous comments were NOT racist and dismissed the bullying as merely a "culture clash".


A source said: "It could have been Danielle merely suggesting that Shilpa should be evicted."


Another added: "She didn't say it to her face, and we would only take action if it was said to her directly." In a statement, the station said the comments were "ambiguous". It added: "To date there has been no overt racial abuse or racist behaviour directed against Shilpa within the house.


"However there has undoubtedly been a cultural and class clash between her and three of the British females.


"Unambiguous racist behaviour and language is not tolerated."


Channel 4 boss Andy Duncan gave a one finger-salute to a Mirror reporter as we confronted him about the gang of bullies and asked if he planned to put a stop to the pitiful spectacle inside the house.


Executives even refused to appear on their own channel's news bulletins to discuss the cowardly abuse.


Presenter Jon Snow told viewers: "We asked someone from Channel 4 to come on but they declined."


Despite the controversy TV chiefs are delighted that an extra one million viewers that tuned in on Tuesday, bringing the figure to 4.5million. The National Civil Rights Movement accused Channel 4 of burying its head in the sand over the racist abuse and said it was clear for all to see.


Chair Suresh Grover said: "Every time the girls look at Shilpa they see an Indian. They can't ignore the fact she is not white, they see an Asian woman rather than another human. This is racist and it is bullying."


Suresh said Jo's mimicking of Shilpa's Indian accent two days ago was "racist and totally unacceptable".


And of Danielle's "f*** off home" jibe, she added: "The suggestion is that Shilpa doesn't belong here because of her colour and ethnic origin."


Suresh also said Danielle "does not understand the gravity" of her not speaking English comments.


She said: "Totally racist. Frankly Shilpa's English is a lot clearer than others in the house."


BB chiefs later hauled Danielle, 23, out of bed and pulled her about her remarks to Shilpa.


Realising viewers would see her in a negative light, she did an amazing U-turn. She said: "I don't want anyone to go home. If I said that I regret it.


"I feel disgusted with myself that I actually said it. I'm going to make things better."


And her attitude towards Shilpa, who was also called a "dog" and "bitch" by the girls, changed dramatically.


Speaking in the bathroom - well out of Jade's earshot - she grabbed her and said: "I don't like arguing with anyone and I don't want to argue with you. I don't want you to feel left out. I feel bad and I'm not a bad person."


It came just days after she mocked Shilpa for using facial hair bleach, telling others: "She wants to be white."


After Jade's foul-mouthed attack on her, Shilpa told Jermaine: "I cannot fight people like that. I am not from the road side, she must be and she is."


Jade may have called the actress a liar, but she has yet to learn that outside the house her secret liposuction has been revealed.


She now stands accused of lying to millions of her fans after conning them over her best-selling fitness DVD by resorting to surgery to achieve her current shape.


Bigmouth Jade was last night made 4-5 odds on to be booted out of the house tomorrow. Shilpa is 14-1 to stay in and 13-8 favourite to win the show.


DANIELLE YESTERDAY
Shilpa should f*** off home. She can't even speak English
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/4970483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ちょっとスペイン…の昔の.. at 2007-01-22 12:31
タイトル : ちびくろ・さんぼ…とナマハゲ
(エキサイト以外のお客さま:コメント欄のパスワードは何でもお好きな文字を入れて、コメントを削除したい時にお使い下さい。) これは実は、HPの≪ひとりごと≫で書こうと思って、目次にタイトルだけ用意して待機してた(?)テーマなのですが…あんまり待機しすぎて情況が変わってしまったみたい… 別荘も作った事だし、さて書くかな、と思って、昨日久しぶりに検索したら、な、なんと! かなり前に復刊されてた!! そ、知らない方のために書いておくと、この児童書の名著はかなり前に絶版になってたのだ。その辺の...... more
Commented by transitroom at 2007-01-20 22:06
差別ってのは、いたるところに火種がありますから厄介ですよね(@_@;
おそらく”自分と違うものは認めない”って了見から発生しているんでしょうけど、

考えてみれば、人種・宗教に限った事では無いんですよね。

仕事の進め方ひとつにしたって、方法論が違うだけで認めない上司がいたりと、
考えれば考えるほど厄介だったりします..._| ̄|○

”(多少違ったぐらい)だから何?”って言える寛容さが必要ですよね(^^ゞ
Commented by もにか at 2007-01-20 23:09 x
アメリカのTV番組「ER」でもインド人の女性研修医が看護師さんたちに無視されたり、
偉い先生に「おいインド!」と呼ばれたりしてますね。(たしか『ベッカムに恋して』に出演してたのと同じ女優さんが演じてたはず)でもインド呼ばわりする先生は彼女のことを
すごく評価してたりする。我が家のそばに某国立大学の留学生会館(寮です)があり、インド人留学生のご一家がいます。日本のごく普通の商店街をサリーで歩く奥さんはすごく美しい&目立つ(ので、最近はジャージ姿になってしまい残念。)インド人の神秘的な雰囲気がやっかまれる原因かも。
Commented by seilonbenkei at 2007-01-21 00:44 x
日本では格付け番組とかいうのをやってます。
バラエティですが、出演者の中で誰が一番○○かみたいなのを視聴者産科で決める。子どもがこういう番組観てると「消しなさい」とつい声を荒げてしまう。低俗な笑いを取るために人をおもちゃにしちゃダメだと思う。膝の猫が重くてキーボードが打てない。
Commented by naolicu at 2007-01-21 05:36
ビッグブラザーってルーマニアでもPROTVでやってました。最後に残った人が賞金をもらっていたと思います。
ここ数日我々男性は楽しませて頂いてます。だって連日美人のオンパレードでしょ。レオン、大好きな映画で特に最後に流れるスティングの曲も最高で・・・っていろいろコメントしたかったのですが、それよりも美人の写真ばかり気をとられてます。アハハ。
ルーマニアに「acasa」というチャンネルがあってスペインのドラマをいつも放映しています。しかも出演者は飛びっきりの美人ばかり。スペイン旅行が楽しみであります。エヘヘ。
明日はどんな美人が登場するのか、楽しみだなあ。
Commented by npura at 2007-01-21 11:34
「差別発言」英・インド騒動
英のTV番組「セレブリティー・ビッグブラザー」
白人女性のインド人女優にたいしての差別発言「スラムに帰れ」などに抗議3万5千件
シェティさん(インド人女優)は番組の中で「私は私の国を代表している。これが今の英国なの?おそろしい」と抗議
・・・・中略
インド政府は自体を重く見て英政府に事実関係の調査を要請した

2007年1月20日・朝日新聞朝刊7面に乗っていた記事の一部です
確かにこんな番組があること自体が オ・カ・シ・イ 
しかしこの番組は継続するそうです

白人女性の代理人の言葉「不自然でストレスの強い環境に長く置かれたことから来る、個性のぶつかり合い以外の何ものでもない」と話した
・・へ~~、英国では人種差別を個性のぶつかり合いだと・・つい0000といいたくなった
Commented by ぺけ at 2007-01-21 13:46 x
スペインで big brothers やってた時、その番組になるとすぐチャンネルを切り替えてたので、未だにどういう番組なのか知りません(笑)。予告とか宣伝だけで、見る気がしなくなる番組だった。
で日本のバラエティ番組も、見る気がしない。おまけにどこのチャンネル回しても同じような番組が出て来る…あと料理かグルメ、そして温泉…発想の貧困だよ~って。
スペインで最後の数年、デジタル衛星放送に加入してたので、選べるようになりました。キャンペーンでアンテナただで付けてくれたし。
日本は今頃アンテナ無料キャンペーンやってるけど、過去には超高かったと思う。でも今度、うちの中古マンションにケーブル・テレビが入るっていうんで、ちょっとだけ期待してます。

「差別」についてですが、自分は差別なんかしないって思ってる人が、逆に厄介だったりすると思います。自分の中の差別心に気づいてない人…どこの国にもいるのですが、日本は「他民族社会」の経験が少ない分、自分の中の差別心について問いかけた事のある人さえも少ないかも? 少なくとも「自分とは違う」人に対する社会の許容度は、スペインの方が大きい?
Commented by りろ at 2007-01-21 13:48 x
昨年だったか、賞を取ったアメリカのパペットを使ったミュージカル「Avenue Q」の中に、「Everybody Is A Little Bit Racist」っていう歌がありました。その通りだと思う。みんなどこかで、大なり小なり、ステレオタイプな人種差別的な思いこみを持っているところはある。けれど、それにとらわれないで、常に新しく、相手の人と一人の人として出会い直していく、ということが必要だと思います。

「プロセスワーク」という臨床心理学の一派では、差別などの力関係を「ランク」と言います。

一般的には、アメリカでは、白人で男性で高学歴でお金持ちの人のランクが高い、ということになる。
Commented by りろ at 2007-01-21 13:52 x
けれど、たとえば、何かの集まりで会議室に入った時、先に来た知らない誰かがたまたま前のホワイトボードの近くに立ってると、あとから来た人は、「あの立ってる人は主催者か議長かエライ人に近い人に違いない」と思いこんだりする。そうすると、その場では、そう思いこんだ人の中では、その立ってた人が「ランクの高い人」になってしまって、その人に良く思われるように行動しようという気持ちが働き出すわけです。

そういうわけで、誰のランクが高いかは、その場の文脈によって変わる部分もある。

例えば、権力側の人が一人で集団からつるしあげられたら、その場では、権力側の人のランクが一番低くなるわけです。
Commented by りろ at 2007-01-21 13:53 x
で、だいたい、ランクの高いほうの人は、無自覚で無造作で悪気もなく行動するんだけど、ランクの低いほうの人は、その言動に深く傷ついたり、そうでなくとも、バカにされたらどうしよう、傷つけられることになったら怖い、などと、ハラハラと気遣いをしながら行動するのですよね。

だから、社会一般においてであろうと、その場の文脈でであろうと、自分のほうが優位に立っている人は、もしかしたら自分はランクの低いほうの人にとって脅威になるようなことをしているのではないか、ということに気遣いをしたほうが、いい、ということです。無邪気なだけでは、うまくいかないのですよね。

この心理的な「ランク」というものをキーワードにして見てみると、いろんなことが見えてきて便利です。
Commented by りろ at 2007-01-21 14:00 x
要するに、ランクの高い人というのは、ランクの低い人には手に入らないようなメリットを、いつのまにか、当然のように享受してる、ってことです。

そのメリットは、思う存分享受したらいいけど、場合によっては自分はその場で優位の側に立ってしまってのびのびと無神経な言動をしてしまっているんじゃないか、ってことを自覚してみたらどうか、ってことですね。
Commented by りろ at 2007-01-21 14:05 x
あ、アメリカでは、白人で男性で高学歴でお金持ち、ってだけでなくて、プロテスタント、ってことも入りますね。つまりWASPってこと。
Commented by りろ at 2007-01-21 14:24 x
あ、「ランク」の問題だけじゃなくて、集団の中の「ロール」つまり役回り、ってこともある。

例えば、家族の中で、誰かが精神の光の部分だけを引き受けて演じていると、誰かがダークな部分を引き受けて演じざるをえない立場に追い込まれてしまう。仏様みたいなおじいちゃんがいる家族の中で、孫が不良になって問題を起こしたりする。

だから、誰もが、自分にもダークなえぐい部分がある、ということを引き受けて生きる、ということが大事です。人種差別もしかり。人種差別は最低だけど、自分にもえぐい部分があることを受け止めること。
特定の人種や派閥にダークな役割を押しつけてすましていてはいけないのです。
Commented by maron415 at 2007-01-21 15:38
これ、テレビで見ました。
すごい問題になっているって…
内容まではよく把握していなかったんですが、
「人気のないひとから去っていく…」
これって、すごいストレスだなあと、
で、他人をけおとしてでも残ろうとする精神が…

日本でも、あります。
「人気のないひとから去っていく…」的な番組たくさん
そういうのを見たがる人がいるからあるのでしょうけれどね。
Commented by antsuan at 2007-01-21 20:31
長男が今年高校二年になるのでテレビを捨てる事にしました。"怪傑ぺろり"というペンネームの三男はアニメの「怪傑ぞろり」を観る事が出来なくなるのでちょっとかわいそうですが、お兄ちゃんどもはテレビやゲームばかりで勉強を全然やらないので非情処置を講じました。そうしたら次男がそれは差別だと騒いでおります。オイオイ!
Commented by cazorla at 2007-01-22 06:31
トランジットルームさん 満足していない状態だと だれかを攻撃したいし
攻撃しているところを見たいという要求にかられたりもするのでしょうね。
こんなふうに新聞で問題になっているけど
これで視聴率もガンガンあがって テレビ局もよろこんでいたり
この記事でまた新たに見る人がいたり・・・
なんだかなーですね。
寛容さ 必要ですよね。
Commented by cazorla at 2007-01-22 06:34
naolicuさん ヨーロッパ中で やってるんですね。
もともとはそんな美人が出ていたわけでもなかったように思うけど
今はやっぱり美人 て 大切なポイントなんでしょうか。
スペイン放送? こっちでは 日本のむかーーーしのたけし城 やってます。
昔だから なんかねー 雰囲気レトロなんだけど
Commented by cazorla at 2007-01-22 06:37
もにかさん サリー姿って美しいですよね。 ジャージになったなんて 残念ですね。
たしかに サリーつけるのって大変だけど。
友達が インドに留学していたんでサリーの付け方 教えてくれました。
インドの人ってすごくことば覚えるの早くないですか?
きっれい なのに 下町のおばちゃんみたいな日本語しゃべる高野の紅茶売り場のインドの人 ギャップがすごかった。
Commented by cazorla at 2007-01-22 06:41
セイロンベンケイさん テレビってずっと見ていると そういうのが 「人間をおもちゃにしている」という感覚から遠のいていくんですよね。
ニュースにしてもつぎからつぎで それがどういう意味をなすのか考える時間がなかったりする。 うちの子たちは家では見ないけど よそんちで 見てきて 何見たか教えてくれる。 話すことによって 見た物を昇華していってくれれば いいかなと思ってあきらめてます。
Commented by cazorla at 2007-01-22 06:46
ペケさん カソルラみたいな田舎にいると 特に 許容範囲が広いな というのを感じます。 日本人どころか中国人もすんでいない所で 興味津々 というのと 人としてつきあっていこうという態度と すなおに全部出てるのね。
モロッコの人も住んでるけど 普通に生活して 溶け込んでます。

ただ 最近 増えてきた移民に マドリッドはどう対応しているのかなーって
ちょっと思ったりしてます。
Commented by cazorla at 2007-01-22 06:53
りろさん 自分だけが正しいと思ってるというのは危険なのかもしれないですね。
日本の差別問題で チビ黒サンボが絶版になったことがあるでしょ?
アフリカ系の人ともインド系の人とも交流のない人が
この本を 拒絶したんだと思う。
この本はけっして 差別ではないと思うのですが
りろさんはどう 思いますか。

そういう極端な団体 フェミニズムも含めて がどうも苦手です。
Commented by cazorla at 2007-01-22 06:55
マロン・ママさん 最初は美人にたいするやっかみだ
くらいの取り扱いだったみたい。

日本にもあるんですね。
Commented by cazorla at 2007-01-22 06:57
あんつぁん テレビないほうが 家族でゲームしたり 話したり
たまに一緒に映画を見たり(うちはアンテナはないけどテレビ 映画みるためにあります。) そのあとそれについて話したり できますね。
テレビは ためになる番組もある と言われますがそれでも時間を食う 魔物でもあります。
Commented by りろ at 2007-01-22 07:19 x
ちびくろさんぼ、ね。
あれは、アメリカで絶版になったんじゃないかな、先に。で、日本ではそれに引きずられたんじゃないかしら。
なんでも、サンボだのマンボだのジャンボだのっていうのは、もともと、黒人奴隷に対する蔑称的なあだ名としてよく使われたものみたいです。あと、アフリカでバター、食べないし、トラはアフリカにいないですよね。
だから、まあ、ミンストレルショーなんかがはやった頃に、たぶん、アフリカを知らないアメリカの白人がおもしろおかしく作ったストーリーではあるんでしょうね。
だから、最初に異議申し立てしたのは、アメリカの黒人ではないかと思う。子どもにことさらアフリカのイスラム教徒っぽい響きの名前を付けたり、12月にクリスマスではなくクワンザを祝うなど、自分たちのルーツであるアフリカ文化を尊重し、白人文化とは差別化し、プライドを持とうとするのが、今のアメリカ黒人の人たちの流れだから。
でも、あの本を日本で絶版にする必要があるのかどうかは、むずかしいところですね。かわいらしいお話だし。
Commented by りろ at 2007-01-22 07:59 x
ただ、呼称の問題は、その呼び名がある含みを持って使われている特定文化の中での問題ですからね……。
ちなみに、私が小さい時は、戦国時代の少年忍者を主人公としたアニメ「風のフジ丸」ではポルトガル人とかオランダ人は「南蛮人」と呼ばれる悪役でしたね。今だったら、それ、さしさわりがあるかな。
そういうことを考えていくと、たとえば、北欧のほうで(たぶんスウェーデンだったかな)ココアの商品パッケージにいまだに黒人の人の顔が大きく描かれてることや(カカオって、アフリカじゃなくて南米原産だけど、奴隷を使ったプランテーション栽培のイメージなんだろうか)、オランダの(スペインから来るということになっている)シンタクラースが、お共に顔を黒く塗った(たぶんムーア人という設定)「くろんぼビット」を連れていることなど、いろいろ気になってはらはらしちゃったりするんですよね。
だけど、じゃあ、シェークスピアの「オセロ」はどうなのか、とか、じゃあ、日本人ばなれした「蝶々夫人」とか、中国の文化の実体とはかけはなれた「トゥーランドット」はどうなのか、とか言い出したら、きりがない。
Commented by りろ at 2007-01-22 08:00 x
おそらく、「Little Black Sambo」という、何か奴隷の人をトロいおバカさんの犬か何かのように呼ぶような呼び方が、アメリカの黒人の人たちのトラウマにさわってしまった、ってことなんじゃないですかね。
Commented by りろ at 2007-01-22 08:17 x
でも、私も、なんでもかんでもパターンで決めつけるような反応をする人は、ニガテです。先入観をひとまず脇に置き、一つひとつ良く見て多方面から考えてみること、が大事だと思う。
Commented by cazorla at 2007-01-22 10:04
npuraさん 日本でも話題になっているんですね。
スペインの新聞では やめそうな雰囲気でとりあげてたんですが
やはりやめないんでしょうね。 ますます 話題になってるし。
今は けっこう人種差別ではない という傾向にありますね。
そういうのことばのすり替えでしかないとおもうのですが。
Commented by cazorla at 2007-01-22 10:11
りろさん あれは 物語の舞台はインドです。
で 書いたのは イギリス人。 昔昔 チビ黒サンボが住んでいました。
そのおかあさんは こんなに優雅な人です。 おとうさんは こんなに素敵な人です。
という インドのお話しです。で 絵も 完全にアフリカンの顔ではなく インド人です。

で スペインでは アフリカ系の人にたいする差別はほとんどないのですが
反対に白い人たちにたいする差別はあります。
スラブ系ってエスクラボ 奴隷の語源で もともと北から奴隷を連れてきてたんですね。
だから アフリカ系の有色人種にたいする 差別はないし
また 肌の色の名前で言うのは一応禁止になっています。
ただ一応で 使われているということはありますが。
Commented by ぺけ at 2007-01-22 12:30 x
…古~い記事をTBするかどうか迷ってたんですが…本題からは少し逸れているし…でもチビクロサンボで盛り上がってる(?)ようなので、TBさせていただくことにします。よろしくお願いします。
Commented by りろ at 2007-01-22 14:44 x
cazorlaさん、ああ、ちびくろさんぼって、インドのお話だったのですか。知りませんでした。それも、イギリスの方が書いたお話だったのですね。小さい頃私が読んだ岩波の絵本では、アフリカ系の人の姿で描かれていた(と私が思いこんでいた)記憶があるからです。頭髪がクリクリだったし、おかあさんはスカーフみたいなのを頭の後ろからかぶって、頭の前の上のほうで大きく結んでいたような。だって、インドだったら、肌色はダークだけど漆黒じゃないし、服装も違うんじゃないか、と。でも、インドだったら、トラが出てくるの、納得です。
じゃあ、アメリカのアフリカ系の人たちが、誤解したのでしょうかね。インド系の人たちからの異議申し立てがあった、なんて、聞いたことありませんから。
う〜ん、あまりこのことを深く考えたことがなかったので、この物語が書かれた背景を、ちょっと調べてみようかな、と思います。
ちゃんと調べないで思いこみで片をつけるのは、良くないですから。
Commented by りろ at 2007-01-22 15:01 x
cazorlaさん、ウィキペディアで、著者の「ヘレン・バンナーマン」さんを調べました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

これによると、アメリカではアフリカ系の人の姿のイラストで描かれた異本がいくつか出たということなので、私が見た岩波の絵本は、そのアメリカで作られたバージョンのいずれかを日本語に翻訳したものだったのではないか、と思います。それで、アフリカが舞台だ、と私はすっかり信じ込んでいたのです。

でも、ここにも、サンボというのはアメリカではアフリカ系の奴隷の人たちの蔑称として使われたので……というようなことが、書かれていますよね。だから、この本に対して異議申し立てをしたのは、やっぱり、アメリカのアフリカ系の人たちなんじゃないか、と思います。アメリカでは、アフリカ系の人の姿で描かれた絵本の「ちびくろさんぼ」が、すでに広く流通して文化現象になっていたからでしょう。
Commented by りろ at 2007-01-22 15:02 x
肌の色が濃いとすれば、インドが舞台なら、南インドの人がモデルなのかな、と思ったら、ウィキペディアの記述によると、やっぱり、そうみたいですね。ドラヴィダ系を先祖とする人たち。それを考えていたら、なんだか、生き生きとした目をした利発そうな南インドの男の子がにっこり笑っている顔が、ふと、目の前に浮かんできました。もしかしたら、こんな子たちがモデルだったのかなあ、と。
Commented by cazorla at 2007-01-22 19:39
ぺけさん トラバありがとうございました。
早速 読ませて頂いて こちらも記事を書きました。
なまはげも・・ってびっくり。
Commented by cazorla at 2007-01-22 19:40
りろさん 私もたまたま 娘といっしょに行ったクレヨンハウスで見つけたのです。
日本版はアメリカバージョンだったようですね。
さがしていたら 原作の絵本が見られるページがあったので 紹介記事書きました。
Commented by pfgia at 2007-01-23 03:44
イタリアでもメキシコでもリアリティー番組やってますね、もうブームは終わったのかと思ってましたけど手を変え品を変え続いているようです。イタリアでも、無人島でのサバイバルリアリティーがかなり話題でしたけど、そこにもインド系の人が出てました。優勝したのはスペイン出身の男性モデルでしたけど、笑。「ベッカムに恋して」って観ました、わりと気軽に楽しめた記憶があります。
Commented by cazorla at 2007-01-24 08:08
pfgiaさん この映画 わが家ではスーパーヒットです。
うちの子供達が 繰り返し見ています。
インドの家の雰囲気とか 試合の場面とか 色々感動しているようです。
テレビも 有料放送がはじまって ますます普通の放送の質が落ちてるような感じ。
で 子供番組と 子供用のコマーシャルがやたら多い。
そういうわけでうちではアンテナつけてないのですが・・・・
Commented by Cynde Delaina at 2014-01-11 14:27 x
This web site is known as a walk-through for all of the data you needed about this and didn’t know who to ask. Glimpse here, and you’ll definitely discover it.
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-01-20 18:42 | スペインの新聞から | Trackback(1) | Comments(37)