グラナダの町 グラナダ・カテドラル

e0061699_4414162.jpg
e0061699_442282.jpg

グラナダのカテドラル
入ると 音楽が響いてました。
パイプオルガンと
カント・グレゴリオ
いったい何人くらいの僧侶が歌っているのかと思ったら
e0061699_4421921.jpg
e0061699_4451920.jpg

普通のかっこうをした このおっちゃんたち6人くらいが歌っていました。
でも 広い館内全体に響き渡っていました。
彼らはフランス人。
今日は午後から ここでコンサートがあるのです。
e0061699_4461773.jpg
e0061699_443182.jpg

80歳になった記念の写真。
いつまでも元気で 楽しく遊びましょう。
このあと アルハンブラに行きました。
アルハンブラの写真は 次回につづく。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/5972457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2007-06-26 06:56
お母様の80歳のお誕生日、お目出度う御座います。
写真を拝見していると、昭和の初めに世界一周をしてきた私の祖母のイメージとダブります。
また、日本人にとっても外国が外国でなくなったとひしひしと感じます。
Commented by hisako-baaba at 2007-06-26 08:48
お母様ますますお元気で80歳。おめでとうございます。

アルハンブラ、楽しみにしています。懐かしい風景思い出させていただけるのを。
2000年10月末、前日セビージャで26℃あって、翌日グラナダは4℃でした。
午前の切符が買えず、午後になったお蔭で天気回復、シエラネバダが見えました。
Commented by sagimon at 2007-06-26 10:39 x
お母様お若いですね。80歳にはとても見えずそしてとっても素敵。モダンなお母様ですね。これからもますますお元気で、スペインでの生活をエンジョイなさるのですね♪

カテドラルは写真を見ているだけでも心が静まります。
ちょっとひんやりとした空気と薄暗い感じ。身近にカテドラルのある生活に身を置けるかと思うととても嬉しいです。
Commented by honn623 at 2007-06-26 15:23
こんな素敵なお母様、一緒に歩くのが楽しそうです。
私も娘にそうあれるように、少しダイエットしなくちゃ~。

カテドラル、すばらしい!
そんなところ、母にも見せたいな。
Commented by もにか at 2007-06-26 18:56 x
お母様、ご高齢にもかかわらず「外国生活」を楽しんでいらっしゃいますね。羨ましい。高齢者は環境の変化に弱いとわたしが入院中ナースさんから聞きました。…じつは我が家を立替えてアパートにしようというプランを兄が立ててるのですが、母が「アタシが生きてる間はやらないで!」と大反対なんです。兄も私も独身で、資産を合理的活用しようと考えたのに…つらいことばっかりあった家でもなくなるのは惜しいのかなあ。
Commented by seilonbenkei at 2007-06-26 23:51 x
次回記事の題はアルハンブラの思い出?
お母様のはいい思い出になったと思いますが、ドラちゃんの件かわうそ。
ドラが鳴ったからってテープ投げなくてもねぇ。
Commented by cazorla at 2007-06-27 00:55
あんつぁんのおばあさまとは比べものになりません。
母は ひとりで 飛行機になんて乗れませんもの。
ことばもろくにできないのに 外国生活を楽しめるというのは すごいな と思いますが。
Commented by cazorla at 2007-06-27 00:56
ひさこさん 私たちが行った時は なんと39度でした。 カソルラよりずっと暑いです。
その暑い中を 母はよく歩いたなーと思います。
私はそのあとぱてましたが 母のほうが強いっ。(笑
Commented by cazorla at 2007-06-27 00:58
さぎもんさん 教会とか お寺って そのすんだ空気と建物の美しさが 良いですね。
ミサに行けば 気軽に入れますしね。
日曜日の雰囲気も 大好きです。
Commented by cazorla at 2007-06-27 01:02
honn623さん 私たちもよくお互いに腹を立てたり
色々ありますが 八十にしてはなかなかきれいやん とうれしくなるのも
娘だからでしょうね。 娘にも そうおもってほしいんだけど 今 ちょっと むずかしいかな(笑) 努力しなくては・・! 「八十にしては」を目標に。

スペインって 時間さえあれば旅行するのに良い場所だと思います。
是非 いらしてください。 一箇所滞在型でも 楽しく過ごせると思います。
Commented by cazorla at 2007-06-27 01:05
もにかさん 以前 日本の雑誌の記事で見たのですが
ベトナムに住んでるおかあさんと娘さんのこと
おかあさんはすでにすこし認知症になっていたので お医者さんが ボケがすすむよ
と言ったそうです。 それでも 他に選択がなかったので ベトナムに住む娘さんと一緒に 移住。 反対に 調子が良いようですよ。
もしかしたら 環境が変わるとぼける という「言い伝え」をお母様は信じていて 絶対家を建て替えたくないのかも。 うちの母のことを話してみてはいかがでしょうか。
Commented by cazorla at 2007-06-27 01:07
セイロンベンケイさん 思わず アルハンブラの思い出って 題名にしそうになりましたがな。 どらちゃん 私が一番 お散歩に行っていたし なんか 生活のリズムが狂ってしまいました。 それでも 巫女のような母が きっともどる と断言してくれたので
なんとなく そーかなーと 待ってます。
母の確信って いつも不思議に当たるので
なぜか 信じちゃうんですよね。
Commented by wulm at 2007-06-27 01:32
お母様元気そうですねえ・・素敵なおばあさまって感じ!!うちの母も79ですがすこぶる元気です(笑)年取って環境変わってもOKなんてグローバルな感覚すごいですよねえ!!お元気で!!
Commented by cazorla at 2007-06-28 04:27
wulmさん この昭和一桁の人たちって けっこう元気ですよね。
大正ロマンの匂いをかぎながらも 戦争中 青春時代だった人たち。
そして意外と 柔軟なところもあるのかも しれないですね。
Commented by sagimon at 2007-06-28 13:30 x
ミサ、とってもいってみたいです。
何をいっているのかまだきっと理解できないですが、雰囲気だけでも何か感じることができそうです。
そして結婚式にも行ってみたいです。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-06-26 04:51 | アンダルシア | Trackback | Comments(15)