El Solitario 世捨て人 

e0061699_17164165.jpg

このふざけすぎのおっちゃんは El Solitario エル ソリタリオ(世捨て人)と呼ばれる泥棒です。 14年間 だれかはわからず まぼろしの泥棒でした。
Jaime Jiménez Arbe  ハイメ ヒメネス アルベ 51歳。
33回の銀行強盗で 700,000ユーロ 警察3人殺害。
小さな村を襲うことにしていたのが 成功の秘密だったようです。
一人目の奥さんが フィンランド人
二人目が イギリス人 そして2人の息子。
そして 今 恋人が ブラジル人 と とっても国際的。
今回 ポルトガルで強盗をするにあたって 「強盗だっ」は ポルトガル語でなんて言うんだと恋人に訊いて きちんと準備。(相手にきちんと理解してもらうため。)
エル・エスコリアルに家を持つ。(マドリッド郊外 葉山みたいなところです。)
愛用のクリーム ニベア   ピストルを握るとき 手につける。
統合失調症で 兵役を免れる。 

El objetivo es excelente, me da vergüenza ajena.
銀行って最高だよ あんまり簡単すぎてものすごく恥ずかしくなっちまう。

スペインの伝統 ピカデリー 未だ健在です。

El Paisの記事 に今日 七月に逮捕された人のこの特集が出ていたのは El Paisが 社会党を押しているために社会党が現在している ばかげた政策 (たとえば 税金の20%をカタルーニャのために使うとか ) を あまり全面的に押し出して書きたくないから。
新聞は 「嘘」は書けないのだけど 真実を表に出さないようにすることはできる ということです。 だから 新聞三紙を 順繰りに見る ことのできる ネットというシステムは よいと思います。



日本語のニュース

エル・ソリタリオ”逮捕

【スペイン マドリッド 2007年7月24日】
 13年前から単独で32件の銀行強盗を繰り返し、治安警察官2人を殺害した“エル・ソリタリオ”と呼ばれる強盗犯がついに逮捕された。これまで通り防弾チョッキと付け髭、かつらに身を固め、ピストル2丁と自動小銃1丁を手に、ポルトガルのフィゲイラ・ダ・フォスで銀行を襲おうとした直前の逮捕劇だった。“エル・ソリタリオ”の正体はハイメ・ヒメネス・アルベ (51才)。マドリッド郊外の住宅都市ラス・ロサスに一軒家を構えて暮らしており、離婚したイギリス人の元妻との間に2人の子供がいた。近所の住民の間では、乱暴でパラノイア的な言動で知られ、いさかいがたえなかったという。ハイメ・ヒメネスが“エル・ソリタリオ”と似ているという住民の1人からの通報も捜査の一助になったという。情報が警察では5月18日に“エル・ソリタリオ”がサモラで最後の犯行を働いた後、ハイメ・ヒメネスが捜査線上に浮かび、尾行を続けていた。ハイメ・ヒメネスは逮捕後、警察で撮られた写真には親指を立てたGoodポーズでおさまり、警察官に「軍人らしい扱いをしろ」と要求。警察から出て報道陣の前に姿を現した際には「俺がエル・ソリタリオだ!」と叫ぶなど、奇っ怪な言動を続けている。
spainya
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/6480594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by もにか at 2007-09-18 19:59 x
う~ん、映画化決定!しそうなお人ですなあ。スペインのコメディ映画(大人気の漫才コンビがお互いに殺しあうお話)を見たけどやっぱ笑いのツボが微妙に違って、笑いどころが分からなかった。スペイン人は感情が高まるととどまるところを知らない、みたいですがこのオッサンにもそんな狂気を感じる。
Commented by syenronbenkei at 2007-09-18 20:01
世捨て人逮捕って言うから、仙人みたいな人かと思ったら泥棒でつか。
頭がよさそうだから、泥棒以外でもメシ食えただろうにね。
いや、結局はメシの種にされたわけね。
Commented by fuimiyoo at 2007-09-18 22:20 x
泥棒だけならマシだけど、人を3人も殺してるのね。それも警察官。
捕まったら「死刑」ではないんですか?スペインは「死刑」はなかったですか?ニコヤカに笑ってるもんね。

でも、ある一面、人さえ殺さなければ「泥棒」という専門職があっても良いじゃないか、庶民の成り上がり方として。
社保庁や役所の盗み、アレはネコババで泥棒ではない。あれは卑怯なやり方で頂けないけどね
Commented by violetvalley at 2007-09-18 22:20
あの草履は
http://www21.ocn.ne.jp/~zouri/index4.htm
http://www.geocities.jp/rumikowann/index20.html
など参考に作りました。今こっちは寒くなっていて板の間、タイルなど冷たいのであの布草履は本当に快適です。息子用のも作っても、電話で要らないよう~~って叫んでますが。(汗) こちらも部屋が散らかりますが、作るというのは楽しいです。
子供の小さい頃は子育て楽しかった~って後できっともっと気づきます。あ、↑関係ない内容で御免ね?
Commented by KLE4c at 2007-09-18 22:44 x
もにかさん同様、ぱっと見、どう見てもコメディー関係の人にしか見えない。本人ロビンフッドのつもりだったらしいし、いい家に住み、ニベアを塗って犯行と、完全に浮世離れしてる感じ。しかも全然悪いことだと思ってないという・・・。
Commented by うきうきバルセロナ at 2007-09-19 00:09 x
こんにちは。
これ、ほんとにAlex de la Iglesiaとかが映画化できそうな話ですね。
びっくり! この写真も合成じゃないんですか? ありえない!
Commented by カオル at 2007-09-19 01:51 x
トップ画でアルバロくんがケーキ作りが好きだと知り、意外だけれどカッコいいな。お料理のできる男の人って情の深い人が多いし。ところでこの記事の強盗が人殺しさえしなければ良かったのにと思えてなりません。
やはり、精神異常か倒錯の果てなんでしょうね。そんな犯罪を繰り返して捕まったのに、カジキマグロでも釣りあげたかのような顔してる!悪魔ですよ。
Commented by cazorla at 2007-09-19 06:56
もにかさん そういうコメディで笑えるようになってしまった自分がこわいっす。 時々 こんなことで笑っていていいんだろうか・・・て思う。
たけし城も放映してるけどね。

とんでもないおやじです がな。
Commented by cazorla at 2007-09-19 06:58
セイロンベンケイさん 頭 いいんでしょうね きっと。
十四年 失敗がない というのは きっと すごいことなんだと思います。
普通 銀行強盗って 成功しないもん。

めしの種にされたって・・・誰の?
時々 セイロンベンケイさんのコメは なんだろうって一時間以上考えてしまいます。
Commented by cazorla at 2007-09-19 07:01
ふみよさん ヨーロッパは死刑ないんです。
死刑制度があるとEUに入れないという掟があるんで。
でも この場合のようにはっきりした殺意がない場合は 普通 死刑がある国でも死刑にはなりにくいようです。
ただ 強盗殺人になると 日本の刑法だと かなりきついんでしたよね?

ほんとに 人殺してなければ アイドルですよね。
鼠小僧みたいな。
Commented by cazorla at 2007-09-19 07:02
violetvalleyさん うわーい ありがとう。
さっそく見てみました。 お気に入りにいれましたよ。
作ってみます。 何か気持ちよさそうですね。
すっごく 詳しく説明しているけど かなり難しそう・・・・
でも 頑張ります。
Commented by cazorla at 2007-09-19 07:03
KLE4cさん かなり妄想がはいってたんですねー。
はいってないと なかなか 続かないかもしれないですね。
でも スペインってけっこうこんな人多いですよね。
伝統だー。
Commented by cazorla at 2007-09-19 07:05
うきうきさん コメントありがとう。
冗談みたいですよ ほんと。
あの El Paisが 大きく取りあげているというのも 変なんですけどね。
1日 楽しませて頂きました この写真に・・・・
Commented by cazorla at 2007-09-19 07:07
かおるさん 捕まって しょぼんとしてたんだけど 
警察が もっと 誇りを持て と言って励ました結果がこれだそうです。
警察も警察です(笑
悪魔ですね。
Commented by mcherry0929 at 2007-09-19 08:07
強盗のおじさんと可愛いアルパロくんの写真が並んでるのがイヤなんですけど・・・。(笑)
アルバロくんの嬉しそうな顔が最高です。毎日見て思わず微笑んでしまいます。三番目ならではのやんちゃで甘えん坊な感じがいいですね〜♡

一方このおじさん、すごすぎます。
でも、なんだか人が良さそうに見えるところがまた何とも・・。
このおじさんなら本当のピストルじゃなくてオモチャで良かったのにね。人殺しはやっぱり許せませんね。
Commented by cazorla at 2007-09-19 08:55
cherryさん アルバロの写真から一段ずらしました。(記事更新しました~) 

人がよさそうに見えますよね だから14年隠れてたんでしょうが・・・

cherryさんのお宅の息子さんは 双子ちゃんだから末っ子って意識はやはり薄いですか?
Commented by mcherry0929 at 2007-09-19 09:59
>末っ子って意識

一応同等に?育ててきたつもりなんですが、生まれた時から次男の方が「しっかり者の苦労人(心配性)→兄役」、三男は「可愛い顔して実はワル」って役割?がちゃんと2人の間であるみたいですよ。(笑) 寝る時も次男はエビみたいに縮こまって寝ますが、三男は「天下大平」って感じで大の字ポーズでスヤスヤ寝てます。
Commented by cazorla at 2007-09-19 16:49
cherryさん それぞれ ちゃんと 役割 があるんですね。
今日 新聞見たら スコットランドのある地域の入学式 たくさん 双子がいました。 18組。 かわいかったです。
Commented by rorie at 2007-09-19 18:22 x
誇りを持てにこのポーズで応え、この写真が公表されるゆるさ。
ニュースでもなんでも、殺伐と伝えればいいってもんじゃないですね。
ユーモアって大事です。うんうん。
Commented by おーやま at 2007-09-19 19:08 x
何回も結婚してて、だから魅力はあるのでしょうね~
彼の哲学など、本でもできたらおもしろいかも。

赤ちゃんって、もう性格があるってcazorlaさんが言ってましたよね。うちの息子の性格、ひとつ分かるのは「しぶとい」。おっぱいを離す時、体をよじらせてしばらくもだえ、力尽きて「ぷはーーーっ」とあきらめます。また数時間後吸えるのにって思う頑張りぶり。

末っ子ちゃんは、料理上手になりそうですね!
Commented by cazorla at 2007-09-20 03:18
rorieさん 殺意があったかなかったか のほうに
多くのスペイン人は反応しますね。
けっこう それはおもしろいです。
殺しても 殺意があったわけではない
と こういう場合は判断する。
残虐性なんかも 問題にしますね。
ちょっと感覚が違います。
おもしろいです ほんとに。
Commented by cazorla at 2007-09-20 03:20
おーやまさん 雰囲気からいうと かなり笑わせてくれそうです。
おまけに 外国人ばかりとおつきあい 国際派ですね。
語学も比較的得意だったのでしょうね。

それは おーやまさんのがとってもおいしいのです。
やめる時 たいへんですよ。

料理作りは 一緒にすると へたなおもちゃよりぜったい楽しいですよ。
クッキーなど 形を作る所からだと 二歳でもう遊べます。
たまに 生を口に入れたりしますが・・・
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-09-18 17:35 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(22)