ことばでは言えない part2

e0061699_5134637.jpg
e0061699_514639.jpg


ふと気付くと PCを 開くこともなくすごしていました。
どっぷりと ビオラの世界に浸かっていました。

やっと バッハのメヌエットを弾ける程度になって
ブログ再開したいと思います。

コメ返しもしていませんが

サルコジ賞賛の記事も書かれて というコメをいただいたので
あれれ サルコジ賞賛したことってある?? とびっくり。
いえ そういうふうに読んでしまうんだなーと 
ことばというのは難しい物だと。
仲間内では また おまえ サルコジおちょくって と 笑い話で終わる所ですが。
保守的 右より と言われるのも
にほんで 左翼と呼ばれていたのも
基本的には わたし自身が 反体制であるためだと 思います。
あまりに 体制が プレグレッシブなスペインにいて
先日 ブレグレシスタ事務所というのを発見して
あれれ と思ってしまった。 進歩的な奴って 否定的なことばとして使われて初めて 彼らの存在価値はあるのではないかと思っていたから。 御自ら われら 進歩派 と言ってるぶんには
なんだか それは どこか 形から入ってるのではないか そんなふうに感じるのです。
この小さな村で このやさししい 小さな村で ドラッグが 広場で売られている。
普通のおやじが 普通のやさしい声で ドラッグを子供達 中学生達に売っている。
まずいだろう なんで 逮捕せんのやと言えば
ファシストと言われる。 変じゃないか。
自由ってそんなモンじゃないと思う。

基本的に下の記事で言いたかったのはそういうことです。
言論の自由がない。
共産主義国家や社会主義の国の問題は そういうことだと思う。
みんなが平等に権利を有する
それは素敵なことだ。
でも それを随行していくと その反面 コネがものを言う社会になる。
それも事実だ。
社会党のつどいの場がうちの家の前にある。
社会党が 政権をとって アンダルシアは二十五年。
全てがこねで動いている。

私が言いたいのは フランコが正しかったということではない。
もう少し 疑うことも大事だということだ。

写真は 私のビオラの先生です。
ことばをどんなに重ねても わかりあえない場合がある。
ことばなしでも わかりあえる居心地のいい男がいる。

反体制的であると言う点で 私は彼と とても 通じ合い
とても幸せな良い時間を過ごしています。
限りなく 恋に近い 気持ち。
ことばを忘れていたい そんな2ヶ月が過ぎて
少し ことばをもう少し 重ねていこうと思います。
もしかしたら また 誤解を生む発言をしてしまうかもしれない。
それでも また これから書いていきたい 
そう思います。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/6954750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 104hito at 2007-12-17 07:46
わーいわーい♪
お久しぶり~♡

いいのいいのOKでつよん^^v
感じるまま、思いのまま
ゆる~で書き綴るのがイイと思いまぁ~っす

Commented by honn623 at 2007-12-17 09:40
う~~ん、二番のりぃ。

言葉って難しいけれど、人間だからこそ、言葉を使う、言葉に翻弄される、言葉に幸せになれる、言葉の裏を想像する、こともあるのかな。
うん、難しいですね。
でも、戻ってきてくれた!



Commented by antsuan at 2007-12-17 09:53
あれっ?? ビオラの方に熱を上げていたのかと思ったら、別の事に熱を上げていた!?
でも、お元気で何よりです。
こちらの街角はクリスマス一色になってきています。忘年会も盛んです。そちらのクリスマスは厳かに行われるんでしたよね。
Commented by maron415 at 2007-12-17 11:13
おひさでつ♪
このひげのおじちゃまが、手取り足取り教えてくれるのね。
ブログ再開

動画を待ってればいいのかニャ(笑)
Commented by fumiyoo at 2007-12-17 13:00
お久しぶりーーー!カソルラさん、mail見てくれましたか?大阪のお友達にシュトーレン送ろうかどうか迷ってましたが、カソルラさんと5月にお約束したので、送ろうと思いますが、相手の方に連絡しておいてくださいね。水曜日12月19日(午前中)に送ろうと思います。私のパソコンは今は故障中なので人のを借りて打ってます。連絡は適当にプログにしておいてください。暇ができたら見ますが、人のを借りないと見れないので・・・すぐには見れません。
一方的に送りますよ!気に入られるかどうか心配なので小さいのを送っておきます。料金は来年日本に来られた時で結構です。fumiyoo
Commented by npura at 2007-12-17 19:03
お久しぶりです~~~♪
ビオラの先生にお熱を上げてたんですね~(笑)失礼しました!
いかにもミュージシャン風、一歩間違ったらゲリラ風(^0^)
ことばを忘れていたい・・・いいな~この響き
私は、口にチャックしたい!
Commented by のん at 2007-12-17 20:58 x
実際にお会いした事がないので「cazorlaさん」の人となりを知っている訳ではなく、ここへの訪問歴も浅いと言えば浅い、、、書いてある言葉と言葉の間にあるものを読み取る事は難しいですね。活字になっている部分をそのまま直訳しているきらいはありました。
私事ながらマドリッドで仕事する様になって2年、私の属する機関、私の周りの人物(夫以外)全てが右寄りで驚くばかりです。移民の立場であるcazorlaさんまでもそうならば、この国に未来はないと悲観し、コメントさせて頂いた次第でした。
ありがとう。これからも貴方のブログ拝読します。
Commented by cazorla at 2007-12-17 22:59
ひとさん さっそく コメ ありがとん。
ゆっくり 気持ちよく やっていきたいと思います。♡
Commented by cazorla at 2007-12-17 23:00
honn623さん ことばがあるから だまされることもあるし
もっと幸せな気持ちになれることもあるし ね。

昔の手紙を見ていたら
からだを大切に ことばを大切に
という挨拶文がついた はがきがあって
いいなー この人のことほんとに好きだなー
と 思いました。
Commented by cazorla at 2007-12-17 23:02
あんつぁん クリスマス お正月が合体した形で 
スペインでは クリスマスが すすんでいきます。
みんな ふとるなー
って 悲鳴あげてます。
そのためのダイエット・・。

やせて 少し若返るも 目標にしたいと思いまつ。
Commented by cazorla at 2007-12-17 23:04
マロンママさん
おじちゃまーーー マロンにとったらおじちゃま かな
私の年の約半分のわかぞーっす。
この間までひげなしでつるつるだったんだけど
私の年に近づいてくれた。(笑)
そのくせ 時々 若者ことばが出てきて
おいおいと おぱちんは 思うのです。
Commented by cazorla at 2007-12-17 23:05
ふみよさん ご迷惑かけてすみません。
こちらからもメール送ったのですが
ご覧になれないのですね。
あとで そちらにお伺いします。

シュトーレン 私が食べたいなーーー。
Commented by cazorla at 2007-12-17 23:08
ぷらーさん ゲリラ風 ・・ですよねっ(笑)
つま弾く形のギターと 弓を使うタイプの
楽器って どちらがその国で主流か 見ていくと
きっと その国の性格なんかも見えてきておもしろいのではないか
と 思うのですが どうなんでしょうね。
なんとなく ギターのほうが明るいような気もするけど
日本は三味線のほうが 弓を使うタイプより主流だけどバチを使うから
また違うタイプにいれるべきなのか
そんなことを色々考えたりしていました。
Commented by cazorla at 2007-12-17 23:13
のんさん 
もう一つ言いたかったのは
宗教って私自身は 持っていませんが 人の宗教は大事にしたいな というようなこと。 リパブリックの時に教会がたくさん壊されて
今も 教皇のエッチな絵なんかが展示される展覧会があったり
イスラムらなめるような漫画同様 そのあたりは なんか違うのではないかと思ってしまうのです。保守的 というか 人が大事にしているものは 
そのままにしておきたいと 今は 思うのです。
非宗教と無宗教では 違うのではないかと。
たぶん マドリッドだと サパテーロのあり方に対する反発みたいなものが 強くて 右より と感じられるのではないか と思います。
私は アルカラ・デ・エナレスに住んでいたのですが
市長が 社会党であったり 民主党になったり
そのあたりのバランスが うまく 住んでいて居心地がよかった。
右も左も バランスがまず一番大事なのではないかと思います。
ハーモニーのある世界になるといいですね。
Commented by atusato at 2007-12-18 21:45 x
私も11月からはじめました!車で5分の所に先生を見つけたのです。月に2回から4回、私の都合で毎週通えないのが残念な所です。そして、賃貸マンション住まいなので、仕事で帰りが遅くなると、その日はもう練習ができず・・・弓だけもって練習です。まだまだメヌエットどころでなく、「むすんでひらいて」がやっとですが、ヴィオラ良いですよね~   これからも、練習の様子楽しみによります!
Commented by cazorla at 2007-12-24 22:43
atusatoさん ビオラの先生 近くで見つかってよかったですね。
ビオラ 意外と音が大きいのでやはり時間は限定されますね。
本は なにをお使いですか。
スズキだと 4曲目くらいに むすんでひらいて 出てきますよね。
むすんでひらいて 私も 毎日弾いてます。
基本の曲で音をきれいにしなさい って 言われたので。
Commented by atusato at 2007-12-25 00:28 x
ベッドの人だったとは大変でしたね。
余談ですが私、本職はナースです(笑)

ヴィオラの本は、Suzuki Viola School Volume1 Viola Part というものです。Suzukiのですが、アメリカ発売らしく逆輸入だそうで・・・インターネットで取り寄せました。日本だとバイオリンから転向する人が多く、日本で売っている本は急に難しくなってしまうそうで、「全くの初心者はこれが良い」と言われました。
いまは、6曲目のO Come,Little Children に取り組んでいます。いまは、夜にも練習ができるように、防音カーテンと、消音機がほしくなってきています。
Commented by cazorla at 2007-12-27 01:34
atusatoさん 私も同じ本使ってます。
一冊目は 初歩の初歩のスペイン語版で 一通り 指使いをまなんだあとに この本に行きました。
楽器屋さんで 編曲もしている人に バック音楽をアレンジして吹き込んでもらって それにあわせて のりのりで弾いています。
伴奏があると それなりに聞こえるので。
あと 教室では先生が伴奏してくれて
すっごく幸せ気分だったりします。
これからもがんばりましょうね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2007-12-17 05:43 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(18)