Ecce Homo

大戦中の慰安婦と生体解剖について書かれたものです。


私が知る「従軍慰安婦」  湯浅謙
中国帰還者連絡会の人びと(上)
悔恨の生体解剖-湯浅謙さんの場合-     星 徹
、『週刊金曜日』第303号(2000年2月18日)に掲載されたものです。



湯浅さんの略歴

1916年 東京生まれ(父・開業医)
1941年 東京慈恵医科大学卒業 駒込病院勤務
1942年 北支山西路安陸軍病院赴任
1945年 太源にて敗戦
1949年 人民解放軍より釈放 政府病院勤務
1951年 河北省永年の捕虜収容所に家族と共に収容
1956年 起訴猶予で釈放、帰国


湯浅さんは 戦時中に生体実験をされた方なのですが
この 星徹さんのルポを読んでふと思い出したことがあります。
友人が インドに留学していたのですが その時 日本人の女の子達というのは
だいたい 一人で行動するのが好きで 一人旅をする。
その時に インド人による暴行が非常に多い。
インド人達は 日本人のほりの少ない顔や ほとんど悲鳴をあげない
その仕草などて゜ 暴行しても 罪悪感を感じることが少ない。
同じ 人間だというふうに認知していない と言うのです。

同じ人間という気がしないのは 接する機会が少ないせいなのか。
小さい時から の 教育なのか。
差別というのは どちらが優れているとか国が発展してるとかいうことではなく
相手を 対象として受け入れられないことなのかもしれません。

人を残酷にさせるのは そういう 対象にたいする想像力の欠如なのだと思いました。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/6248784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by el-girasol at 2007-08-09 00:21
こんばんは。リンク先の「従軍慰安婦」の話を読んで、
戦争によって非道なことがまかり通ってしまう、戦争なんてしたくないと
思ったのですが、インドでの話は戦時中の話ではないのですよね。
日本人が、他のアジア人を性の対象にするという話はよく聞くのですが
日本人がアジア人から狙われるとは、思ってもみませんでした。
コワイですね。
Commented by cazorla at 2007-08-09 06:35
ヒラソルさん 
人間が どの人種も皆が 普通につきあえるようになる。
それがほんとうの意味で平和なのかな と思います。
単に戦争がない ということだけではなくね。
インドの話しは もう20年前のことなので 変わっているかもしれません。
それでも アジアの中 ヨーロッパの中で端から見ると似たように見える人同士での  差別もいっぱいありますね。
Commented by antsuan at 2007-08-09 09:34
鍵コメにしようとしたら、チェックするところが見当たりません。
気分を害するかも知れませんが、ご容赦下さい。

チャイナの共産党もカンボジアのクメール・ルージュも知識人を徹底的に弾圧し抹殺しました。湯浅さんも経歴を見ると間違いなく思想転向と自己批判を強要されたに違いありません。チャイナの知識人だったら殺されていた事でしょう。残念ながらそういう洗脳された人たちの言葉は注意して聞く必要があると思います。星徹も偏向的ルポをよく書きます。どうして慰安婦=朝鮮女性なのでしょうね。客が来ても寝ていられるような娼婦を本当に性奴隷と云えるのでしょうか。
確かに日本人はチャイナで酷い事をしました。しかし、それでは当時の支那人や外国人はどうだったのでしょう。丹念に時代考証をしてみると、日本人以上に酷い扱いをしている事が容易に分かります。日本は"諸外国に比べて"遙かに人道的な行動をしていたのです。それを私は声高に叫ぶつもりでおります。
もちろん、自分も罪を犯す愚か者であり相手も同じなのですから、何とか平等に接する努力を続けて行きたいと思います。
Commented by cazorla at 2007-08-09 22:40
あんつぁん 中国残留孤児って どうしているのでしょう?
それを知ることも 何かが見える助けにならないかと思うのですが
ちゃんとした答えをまだみいだしていません。

戦争が終わりつつある時 帰国しようとしていた人たちが一番恐れたのは
日本人の軍隊でした。 伯母も 台湾から戻る時 いちばんこわかったのは日本人だったといいます。 十年くらい前に ドイツ人の被害者たちが証言していたのは 一番 ドイツ人女性の的はドイツの軍隊だったといいます。 日本人の女性にとってもそうだったのではないでしょうか。

普通の家庭できちんとした主婦をされている きちんとした奥様のなかにも自分のことを性奴隷だと感じてる人はたくさんいます。
それが 「女」の感じかたなのだと思います。
Commented by syenronbenkei at 2007-08-10 23:47
下の「もうひとつの戦争被害者」みたいな写真が出てきたらどうしようと怖くてリンク先は行ってません。
(他の方のコメ見る感じでは出ないみたいだけど)

僕はSサイズなんでそっち系のエロサイトとか行くわけですが、そういうの見てる時は、僕は女性を人形としてしか見てないですね。
実際にやろうとしたら「痛い」とか言われて引いちゃう(だろう)から、その時点で人形じゃなく人間なんだと思い出すことはできると思うんですが。
そういう意味で、cazorlaさんの言う距離って大事だと思います。
Commented by cazorla at 2007-08-12 05:18
セイロンベンケイさん たとえが ギャグいけど そういうことです。(笑)
いろんな人とつきあって行かなくては と思います。
うちの息子が 始めてアフリカの男の子に会った時 お顔が汚れてると思って ティッシュあげたのね。 でもそうやって仲良くなる。 そして アフリカの女の子のことかわいいって思って もっと仲良くなりたいって おもったり。 むこうも こっちの顔が違うから初めは 敬遠してたのが だんだん仲良くなってきたり。 そしたら もうひどいことはできないものね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-08-08 23:50 | おすすめのもの | Trackback | Comments(6)