「ほっ」と。キャンペーン

オラ コカコーラ

ずいぶん昔に 辻仁成と伊藤比呂美の朗読会に行ったことがある。
一人ずつそれぞれの詩を朗読したあと 2人で共演。
一緒に 即興詩を作る。
即興詩というより ことばの羅列で
三輪車 赤いバケツ 黄色い長靴・・・と 子供時代の風景が少しずつ見えてくる。
すすり泣いてる人だっているのだ。
ことばというのは 魔術だと思う。
辻仁正って かっこいいことば学 みたいなのを心得てるよね。
読むとはまりそうなので 読んだことなし。
私は臆病者なのですよ。

e0061699_7461845.jpg

スペイン語世界では 言葉遊びが多い。
韻を踏む というのも 母音の多い言葉ならではなのだろうか。
とにかくしゃべるのが好きな人たちなので とりあえず 口を動かしていたい と言う感じでもある。 
Hola,Coca cola.

hola は こんにちは 英語の Hiみたいな感じでそれだけでもいいんだけど
とりあえず それだけだと寂しいので コカコーラをつけてみる。
オラ・コカコーラ
e0061699_7464252.jpg

これもまたずっと昔 まだサリン事件が起きる前
夜中の番組には よくオウム真理教の人たちが出ていた。
きちんとした宗派のエリートぼんさん達と 討論 と題して 視聴者の色々な質問に答える。
エリートぼんさんは 言いよどむのだけど オウム真理教の人たちはすらすらと答えていた。
たぶん こういう番組で 信者もますます増えたのだろう。
矛盾とか現実を切り離してみると 色んなことが 理路整然とすることがある。
本来は答えられない というのが 正解だったりするのに。

仏陀に ある人が 訊いた。「神はいますか?」
仏陀は 答えた「いると言う人がたくさんいるのでたぶんいるのだと思います。 しかし 残念ながら 私は 会ったことがないので たぶんとしか答えることができません。」

e0061699_74729100.jpg

そういう仏陀のことばから考えると オウム真理教は 仏教的ではなかったとも言える。
たぶん そうかも しれない。
そうつぶやくのは 村上春樹。 もっと 仏教的とも言えるかもしれない、たぷん。
彼は オウム真理教という存在と満州国の存在は似ているかも しれないと言う。

「五族協和」だの「八紘一宇」だのといった調子のよい美しいことばだけがどんどん一人歩きして、その背後にいやおうなく生じる道義的空白を 血生臭いリアリティが埋めていったわけだ。(約束された場所で)


前回の記事で紹介した ケビン・コスナーとイサベルがタイルを見に行く という記事。
新聞の記事ではなく ゴシップ系の記事だから 言葉が仰々しい。
仰々しいことばを 笑えるのは 健全なことなのだと思う。

満州国は 素敵な映画を作りたかった。
理想をもとめて 多くの人があつまった。
オウムだって 入る動機は「善」だったのではないか。
そして そこには 仰々しいことばで飾られた理想があり それを笑う人はいなかった。
e0061699_7482960.jpg

私はある意味 理想主義的なところがあるので
オウムに入った可能性もあるし
満州国に行った可能性もある。
だけど その一方で 一つの理想で集まった集団が その理想を否定する他者にたいして攻撃的になりうる ということも 知っている。 
そして 私は 臆病なのだ。
そして 仰々しいことばに くっくっくっ と笑ってしまう自分もいる。

自己というのは 平面上に描けるものではなく 立体的で 少々 矛盾にまみれていてもいいのだと思う。 
e0061699_8365594.jpg

どこかに入るときは 出口を常に確認して。

そして 世界中に挨拶できるといいね。
オラ コカコーラ
こんにちは ちわわ
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/6171856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 104hito at 2007-07-27 11:21
アーチから眺める景色、もの凄い開放感でつねー!
写真でこんなに感じるんだもん、実際にその場に立ったら、きっと胸が熱くなりそうでつ。
地平線ってなかなか見ることが出来ないんでつよネ
Commented by maron415 at 2007-07-27 13:32
そういや、大学のころありましたね。いろんな宗教の勧誘。
一歩間違えれば、入っていたかもとちょっと思いました。
オウムのときは、○○村に住んでいる息子がオウムだから、山の中入っていくとあるとかいううわさはよく聞きました。

カソルラは、空が近いね♪
Commented by naolicu at 2007-07-27 17:09
え~~、比国の人なのですか?へえ~~です。
満州とオウム、そうなのですか。どちらも指導部が暴走・・。
地下鉄サリン事件の日、映像をテレビで見ていたら離婚した奥さんが
運ばれていたとか・・・。彼にとっては色々と複雑な事件だったそうです。
どの宗教が一番良いのか、というか神に近いのかという疑問は皆持って
いると思います。その答えがでないので様々な形のものが生まれてくる
のでしょうね。
Commented by rorie at 2007-07-27 17:20 x
Hola! coca cola! いいですね。今度バルで言ってみます。
わたしがやるとただの親父ギャグと受け取られそうですが。
他にいいのないかな~。
Hola! nomu-la! これじゃあ野村さん限定になっちゃうな・・
Commented by syenronbenkei at 2007-07-27 19:15
入り口があって出口がある。
たいていのものはそんな風にできている。
でも、そうでないものもある。
例えばねずみ取り。

囚われの貧しい心は、たいていの場合、出口がないものですね。
いや、あるかもしれないけれど、それを見ようとしないのかな。
Commented by cazorla at 2007-07-28 07:16
ひとさん スペインって小高い所に町があるので けっこう遠くまで見えて
おまけに湿気がないから 光が反射しなくて
ますます遠くまで見えて
遠くが近くに見えるので うっかり そこを目標に歩き出すと
たいへんなことになります。
Commented by cazorla at 2007-07-28 07:17
マロンママさん 意外や意外の人が入っていたり
びっくりしたりしましたよね。

インド宗教に入ってる友達もいたし・・
居心地はいいのだと思います。
Commented by cazorla at 2007-07-28 07:19
naolicuさん 宗教も結局自分自身の問題なんですよね。
それをだれかにちゃんとした答えとして出してほしいと思うから
なんとなくいかがわしい宗教も増えたり
その世界にいると すべてが正しいような気持ちになったり

それは宗教だけではないですが・・
Commented by cazorla at 2007-07-28 07:20
rorieさん コロンビアのお友達がいらっしゃるんですね。
是非 使ってみてください。
ごろあわせで feliz com perdizとかね
意味不明のものも多いですが
きっと それぞれの国でいろんな言い方があるのでしょうね。
Commented by cazorla at 2007-07-28 07:22
セイロンベンケイさん 
出口があっても 出たくないから見ない
と言う場合もあるかも・・です。

Commented by transitroom at 2007-07-29 12:31
理想だけを追い求めると、現実との壁にぶつかっちゃいまずからねぇ(@_@;
そこでどう軌道修正を図るのかが宗教・政策の難しいところなんだと思いますよ。

出口を確認...多少臆病なあたりが一番良いのかな?(^◇^)
Commented by cazorla at 2007-07-29 23:35
トランジットルームさん 
疑って 石橋叩いて あるかなくては・・・
理想主義者って他者に対して あまりやさしくなかったりしますよね。
Commented by るみこ at 2007-07-31 17:29 x
辻仁正って誰ですか?
Commented by cazorla at 2007-08-01 02:45
るみこさん はじめまして。
辻仁正ね かっこいい小説家 であり 詩人です。
ほんとにかっこよくて ハンサムで 最初の奥さんは
有名な女優さん。 現代の奥さんは わかりません。
で 書いてるものもとってもかっこいいです。
どこの本屋にも置いてあると思いますよ。
Commented by るみこ at 2007-08-02 02:08 x
辻仁成では?

彼の小説かっこいいですか?

確かに本屋さんにありますね

最初はロックミュージシャンだったと思いますが?

今は映画なども撮られているようですね

普通の人という感じがします

Commented by cazorla at 2007-08-02 02:41
るみこさん 
誤植でしたね 失礼。
彼にまったく興味ないんですよ。
読んだことないし。 女の子にきゃーきゃー言われていました
十年前ね。 だから かっこいいというカテゴリーなんじゃないかな。
普通の人 天才ではないと言う意味なら そうですね
と答えるし かっこわるい というのであれば かっこいいの部類でしょうと答えます。 あれだけ 内容のないものを ちゃんとした形にできる というのは すごいと私は思います。

でね 内容がないからこそ はまるものってあるでしょ
オウム真理教とかね。
つまり こういうもののこわさは同位置にあると思うの。
基本的には どうでもいい 普通だと思っていても
はまってしまうかもしれない。 それが 新興宗教のこわさでもある。
その前提としての例としてだしました。
もちろん彼が危険だという意味ではないですよ。
Commented at 2008-01-10 04:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cazorla at 2008-01-11 20:25
かぎこめさん はじめまして
丁寧に読んでくださってありがとうございます。

レスが遅れてすみません。
この ノッカー たぶん英語でいうところのノッカーだと思うのですが
スペイン語でaldaba アルダバです。
これを入れてググると 画像がたくさんでてきます。
で どこで買うか。
アンティックなきちんとしたドア屋さんだと たのめばつけてくれますが
お取り寄せしてるのできっと 鋳物やさんだと思います。
鉄のランプとか 鉄製品を売ってるようなところ。工芸品のところですが

こじんまりと個人住宅を造ってる建築業者の事務所があればそこできいてみるといいと思います。
このへんだと 鉄製品の店ってあるのですが
アルカラ・デ・エナレスに住んでいた時は 見なかったような気がするので(ピソとか ドアが 新しいデザインが多いし)
もしかしたら ネットで買えるかもしれません。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-07-27 08:46 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(18)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla