62°Aniversario de Hiroshima

広島 原爆の日
e0061699_026223.jpg
e0061699_0265555.jpg
e0061699_0272779.jpg

安部首相
e0061699_028283.jpg

e0061699_0372069.jpg

e0061699_0283884.jpg

犠牲者になった家族を持つ 韓国人たち。
e0061699_029839.jpg

e0061699_0293757.jpg

e0061699_1518100.gif


写真 スペインの新聞 El Mund

ビデオを見る ABC


安部さんも来たのですね。
新聞の内容は こちらとほぼ同じでした。

この一年5,221人が新たに 犠牲者にくわわりました。



e0061699_2152368.jpg

原爆を落とした米兵たち。 Enola Gay エノラ・ゲイ 1945年8月6日午前8時15分(実際は午前8時14分)に広島に原子爆弾リトルボーイを投下したことで知られる

Enola Gay, you should have stayed at home yesterday
Oho words can't describe the feeling and the way you lied
These games you play, they're gonna end it all in tears someday
Oho Enola Gay, it shouldn't ever have to end this way
It's 8.15, and that's the time that it's always been
We got your message on the radio, conditions normal and you're coming home
Enola Gay, is mother proud of little boy today
Oho this kiss you give, it's never ever gonna fade away
Enola Gay, it shouldn't ever have to end this way
Oho Enola Gay, it shouldn't fade in our dreams away
It's 8:15, and that's the time that it's always been
We got your message on the radio, conditions normal and you're coming home
Enola Gay, is mother proud of little boy today
Oho this kiss you give, it's never ever gonna fade away

Orchestral Manoeuvres In The Dark


エノラ・ゲイ ウィッキーペディアの記事によると 「エノラ・ゲイの名は当時機長だったポール・ティベッツ大佐 (Paul Warfield Tibbets Jr.) の母親、エノラ・ゲイ・ティベッツ (Enola Gay Tibbets) の名前からとったもの」だそうで その知識をもってOMDの歌詞を読むとなんとなく意味がわかるような気がします。
母親の名前をつけた飛行機から Little Boyと名づけた爆弾を落とす
あまりにふざけすぎではないか と思います。


エラノ・ゲイ は 下のCDに入っています。
Best of OMD
Orchestral Manoeuvres in the Dark / / Virgin
ISBN : B000026GGC
e0061699_253042.jpg


You Tube で 演奏を聴く  Erano Gay

興味深いことに この反戦ソング「エラノ・ゲイ」
イタリアで ヒットしました。 1980年はどちらかというと英語の歌より本国の歌のヒットのほうが多かったのではないかと思います。
皮肉とユーモアで 反戦を歌ったエラノ・ゲイ。
原爆に対する怒りは イタリアにも根強くあったのですね。




Japón ha recordado a las 253.008 víctimas de Hiroshima en el 62º aniversario del lanzamiento de la bomba atómica con diferencias sobre la anunciada reforma de la Constitución pacifista, pero total unidad contra la proliferación nuclear.

Las 45.000 personas que se concentraron en el Parque de la Paz de Hiroshima guardaron un minuto de silencio a las 8.15 hora local (23.15 GMT), exactamente en el mismo momento en que el 6 de agosto de 1945 EEUU lanzaba sobre esta ciudad la primera bomba atómica contra población civil.

Instantes antes se habían instalado en el monumento del parque dos nuevos libros con los nombres de las últimas 5.221 víctimas añadidas este año a la lista del total de personas que perdieron la vida directa o indirectamente por esta tragedia, que el primer año causó la muerte de 140.000 residentes.

El acto conmemorativo, de cerca de una hora, sirvió para rendir homenaje a los fallecidos, para que los supervivientes presentes revivieran los hechos y para mostrar la unidad de todo el espectro político nipón respecto a la conveniencia de que no proliferen las armas nucleares en el mundo.

Pero el acontecimiento también evidenció las posturas enfrentadas que mantiene la clase política japonesa sobre el proyecto del primer ministro, Shinzo Abe, líder del Partido Liberal Demócrata (PLD), de reformar de la actual Carta Magna y, en particular, su artículo 9, por el que se renuncia a la guerra y a un Ejército. Esta iniciativa es uno de los pilares clave del programa electoral del primer ministro para esta legislatura.

El alcalde de Hiroshima, Tadatoshi Akiba, del Partido Social Demócrata (PSD), instó al Gobierno a "proteger" la actual Constitución pacifista, de la que, aseguró, Japón debería sentirse "orgulloso", y a "decir claramente no a las equivocadas políticas de Estados Unidos".

Una encuesta publicada este año por el diario liberal 'Asahi' con motivo del 60º aniversario de la Carta Magna reveló que el 78% de los japoneses cree que el Artículo 9 había contribuido a la paz en el país durante las últimas seis décadas.

Akiba urgió también al Ejecutivo a trabajar por el desmantelamiento de todos los arsenales nucleares del mundo, una "obligación" de Japón, según sus palabras, por ser el único país que ha sufrido la bomba atómica.

"Un puñado de líderes pasado de moda"

El alcalde de Hiroshima advirtió de que la actual proliferación nuclear que experimenta el mundo se debe a "un puñado de líderes pasados de moda que están dando su espalda a la realidad de la bomba atómica y el mensaje de los hibakusha (los damnificados japoneses)".

"Para que nadie sufra como nosotros", explicó el alcalde, que en un momento de su discurso llegó a asegurar que "Hiroshima era un infierno donde los que consiguieron sobrevivir envidiaban a los muertos".

El primer ministro nipón, por su parte, ratificó en su intervención en la ceremonia su determinación para combatir la proliferación nuclear y apostó por mantener los tres principios anti nucleares que Japón abrazó tras la II Guerra Mundial: no posesión, no producción y no circulación por el país de armas nucleares.

Abe tuvo que disculparse ante los supervivientes de la bomba de Hiroshima por el malestar e indignación que causaron unas declaraciones del antiguo Ministro de Defensa Fumio Kyuma, quien calificó de "inevitables" las bombas atómicas que Estados Unidos lanzó sobre Hiroshima y Nagasaki.

"Pido perdón por las declaraciones de Kyuma que causaron tanto dolor a los sentimientos de los hibakusha", aseguró Shinzo Abe a los representantes de siete asociaciones de víctimas. La polvareda que levantó esta frase de Kyuma le acabó costando la cartera, el pasado 3 de julio.

El 9 de agosto de 1945, Estados Unidos lanzó una segunda bomba atómica sobre la ciudad de Nagasaki, donde dentro de tres días se celebrará un acto similar

スペイン語豆知識 自民党 Partido Liberal Demócrata
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/6237686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from マロン(マロンママ)のな.. at 2007-08-07 09:44
タイトル : 『原爆の日』です。
何か、こういう日こそ、「祝日」じゃないけど作ってほしいなと思いつつ… こういう日に、どんなことを言うのかな?と思ったので 東京新聞被爆の実態学べ  政府へ核廃絶アピール 62回広島『原爆の日』社会(TOKYO Web)より 2007年8月6日 夕刊  広島市は六日、人類史上初の原爆投下から六十二年の「原爆の日」を迎えた。爆心地に近い中区・平和記念公園では午前八時から「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれ、秋葉忠利市長は平和宣言で「人類の意志として核兵器廃絶を呼び掛ける...... more
Tracked from あんつぁんの風の吹くまま at 2007-08-07 15:40
タイトル : 忘れてはいけないのだけれど
 でんでんむしさんが六十二年前の八月六日の実体験をブログ(60年前の今日のこと)に書いておられます。戦争を知らずして平和を語ってほしくない。だから、是非『戦後60年特別企画・広島「茶色写真」シリーズ』を読んでほしいと思います。  これからもずっと平和について考えて行くつもりですが、その為にも戦争を実体験した方のお話をお聞きしたいのです。そういう方のブログがありありましたら、ご紹介をお願いします。... more
Commented by pfgia at 2007-08-07 05:10
相棒の来日中に広島まで行って来ました、記念館の展示資料の内容がショッキングだったのでしょうか相棒の目には涙が... 8月6日にこの地を訪れるとなんとも言えない緊張感が漂っていたのを覚えています。日本人として、一人の人間として慰霊碑に手を合わせずにはおれませんでした。合掌。
Commented by cazorla at 2007-08-07 06:00
pfgiaさん ご実家は 倉敷でしたね。
広島には伯母がいます。
伯母は 戦前は長崎に 戦後は 広島に在住。

結局は想像力の欠如ではないかと。
マンハッタン計画のファインマン自身が書いています。
母の名前を飛行機につけて リトル・ボーイと言う名の原爆を落とす。
幼稚さは 想像力の欠如に繋がる そう思います。
子供は 創造力はあるけど 想像力がない。
Commented by honn623 at 2007-08-07 08:41
他人を殴るときだって自分のこぶしは痛むのに、核はボタンひとつでインベーダーゲームとなんら変わらない感覚で。
母の名前をつけられるというのは、こぶしほども痛まない証拠ですね。
Commented by maron415 at 2007-08-07 10:12
トラックバックありがとうございます。
昨日、ちょっと見たテレビで、
米の国民も実態を知らないから、核を使ったらいいという話がでてきたり、原子爆弾のおかげで日本の戦争を早く終わらせれることができたと学校で教えるようになるのでは…のようなことを米の人が言っていました。(ヒロシマナガサキという映画の紹介で言ってました。)
じゃあ、日本の人が実態を知っているのかというと…
平和記念式典が毎年行われているのは知っているけれど…という人が多いのでは?
と思ったのね。
じゃあ、日本の政府として、日本人としてどうあるべきなのかなとね…
原爆を落とした米兵たちは、落とした後、またはずっとたってから何を思ったのかな?

マロンより
<新聞の内容は こちらとほぼ同じでした。>
こちら…クリックできないから、私の指名手配の写真見れんワン(笑)
Commented by sagimon at 2007-08-07 11:21 x
父方の祖父母が広島出身です。
私の亡くなった祖母も、灰を踏んでしまい被爆者手帳を持っていました。
祖母の姉妹や家族も原爆で亡くなりました。

実際にその場にいなかった私でも、絶対に忘れてはいけないことだからと辛い気持ちを乗り越えて語りべを務める被爆者のお年寄り…
世代を超えて傷を残してしまうとても恐ろしい出来事です。

こうしてずっと苦しい思いをして背負わなくてはいけない傷になってしまうのに、なぜ戦争が起きてしまうのか、それがとても悲しいです。
Commented by antsuan at 2007-08-07 16:30
どうして虐殺の二文字がないのでしょう。被爆ではなく虐殺ではありませんか。
原爆の日ではなく、原爆による"虐殺"の日と日本人は声高に叫ぶべきです。
トラックバックさせていただきました。
Commented by npura at 2007-08-07 18:17
一広島市民として原爆の事がこれほど新聞に掲載して貰えた事に感謝の気持ちで一杯です、ありがとうございました
「もう一つの戦争被害者」には余りのリアルさにコメ出来ませんでした
それは資料館でしか見れない情況に似ていますから・・・
Commented by cherry at 2007-08-07 18:24 x
日本もこの時期になるとさかんに戦争関係の報道や番組が増えます。でも、毎年一過性のものだな・・と感じます。

私は実母が広島出身で、幸い岡山に近い方だったので、今私が生きているわけですが、子供の頃から原爆の事は本を読んだりしました。
そして偶然ですが、夫も広島の人なので、三年前の帰省時に長男を原爆資料館に連れていきました。
順路を進むにつれて無口になり、彼はまだ四年生でしたが、やはりショックだったようで、彼なりに「戦争は絶対だめ。核兵器はもっとだめ。」と思ったようです。資料館を出てからしばらくは私も彼も話をしませんでした。

どうしても自分と「遠い」事だと「痛み」とか「悲しみ」とか想像力が弱いこともあってわかりずらいのかもしれません。
原爆は今も苦しんでいる人がいますし、過去の事にしてはいけませんよね。原爆だけではなく悲劇は世界中でおこっていますが・・そう言う事を親も子も知らなければならないと思います。
Commented by fumiyoo at 2007-08-07 23:32
皆さん原爆には「怒り」がありますね。当然ですがその後もアメリカは核ではないがそれに準じた爆弾をベトナムで落としています。「枯れ葉作戦」爆弾を受けた人がその後、奇形の子を産み落としてます。亡くなる子も居たようです。その後はイラク、アフガンです。戦争に使われる武器商人が毎年色んな武器を作ってますね。アレってアメリカ経済のひとつの支柱なんでしょうね。ゾッとします。武器を作るのをどうにか自制できないんだろうか。アメリカって、その辺が理解できないです。
Commented by cazorla at 2007-08-07 23:57
honn623さん イラク派遣の米兵は コンピューターゲームをして イラク人を殺すのに良心の呵責を感じないように 訓練するのだそうです。
遊び感覚 そこに潜んでるものって何でしょう。
Commented by cazorla at 2007-08-08 00:01
マロンママさん うちの学校でも 原子爆弾のおかげで・・っていうの習いました。 なんか 吐きそうな気持ちになりました。 
いつ原爆が落とされたか知らない人が増えているそうですね。
広島市民で 80%ですから 押して測るべしです。

現在の原爆は 当時の千倍以上の威力ですから
実際に使ってしまったら 全て破壊されてしまいますね。
具体的に考えて 保持しているのでしょうか。

リンクのところ 直しました。 どうも失礼しました。(汗)
Commented by cazorla at 2007-08-08 00:05
sagimonさん 
平和な状態を知らない子供達が たくさんいる。
ポテトチップスとコカコーラでデブになったアメリカの子供達があるいっぽうで。 ベトナムは まだ ジレンマみたいなものがあったのに
イラクには それがないような気がします。
ますます 風化していってしまう 何か。
考えてみれば どの戦争も 米に利益をもたらしてきたのですよね
この近代の戦争は。
Commented by cazorla at 2007-08-08 00:13
あんつぁん 被爆は 亡くなってない方も含めての言葉だと思います。
人間って 相手との距離があると
どこまでも残酷になりうるのですよね。
日本人の生体実験もそうですね。
同じ人間だという意志がないと こんなにも人間は残酷になれる。
Commented by cazorla at 2007-08-08 00:15
プラーさん そう言って頂くとうれしいです。
国の中のことを海外で取りあげるときに
そこにいらっしゃる人がどう感じるかなーと思っていたので。
世界は やはり 広島から学ぼうとしているし
また アメリカに対する怒りもあります。
Commented by cazorla at 2007-08-08 00:19
cherry さん
アメリカでは資料公開しようとしたとき 
軍人の強い反対があったそうです。
現在 一部の写真を 公共施設のワンコーナーで公開してるのみだそうで もっとたくさん 写真などがあるはずなので 米の子供達もきちんと核がどんな威力を持っているのか知るべきなのではないかと思います。

自分と遠いことだと というのはほんとうです。
そして あまりかかわったことのない人たちにたいして
人間としての気持ちがわきにくい というのも。だから
もっと かかわっていかなくてはならないのですね。
Commented by cazorla at 2007-08-08 00:22
ふみよさん 枯れ葉剤の影響は今もありますね。
武器のことですが ベトナム戦争で 儲けてきたのはアメリカだけではありません。 日本人も 儲けてきました。 
武器商人を父に持つ友人を持っていたのでそのあたりはよくわかります。
そして サリンの鍋を作ってるのも唯一 日本です。
そして その鍋を 北朝鮮に輸出している。
モラルがない そう思います。
Commented by eaglei at 2007-08-08 21:34
若き頃、この曲を良く聴きました。
懐かしいです。
新宿のディスコ、「Radio City」でかもしれません。

反戦の歌を、いろいろ思い出しています。
この記事に関連したことを、僕も書こうかと思いました。
Commented by cazorla at 2007-08-08 22:42
eagleiさん  大学生の時のいきつけですか?
反戦の歌 革命の歌 
歌はもっと日常的で近くに希望と一緒にありましたね。
やはり なにかを訴える手段としては 歌は 最高です。
記事 楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-08-07 00:41 | スペインの新聞から | Trackback(2) | Comments(18)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla