ダリの愛したミレーの絵 晩鐘

e0061699_593190.jpg

ジャン=フランソワ・ミレーの「晩鐘」です。
原題は L'Angélus 。 スペイン語でEl Angelus 。
受肉の祈りです。
最初の祈りのことば Angelus Domini nuntiavit Mariæ から こう呼ばれています。

e0061699_595118.jpg

フラ・アンジェリカの受胎告知。 原題から この絵の構図から 着想を得た絵であると言われます。
サルバドール・ダリは ミレーの絵が好きで El mito trágico del Angelus de Milletミレーの晩鐘の悲しき神話 という本を出版しています。 最初 フランス語で書かれ フランスで出版。 その後 図版を増やして スペインで出版。

e0061699_5102995.jpg

Retrato de Gala o el Angelus de Gala ガラの肖像もしくは ガラのアングルス(晩鐘)
ガラは ダリの妻の名前。 晩鐘と構図が違うようですが この後ろ姿は ダリ自身。
視点の位置が違うのです。
e0061699_5114811.jpg

La estacion de Perpignan 
これは 晩鐘の受肉の祈りをテーマに
e0061699_6154236.jpg

晩鐘の構図を まねたもの El angelus arquitectoico de Millet
ミレーの構造的「晩鐘」
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/6381192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by barrameda at 2007-09-01 07:54
二十歳の時にスペインに来た理由の一つに、ダリ美術館に行く事というのがありました。バルセロナのサンツからフィゲラスに行って、カダケスを見て回って、その後タラゴナで休んだんです。ダリ大好きでした。でも今はゴヤの方が好きになりました。その心境の変化をとある人に話したら「あ、やさしくなったんだ」と言われました。
ダリは心からガラを愛していたのでしょうね。
Commented by syenronbenkei at 2007-09-01 19:44
芸術には(芸術だけじゃないけど)造詣が浅い僕でも「晩鐘」は知ってて好きな絵だと何度か書きましたが、そんなに深い解釈があるんですね。
そういうのを知ってもやっぱり僕の見方は変わらないのですが、でも考えされられちゃうものがあります。
その考えをまとめようとするといっぱいググらなきゃならなくてちょっと大変なんでやめますが、でも考えされられちゃうな、これ。
Commented by cazorla at 2007-09-02 09:56
barramedaさん 私もほぼそのコースです。
ダリ美術館って けっこう外国人 というか 日本人とかアメリカ人だらけじゃなかったですか?
たぶんね 趣味が フツー のスペイン人になっちゃたんですよ。
私もそういう傾向があります。(笑)

ダリは ある意味ものすごく普通の人だったんだなって 
微笑ましい気持ちで思います。
ロルカとかピカソと比べて ですが。
いじめられっ子だったから そばにいる人にやさしく 愛情深くなったのではないかと思いました。

Commented by cazorla at 2007-09-02 09:59
セイロンベンケイさん が 好きだとおっしゃってたので
晩鐘のこと いつか書きたいと思ってました。
どんな形で書くか全然わからず ずっと いろんなものを調べ続けて
一応 スペインブログなので (時としてはみ出していますが) このバルビゾンの画家とスペインの何かを結びつけて書きたい思っていました。

で これにプラテーロと僕の話も入れたいとか 
祈りの文句の日本語訳も入れたいと思ってるのですが
それは後日にまわそうと思ってます。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-09-01 07:28 | おすすめのもの | Trackback | Comments(4)