スペインの肉屋さん

先日の「母のスペインでの生活 近況報告です」の記事で チャクテリア スペインのハム屋さんの写真を載せたら 肉屋さんだと誤解されたコメント 2つ頂いたのでもしかして そう思ってる人も多いかも と思い 一応 肉屋さんも載せます。
肉はぶら下がってないです。
死んですぐの肉は まだ固いのでつるす必要があるのだけど 現在は流通の問題 衛生の問題で その時期には まだ 店に並ばないので 店に来た時は直接 冷蔵庫行き・・・なのだと思います。 その点はよくわかっていません。
フランスのマルシェでは 毛皮つきのウサギ肉が売られていますが
スペインでは 毛皮ははがされています。
毛皮付きのほうが 保存状態は いいはずなので たぶん これは 毛皮についてる菌などの問題ではがされるのだと思います。 スペインのほうがフランスよりはるかに気温が高いので。
e0061699_8185969.jpg
e0061699_8192542.jpg

基本的に かたまり肉。
買う時に どうやって切るか 色々指示して切ってもらいます。
ミンチも普通は売っていません。(最近は都会や大きなスーパーでは売っています。)
かたまり肉を見て 挽いてもらうように頼みます。
挽いてもらった方が鮮度もいいです。
e0061699_820069.jpg

これは イタリア・バロックの絵。作者はANIBAL CARRACI。
この時代はつるしていたんですね。

スペインには 普通の肉屋とは別に イスラム教徒のための肉屋があります。一般的に豚肉以外は 食べてもいい と思われているようですが 牛でも鶏でも 殺し方にきちんとしたきまりがあって どこの肉屋でもいいわけではありません。
ただ コーランが書かれた時代 魚を食べる習慣はなかったので魚に関する記述はないそうです。 だから うっかり 買い置きの肉がなくなった場合は 魚料理になると イルハム奥さんは言っていました。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/5445237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ちょっとスペイン…の別荘.. at 2007-04-03 12:15
タイトル : 挽き肉
作ったばかりの「スペインふう生活研究」ってタグ連用で、ちょっと気がひけるのですが、日本のサービスや流通って「一見便利なようで実は不便なのでは?」というのをもうひとつ。 …なーんてって、ちょっと(かなり?)唐突ですが、挽き肉とそして、肉屋さんの話です。 挽き肉料理、材料費安いし、一般に好きなのですが、日本に帰ってから作る頻度が大幅に減ってしまいました。スペインの料理で、日本じゃ材料-塊肉とか骨付き肉とか-が中々手に入らなくて作れない料理もあるけど、挽き肉はどこにでもあるのに… 例えば挽き肉料理...... more
Tracked from people searc.. at 2013-03-11 11:12
タイトル : people search white pages
スペインの肉屋さん : 村人生活@ スペイン... more
Commented by maron415 at 2007-04-03 10:30
肉やとハムやが別々にあるというのがすごいですね。
↓の写真見ても、干し肉か何かがぶら下がっているとしか思っていませんでした。
今は、その処理するところじたいが冷蔵庫みたいなとこでしているのかな?
(よくわかりません)
冷蔵庫のない時代って大変だったでしょうね。
あっ、それで、店が別々にあるんですかね。
【肉ぅ】の文化を見た気がしました。
Commented by ぺけ at 2007-04-03 12:04 x
…前の記事で皆さんのコメント読んでて、「肉のカタマリがぶら下ってる…」…ん?と思って写真を見直し…「違うよ、これは生ハム、つまり豚の生足ですよ…」などと書こうかとも思ったんだけど…きっと cazorla さんが新しい記事を書いてくださるだろうと思ってました(笑)。

カタマリから切って計り売り、パックよりも時間はかかるけど、本当に欲しいところが欲しいだけ買える、いいシステムですよね。
ちょっと古い記事だけど、肉屋さんの記事、探してTBしてみます。
Commented by honn623 at 2007-04-03 14:44
そう、ミンチはすぐ鮮度がおちるのよね。
で、日本ハム類は添加物が山のようにつかわれているけれど、ハム屋さんのハムはしっかり肉!って感じを受けるのですが、どなんでしょ。
Commented by antsuan at 2007-04-03 19:39
ハム屋さんは肉屋さんと別だったとは知りませんでした。魚屋さんと、はんぺんや蒲鉾屋さんの違いと云ったところなのでしょうか。
うちも食べ盛りがいっぱい居るのでこういうふうにかたまりで買えれば助かります。
Commented by seilonbenkei at 2007-04-03 22:55 x
なんで肉屋さんとハム屋さんに分けなきゃならんのかよくわからなかったのですが
「魚屋さんと、はんぺんや蒲鉾屋さんの違い」なるほど!あんつぁんさん頭いい!

昨日だったか、アメリカかどこかで、食肉用家畜の育て方(放し飼いにするとか)やとさつ方法を人道的にという記事を見ました。今はまだ10%くらいだけど、今後はそうなっていくだろうとも。殺し方にきちんとしたきまりがあってというくだりを読みながら思い出しました。
Commented by cazorla at 2007-04-03 23:19
マロンママさん ハム類って 生でいただくものが多いのでそれを処理する包丁と手が 肉をさわったのと同じだと やっぱり衛生上よくないし
肉屋の免許 っていうか 肉の切り方を知っていても かならずしも ハムの切り方とか
チーズに詳しいわけではない とか 専門が別なんです
Commented by cazorla at 2007-04-03 23:22
ペケさん トラバありがとうございました。
読ませて頂きました。 挽肉料理ってかならずしも スペインだと安い料理 というわけでもないんですよね。場合によっては高くつく場合もあるかもしれません。
最初は どう切ってとか言うのがよくわからなかったし
注文の多いセニョーラは かなり細かいことまで指示してすごいな と思ってました。
マドリッドのほうが 厚切りです。 カソルラは言わないとうすくうすく切ってしまいます。
夫 曰く けちだから だって。
Commented by cazorla at 2007-04-03 23:24
honnさん 添加物の入った物もあります。
最近は 減塩ブームで 塩分が少ない物とか
塩つかわなかったら ハム類ってできないですものね。
つまり塩を使わない干物みたいに。
塩とれないんなら ほかのもの食べればいいのに
って思うんだけどな。 
でも やっぱり 肉 の量は多いですね。
Commented by cazorla at 2007-04-03 23:25
あんつぁん そうですね。 かまぼこと魚みたいに別れてる。
日本は魚が中心だから 
スペインは 肉
だから 別れてるんでしょうね。
男の子3人だから うちよりもすごいですよね。
Commented by cazorla at 2007-04-03 23:29
セイロンベンケイさん 人道的殺し方って
スッポンは 生きたまま熱湯にいれたほうがおいしいのに
それは人道に反するっていって 日本の調理人がイギリスで
逮捕されましたが そういうこと?
殺し方って それぞれの動物にプロがいて 的確に殺してるらしいです。
ダチョウがどんなにおいしくても なかなか飼育できないのは殺す人がいないからなんだって。 
で イスラムの殺し方は 血が汚れなので全部抜いちゃうのかな?
 
でも放牧は ベーシックですよね。狂牛病に絶対ならないし
放牧の牛は健康だし。 霜降りの牛って かなり病気みたいですよ。
Commented by fumiyoo at 2007-04-04 15:21 x
ハム屋さんと肉屋さんが別別?日本では考えられないかもですね。やっぱり肉食の本場?なのかなぁ?
Commented by cazorla at 2007-04-05 07:24
ふみよさん 日本で魚屋さんとかまぼこやさんが別々なのはさばいてくれるから 手がよごれてて それでかまぼこ 生で食べるものさわるのは衛生上よくないから だと思うんです。 だから 同じ理由で スペインの肉屋さんさばいてくれるので 手が血だらけ。 ハム類は生で食べるものがおおいから やっぱりさわれない。
たぶんそういうことなんでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-04-03 08:35 | スペイン 文化 言葉 | Trackback(2) | Comments(12)