サムライ闘牛士の結婚式

e0061699_7303896.jpg

濃野平さん おめでとう。

在スペイン日本大使も結婚式に参加だそうです。
結婚式 ウエルバで。
式のあと 闘牛を披露。

ほぼ日刊イトイ新聞 サムライ闘牛士登場?!  スペインに闘牛士になりに行った男。

濃野平さんの公式サイト tairanono.com こちらのmovieというところて゛ テレビのニュースが見られます。 動いてる濃野夫妻は 写真より素敵。

闘牛は残虐だからやめよう という動きもあるけど
闘牛に使う牛の種類は 闘牛だけのためのもの。もし 闘牛がなくなれば だれもこの種の牛を飼わなくなるから 絶滅する。 それに このスペインの伝統である闘牛のための牛を飼育するために 多くの山が守られている。 狭い乳牛用の牧場では育てられないのです。
たとえば マドリッド郊外のエスコリアルの山間部は 一般人立ち入り禁止の神聖な場所がある。そこで闘牛たちは ゆっくりと 草をはみ 自由に歩き回りながら 闘牛場に行くまでをのんびりくらしいる。






e0061699_7541425.jpg

スペイン人で忍者修行をしに 日本までいらしたり

スペインの武術学校生が若狭町で武者修行伝統を守ることは 自然を守ることにも繋がるのかなと この写真を見ながら思ったりします。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/6545054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KLE4c at 2007-09-30 10:26 x
日本人同士の結婚式を日本式でウエルバの中心で、人力車とか日本酒使って挙げるらしいというふうに適当にニュースを読んでて、派手好きなんだ、でもだから?とスルーしてました。 でも日本初の闘牛士、しかも力をつけている人で、ただの人じゃなかったんですね。それならこんな風な話題作りも有りだよなあと、ニュースもう一度読み直しました。
Commented by pfgia at 2007-09-30 11:29
私がスペインに居た頃、el niño del sol nacienteて名前の日本人闘牛士(マタドールだったかは知りませんが)がいたという記憶があります、怪我したんだったかなぁ。

他のマタドールみたく金髪で馬鹿っぽいお嫁さんかなと勝手に想像してましたけど、そうじゃなかった。和装で結婚式をあげるだなんて、素敵すぎます。頑張って欲しい!
Commented by honn623 at 2007-09-30 15:57
永いこと続いてきた伝統には続いてきたそれなりのものがあって、よく知りもしないであーだこーだ是非を論じることでは動かし様もないものがあるんだと思いました。
相撲界も今、大変なことになっているけれど、これで相撲が衰退してしまうのはどうなんだろうと思います(特別、相撲には興味ないのですが)。
Commented by cazorla at 2007-09-30 17:43
KLE4c さん この奥様 日本に住んでらした方なんですねー。
葉山の人だそうです。
こうやって スペインにいらして 新しい生活を始める
おまけに結婚式は 注目の的だし

これから ますます活躍してほしいですね。
Commented by cazorla at 2007-09-30 17:45
pfgiaさん 闘牛中にけがをされたそうですね。
やはり その後やめたのでしょうか。

濃野さんは29歳で決心して 今6年目だそうです。
ほんとに さむらいみたいでかっこいいですよね。
お嫁さんもきれいだし
ほんとに素敵ですね。 
Commented by cazorla at 2007-09-30 17:48
honn623さん 私も闘牛にもほとんど興味ないのですが
伝統に隠された物を学ぶことは 大切ですよね。
なんでも新しくと 制度を壊していく
もちろん悪い制度 風習もあると思うけど(たとえば 人柱とか)
検証は大事ですよね。
おすもうがつまらなくなったのは
ひとつには 国技館で楽しめない というのがあるのではないか
と思います。 それに高すぎる。
もっと みんながお茶やに行ったりする日曜日を手軽な値段で楽しめたら と思います。
Commented by transitroom at 2007-09-30 21:35
スペインで日式の結婚式は珍しいですね(^_^)
街行く人も目が(゜o゜)な状況かも?

僕の住む地方には、忍者で有名な”伊賀”がありますけど、
修業に来る外国人は見たことないなぁ(^^ゞ

富士の裾野で修業してんのかな?
Commented by syenronbenkei at 2007-10-01 00:03
闘牛って生で見たことないから残酷なシーンがいまいち想像できない僕です。
牛もなんで向かってきゃぁ痛い思いするのに1回で逃げないかなーと。
何度も刺されるまでいかなくてもいいじゃまいかと。
逃げる牛を後ろから追いかけて仕留めるわけじゃないんでしょ?

で、サムライ闘牛士は日本刀なのかなとか不埒なことを思ったり。
Commented by もにか at 2007-10-01 01:01 x
闘牛について詳しく、かつ手っ取り早く知りたい方にはこの本をおすすめします。 *岩波少年文庫「闘牛の影」 マヤ・ヴォイチェフスカヤ著。
マタドールになる心構えや闘牛を見るポイント、闘牛用語メモもあってなかなか便利。でもこの本のテーマは『闘牛』ではないところがみそです。
スカパーでTVEチャンネルを契約してたとき、「闘牛の番組」が見れるかと思ったのですが、けっきょく見ないまま。なんかご縁がなかったみたいです。
Commented by sagimon at 2007-10-01 01:51 x
こちらにきてから、日本人の闘牛士がいるの知ってる??って必ず聞かれます。スペインの伝統的な闘牛のために日本人が海を渡りスペインで生活をしているのはなんだかとっても心強く、誇らしいですよね。
日本式の結婚式、素敵。スペインで闘牛士になるほどスペインと闘牛が好きな以上に日本人であることを大切にしているのでしょうね。
Commented by cazorla at 2007-10-01 04:11
トランジットルームさん 日本人ってきれいと思ったのではないでしょうか。 なかなかかっこいいですよね。

忍者教室ってたまに見るんですが
日本まで修行にくるほど きちんとした教室だとは思っていませんでした。 
Commented by cazorla at 2007-10-01 04:13
セイロンベンケイさん この人もともとクラシックバレーの方らしいです。
動きの美しさを見せると言う点で 同じだと。
様式 ということなら おすもうもそうだし
突き詰めて言えばどの日本武道もそういうことになるかも。

日本刀 良いですよね。
でもね この人はトレロ つまり闘牛士で
マタドール ではないので 剣はもたないのです。
Commented by cazorla at 2007-10-01 04:14
もにかさん 岩波少年文庫って 良い本多いよね。
そういう紹介のし方すると すごく読みたくなるじゃん!
いやだ 気になってきたなー
みそは ロシア人らしき著者の名前ね。
Commented by cazorla at 2007-10-01 04:16
さぎもんさん この方の書いた 日刊イトイ新聞のエッセイによると
ことばも知らない なにもわからず ただ 闘牛士になろうとやって来たらしいです。 準備なしにこれる いいなーって思いました。
私 スペインに来ようと思いつつ その間に結婚して子供もできて
結果的には 来たんですけどね(笑
Commented by KLE4c at 2007-10-01 21:04 x
毎日新聞に記事が出ましたね。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20071002k0000m040039000c.html
「パリ福井聡」名の記事は独自の記事で結構楽しみにしてるのだけれど、ここんとこないなと思ってたら・・・。
Commented by よっぴー at 2007-10-01 23:34 x
はじめまして。
濃野ご夫妻、闘牛場で結婚式かぁ。

奥様、お友達です。
おふたりにお会いしましたが、美男美女でとてもほほえましい。

がんばっていってほしいでね。
Commented by cazorla at 2007-10-02 07:36
KLE4cさん ありがとう。
けっこう取りあげられていますね。
Commented by cazorla at 2007-10-02 07:37
よっぴーさん はじめまして。
こんな風な写真で きれいってわかるくらいだから
ほんとにきれいなんだろうなと思います。
ますます活躍 お祈りしています。
Commented by akikonoda at 2007-10-02 13:55
こうやって交わる事が出来るって、すてきですね。
Commented by trompa at 2007-10-02 21:19 x
家内です。
皆様、温かいお言葉ありがとうございます。
なんとか無事に結婚披露宴を終えることができてほっとしています。
闘牛活動はまだまだ厳しい状況ですが、今後とも濃野をよろしくお願いします。
落ち着き次第、当日の模様は濃野のウェブサイトに動画で掲載する予定です。
是非ご覧下さい。

追伸:よっぴーさん、美男美女は褒め過ぎです(笑)。

Commented by cazorla at 2007-10-04 06:38
のだあきこさん 交流というのは こういうところから 少しずつですね。
Commented by cazorla at 2007-10-04 06:40
濃野夫人 はじめまして。
これから スペインに住まれるのですね。
寂しくなるようなこともあるかもしれませんが
ますます 濃野さんのご活躍をささえて
お幸せに。

動画 楽しみにしてます。

よっぴーさんへの追伸ですが 
私からひと言 全然 褒めすぎではないです。
Commented by fuimiyoo at 2007-10-04 13:09 x
スペインに日本の着物の貸衣装があったのでしょうか?それとも日本から持ってこられたのかしら?スペインと「きもの」あうカンジがしますね。
Commented by trompa at 2007-10-05 03:38 x
cazorlaさん、初めまして。(遅ればせながら・・・。)
スペイン語もままならない状況ですが、新しい生活を楽しみたいと思います。
本当にありがとうございます。

本日、ウェブサイトに写真と動画をUPしました。
画質があまり良くないのですが、当日の模様をさらに詳しくご覧頂けると思います。

ちなみに今回の衣装等は全て日本で調達しました。
購入できなかったものは・・・手作りです。
一番苦労したのは角隠しで、披露宴の前日まで手直しをしていました(笑)。


Commented by cazorla at 2007-10-05 06:22
ふみよさん 濃野夫人がお答え書いてくださってます。
でも 着付けは大変そうですね。
動画で 妹さんも出ていますが
ほんとに 日本美人の姉妹です。
Commented by cazorla at 2007-10-05 06:23
濃野さん さっそく 見せて頂きました。
妹さんも素敵です。
人力車に やっこさん(と呼んでいいのか あの長い棒を持った人)までいてほんとに本格的なんですね。
これからもますます 外交のためにも がんばってください。
機会がありましたら是非お会いしましょう。
Commented by LH08901 at 2007-10-05 19:14
お久しぶりです。
私と夫も偶然テレビのニュースで、濃野夫妻の挙式ニュース&闘牛を観ました。地元の方々も温かく応援されている姿がみられました。
和装で素敵でしたよね。人力車は現地調達なのでしょうか??
Commented by trompa at 2007-10-06 03:33 x
>cazorlaさん

普段着物とは無縁の生活だったので、色々な資料を参考にしてなんとかしました。
専門の方が見たら、問題点が盛り沢山だと思います。

今回の婚姻行列は、主人が構想を練りました。
人力車を引く人(車夫)と提灯を持つ人(先導夫)も、絶対不可欠だったようです。しかも日本人で。
セビリア辺りでアルバイトを募集しようと思っていたところ、私の友人が来てくれることになり、お願いしたら快く(?)引き受けてくれました。
主人と二人で「まさに天からの使者だったね。」と話しています(笑)。

メールもお送りしましたが、機会がありましたら是非お会いしましょう!

ついしん:日本美人の姉妹なんて言って頂いて、恐縮です。

>LH08901さん

こんにちは。
人力車についてですが、近所の方々(もちろんスペイン人)の協力を得てこちらで製作しました。
設計図はなく、私が実際に浅草で人力車に乗って撮った写真が唯一の資料でした。
沢山の人達のおかげで結婚披露宴を行なうことができて、私達は本当に幸せ者です。
Commented by cazorla at 2007-10-09 06:36
LH08901さんもご覧になったんですね。
大使が弱冠 ま・・・ いいですが
お二人とも素敵でしたよね。
人力車 濃野さんが説明してくださってますが 写真だけで
こんなに再現て゜きるものなんですね。
Commented by cazorla at 2007-10-09 06:38
濃野さん メール ありがとうございました。
ご返事 しますね。
ウエルバは 今年 行こうって言ってた所なんですよ。
来年こそ 行きたいと思います。
素敵なところがたくさんあるそうなので 是非満喫してください。
穴場 を 是非 教えてくださいね。
Commented by Ale_UK at 2007-10-09 16:46
こんにちは始めまして。たまに読ませていただいていましたが、書き込むのは初めてです。よろしくお願いします。

私も濃野さんのことを以前日本のドキュメンタリー番組で拝見したことがあり、かなり大変そうな生活を送っているのね!と、思った記憶があります。ご結婚されたのですね。良かったです。

結婚式のニュース番組のBGMがインド風音楽なのがなんともシュールです。。。
Commented by hisako-baaba at 2007-10-10 09:37
ご無沙汰しちゃって、一気に拝見しました。
11年前のお写真や、動画や・・・

そうしてこの結婚式。花嫁さんからのコメント・・・
人力車を作って、文金高島田の美しい花嫁が、スペインの町を練り歩いたら・・・どんなに素敵だったことでしょう。
花嫁さんのスペイン暮らしが、順調に軌道に乗って、トレロのご主人がますます活躍されますように。

cazorlaさんと濃野さんがお会いになる日も、いずれあるでしょうね。
Commented by cazorla at 2007-10-11 06:06
Ale_UKさん はじめまして。 コメント そしてリンクもしていただいてありがとうこざいます。 

外国に住むにあたって 家族が一緒 というのはずいぶん違うのだろうな と思います。 わたし自身 子供達に助けられている部分か゜がなりですから。 

なるほど インド風・・・(笑)
Commented by cazorla at 2007-10-11 06:07
ひさこさん こちらこそご無沙汰してます。 
というか コメレスはしているのですが
訪問も 更新も止まったままです。

少し 息抜きです。
そのうち 濃い記事を書きたいと・・(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-09-30 08:03 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(34)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla