靴下から こんにちは

世界銀行のPaul Wolfowitz ポール ウォルフォウィッツ氏(プレジデントって頭取でいいのよね?) 現在 トルコ訪問中ですが メスキータを訪問した際 靴を脱がなくてはいけなくて・・・・

e0061699_1335781.jpg


こういう人が世界を幸せにする?
少なくとも今日は笑いを世界に振りまいてくれました。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/5052374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miki at 2007-01-31 03:33 x
本当、笑わせてもらいました。昨夜のニュースのトップでしたね!(笑)
でも、きっと、この人の奥さん、顔から火出してるだろうなー。(本人も、だけど)
旦那の靴下、ちゃんとチェックしなきゃな・・・(汗)
Commented by cazorla at 2007-01-31 04:06
みきさん で この人の背広って オーダーメイドじゃないよね。 で ズボンにも しみが・・・ 靴もよれよれだし。 きっと いい人なんだろうなー なんて思ってしまいました。
Commented by antsuan at 2007-01-31 08:03
行政改革を推進した元経団連会長の土光敏夫さんも質素な方でした。
Commented by npura at 2007-01-31 18:02
世界銀行の頭取に最適な人ではないですか
私がカメラマンだったら写しただろうかと思ってしまう

別にみてくれを良くしなくてもいいじゃないの
背広は普通に高級品でなくても着れれば良いし靴下もまだ履けるじゃん・・
な~~んて思ってるとしたら、もう最高~~(笑)
Commented by cazorla at 2007-01-31 19:18
あんつぁん ただ質素と穴あきの靴下はまた別問題で・・・・
Commented by cazorla at 2007-01-31 19:27
npuraさん そう思ってたら最高ですね。
たんに 奥さんが 振り向いてくれない人だったらかわいそうだけど。
まあ そう言う人って 自分できちんとしてたりしますが

ルーマニア人のウェィターは 靴下 一週間に7足買って 履いたらすてるんだって。
それもなーちょっと   と思いました。 独身だからね。
Commented by peque-es at 2007-01-31 20:12
他人事じゃありません。私足の親指が上を向いているので、靴下やストッキングのその場所、すごく破れやすいんです。でスペインに居た時は、そういうのを気にするのって、靴を買いに行く時くらいでよかったんだけど、日本だと、ヨソのお宅に上がらなくても、靴を脱ぐ機会が色々あるのよね。そういう時に破れてると、もう開き直るしかない(笑)。

世界銀行の「頭取」さん、今後どういう人なのか、注目したいと思います。
Commented by cazorla at 2007-02-01 01:57
ペケさん 実は 空港で調べられた時 靴下にアナが開いてた私です。
もう 嫌な日に恥ずかしいこと。 あはは ですが。
背広が合わない所がアメリカ人だ という説も。 (たとえばプッシュとか)
Commented by sahanji_yoko at 2007-02-01 14:28
あははー。私はこの状態をコンニチワ指とよんでいます。
違う色の布でつくろってあったら、かわいらしかったのではないかと。
Commented by cazorla at 2007-02-01 16:12
さはんじさん 違う色の布で繕う・・・ そのアイデア いただきです。
かたっぽしかない かわいい子供用の靴下なんかがあるので
アナの開いた私の靴下 繕っちゃおう。
Commented by naolicu at 2007-02-01 18:03
へえ~。EU加盟の交渉難航で、このサイドからの圧力とパファーマンスでしょうか。EU初のイスラム国家の加盟。イスラムはヤリ手ですからね。
Commented by fumiyoo at 2007-02-01 20:52
亡くなった兄さんもよくこんな靴下、はいていました。法事などの公の場所では周りの親戚から顰蹙かってました。何だかずれた所のある人でしたが、年賀状は素敵な“絵”と言葉が描かれていて、結構良いセンスでした。だからなのか、実生活では弱かったなあ・・生活力が。
Commented by obreykov at 2007-02-01 21:44
色々なコメントも含めて楽しませていただきました。でも人の振り見て我振りなおせ、ではないけれど、私もでんせんしたストッキングを捨てきれずにズボンのとき利用してみたりして、時々、事故にでもあって救急病院に運ばれたら、どうしよう、なんて心配になることがあります。
身だしなみだけはきちんとしなくては恥ずかしい目に合いますよね。
特に外側の洋服がきちんとしているときは余計に下着も中身もきちんとしなくては。。。
Commented by horaice at 2007-02-01 23:42
お久しぶりです!cazorlaさん。
爆笑させて貰いました:-))ハハハッ 
これはほんとみっともない。私もよく親指穴空きます。縫い合わせてたり・・・
だけど、両足あいているところが、なんだかお茶目に見えるのはなぜでしょう~
オープントゥ ソックス!?とでも呼んでおきましょうか。
Commented by anna1127 at 2007-02-02 03:27
お久しぶりです。
このニュース、私も見たとき大爆笑。
私は確実に彼に幸せにしてもらいましたよ!
Commented by cazorla at 2007-02-02 07:59
naolicuさん そこまで読みますか?
さすが 在欧州が長いだけありますね。
Commented by cazorla at 2007-02-02 08:00
ふみよさん 芸術家タイプだったんですね。
亡くなったおじも 暑い時に いきなりはさみで着ているズボンを切り取る人でした。
でも 写真家だったし 絵も描いてました。 なつかしいなー。
Commented by cazorla at 2007-02-02 08:02
obreykovさん 伝染したストッキングはやっぱり寒い時 パンタロンの下にはきますね。 でも 同時に あまりにゴージャス系の下着でも ちょっと恥ずかしかったりしますよね(笑 いえ あの病院に運ばれた所 (自分が)想像して すっごいゴージャス系の下着 持ってないけど 着てたとしたら・・なんて 思ったの。
Commented by cazorla at 2007-02-02 08:03
horaiceさん たしかに 片方だとここまで おもしろくないかも ですね。
お茶目 ですって コメント 是非 彼にも伝えたい!!
でも 本人はけっこう気にしてないのかも ね。
Commented by cazorla at 2007-02-02 08:04
annaさん 世界銀行への興味を盛り上げてくれましたね(笑
宣伝効果 抜群で これからますます活動していったほしいですね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-01-31 01:39 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(20)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla