ことばでは言えない part1

母であり 妻である。
母とか妻ということばで 自分を表現することに 実は抵抗がある。
母というのも 妻というのも 居心地が悪い。

生身の女であるという 真実を 母とか妻という 事実で 包み込んでいる そんな感じがするからかも知れない。

e0061699_855135.jpg

母である
妻である
ということで 封じ込めている気持ちがあるのではないか。
ふと そんなことを思ったりする。
e0061699_86958.jpg

どんなにことばを尽くしても 通じ合えない場合というのはある。
たくさんのことばで 話しても どうしても ちぐはぐな まるで まったく別の言語を話しているような感じ。
その反面 まったく 話していないのに 完璧に通じ合ってしまうことがある。

まなざしのほんの少しのからめあい。
目を細めるしぐさ。
息づかいで
「ぼくたちは まったく 同じ 種族に属しているね」
という 静かな 同意。

e0061699_863273.jpg


今 同じように奇妙な幸福を味わい、 あのときと同じ奇妙な悲しみを味わった。その悲しみは われわれが 最後の駅にいることを意味した。
その幸福はわれわれが一緒にいることを意味した。
悲しみは形態であり 幸福は悲しみの空間をも満たした>ミラン・クンデラ 存在の耐えられない重さ より。

[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/6659624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cherry at 2007-10-21 08:46 x
「母」とか「妻」って、「立場」に対する呼び名のように思えます。「母は強し」と、言いますが、「母」が強いわけではなく、母になると、何があろうと休むことも、倒れることもままならない立場になるから、端から見るときっと「強く」見えるだけではないかと思います。

空の色がとてもきれいですね。cazorlaさんのブログって、詩みたいで素敵です。いつもテーマがあって。
ちょっと立ち止まって考えさせられたり・・。そういうところがとても好きです。
Commented by celori20 at 2007-10-21 13:13
お帰りなさい。

家族が一緒に笑って、食事をして、毎晩家族のぬくもりを感じて
安心して床につき、安心して朝を迎える。
これは、ふつーのことだけど、本当にステキなことだと、
私も思います。
理想論かもしれないですけど、『みんながそうあればいいな』、と心から思えることは、
それもとてもステキなことで、大切なことだと思います。
私もそういう大きな暖かい心を持てるような人間になりたいです。

妻や母も生の人間で、女です。たまにはいろんなものを投げ出したくなりますよね。
いつも完璧でいたら、疲れてしまいますもんね。
私は『妻』にも『母』にもなったことがないので、
憧れてしまうとこもあるんですけどね。
そのステイタス、『呼び名』を手に入れ、維持をするのに、
いろんな困難や努力、試練を乗り越えているんだろうな、と。
女性の強さ、立派さ、優しさを感じさせる2文字です。
私には、まだまだ長い道、遠い夢です。
Commented by もにか at 2007-10-21 19:51 x
ビオラ教室がんばってますか?私は母の入院でやむをえずスペイン語クラスはキャンセルしました。ぅぅぅ。でも授業料が返還されるだけいいか…
母でも妻でもないわたしは一体何者なのか?バケモノか?と悩んだこともあったけど、なんでもいいから生きようと思います。
Commented by syenronbenkei at 2007-10-21 22:08
↑の方々みたいな気の利いたコメはとうていできないんだけど。
言葉はしょせん記号だから、双方がその扱い方のルールを知らなければ通じませんよね。
日本語とスペイン語で話し合ったって平行線。でも、
♪ふれあっていればすなおに確かめられるね。
話すことは既にどこかでごまかしはじめてるから
吉田拓郎、、、タイトルど忘れ。
Commented by cazorla at 2007-10-22 08:27
cherryさん ありがとうございます。
自分をごまかさず 自由でいて
それでいて きちんと 母としても妻としても 
幸せで お互いの立場を理解出来ればいいな
と思います。
Commented by cazorla at 2007-10-22 08:30
セロリさん 
ステータスというか 妻とか母っていうと
立派な感じがして
そんな立派にはなれんなー
なんて 思ってしまうのですよ。

それに 妻っていうと 
人妻とかも きれい を想像しません?
それでますます うーん ちがうなって。(笑

名前が先にきて 中身がそれを追いかけるのは
良い時もあるし
悪い時もあるかな と思います。
Commented by cazorla at 2007-10-22 08:31
もにかさんは ムスメです。
プルーストが (日本語で)ムスメとつぶやくだけで
すごくエロい気持ちになると 失われた時をもとめて
で書いています。
母のおかげで 私もムスメ
おたがい親孝行しようねっ。
Commented by cazorla at 2007-10-22 08:33
セイロンベンケイさん 
通じ合うって ことばではないんですよねー。
でも ことばの感覚だったりはするかもしれない。
この人好きだなって
それは こういうことを言ってるから というのではなくて
そのことばのまわりにあるもの。
だから ♡ なんです。
Commented by fuimiyoo at 2007-10-23 20:34 x
若い頃、そう中途半端に若い頃です。30から40にかけて自分の存在が「母」「妻」「女」として求められていて“なんかたがうやんか!”とイラツイテいた時があった。旦那とも行き先の分からない「議論」をぶち巻かしたものでした。でも、後味は悪くて何か解決した事はなくて、そのまま時間だけが私を「母」にし、「妻」にしたまま過ぎて言ったように思う。今又「自分」だけが歩き出そうとしてる・・やっぱり「自分」に戻るんだ。
最後まで「母」は放棄できないけどね。
Commented by n88eta222 at 2007-10-24 16:30
まったく話してないのに通じてしまうこと、ありますよね。なんだか不思議な感じです。「言わないとわからないじゃない」とか「言葉にしないと分からないよ」等とも言いますが、「言葉にするとわかりにくくなる」ことも多いですよね。しかも大事なこと、目に見えないこと。

ミランクンデラ、また読み返したくなりました。
Commented by sagimon at 2007-10-26 06:46 x
こんにちは。
妻、母ということ。

私にはまだ想像のつかない部分で、女性としてとても憧れている分野でもあります。

妻になり母になる。

けれど、まず1人の女性であるという気持ちがしっかりあるから、いつまでもcazorlaさんは素敵な女性なのでしょうね。
お目にかかったことはなくても、とても素敵な女性なのだと確信しています。

女性であることを思い切り楽しんで意識して、男性もきっとそんな女性をとても愛しいと思うのだと思います。
Commented by chiota at 2007-11-19 18:58 x
cazorla さん、随分前になりますが、ブログにメッセージを残してくださり
どうもありがとうございました。
やっとセビージャに戻って生活をはじめています。

妻、母、女。
妻になって日の浅い私、まだ実感がありません。
母になる日も、きっといつか来るでしょう。
でも私もcazorlaさんのように、ずっと「一人の女性」であり続けたいです。
sagimonさん同様、私もお会いしたことのないcazorlaさんが素敵な女性なんだと信じています。
Commented by 104hito at 2007-12-08 17:38
世の中が師走で浮き足立ってきました

お変わりありませんか^^?
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-10-21 08:21 | カソルラ | Trackback | Comments(13)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla