「ほっ」と。キャンペーン

東京生活

あんつぁんの記事 東京が知らない街になりそう で ふと 東京が懐かしくなって。
以前にも書きましたが 私は東中野に住んでいました。
八年 おつきあいした人が 要町のそばの 大学に通っていたし 西武池袋線沿いに住んでいたのでよく 池袋に行きました。 北口には ちょっと怪しげな場所が多かったんですが 一時期あの界隈の小さな塾で教えていました。 子供達はだいたい バーで働いている人たちの子供達。 中学生ですから なまいきで悪ぷってるんだけど なかなかかわいい子供たちでした。 私はねっこのところが がきんちょなので どうやら好かれるようです。 
大学の生協でも本は買えるんだけど 品揃えが今ひとつで ないものは 芳林堂に行っていました。 なんとなく 本の趣味が合っていて どの本もほしいものばかり。 紀伊国屋だとあれだけ数があってもなかなか欲しい本にであえないのに。
ということで 今 ネットで調べたら 芳林堂・池袋 閉まっちゃったんですね。 ショック。
八階の栞でよく コーヒーを飲みながら本を読んだりしていたのに。
七階がたしか古本で ほんとに建物全体が 欲しい本だらけ。
西武のリブロは 詩の雑誌を見る時に。 あそこはまだ今も ああいう売れない本がたくさんあるのでしょうか。 当時は 八木忠栄さんが 西武を牛耳ってたからできたことだと思うのですが。

それから好きな場所は 熊谷守一美術館でした。 熊谷氏の絵が特別すきだったわけではないけど 熊谷氏のひとり娘である 榧さんのひそかな親衛隊でした。
ページの 榧さん紹介文 『熊谷守一美術館の館主(看守ではありません)をしています。
自分の作品 油絵・陶絵・陶彫などもあつかましくカフェカヤに並べています。』
これが すてきでしょ?
カフェ・カヤには よく行っていました。 井坂洋子さんが よくいらして 書いてらしてました。
たまーに荒川洋二氏もおみかけしました。 
あのまわりの 夕暮れの空気が大好きだったんだけど。


高田馬場の クスクス にもよく行きました。 お腹いっぱいたべたら そのまま歩いて東中野のわが家まで みんなで帰ってた。 壁には色鮮やかな絵。 これはフランスのかなり有名な画家が ここに来て おいしくって 感激して描いたもの。
お店のおじさんとおばさんは なんとなく ラーメンやとかの普通の感じのご夫婦で 商売関係なく ほわほわしている感じで好き。
それから わがご近所のパオ。 遊牧民のテントをそのまま使って ごろごろしながらチャイが飲める。 まだ あるのかしら?

それからそれから 青山のボンボヤージュによく コーヒー飲みに 朝四時くらいに行ってました。 
e0061699_4444396.jpg

そして 絵画館前。 日曜日は 少し寝坊して 彼とよく 絵画館前でのんびり スケートをしている人たちを眺めながら おしゃべりしてた。

もう一度 生まれ変わったら・・・・
やっぱり絵画館前で のんびり 自転車に乗り疲れたフランス人の男の子を眺めたり していたいな。 
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/5023524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by greenagain at 2007-01-27 07:44
要町、いい町ですね!
熊谷守一美術館、私も好きですよ。もう一度行きたくなる美術館です。
Commented by cazorla at 2007-01-27 08:08
グリーンアゲインさん 美術館で 家を改築したような そういう空間って好きです ね。
榧さんも かっこいいんですよね。
Commented by antsuan at 2007-01-27 10:46
熊谷美術館、此処でもつながっていました! トラックバック有難う御座います。あそこを設計した建築事務所が美術館の中にあって、そこの用事で二度ほど行ったことがあります。あの美術館も区だか都に寄付してしまったと聞いています。東京も青春時代に通った街として想い出のページにしまわれていくようで寂しいです。が、それが青春そのものなんだろうな。夕暮れの雑踏こそが街の息吹のようで、東京は「夕暮れの空気」が私も好きです。
小生意気な中学生とやりあうcazorlaさんの姿、目に浮かびます。(笑)
Commented by りろ at 2007-01-27 17:17 x
cazorlaさん、西武のぽるとぱろうる、閉まっちゃいましたよ。残念ながら。今、西武は、そごうと資本合体して、百貨店ビジネスを立て直そうと必死です。有楽町西武を、その旗印にしようとしています。こんな時代ですから、大変だろうと思いますよ。
絵画館前、いいですよね。以前、ダンナの会社が青山にあった時、あの辺を毎日のように通りました。外苑前のいちょう並木、青山墓地の桜並木。そして、夜中の六本木の青山ブックセンター。あの辺にはもうあまり行かないけれど。
西武線といえば、西武新宿線沿線の沼袋に、昔々の恋人がいろいろな国の人と古い日本家屋をシェアして住んでいました。女癖の悪いイギリス人、宝石の勉強をしていた台湾人。時々、イギリス人の旅先での知り合いがふらりと泊まりに来たりもしていました。食べるのがひどく遅いドイツ人とか。無口でちょっと心理的に病んでいそうなスイス人とか。あと、このイギリス人の恋人の日本人とか。みんなでよくごはんを作って食べました……。西武線とか中央線とかの沿線は、なんだか、ビンボーな青春のにおいがしますね。
Commented by naolicu at 2007-01-27 18:45
要町と聞くと学生の頃にしていたアルバイトを思い出します。道路工事のガードマンをしておりました。その頃の要町は地下鉄がなく、池袋から私にとっては見慣れない会社のバスに朝早く乗ったことを覚えています。現場に着くとすぐに仕事。確か近くでは有楽町線の延伸工事をしていました。「あなた、学生さんなの?大変だねぇ」と通りがかりの人に声をかけられ、何だか侘しい気分になりましたっけ。学生時代のアルバイトはいろいろと20種類くらいやりました。ガテン系ばっかりだったなぁ・・・。
Commented by miki at 2007-01-27 19:19 x
絵画館、私も思い出の場所の1つです。東京に出てきたばかりの時、課題で写生に行きました。
ある時は突然雨が降りだして来て、慌てていたら、ビニール傘を知らない人にもらいました。
東京にも親切な人がいるもんだなー、と温かい気持ちになったのを覚えてます。
後から、ヤクルト戦がある日だって知ったんですけどね!(それでビニール傘か!って)
あの頃は1日1日はあっと言う間だったけれど、一瞬一瞬の時間はゆっくりだったなー、と思います。
どんどん変わっていく東京、思い出の場所はそのまま残って欲しいですね。
Commented by アイビー at 2007-01-27 22:29 x
最後のブログにコメントありがとうございました。書きたいと思う出来事は、ブログをやめてからの方が出てくるものですが、まだ再開する気になれません。あんまり研究せずにネットにかじりついている自分を矯正するためでもあります。明日からロンドンへ1ヶ月ほど行ってきます。大英図書館で調査です。
セビーリャに拠点を移すのは5月くらいを考えています。平日セビーリャのインディアス文書館で仕事して、週末はリスボンに帰る週末婚生活を考えています。そのときはゼッタイにカソルラさんのとこに遊びに行きますね。
私も池袋が東京で一番よくいった場所です。板橋に住んで本郷の大学に通っていたんで。数年前にデパート並みの大きさのジュンク堂(たぶん)ができました。それと西口のフラメンコ教室に通っていました。ここは先生が恐ろしくて、半年くらいでやめてしまったのですが。すでにフラメンコ教室3回も替えてます。なので全然うまくなりません。とほほ。
Commented by seilonbenkei at 2007-01-28 00:13 x
西武線とか中央線とかビンボーな青春のにおいの町にしか縁がないわけでして(笑)あと北千住。
東京って20年も住んだのに好きになれない町だったなぁ。
Commented by cazorla at 2007-01-28 05:38
あんつぁん 熊谷守一美術館の建物って なんとなく居心地がいいですね。
建築って 居心地 が大事だとおもいます。
きっと もっと 共有できる思い出ってあるのでしょうね。
Commented by cazorla at 2007-01-28 05:40
りろさん 中井のそばにビルマ地区というかビルマの人がたくさん住んでる場所もあります。 ミャンマーと言わなければならない?
いろんな人が集まる所って 空気が流れますね。
下落合は サムソンの社宅もあったし アメリカ人オランダ人もたくさん住んでいました。 
Commented by cazorla at 2007-01-28 05:42
naolicuさん ルーマニアのパイオニアは がてん仕事をなさってたんですね。
いつもパワフルです。
そういう経験もきっと パイオニア精神を支えているんですね。
私も東京生活の経験が スペインに来て すごく支えてくれていると思ってます。
Commented by cazorla at 2007-01-28 05:44
みきさん 東京もスペインも どんどん変わっていってますね。
でも ビニール傘 くれた人・・・
東京も いい人がいっぱいいますね。
私も1年目 大雪で 雪の中を歩き慣れていないので
江戸っ子ことばのおっちゃんによく 声かけられてました。
Commented by cazorla at 2007-01-28 05:47
アイビーさんは 本郷だったんですね。 ルノーのカレーは思い出の場所?
藤澤でしたっけ? 夏目漱石御用達のおまんじゅうがたべたくなりました。
あのあたりも すごく 東京らしいですね。 大好きです。
ぜひぜひ 遊びにいらしてくださいね。
楽しみにしています。
私もセビージャには行く予定にしているのですが。
Commented by cazorla at 2007-01-28 05:48
セイロンベンケイさん 私は自己中心的なので 自分がいる場所をいつも一番好きになっちゃいます。 きっと 単純なんですね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-01-27 04:50 | 思い出 | Trackback | Comments(14)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla