スペインの嫁と姑

現在 職安の料理教室 毎日朝八時から二時まで 通ってるんですが
そこに 嫁・姑で参加している人がいます。
嫁 名前をピラールというのですが 彼の夫 マリオくんは とっても良い青年で
ほんとに 良い青年ということばがぴったりの そつのない 青少年文化スポーツセンターの事務所で働く 男の子。 もう 男の子と呼べない程度の年齢だけど 男の子と呼びたくなるタイプ。 で ピラールは ディトリッヒ似の ちょっとセクシー系の女性。
 ちょっと相手を間違ったのでは と思ってしまう。
だから 時々 ストレスがたまる。

嫁と姑の会話
嫁(私たち全員に向かって話してる)「うちの亭主 無能でさー」
姑 「ちょ ちょっと 私の前で 言う事ないでしょ」
嫁「だって 無能なんだって。 聞いてよ。
先週 私 アンドゥッハ(彼女の母親が住んでいる町)に帰ってたでしょ? その間に マリオったら三本 ケチャップを買ってるのよ。 なぜだと思う?
かがんで冷蔵庫から取り出すのが面倒だったから だって。 
でねー バナナ いっぱい買っといたんだけど まったく食べてなくて 黒くなってるの。
むくのが面倒だったんだって~!
無能以外のなにものでもないでしょ」
姑 「たしかに私の育て方が悪かったのかも・・だって 私 働いていたし・・・
今度 会った時 言っとくわ。 」

だからって ピラールとマリオが仲が悪いわけではけっしてなくて
まだ 知り合ってから二年だし ラブラブで 授業中も三回くらい電話があって 
甘くささやき合っている。 

時々 姑に むかって ストレス発散してるだけらしい。

スペインの姑ってたいへんだなー。
息子たちの嫁はどんな人が来るんだろう。
でもね スペインって だいたい お嫁さんの実家のそばに住んで
お婿さんが 姑さんとの関係に悩むってパターンが多いらしい。
嫁いびりはなくて 婿いびりのみ。
だから うちの夫は運がいいんです。
母は 婿いびり なんて 考えられないから。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/5820541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by honn623 at 2007-06-05 10:03
スペインは息子を持つと心配ごとが増えるのね。
あ、うちもスペイン式ねっ。
婿いびりはないけど。

でも、嫁の親と接点あったほうが、やはり、うまくいく確立はたかいのでしょうか。
お国柄は関係なく。
Commented by maron415 at 2007-06-05 10:31
スペインって、母系家族なのね。
日本はどうなのかな?
今は、いろいろかな?
昔みたいに、嫁いだのだからという意識も薄れてるし
(完全になくなったわけではない!)

いろいろだからもめることも多いかな?
長男は長男という意識はまだまだあるしね。
お婿さんが出て行ったってのも聞くしね。

<嫁いびりはなくて 婿いびりのみ。>
いいね♪
(別にいじめられているとかいじめているとかいう話じゃないよ。)
Commented by antsuan at 2007-06-05 12:29
こんないい嫁を連れてきたんだからうちの息子は馬鹿じゃないよ、なんてうまく持ち上げるようなことはしないのでしょうか、姑さんは。
Commented by sagimon at 2007-06-05 13:01 x
わーーすごいです(笑)。時々日本にも、旦那さんの愚痴をお姑さんに言えてしまう人がいるみたいですけれど…。
けれど意外と2人っきりになるとマリオさんが主導権を握り、奥様は甘えっぱなしなのかもしれないですね。 cazorlaさんの息子さんのところには、かわいいお嫁さんがきますように☆って、まだまだ早いですね。自分の息子を無能呼ばわりされたら、傷つきますよね…。
Commented by sahanji_yoko at 2007-06-05 15:12
そーゆう無能はちょっとかわいいですね。デキたお嫁さんなんだとおもう。
マリオくん、すっごいベタぼれなんだろーなー。

元夫のお母さん、すっごいいいお母さんで、旦那をトレードしても姑はこのまま残してほしい・・・と思ってました。
近頃の日本では、実質入り婿状態の夫がおおいらしいですよ。嫁母対夫の対立があるらしいから。
Commented by wulm at 2007-06-05 18:57
そうですか・・でも旦那いびりの方が家庭は平和かも・・打たれ強い旦那だったらですが・・(笑)やはり世界は色々ですね!!
時々遊びに来たいと思いますのでよろしければLinkさせて頂いてよろしいでしょうか?よろしくお願いいたします
Commented by npura at 2007-06-05 22:23
はっきり言って、今の日本でそんな事言ったら大変だよ~~
ていうか、なんかね~その立場に自分がいると仮定したら・・・怖~~~~
でも、もうそんな情況は過ぎてしまったけど(^0^)
皆さん頑張りや~~~(笑)
Commented by transitroom at 2007-06-05 23:09
ところ変われば嫁姑(?)問題も、質が変わってくるんですねぇ(゜o゜)
婿いびり? スペインの男って、そんなに弱かったんでしたっけ?(笑)
Commented by seilonbenkei at 2007-06-05 23:24 x
そういうのを無能っていうのかなー?
無能っていうのはもっと違って、例えば買ってきたケチャップのフタが固くて開かないから次々新しいのを買ってくるとか。

僕は婿をいびるぞ!
Commented by peque-es at 2007-06-06 00:38
この場合の無能って inutil?
嫁姑の間に限らず、色んな人間関係において、スペインの方が色んな事言えるんじゃないかな?
言い方次第で悪い言葉、例えば feo とか tonto なんていう呼びかけも、愛情を込めて使ったりとか。
言っても傷つかないだけの信頼関係のようなものが基本にあって、又そういうものがある相手にだけ、非常にうまく使う。個人差はあるけれど、一般的に日本人よりはずっと上手ですね。あの呼吸は日本人にはなかなか会得しにくいですね(笑)。

日本はちょっと強い言葉を使うと関係が壊れてしまったり、差別語と言われてしまったり。…メンドクサイというか難しいというか…
Commented by cazorla at 2007-06-06 07:28
honn623さん 嫁さんのほうが家にいる確立も高いし
孫ができた時の子育ての方針も奥さんの両親のほうが 近いし
食べ物の趣味も近いし 台所を使われても うっとうしさは 他人よりは少ないだろうし
やっぱり サザエさん一家は 理想かもしれないですよね。
ただ よく言われるのは 介護とかになったとき 嫁のほうが 事務的に処理出来るということ。 母がぼけたら 精神的につらいだろうな と思います。
天然ボケはぼけにくい というから まー 安心してますが。。。
Commented by cazorla at 2007-06-06 07:30
マロンママさん 婿いびりは コメディになるけど 嫁いびりは ちょっと 湿気が高すぎる? 奥様は魔女って 基本的に婿いびりの世界を描いてますよね。
あれ 今でも スペインで 放映されていて 人気がいいのは そういう背景でしょうか。
Commented by cazorla at 2007-06-06 07:32
あんつぁん なんやかんや言って それなりにうまくいってるようで
聞き流してるんでしょうね。 夫婦げんかは犬もくわない ってよくわかってるんだと思います。
Commented by cazorla at 2007-06-06 07:35
sagimon さん うちの夫は母親がいないので 姑がいなくてちょっと残念 と 思ってるんです。 だって スペインの姑さんって 掃除もしてくれるらしいし・・(笑
ということは 息子が結婚したら 嫁さんは私をこきつかう・・・!
こまったなー。

カソルラは 田舎だから 御姫育ちの 大切に育った女の子が多くて
ちょっと恐怖。 
Commented by cazorla at 2007-06-06 07:40
さはんじさん おかあさんがいい人でつい 恋人状態を長くしてしまった ってこと ありました。 そういうの 残念ですよね。
人とのつながりって ずっと この人と一緒にいれる と思っていても いろんなからみで 止まってしまう。 て ちょっとずれたんですが 大好きなひとみんなが そばに住んでいて 時々会えたらいいのになと思うから。

婿は いびられながらも 実は姑さんって 愛情も感じてたりするのかもしれないですね。 でも どっちにしても 今は一人っ子が多いから なかなかたいへんかも。
うちのように 3人いると 相手のご両親は 満足だろうなー。
Commented by cazorla at 2007-06-06 07:42
wulmさん 打たれ強い夫・・・(笑) 今 みんな大切に育てられてるから 大変そう。
スペインは 女の子が小学校からけっこう強いから 慣れている・・のかも。

こちらからもリンクさせて頂きます。
ありがとうございました。
Commented by cazorla at 2007-06-06 07:44
npuraさんも実は過去に苦い思い出?(笑
実生活が幸せだったりすると 多少の嫁のことばは受け流せても
ふしあわせだと むっとくる っていうこともあるかも・・ですね。
だんだんと 日本の姑さんたちも 楽しい集まりやらなんやらで
嫁であろうと婿であろうと どーでもよくなっていくかも しれないですね。
Commented by cazorla at 2007-06-06 07:49
トランジットルームさん スペインは 男性はまあ普通ですが
女性がとっーーーーても 強いんです。
Commented by cazorla at 2007-06-06 07:53
セイロンベンケイさん うちの夫は 私が帰国 10日しているだけで 1ヶ月分の生活費全部使ってしまうひとです。 別に 何か自分のものを買ってるわけでも 外食がんがんしてるわけでも 贅沢な食べ物を買っているわけでも なんでもなく。
で なにを買ってるのかー ミステリーなんですねー こういうのは有能?
つまり ミステリーだから。

おたくのお嬢様との縁談はなかったことに・・・・
Commented by cazorla at 2007-06-06 07:56
ペケさん 「信頼関係」 それはありますね。
で 自分の意見をはっきり言っても それが相手の全人格を否定するものではない
という お互いの認識みたいなもの。
こういう意見もあるよ でも私はこうよ
というのがはっきりしていて 一部 あわなくても まあそういうこともあるわな
ということで収まって
ちょっとあいつは 左翼だけど 音楽の趣味は一緒さ というような 関係もありですものね。 
で そういう話のくせがあって 日本で普通に話すと 友達失います。(ためいき)
Commented by おーやま at 2007-06-09 18:40 x
かそるらさん、うちの夫は財布の紐が固くてこの話をすると「スペイン人なのに?」とみんなに驚かれます。これはこれで辛いときもあります。標準的なスペイン人ってかそるらさんちのご主人のようなタイプでしょうか?

はっきり何でも言えるというのは、スペインは日本の比じゃないでしょう。
たまに夫との会話でも「は!?」と止まることあります。物言いが失礼すぎて・・・その辺の表現の強さが、違うなと思いますねー
Commented by cazorla at 2007-06-10 07:55
おーやまさん うちの場合 収入も少ないですし
その上 夫は お金の使い方がよくわかってない人なので
私がしっかりしめています。
一週間 帰国したときに 1ヶ月分の給料を全部使いました。
節約はしているらしい ほんとに特に何も買っていない みたい
でも どこに行ったんだー と 
なかなか大変なんです。

物言いが失礼すぎて
というのはありますね。だから 私もがんばって言っていると
そこまで言うのは ひどすぎる その言葉をちゃんと理解して言ってるのか
そのことばを使うと 関係が壊れるので使ってはいけない
とか 色々注意されて ったく どのくらい言えばいいのか そのラインがよくわかりません。
Commented by おーやま at 2007-06-12 16:46 x
えー、逆に注意されちゃうんだ! 笑
でも、そっちのせいですよね。こっちの物言いが強くなるのは。
うちも全く同じです。ただし日本語でですが。日本語をスペイン人マインドのまま使うと、すっごい違和感が出たりして、驚くやら面白いやら。
「もう恵は(私の名前)は日本人じゃない」と言われますが。
「ありがとう、あなたの教育のおかげ。」と言うと苦笑しています。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-06-05 08:03 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(23)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla